生ハムに合うおすすめワインをご紹介

生ハムに合うおすすめワインをご紹介
2/27(月) 9:59まで!希少な古酒ほか、グラン・ヴァンが多数登場!

生ハムに合うおすすめワインをご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ワインに合う生ハム

ワインの定番のおつまみと言えば、チーズや生ハム。
生ハムは、ワインを置いているレストランや居酒屋なら、
ほとんどのお店で取り扱っていますよね。
家飲みでも、コンビニやスーパーで買えて、
調理もなくそのまま食べられるので、おつまみとしても最高です。
そこで、本日は生ハムに合うおすすめのワインをご紹介します。

どうして生ハムとワインは相性が良いのか

そもそも、なぜ生ハムとワインの相性がいいのか。
じつは生ハムには、ワインとの共通点があります。
それは、品種と産地と熟成期間
上質な生ハムはワインと同様、口に入れた瞬間にまろやかな脂が舌の上で溶け、
バランスのとれた塩気と旨味が口の中いっぱいに広がります。
まるでワインを飲んだ時の雰囲気そのものです。
また、ワインと同じように生ハムも熟成期間というものがあり、
熟成期間が長くなるほど、しっとりとした円みのある豊かな味わいになります。
それゆえ、ワインと生ハムを合わせる際には、品種、産地、熟成期間などに注目して、
ワインとのペアリングを楽しむと、すばらしいマリアージュになるでしょう。

生ハムとワインの産地を合わせて楽しむ

さきほどお話した通り、生ハムにも産地があります。
世界三大生ハムと言われるのが、イタリアのプロシュット・ディ・パルマ、
スペインのハモン・セラーノ、中国の金華火腿(金華ハム)です。
とくに、イタリアのプロシュット・ディ・パルマと、スペインのハモン・セラーノは、
ワインとの相性が抜群で、それぞれの産地のワインと合わせるのがおすすめです。
イタリアのエミリア・ロマーニャ州のパルマでつくられる
プロシュット・ディ・パルマは、豚肉は認定された養豚所で育てられた白豚で、
品種もランドレース種、デュレック種、ラージホワイト種と決められています。
もも肉を塩漬けした後、地上にある熟成庫で1~2年間の乾燥期間を置いて熟成させます。
そんなプロシュット・ディ・パルマには、エミリア・ロマーニャ州のスパークリングワイン
ランブルスコがおすすめです。
ほどよい甘みと渋み、酸味のあるフルーティな味わいの微発泡ワインで、
アルコール度数は辛口で11%、甘口で8%ほどで一般的なワインより
アルコール度数も低めなのでとても軽やかで飲みやすいです。
プロシュット・ディ・パルマのほのかな塩気の中にある凝縮した豚肉の甘みとうまみが、
のどごしの良い爽快なランブルスコと相性抜群です。
スペインのハモン・セラーノは、こちらも白豚を原料としており、
スペインの広域で生産されています。
1~2年を通じて風通しの良い貯蔵庫で吊るし熟成されます。
値段も比較的リーズナブルなものが多いです。
一方、スペインの生ハムには、ハモン・イベリコという
イベリア半島でドングリを主食として育つ、ブランド豚のイベリコ豚(黒豚)が
原料となる生ハムがあります。
ハモン・セラーノと比べ、少量生産で熟成期間も長いため、
希少価値が高く、生ハムの中でも最高級品です。
ハモン・セラーノには、テンプラニーリョがおすすめです。
どちらも日常の食卓に乗せられる気軽な価格と味わいの生ハムとワインなので、
アペロのときなど軽くつまみながら飲みたいときにピッタリです。
また、ハモン・イベリコには、シャンパンと同じ伝統的製法で造られる
スペインのスパークリングワインのカヴァがおすすめです。

生ハムに合うおすすめワイン

コンチェルト ランブルスコ レッジャーノ セッコ
メディチ エルメーテは、かつてフィレンツェを支配したイタリア名門貴族の家系
メディチ家所有のワイナリーです。
2010年にエミリア・ロマーニャ州最優秀ワイナリーを獲得するなど、
名実ともにNo.1ランブルスコ・メーカーであり、ランブルスコの歴史を変えた
トップワイナリーでもあります。
そんなメディチ エルメーテが手掛けるコンチェルトは、
ブルーベリーやカシスなどの黒系果実のフレッシュなアロマに、
口に含むと優しく快い泡がふくよかな果実味とともに口に広がり、
程よいタンニンが感じられるバランスの良い1本です。
産地:イタリア エミリア・ロマーニャ
品種:ランブルスコ・サラミーノ 100%

コンチェルト ランブルスコ レッジャーノ セッコ

ヴィニャ・マグナ クリアンサ
ドミニオ・バスコンシリョスは、2000年に高級車の部品を製造する企業のオーナー
を務めるホセ・マリア・バスコンシリョスによって設立されたワイナリーです。
ワインへの情熱も熱く、コンサルタントにスペインで有名なトマス・ポスティゴを起用し、
ワイナリーは海抜1000メートルの場所に位置し、
栽培からワイン醸造に至る過程は極力自然の力を活かしたワイン造りを理念に、
区画にごとに管理されたブドウ畑は、全て手作業で行われ、
100%オーガニックの高品質なワインを生み出しています。
当たり年の2005年のヴィニャ・マグナ クリアンサは、
ロバート・パーカー氏も93点の高得点を出し、
ワインスペクテーター誌では95点を獲得しました。
カシスやブラックベリー、よく熟したプラムを思わせる果実味と、
スパイスやハーブの複雑な香りがあり、タンニンはとても滑らかで、
ほどよい渋みが感じられるフルボディワインです。
産地:スペイン リベラ・デル・デュエロ
品種:テンプラニーリョ 100%

ヴィニャ・マグナ クリアンサ

ワインに合うレシピとおつまみカテゴリの最新記事

特集一覧