フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディの「ボディ」の意味と味の違いを徹底解説 フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディのワインおすすめ9選

フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディの「ボディ」の意味と味の違いを徹底解説 フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディのワインおすすめ9選
秋にぴったりのワインが続々♪今だけの期間限定特集

フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディの「ボディ」の意味と味の違いを徹底解説 フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディのワインおすすめ9選

この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

ワインのボディって何を表してるの?

ワインの味や深さを表現するときに使われる「ボディ」という言葉。
一体なぜ「ボディ」という言葉になったのでしょう。
本日は、「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」のそれぞれの違いと、ボディの意味についてお話します。

ワインの「ボディ」という表現とは

「ボディ」というのはワインの専門用語で、ワインの味わいや深さを表現する言葉です。
もともとワインの味を「男性的」「女性的」と人に例えて表現していたため、味わいや深さを人の体「ボディ」に例えて表現するようになりました。

ボディに具体的な数値などの定義はありませんが、目安としてアルコール度数やタンニンの量があります。
アルコール度数が高く、タンニンが豊富なワインは、より重さと複雑さを感じやすくわかりやすいためです。
しかしながら、アルコール度数が高く、タンニンが豊富なワインがボディのすべての基準ではなく、他の要素も加わりボディは決められます。
ワインのボディは、フルボディ、ミディアムボディ、ライトボディの3つに分けられます。

フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディの違い

フルボディ

フルボディの特徴は、まずは色合いが濃いものが多く、口にふくんだときに、ボリューム感があり、しっかりとしたコクと濃厚な味わいを感じられるものが一般的です。
また、タンニンが豊富なものが多いため、渋みが強く複雑さを感じられるものも多いです。
そのため、軽くて飲みやすいワインというよりは、ワインを飲みなれてくると、飲みたくなってくる奥深いワインが多いのもフルボディと言われるワインの特徴です。

ミディアムボディ

ミディアムボディは、フルボディとライトボディの中間的な味わいのワインで、まさに、中間という言葉が合うよう、程よい味わいを感じられるワインです。
メルロやピノ・ノワール、テンプラニーリョ、カベルネ・フランといった黒ブドウから造られるワインに多く見られます。
また、お料理と合わせやすいのもミディアムボディの特徴です。

ライトボディ

フルボディの対極にある「軽やかなワイン」がライトボディです。
色も淡いものが多く、口当たりが軽くフレッシュで、味わいもフルーティーで飲みやすいものが多いのが特徴です。
ボジョレー・ヌーヴォーなどの新酒がまさにライトボディに当たります。
飲みやすい味わいから、ワインをまだ飲みなれていない方にもおいしく飲んでいただけるワインが多いです。

フルボディは赤ワインだけの表現ではない

フルボディと聞くと、赤ワインをすぐに連想されると思いますが、実は、白ワインにもフルボディという表現があります。
一般的に白ワインは「甘口」「辛口」で表現されることが多いですが、白ワインのボディも赤ワインと同様、ワインの「色の濃さ」で見分けることができます。
濃い黄色がかった白ワインはしっかりしたボディのものが多く、薄い緑がかった淡い色のワインは比較的軽めのボディのものが多いです。

フルボディワインの楽しみ方

ワインを飲みなれていない方にとって、フルボディの赤ワインは、「渋みが強くて、濃くて飲みにくそう…」と思われている方も多いと思います。
でも、フルボディの赤ワインの楽しみ方を知れば、よりワインが好きになること間違いなし!

