2020年10月

1/2ページ
  • 2020.10.19

ワイングラスの正しいお手入れ方法 おすすめのクロスもご紹介

ワインには欠かせないワイングラス。ワインを飲みなれてくると、ちょっといいワイングラスも購入してみたり。でも、ワイングラスのお手入れがしっかりできていないと、せっかくのワイングラスも次第に透明感がなくなって曇ってくることも。そこで、本日はワイングラスのお手入れ方法をご紹介します。

  • 2020.10.18

貼り付けるタイプから掛けるタイプまで種類が豊富のグラスマーカー

ホームパーティーなどでワインを飲んでいて、ふと気づくと、自分が置いたグラスの近くに、いくつか同じようにグラスが並んでいて、「あれ?私のグラスどれだっけ?」なんて経験をしたことがある人も少なくはないのではないでしょうか。本日は、そんなときにおすすめのワイングッズ、グラスマーカーをご紹介します。

  • 2020.10.17

ワインの液漏れにお悩みの方におすすめのドロップストップ

ワインをグラスに注ぐときに液だれして、テーブルにワインがポタポタなんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。真っ白なテーブルクロスに赤ワインの液だれなんてした日には、少し残念な気持ちにもなりますよね。本日は、そんな液だれを防ぐドロップストップをご紹介します。

  • 2020.10.16

ワイン史において歴史的な変革を起こしたパリスの審判

カリフォルニアワインと言えば、今ではフランスなどのオールドワールドワインに引けを取らないワインラバーを虜にする数々のワインが生み出されていますが、今から40年ちょっと前まではカリフォルニアワインは無名で、フランスでは見向きもされませんでした。そんなカリフォルニアワインに転機が訪れたのが1976年5月24日。この日、ワイン界がひっくり返るほどの歴史的瞬間が訪れ、のちにこの日のことをパリスの審判と呼ぶようになります。

  • 2020.10.15

食後酒にピッタリのアルコール度数が高めな甘口ワインをご紹介!

最近アペロという言葉が流行り、日本でも食前酒を飲む機会が増えてきましたね。海外では食後にもゆっくりと甘口ワインを楽しむ習慣があります。食前酒、食中酒、食後酒とワインはどんな場面でもすばらしい味わいと時間を提供してくれます。そこで本日は、食後酒としておすすめの甘口ワインをご紹介します。

  • 2020.10.14

パーカーポイントでも100点を獲得したことがあるワイン ギガル

コート・ロティ、コンドリュー、エルミタージュなど、ローヌ全体におよそ60haもの自社畑を所有するドメーヌ・ギガル。その歴史は、わずか70年と浅いですが驚異の急成長を遂げ、かつて、あのロバート・パーカーから「この惑星で最も優れたワインメーカー」と称されたローヌを代表する生産者です。そこで、本日はギガルのワインについてお話します。

  • 2020.10.12

ブルゴーニュ地方に広大な自社畑を所有するドメーヌルイ・ジャドのワイン

クリーム色のベースに飾り枠とローマ神話に登場する酒の神バッカスの顔が描かれたラベルデザインのルイ・ジャドのワイン。ブルゴーニュワイン好きの方なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。本日は、ブルゴーニュ地方に広大な自社畑を所有する大規模ドメーヌルイ・ジャドのワインについてお話します。

  • 2020.10.11

ブルゴーニュでもっとも女性的と例えられるワイン ミュジニー

ロマネ・コンティ、ラ・ターシュ、シャンベルタンなど、ブルゴーニュを代表する偉大な畑と並ぶグラン・クリュで、造られるワインは、ブルゴーニュでもっとも女性的と例えられるワイン「ミュジニー」本日は、人気の高いブルゴーニュワイン、ミュジニーについてお話します。