樽や瓶では無く土器で熟成させるアンフォラワインの特徴

樽や瓶では無く土器で熟成させるアンフォラワインの特徴

樽や瓶では無く土器で熟成させるアンフォラワインの特徴

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

アンフォラとは

以前、このソムリエ手帳でもお話したことのあるジョージアのクヴェヴリ製法。
太古のワイン製法であるこの造り方が、再び世界で注目を集めています。
そこで本日は、クヴェヴリ製法に用いられる土器のアンフォラについてお話します。

アンフォラとは

アンフォラとは素焼きの壺で、容量は100リットルほどの小型のものから、
4000リットル前後までとさまざまな大きさがあり、
古代ギリシャでは、ワインをはじめ、オリーブオイルなどの液体や
物品を運んだり保存するために用いられていました。
当時用いられていたアンフォラの多くは40リットル前後と運搬しやすく、
持ち手もついており、地面に突き立てるために底が尖っているものでしたが、
現在ワイン造りで用いられるアンフォラは、持ち手はなく、
卵を逆さにしたような丸みのある形状で、
大きさは100~4000リットルとさまざまな大きさがあります。

アンフォラを使ったワインの歴史

「ワイン発祥の地」として脚光を浴びているジョージアでは、
なんと紀元前6000年も前から、このアンフォラを用いたワインが造られていました。
ジョージアでは、アンフォラのことをクヴェヴリと言い、
伝統的な醸造法は、底の部分は平らではないため、
「マラニ」という石造りの蔵の地中に埋め込んで使用されます。
口の部分が地面より20cmほど下になるよう埋められたクヴェヴリの中へ
つぶしたブドウを投入し、厚手のガラス板または木の板で蓋をし、
その周りに粘土を一周させ、地表の高さまで粘土で密封し、
その上に砂を盛って、土の中で5〜6ヶ月寝かせます。
その後、ワインを別のクヴェヴリに移すことで自然濾過を施し、ワインをさらに熟成させます。
このクヴェヴリ製法は、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。
そして、近年このクヴェヴリ製法をワイン界に広めたのが、
イタリア北部、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアのオスラヴィアでワイン造りをおこなう、
イタリア最高の白ワイン生産者と讃えられるヨスコ・グラヴネル氏です。
ジョージアで飲んだワインにインスパイアされ、
アンフォラでのワイン造りを1997年から実験的に開始し、
2001年より正式に採用し大成功を収めました。
これをきっかけにイタリア国内でアンフォラでのワイン造りをおこなう生産者が徐々に増え、
自然派ワインの造り手を中心に、アンフォラでのワイン造りが再び注目を集めています。

アンフォラで熟成させるとどうなる

アンフォラを使った醸造をおこなう場合、
ジョージアで造られるオレンジワイン(アンバーワイン)のように
つぶしたブドウを、果皮や種を果汁に浸けて発酵が行われます。
アンフォラは素焼きの粘土で作られているため気密性が低く、
木樽のようにワインに微量の酸素を供給することができ、
ゆるやかな酸化による熟成をおこなうことができます。
また、外気の温度変化の影響を受けにくく、アンフォラ特有の卵型の形状により、
自然対流を生み出すため、撹拌をせずに自然とじっくりワインを寝かせることができます。
こうしたことから、ワインに人の手を極力かけず、
自然にもっとも近い形でワインを造ることができるため、
アンフォラを使ったワイン独特の風味と複雑味が表れます。

アンフォラワインの味わい

アンフォラで造られたワインは、木樽で熟成させたワインのように、
緩やかな酸化によるまろやかさが出ますが、
木樽由来の香りやタンニンがワインにつかないため、
クリアなブドウのピュアな果実味も得ることができます。
また、果皮や種とともに果汁を半年近く寝かせるため、
ジョージアのオレンジワイン(アンバーワイン)のように、
黄色系色素が溶出しオレンジに近い色調になります。
味わいも、複雑味が感じられ、収斂性のある引き締まった口当たりのワインになります。

アンフォラから造られるワインの特徴

ワインの豆知識カテゴリの最新記事