1つ目のポイントは「味がしっかりした料理とのマリアージュを楽しむ」
お料理に合わせやすいボディは、ミディアムボディと先ほどお伝えしましたが、これは、ワイン自体がそれほど強い癖がなく、程よい味わいのため、合わせやすいお料理も多いという意味です。
フルボディのワインは、個性的なものも多く、お料理と合わせるよりはワイン単体で飲んで味わいたいものも多い一方、フルボディならではなの、しっかりとしたコクが、濃いめの味つけのお料理と合わせると、相乗効果で引き立て合う組み合わせになることもあります。
組み合わせのポイントとしては、ワインのアロマに注目してみましょう。
例えば、カベルネソーヴィニヨン主体のフルボディで、ラベルに「ブラックカラントなどの黒系の果実にシナモンやスターアニスなどのスパイス」という表記があったら、ベリー、スパイスをお料理に使ってみると、お互いの相性がぐっとよくなります。
とくに、お肉料理のソースや下味などに、こういったフルーツ、スパイスを使うとお肉のジューシーな脂にフルーティーな味わいとスパイシーさが加わり、ワインと同様の複雑さを楽しむことができます。

2つ目のポイントは「味と香りの変化を楽しむ」
高級なワインほど熟成期間が長く、長いものだと瓶詰されてから10年以上寝かせないと本来の味を味わえないなんてものもたくさんあります。
それほど、高級なものでなくても、フルボディの赤ワインには、開けてすぐに美味しく飲めるものもあれば、開けてすぐに飲んでみると、いまいち香りが感じられず、味も固く閉ざしているように感じられるものもあります。
それは、ワインが長い間密閉状態になっていたことで、いわば眠った状態にあるからです。
このワインが眠った状態を「ワインが閉じている」と表現します。
ワインは空気に触れることで、酸化が始まります。
酸化は劣化にもつながりますが、この閉じた状態からワインを目覚めさせる重要なカギにもなります。
よく、ワインを飲む人がグラスを手で数回回して香りをかいだりしますよ。
あれは、まさにグラス内のワインにできるだけ多く空気を触れさせて、酸化させ、ワイン本来の香りを呼び覚ますために行っていることなんです。
なので、少しずつ時間が経ってワインの香りが強く感じられたり、味がまろやかになってきて、固さがなくなってくると、「ワインが開いてきた」と言われます。
ワインの香りは、大きく3つに分類されます。
第一アロマ:ブドウ由来の香り
第二アロマ:醸造過程で生成される香り
第三アロマ:熟成過程で発する香り(ブーケといいます)
この三段階の香りの変化を楽しむことができるのも、フルボディのワインの面白さです。
開けてすぐは、イチゴのようなベリー系の香りだったのに、時間が経つにつれて、チョコレートのような濃い甘味のある香りに変化し、味わいもそれに比例したものに変化してくるなど色々な変化を楽しむことができます。

フルボディワインと合う料理

フルボディの赤ワインには、脂がしっかりある食材と、デミグラスソースなど濃い色のソースで仕上げた料理が合います。
また、フルーツやスパイスを使った料理などとも相性がいいです。
料理:すきやき、チンジャオロース、ビーフシチュー、ミートローフなど

フルボディに合う料理

おすすめのフルボディワイン

赤ワイン

ラ・クロワ・デ・ゾブレ
ボルドーの格付けシャトーのファーストラベルに選ばれるのワインはほんの一部で、生まれたワインの中には、ファーストラベルにも、セカンドラベルにもならないワインがあります。
それらはアッサンブラージュの過程で惜しくも選ばれなかった樽のものだったり、あるいは樹齢が基準に満たない区画のものだったりと理由は様々です。
そのような余ったワインを、彼らは「ヴァン・デクラッセ」つまり、敢えて格下げしたワインとして、樽ごと馴染みのネゴシアンだけにこっそり販売することがあります。
この「ラ・クロワ・デ・ゾブレ」は、まさしくこの掘り出しもののヴァン・デクラッセ。どこのシャトーであるかは明かされませんが、ポイヤックの2級格付けシャトーであることだけは、公表しても差し支えないとの事で、教えてもらうことができました。
ポイヤックの2級と言えば、「ポイヤックの貴婦人」と評されるシャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドか、もしくはメドックで最も荘厳なワインの一つと言われるシャトー・ピション・ロングヴィル・バロンしかありませんので、どちらにしても期待せずにはいられない、掘り出し物のポイヤックです。
ブラックベリー、ブラックチェリー、カシスのような果実の香りと僅かに杉と、華やかなスミレのような香りと、かすかな鉱物のニュアンスの複雑なアロマがあり、口に含むと、サラサラとしてきめの細かいタンニンと共に芳醇な果実味が広がります。
伸びやかな酸と、エレガントな余韻が長く続く、まさに掘り出し物のポイヤックです。

