イタリアで最も有名なワイン評価誌ガンベロ・ロッソの「ヴィニ・ディ・イタリア」とは

イタリアで最も有名なワイン評価誌ガンベロ・ロッソの「ヴィニ・ディ・イタリア」とは
【MAX60%OFF】夏ワインが今だけお得

イタリアで最も有名なワイン評価誌ガンベロ・ロッソの「ヴィニ・ディ・イタリア」とは

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

イタリアで最も有名なワイン評価誌ガンベロ・ロッソの「ヴィニ・ディ・イタリア」とは

イタリアワイン好きの方なら一度は目にしたことがあるかもしれない「ガンベロ・ロッソで最高評価3グラス受賞ワイン」という言葉。
ワインアドヴォケイトに比べると、日本ではまだ知名度としては低いかもしれませんが、イタリア産ワイン専門のガイドブックとしては世界的にも強い影響力を持っています。
そこで、本日はイタリアのワイン評価誌ガンベロ・ロッソの「ヴィニ・ディ・イタリア」についてと、ガンベロ・ロッソで最高評価を獲得したイタリアワインをご紹介します。

イタリアのワイン業界で最も権威のある専門誌「ヴィニ・ディ・イタリア」

ガンベロ・ロッソ社はイタリアのグルメ専門の出版社で、年に一回発行するワインガイド誌の「ヴィニ・ディ・イタリア(Vini d’Italia)」は、イタリアのワイン業界で最も権威のある専門誌。
今年で第35版に達し、2022年度は60人以上の専門家チームが1年をかけて、2634軒のワイナリーを対象に 25,000を超えるワインが試飲され、そのうち最高評価のトレ・ビッキエリを獲得したのは476本
評価は、グラスの数と色で表示され、1グラスから3グラスまであり、最高評価は3グラスの「トレ・ビッキエリ(3 Bicchieri)」。
これは、非常に卓越したワインを意味しており、トレ・ビッキエリを10回以上獲得すると、生産者の名前に星マーク★が付きます。
次に色付きの2グラスが「ドゥエ・ビッキエリ(2 Bicchieri)」で、最終選考まで残ったけど惜しくも最高評価が得られなかった秀逸なワイン。
その下に2グラスの「ドゥエ・ビッキエリ(2 Bicchieri )」で、こちらでも良質なワインと評価され、1グラスの「アン・ビッキエリ(1 Bicchieri)」 は平均よりやや上のワインという評価で、最後はグラスなしの「ノー・ビッキエリ(NO Bicchieri)」の5段階評価で表示されます。
また、ワインの評価以外に「最優秀醸造家」「最優秀葡萄栽培家」など、さまざまなカテゴリーで年間最優秀賞を決めています。

トレ・ビッキエリを3年連続獲得!ピエモンテを代表する最大規模の生産者が手掛けるワイン

バルベーラ・ダスティ・スペリオーレ ラ・ルナ・エ・ファロ
テッレ・ダ・ヴィーノ社は1980年に設立された協同組合で、設立当初は18の契約ブドウ栽培農家から始まった組合ですが、今や2500人の栽培家と契約し、より安定した品質での提供が可能になり、優れた品質のバローロ、バルバレスコをリリースしています。
テッレ・ダ・ヴィーノが手掛けるこのバルベーラ・ダスティ・スペリオーレは、ガンベロ・ロッソのトレ・ビッキエリを3年連続受賞、また、ルカ・マローニで97点、デキャンターやジェームズ・サックリングでも90点以上を連発するなどイタリア国内外で高い評価を得ています。
チェリーやベリーの華やかな果実味と凝縮感のある味わいで、ほどよいコクと酸のある非常にバランスの良いワインです。

バルベーラ・ダスティ・スぺリオーレ・ルナ・エ・ファロ

バルベーラ・ダスティ・スペリオーレ ラ・ルナ・エ・ファロのご注文はこちら

トレ・ビッキエリを100回以上獲得している伝説の醸造家が手掛けるワイン

ステファノ・キオッチョリ氏が手掛けた「レディガフィ」は、「ワインアドヴォケイト」「ワインスペクテーター」両誌で100点満点を叩き出しており、現在2人の息子、そして妻と娘と共に、家族一丸となって最上のワインを生み出しています。
ステファノ・キオッチョリ氏がコンサルタントしたワインは、100以上の銘柄がトレ・ビッキエリを獲得しており、まさに伝説の醸造家として世界に広く知られています。

キャンティ・クラッシコ キオッチョリ・アルタドンナ
チェリーやベリーを思わせる果実のアロマと、フローラルなアロマに、スパイス香が混じりあった複雑な香り。
穏やかな酸味、果実味のバランスが良く、渋みが味わいを引き締めるように感じられるプレミアムワインです。

キャンティ・クラッシコ キオッチョリ・アルタドンナ

キャンティ・クラッシコ・グラン・セレツィオーネ キオッチョリ・アルタドンナ
ダークチェリーやプラムを思わせる果実の香り、徐々にスパイスやイチジク、完熟したプルーンの豊潤な風味に、フローラルな香りが混じりあいます。
凝縮した果実味と穏やかな酸味滑らかなタンニンが特徴的なフルボディで、渋みと余韻の綺麗な酸味が味わいを引き締めるように感じられるプレミアムワイです。

キャンティ・クラッシコ・グラン・セレツィオーネ キオッチョリ・アルタドンナ

ステファノ・キオッチョリ氏が手掛けたワインのご注文はこちら

伝説の醸造家ステファノ・キオッチョリ氏の新プロジェクト

先ほどの伝説の醸造家ステファノ・キオッチョリ氏が手掛ける新プロジェクト「ミオ・パッソ」。
ミオ・パッソ(Mio passo)は、イタリア語でマイペースという意味の言葉で、地元で昔から愛され飲まれているブドウ品種、 フィアーノ、グリッロ、ピノ・グリージョ、ネロ・ダヴォラ、プリミティーヴォのブドウを使って丁寧に造られます。
この「ミオ・パッソ」シリーズは、イタリア最南端のシチリア、プーリアで、それぞれの品種に合った土地からを選んでブドウが栽培されており、農学士(アグロノモ)であり、醸造学士(エノロゴ)でもある、ステファノ・キオッチョリ氏の一貫したワイン造りの哲学が表現されたワインです。
すでにミオ・パッソシリーズも世界の名だたる高級ワインを抑えてさまざまな賞を受賞しており、その快進撃は止まりません。

「ミオ・パッソ」シリーズ

ミオ・パッソシリーズのご注文はこちら

ワインニュースカテゴリの最新記事

特集一覧