2019年12月

1/4ページ
  • 2019.12.31

色の濃さから「黒ワイン」とも呼ばれるブドウ品種マルベックの特徴

ヴァン・ノワール=黒いワインという異名を持つほど、色調の濃いワインを生み出すマルベックという黒ブドウ品種。フランス原産の品種ですが、現在ではアルゼンチンが世界最大の産地となり、しっかりとした凝縮感と肉厚でジューシーな果実味が感じられるワインを造りだしています。一方、原産国であるフランスでも一部の地域で、マルベック単一の希少なワインが造られており、タンニンも酸味も穏やかでエレガントなワインに。

  • 2019.12.30

リーズナブルなイタリアの赤ワイン用ブドウ品種バルベーラの特徴とは

リーズナブルなイタリアワインを造る赤ワインの品種といえば、バルベーラ。イタリアワインの王であるバローロの産地ピエモンテ州のワインの実に半分は、このバルベーラから造られているほどリーズナブルなワインには欠かせない品種なんです。そこで、本日は北イタリアワインの至宝バルベーラについてお話します。

  • 2019.12.29

ブレンドで使われることが多いカベルネ・フランの特徴とは

ボルドーでは、カベルネソーヴィニヨンやメルローなどと一緒に補助品種としてブレンドされることが多いカベルネ・フランですが、ブレンドすることで、メルローを長期熟成に耐えうるワインに仕上げ、カベルネソーヴィニヨンの出来が悪いときには、その味わいを補うなど、無くてはならない大切な品種。そんな控えめな印象のカベルネ・フランですが、サンテミリオンで造られるカベルネ・フランが主役のワインは、とても上質なワインです。

  • 2019.12.28

収穫量が多いことからコスパ抜群のモンテプルチアーノの特徴とは

イタリアで2番目に多く栽培されている黒ブドウ品種のモンテプルチアーノ。収穫量が多いことから、コスパが高いワインが多く、お手頃なテーブルワインから、高価で長期熟成に向いた重厚なものまで、幅広いワインが揃っています。そこで、本日はモンテプルチアーノのついてお話します。

  • 2019.12.27

白ワインも赤ワインもあるモスカートの味わいや香りの特徴とは

天使の絵が描かれているイタリアの甘口微発泡ワイン「天使のアスティ」一度はスーパーやワインショップなどで目にしたことがあると思いますが、マスカットの芳醇な香りがふわっと広がり、やさしい甘味と心地よい微発泡なスパークリングでいくらでも飲めてしまう美味しいワイン。本日はこのアスティに使われているモスカートについてお話します。

  • 2019.12.26

カルフォルニアとイタリアで人気の品種ジンファンデルの特徴とおすすめワイン

ジンファンデルは、19世紀前半にアメリカに苗木が持ち込まれて以来、100年近くに渡りカリフォルニア独自の固有品種とされ、主にアメリカ西海岸のカリフォルニア州で栽培される黒ブドウ品種でした。しかし、1990年代にイタリア南部のプーリアやサルディニアで広く栽培されているクロアチア原産のプリミティーヴォと同じDNAを持つことが分かりました。

  • 2019.12.25

世界のワインラバーに人気の新酒「ホイリゲ」を造るオーストリアワインの特徴とは

新酒というと、一番はじめに思い浮かぶのが「ボジョレー・ヌーボー」ですよね。世界では、さまざまな国で新酒の解禁をお祝いするお祭りがあります。オーストリアワインの新酒「ホイリゲ」もその1つ。日本ではまだなじみの薄いホイリゲですが、世界のワイン好きの間では、人気の新酒なんです。

  • 2019.12.24

ワインの生産量が世界第4位のアメリカワインの特徴とは

アメリカといえば、世界第4位のワイン生産量を誇るニューワールドの帝王とも言える産地。中でもナパヴァレーは高級なカリフォルニアワインを造る産地として、世界的にも知られ、過去にフランスワインとカリフォルニアワインの試飲対決でフランスの一流どころを次々に撃破したことでも有名。

  • 2019.12.23

生産量は世界生産量のわずか1%!高品質ワインを生み出す産地として世界が注目するニュージーランドワイン

ニュージーランドワインといえば、やはり一番はじめに思い浮かぶのが、あの南国のフルーツのようなフルーティーさと、白い花を思わせる華やかな香りのソーヴィニョン・ブランですよね。ニュージーランドワインというと、お隣のワイン大国オーストラリアとセットのようにイメージされがちですが、実は、すごいポテンシャルを秘めたワインの生産地なんです。

  • 2019.12.22

ニューワールドワインの中でも歴史深く、近年世界から注目を集める南アフリカワインの特徴と魅力とは

南アフリカワインといえば、すでに日本でもおなじみのニューワールドワインの代表的な生産国ですよね。価格が安くておいしいというイメージが強い南アフリカワイン。実は、環境にも人にもやさしいワイン造りをする産地でもあるんです。今世界からも注目を集める南アフリカのワインの魅力についてお話します。

1 4