ラ・クロワ・デ・ゾブレ

ラ・クロワ・デ・ゾブレのご注文はこちら

白ワイン

シャルドネ・グラン・レゼルヴ フィンカ・パタゴニア
チリワインと言えば、ボリューム感のあるフルボディの旨安ワインという印象が強いですが、冷涼な南部のワインはフランス北部、ボルドーやブルゴーニュを彷彿とさせる緻密でエレガントなスタイル。
フィンカ・パタゴニアは、ブドウ栽培からワイン造りまで一貫して行うワイナリーで、サンティアゴより南に位置するクリコ県、サグラダ・ファミリアという町にあります。
畑は、農薬、化学肥料などを使わない極力自然なままの栽培「リュット・レゾネ」を行います。
シリーズ中最高の品質を目指して造るグラン・レゼルヴは、16度以下の温度で澱と共にアルコール発酵から熟成までを一貫して行い、全ての工程はフレンチオークの新樽の中で行います。
シャルドネ・グラン・レゼルヴは、ナッツやカスタードクリームのような香ばしい樽香に、柑橘系、オレンジの花の蜜、パイナップル、リンゴ、パパイヤ、サンザシのような華やかで複雑な香り。
味わいにはボリューム感があり、最初やや強いと感じるも、徐々に落ち着き滑らかな口当たりになり、ほのかに樽や果実のタンニンを感じるので、火を通した魚介料理、エビやカニといった甲殻類の料理、鳥肉や豚肉など白身の肉料理などメインの食材と合わせたい1本です。

シャルドネ・グラン・レゼルヴ フィンカ・パタゴニア

シャルドネ・グラン・レゼルヴ フィンカ・パタゴニアのご注文はこちら

スパークリングワイン

化粧箱付き ブリュット・ナチュール・エディション・スタルク ルイ・ロデレール
設立以来、家族経営を守り通すルイ・ロデレールは、伝統を守りクオリティの高いシャンパーニュを造り続けるシャンパーニュメゾンで、現在約180haにも及ぶ自社畑を所有し、そこで必要なブドウの80%を賄う、シャンパーニュ随一の高い自給率を誇ります。
このブリュット・ナチュールはロデレールのシャンパーニュの中でも、おそらく最もロデレールらしくないシャンパーニュであり、最も現代的なシャンパーニュでもあると、醸造責任者のジャン=バティスト・レカイヨン氏は語っています。
そして稀代のクリエイター、フィリップ・スタルクの会話からその年にあわせてキーワードが生み出され、それが各年のブリュット・ナチュールの味わいになります。
このシャンパーニュの源となった言葉は、誠実、最小限、対角線、現代性で、雨量も少なかったこの年は素晴らしいミレジメが誕生するための全ての好条件が揃い、すっきりとした酸味でバランスが取れた、糖度が高く濃密で力強い風味のキュヴェとなりました。

