ワインは太る?!気になるワインのカロリーは?糖質は?

ワインは太る?!気になるワインのカロリーは?糖質は?
【残席わずか】日本一のワインイベント「ワインフェス六本木」が奇跡の復活★世界の高級ワインが飲み放題!高級和牛バーガーなど500円~

ワインは太る?!気になるワインのカロリーは?糖質は?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ワインのカロリーは?

赤ワインに含まれるポリフェノールが「動脈硬化予防に効果がある」なんて話を聞いたことありませんか?
最近では、認知症(アルツハイマー)の予防や、ピロリ菌の抑制、がんの抑制、更年期障害の症状の緩和、美肌効果などさまざまな健康効果が期待できると言われ、まるで魔法の薬のようなイメージがあるワイン。
でも、ダイエットをしている人にとっては、気になるのがカロリーと糖質。
そこで、本日は「ワインは太るのか?」についてお話したいと思います。

ワインのカロリー

まず気になるのがワインのカロリーですよね。
ワインには、赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインがあり、それぞれでどのくらいのカロリーなのか。
赤ワイン、白ワインに関しては、100mlあたり73~75kcalが一般的とされています。
ロゼワインは、やや高く77kcal
スパークリングワインは、100kcal程度と他のワインに比べ高めになっています。

ワインと他のお酒とのカロリーの比較

ただ、カロリーを聞いただけでは、それが高いのか低いのかいまいちわからないですよね。
そこで、ほかの酒類の100mlあたりのカロリーと比較してみましょう。

・ビール:40kcal
・日本酒:109kcal
・焼酎:146kcal
・梅酒:156kcal
・発泡酒:188kcal
・ウィスキー:237kcal

こうしてみると、ワインのカロリーは他と比較すると低めだとわかりますね。
ビールに関しては、ワインよりカロリーは低いですが、100mlあたりの計算なので、ジョッキでビールを頼んだ場合、ジョッキ(500ml)1杯で200kcalになってしまいます。
反対にウィスキーに関しては、ロック、ストレート、水割り、ソーダ割りなど、カロリーは高くても、100mlを一気飲みするわけではないで高すぎるとも言い切れません。

ワイン1本あたりのカロリーは他のお酒だとどれくらいの量?

白ワイン、赤ワインの平均のカロリーが74kcalなので、フルボトルのワイン1本750mlの場合、555kcalになります。
それでは、他のお酒を555kcal分飲むとなると、どのくらいの量になるか計算してみました。
・ビール:約1.4l
・日本酒:約500ml
・焼酎:約380ml
・梅酒:約350ml
・発泡酒:約290ml
・ウィスキー:230ml
ビールに関しては、350mlの缶だとちょうど4本分がワイン1本のカロリーと同じ計算になりますが、発泡酒の場合は、350mlの缶を1缶も飲めない計算になります。
アルコール度数がちょうど同じくらいの日本酒に関しては、500mlなので、グラスワインちょうど2杯分くらい少ない計算になります。

アルコールはエンプティカロリー

さらにうれしいことに、アルコールのカロリーは、「エンプティカロリー」なので太りにくいんです。
エンプティカロリー(empty(空の)calorie)とは、カロリーはあるけど、栄養素を含まない食品や飲料のことを言います。
空のカロリーなんて言われると、カロリーそのものがないように誤解されるかもしれませんが、決してそうではありません。
ですが、アルコールのカロリーは、熱として分解されやすく、蓄積しにくいといわれています。
お酒を飲むと身体が熱くなるのは、肝臓で代謝されたアルコールが酢酸に変わり、体内でエネルギーとして燃焼されるためです。
そのため、余分な脂肪としてつきにくいので、アルコールだけでは太りにくいといわれています。

ワインの糖質はどのくらいか

最近は、カロリーよりも糖質を制限する糖質制限ダイエットがはやっていますよね。
ワインに含まれている糖質は、赤ワイン1杯で1.5gほど、白ワインで2.0gほど。
糖質を気にする方なら、この糖質量を聞くと「ワインの糖質って意外にも低いんだ」と驚かれたのではないでしょうか。
ビール1杯の糖質量は3.1g、日本酒は4.1gであり、その数値と比べると低めだと分かります。

しかし、同じ赤ワインでも日照量の多い地域のワインは、果実味が豊富で糖分も多く含まれるため、糖質がその分上がります。
また、白ワインは半甘口のタイプも多いので、辛口のものよりは糖質が多く含まれますので、ワイン選びには少し注意が必要です。

白ワインは血糖値を下げる効果がある⁉

こうしてみると、ワインは他のお酒とくらべてカロリーも糖質も低いということが分かりました。
さらに、ワインがダイエットに適したお酒であるといううれしい裏付けがもう一つあるんです!
白ワインには酒石酸をはじめとする、リンゴ酸、クエン酸、乳酸、酢酸、コハク酸などの有機酸が含まれており、この酒石酸には痩せる効果があると言われているんです。
その医学的なデータは、「The American Journal of Clinical Nutrition」に寄せられた論文で白いパン、ビール、ワイン、ジンそれぞれを摂取した際の、血糖値とインスリン量の変化を計測した結果、白いパンは食後30分で急激に血糖値とインスリン量が爆上がりし、45分にはピークに達しました。
続いてビールも食後15分から血糖値とインスリンが急上昇し、30分でピークに達しました。
大きな変化をおこさなかったのが、白ワインとジン。
白ワインは摂取後血糖値がほぼ上がることなく、緩やかに減少していきました。
この結果、ビールは摂取によって血糖値を急激に上昇させることで太りやすくなり、ワインは逆に血糖値を下げて痩せる効果が期待できるという結論になりました。
ただし、この実験で使用されたワインは、辛口の白ワインで、甘口の白ワインは糖度が高い分太りやすくなるのでご注意ください。

太らないワインの飲み方

結論、ワインは太りにくい!といきたいところですが、もう少しだけ、待ってください。
たしかに、カロリーも糖質も他のお酒の比べて低いので、他のお酒を飲むのであれば、ワインを飲んだ方がダイエットにもよさそうです。
ただ、ワインを飲むと欲しくなるのがおつまみ。
ここがダイエットの落とし穴になる可能性も…
ワインのおともというと、チーズ、生ハム、ナッツ類、ドライフルーツ、チョコレート。
カロリーが高めのもの、糖質が高めのものが含まれていますよね。
とくに食事の前に食前酒としてワインを飲むと、胃腸が刺激されて食欲が増進しますので、あまりおなかがすいているときワインを飲むのは避けた方がいいでしょう。
また、肝臓に負担をかけないためには、食べながら飲むことが大切です。
鶏肉のささみや豆類などの良質のたんぱく質や海藻などのミネラルが豊富な食べ物を中心に選んで、食べながら飲む。
そして、飲みすぎないということを心がけるのが太らないワインの飲みかたです。

 

食事といっしょにワインを飲むこと

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