フランスの王侯貴族が愛した「ワインの王」ブルゴーニュ ブルゴーニュ産のおすすめワイン5選

フランスの王侯貴族が愛した「ワインの王」ブルゴーニュ ブルゴーニュ産のおすすめワイン5選
ワインショップソムリエの歳末大感謝セール開催中♪

フランスの王侯貴族が愛した「ワインの王」ブルゴーニュ ブルゴーニュ産のおすすめワイン5選

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

ブルゴーニュ

今日は、フランス・ブルゴーニュのワインについて。

小規模生産で希少価値の高いワインを生み出すドメーヌが多い

フランス・ブルゴーニュもボルドーと同じく、世界的に有名なワイン銘醸地。
特にワイン愛好家の中ではファンの多いワイン産地の一つ。
ボルドーよりも各生産者の規模が小さく、ワインの生産量が少ないため、買いたくても日本まで出回らないものも多くあります。

ブルゴーニュワインでとくに有名なドメーヌ(=生産者)に、「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」があります。
あの高級ワインで知られる「ロマネ・コンティ」のドメーヌです。
毎年僅か6000本前後のため、品質もさることながら希少性も相まってオフヴィンテージであっても1本(750ml)100万円は下らず、グレートヴィンテージのものとなると200万円〜300万円の値がつくことも。
このように小規模生産者のワイン造りを行うドメーヌが多いのがこのブルゴーニュの特徴です。

赤ワインも白ワインも単一品種で造るのが基本

そのブルゴーニュのワインは、赤ワインも白ワインも有名ですが、どちらのワインも数種類の品種をブレンドして造るタイプではなく、単一品種のブドウで造られるワインが基本です。
赤ワイン用は、ピノ・ノワール。
白ワイン用は、シャルドネ。
赤ワインは、さきほどのロマネ・コンティもピノ・ノワール100%。
白ワインも、シャルドネを100%使用したものがほとんどで、有名なワインだと、モンラッシェ、ムルソーなどです。

赤ワインに使われるピノ・ノワールは、「香り高く官能的なワインと例えらることが多く、若いうちは、ラズベリーやイチゴ、サクランボ、そしてスミレの香り、年がたつに従って枯葉のような、スパイスの香りを持つようになり瓶の中で長い間熟成されると狩猟肉を思わせるようになる」と言われています。
今ではブルゴーニュ以外でも造られますが、土地の影響を受けやすいため、栽培が難しいとされています。
ただし影響を受けやすい分、ちょっとした土壌の違いでできるブドウの香りや味わいに変化が出るため、ほんの少しの区画の違いや
造りて醸造方法により味わいにも現れるのが面白い部分でもあります。

まさに地区によって異なる個性のテロワール(土壌)を持つブルゴーニュでは、それぞれの土地の影響を受けた味わいのワインが生まれます。
ロマネ・コンティは夢のまた夢だとしても、手の届く価格帯のブルゴーニュワインはたくさんあります。
古くからフランスの王侯貴族に愛されたブルゴーニュ、ぜひ一度ご賞味ください。

シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョ

ブルゴーニュ産のおすすめワイン5選

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール ヴィニュロン・デ・テル・スクレット
ブルゴーニュ南部、ソリュットレ、プイィ、ヴェルジッソンの栽培家たちが集まる、Vignerons des Terres Secretes(ヴィニュロン・デ・テル・スクレット)。
Terres Secretes は、秘密の土地、隠されていた土地、という意味があり、その名の通りブルゴーニュ地方でありながら、まだあまり知られていない宝物のようなこの地域をもっと発展させたいと願う、情熱溢れるブドウ栽培家たちが集まって生まれた協同組合です。
1928年に設立されたヴィニュロン・デ・テル・スクレットは、現在120家族が参加し、栽培面積は960ヘクタールに及びます。
この地域のシンボルは、ソリュットレという、大きな石灰岩の山。
真っ白な石灰質土壌がベースの土地は、引き締まった酸や華やかなアロマをワインに与えます。
ヴィニュロン・デ・テル・スクレットが手掛けるピノ・ノワールは、フランボワーズ、チェリーといったフレッシュな赤系果実のアロマに、スミレなどのエレガントなフローラルなアロマがあり、口に含むと穏やかな酸味、リコリスを思わせる穏やかな甘みがあり、僅かな渋みも感じられる適度なコクとフレッシュなエレガントさのある非常にバランスのとれた味わいです。

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール ヴィニュロン・デ・テル・スクレット

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール ヴィニュロン・デ・テル・スクレットのご注文はこちら