化粧箱付き ブリュット・ナチュール・エディション・スタルク ルイ・ロデレール

化粧箱付き ブリュット・ナチュール・エディション・スタルク ルイ・ロデレールのご注文はこちら

ミディアムボディワインの楽しみ方

ミディアムボディの定義に明確なものはありませんが、濃厚過ぎない果実味と、適度なアルコール度数のバランスのとれたものが多いのが特徴です。
アルコール度数については、13度前後くらいで、フレッシュさが適度に残る果実味を楽しめるのが、ミディアムボディの魅力です。
フルボディとの比較としては、あくまで一般的な例ですが、果実味もアルコール度数もやや抑えめで、コク、酸味、渋味のバランスがちょうどよいため、フルボディのように、ワイン単体でその味や香りの変化を楽しむというよりは、さまざまなお料理とのマリアージュをより楽しめるのがミディアムボディの楽しみ方です。
特に、家庭料理の場合、フルボディのワインになると、果実味が強すぎたり、タンニンが強すぎたりと、濃厚すぎて家庭料理に合わせるのは難しい場合もありますが、ミディアムボディの場合は、比較的どんなお料理にも合わせやすいので、和洋折衷さまざまな料理が出てくる家庭料理との相性がとれやすいです。
ミディアムボディのワインを探す際の手がかりとしては、アルコール度数が1つの目安にもなります。
アルコール度数はぶどうの糖度によって決まり、ブドウの糖度はブドウが栽培される気候によって決まります。
温暖な産地で造られたブドウは糖度が高くなり、その分アルコール度数も高くなります。
反対に冷涼な産地では、糖度の低いブドウができるため、アルコール度数も低くなります。
適度な糖度と果実味を持ったブドウが造られるのは、ブドウにとってちょうど良い気候の産地ということになり、ニューワールドのような比較的温暖な産地が多いワインより、フランスやイタリアなどのヨーロッパ圏のオールドワールドのワインの方が、美味しいミディアムボディができる確率が高い傾向にあります。
また、ニューワールドワインは、ヴァラエタルワインといって、単一のブドウ品種で造られたワインが多いですが、オールドワールドワインの場合、一部地域は除きますが、比較的ブレンドワインが多いため、さまざまなブドウの品種が混ざり合い、酸味、コク、渋みなどの調和がとれた味わいのミディアムボディが多いのも特徴です。

ミディアムボディワインと合う料理

ミディアムボディの赤ワインには、さっぱりとしたお肉料理や、ホワイトソースとの相性がいいです。
料理:トマト系のパスタ、カモ肉のオレンジソース、ホワイトシチュー、中華風野菜炒め、焼き鳥、カニクリームコロッケなど

カニクリームコロッケ

おすすめのミディアムボディワイン

赤ワイン

キャンティ ヴォルペット
イタリアで唯一人パーカーポイント100点を2度獲得した凄腕の醸造家ステファノ・キオッチョリ氏がコンサルタントを務めるキャンティ ヴォルペット。
フィレンツェ近くの海抜200~400メートルの地域の畑で造られたブドウを、サンジョベーゼ95%、カナイオーロ5%のブレンド比率で、25度にコントロールされたステンレスタンクに入れ、酸素を供給しながら12日間おきます。この間果汁を循環させることで、果皮に含まれる色素などの成分をしっかり抽出し、タンニンをまろやかにしたりします。
マロラクティック発酵で酸味を和らげ、香りと味わいに複雑さを加えました。
このキャンティは黒ブドウ主体のため、一般的なキャンティより、味わいにもより厚みが出ており、構造のしっかりとしたボディの肉厚なタイプです。
活き活きとした果実味のパワフルな味わいで、合わせる料理も牛の赤身肉など、肉料理との相性が抜群です。

キャンティ ヴォルペット

キャンティ ヴォルペットのご注文はこちら

白ワイン

ヴァン・デ・シャポニエール・シャルドネ パケ・モンタニャック
ブルゴーニュ地方で代々ワイン造りを営むパケ・モンタニャックの現当主マチュー・パケ氏が、ブルゴーニュだけに限定せず、フランス全土から優れたピノ・ノワールとシャルドネ種をセレクトし、ブルギニョンならではのセンスで再構築するコストパフォーマンス抜群のシャルドネです。
Gilbert & Gaillard のワインガイドで金賞を受賞、さらに『ルカ・マローニ』においても、初年度からピノ・ノワールが93点、シャルドネが90点を獲得するという快挙を成し遂げました。
ブドウはブルゴーニュ地方のマコン、ロワール地方、そしてラングドック地方のものを使用し、ブドウは完熟より少し早めのタイミングで収穫することで十分な酸味を残した張りのある味わいを表現します。
ゆっくりとプレスして果汁を絞り、その後温度管理機能のついたステンレスタンク内で、低温下で発酵を行います。ステンレスタンクで6か月熟成させ瓶詰します。
白い花、洋梨や花梨を思わせる果実のアロマがあり、味わいはフレッシュで綺麗な酸とすっきりとした果実味のバランスが良く、余韻にミネラルのニュアンスを感じる爽やかで清々しいワインです。

ヴァン・デ・シャポニエール・シャルドネ パケ・モンタニャック

ヴァン・デ・シャポニエール・シャルドネ パケ・モンタニャックのご注文はこちら

スパークリングワイン

ピエモンテ・ピノ・ネロ・エクストラ・ブリュット・モリネーラ ヴィーテ・コルテ
テッレ・ダ・ヴィーノ社は1980年に設立された協同組合で、設立当初は18の契約ブドウ栽培農家から始まった組合ですが、今や2500人の栽培家と契約し、より安定した品質での提供が可能になり、優れた品質のバローロ、バルバレスコをリリースしています。
テッレ・ダ・ヴィーノは、早い段階からDOCとDOCGのワインだけを製造しており、上級レンジに特化していた点が他と異なります。品質を高めていく過程で、もう一段上のレベルのワインを造るプロジェクトがスタートする事になりました。それが、Vite Colte(ヴィーテ・コルテ)です。
ピノ・ネロの畑は、タナロ川の南、モンフェラート方面の標高200~300mの場所に広がっており、北側は砂質とマール(泥灰土)で構成され、一方南側は北側より古い地層で、シリカとマールで構成されています。
二次発酵はシャルマ製法でタンクで18か月間おこなうため、ワインには果実の香りだけでなく、パン酵母のような複雑味が表現され、骨格が感じられる味わいへと変わっていきます。

ピエモンテ・ピノ・ネロ・エクストラ・ブリュット・モリネーラ ヴィーテ・コルテ

ピエモンテ・ピノ・ネロ・エクストラ・ブリュット・モリネーラ ヴィーテ・コルテのご注文はこちら

ライトボディワインの楽しみ方

ライトボディの赤ワインの特徴といえば、なんと言っても口当たりが軽く、アルコール度数が低めのワイン。
そのため、白ワインはよく飲むけど、赤ワインの渋みや酸味が苦手という方には特におすすめなのが、ライトボディの赤ワインです。
渋みの成分であるタンニンが少ないため、淡く鮮やかな色彩で、口当たりも軽やかで、爽やかな香りとフルーティな風味が特徴です。
ブドウ品種では、フランスのブルゴーニュ地方を代表するピノ・ノワールから造られるライトボディは、イチゴやチェリーのようなフルーティな香りが特徴的で、タンニンが少なめで、ほどよい酸味があり、エレガントで繊細な味わいです。
同じフランスのボジョレー地方で栽培されているブドウ品種のガメイは、ボジョレーヌーボーの原料になり、爽やかな飲み心地で、
こちらもタンニンが少なく、フルーティなので、熟成には向きませんが、早飲みできる赤ワインです。
また、イタリアではヴェネト州が、ライトボディに適したメルローの産地として有名で、イタリア北部の冷涼な地域であるヴェネト州は、ブルゴーニュに匹敵するほど質の良いピノ・ネロ(ピノ・ノワール)も栽培されています。
ライトボディの赤ワインの楽しみ方は、とにかく軽やかで飲みやすいという特徴からも、赤ワインが苦手という方や、夏の暑い日などフルボディやミディアムボディでは重すぎるけど、白ワインではなく赤ワインを食事に合わせたいときなどに、あえて冷やしめで飲むのがおすすめです。

ライトボディワインと合う料理

ライトボディの赤ワインには、魚、野菜中心の和食や、塩をベースにした肉料理
料理:豚肉のしゃぶしゃぶ(塩だれ)、白身魚のポワレ、鶏むね肉のロースト、ポトフ、焼き鳥(塩)、あさりの白ワイン蒸しなど

ライトボディのワインに合わせる料理

おすすめのライトボディワイン

赤ワイン

ラシーヌ・ヴァン・ド・ペイ・コンテ・トロサン・マルベック ヴィニュロン・ド・ラバスタン
ボルドーの南東トゥールーズ近郊、AOC 地区で言えばガイヤックに位置している協同組合 ヴィニュロン・ド・ラバスタンは、1953年創業で畑の総面積は1290ha、年産42万ケースの大規模生産者です。
パリやマコンのワインコ ンクールで数多くの受賞歴があり、ギ・ド・ アシェットにも紹介される実力派のワイナリーで、このラシーヌ・シリーズは、ワインショップソムリエの古株の一つで、もう 4年間の間売れ筋ワイン、人気の隠れたベストセラーワインなのです。
ドライプルーンのような干し果実の印象に加え、モカやカカオのようなチョコレート系の香りも感じられ、味わいは一般的なマルベックのイメージに比べると、非常に素直でタンニンもさらりとしています。
瑞々しくジューシーな果実味のある軽快なワインです。

ラシーヌ・ヴァン・ド・ペイ・コンテ・トロサン・マルベック ヴィニュロン・ド・ラバスタン

ラシーヌ・ヴァン・ド・ペイ・コンテ・トロサン・マルベック ヴィニュロン・ド・ラバスタンのご注文はこちら

白ワイン

甲州 勝沼 スズラン酒造
1905年創業の山梨の老舗ワイナリーであるスズラン酒造は、明治の中頃、日本酒造りの傍らワインを試しに造ったことがきっかけで、政府より送られてきたドイツ人技師によって、本格的にワイン造りが始まりました。
スズラン酒造では、カベルネ、メルロ、プティヴェルド、シラー、ピノ・ノワールといった国際品種も広く栽培され、中でもボルドー品種には力を入れており、たっぷりとした果実味とまろやかさを持つ、余裕のある味わいのワインが造られています。
そんなスズラン酒造が造る甲州ワインは、柑橘の爽やかなアロマにフルーティーな果実味があり、まろやかなコクとふくよかな味わいで複雑味と深みのあるワインに仕上がっています。

甲州 勝沼 スズラン酒造

甲州 勝沼 スズラン酒造のご注文はこちら

スパークリングワイン

ムーアズクリーク・スパークリング・ブリュット ティレルズ・ワインズ
過去に受賞したメダルやトロフィーの数は累計で5600以上!
オーストラリアでも最も優れたワイナリーの一つと認識されているティレルズのワインは、その安定した高い品質から、リッツ・カールトンをはじめ、シャングリ・ラホテル、マリオット・ホテルなど、世界各地の著名な五つ星ホテルに採用されています。
リースリング、ソーヴィニョン・ブラン、ピノ・グリをブレンドして造られるこのスパークリングワインは、柑橘やリンゴなどのフレッシュなフルーツのアロマと果実味に、溌剌とした泡の軽快爽快感のある味わいで、シーフードなどの前菜と合わせると非常にマッチします。
また、スパークリングワインではめずらしくスクリューキャップを使用しているので、気軽にピクニックなどのアウトドアでも楽しめるのが魅力です。

ムーアズクリーク・スパークリング・ブリュット ティレルズ・ワインズ

ムーアズクリーク・スパークリング・ブリュット ティレルズ・ワインズのご注文はこちら

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