ボーヌ レ・ボー・エ・ボン ジャン・クロード・ラトー
ジャン・クロード・ラトー氏は、1979年ブルゴーニュのコート・ドール地区で「ビオディナミ栽培」を始めた、実はブルゴーニュにおける自然派栽培の先駆者です。
ドメーヌには3つのボーヌのキュヴェがあり、まずは les Prevolles(レ・クーシュリア)と le Clos des Mariages(クロ・デ・マリアージュ)です。
3つ目のキュヴェに “les beaux et bons”(レ・ボー・エ・ボン) と付けたのは、 2つの異なる個性を持つ土地から取れたブドウをブレンドしているという意味です。
ラトー氏のワインは、現地フランスで75%が決まった客先に送られるため、輸出は僅か25%のみ。
日本へ回ってくるものも極少量という、本当に希少な自然派ワインです。

ボーヌ レ・ボー・エ・ボン ジャン・クロード・ラトー

ボーヌ レ・ボー・エ・ボン ジャン・クロード・ラトーのご注文はこちら

シャンボール・ミュジニー レゼルビュー アンヌ エ セバスティアン・ビドー
ドメーヌ・アンヌ・エ・セバスチャン・ビドーは、モレ・サン・ドニに本拠を置き、畑は現在約1.30haと小規模ながら、海外のワイン愛好家の評判からじわりと人気を集め、今やブルゴーニュで外さないワインとして、徐々に名が知られてきている注目のドメーヌです。
家族経営で小規模の畑を丁寧に管理し、誠実なワインを造る生粋のブルギニョン。
ドメーヌ・アンヌ・エ・セバスチャン・ビドーでは、栽培は極力自然な栽培をしつつ、畑の状況に合わせて対処する、リュット・レゾネを採用しています。
シャンボール・ミュジニーの魅力は、華やかな香りとシルクのように滑らかな質感。ブルゴーニュで「最も女性的」と言われる優美で可憐な味わいを楽しむ事ができます。
アンヌ・エ・セバスチャン・ビドーの所有する区画はLes Herbues という北寄りの区画で、広さは0.2470ha、古いマール(泥灰質)や粘土質を持ち構造のしっかりしたワインを生み出します。
樹齢は非常に古く、なんと1921年植樹したヴィエイユ・ヴィーニュが、土壌奥深くのミネラルを吸い上げワインに深みを与えます。

シャンボール・ミュジニー レゼルビュー アンヌ エ セバスティアン ビドー

シャンボール・ミュジニー レゼルビュー アンヌ エ セバスティアン ビドーのご注文はこちら

クロ・サン・ドニ・グラン・クリュ マルシャン・トーズ
パスカル・マルシャンは国をまたいで活躍するワインメーカーで、その活躍の舞台はブルゴーニュをはじめ、オーストラリア、チリなど南半球にまで及んでおり、醸造化としてキャリアをスタートさせたのは1985年、ポマールにあるコントアルマンでのこと。
1999年にはドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレのチーフワインメーカーとして勤め、7年間醸造長を務め、その後、農家から買い入れた葡萄で醸造するネゴシアンブランドであるマルシャン・トーズ(旧パスカル・マルシャン)と、自社畑のブドウを使うドメーヌ・トーズです。
買付から醸造まで一貫して行い、ブドウを購入する畑は彼のポリシーに賛同する人のみで、定期的に本人が畑を訪ね、ビオディナミ農法含め、木の管理など細かい部分まで直接見ています。
『ドメーヌは小規模でなければならない。なぜなら、一つ一つの樽やボトルがユニークであり、注意深く扱はなければならないからだ』と語り、ボトルの1本1本にまで強いこだわりを持ったワイン造りをおこなっています。
特級クロ・サン・ドニのピノ・ノワールを使用し、25%は全房を使用。
短い低温マセレーション後に醸造。アリエとジュピーユ産フレンチオークを、軽めのローストで長時間炙ったものを使用(新樽66%=2/3)。18か月熟成したフレッシュな果実味と適度なコクのある、軽やかな味わいが楽しめるワインです。

クロ・サン・ドニ・グラン・クリュ マルシャン・トーズ

クロ・サン・ドニ・グラン・クリュ マルシャン・トーズのご注文はこちら

ラ・グランド・リュ ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ
ラマルシュ家は1740年のヴォーヌ・ロマネ村で創業したブルゴーニュでも有数の老舗で、19世紀後半から徐々に規模を拡大し、20世紀の初めごろから自社元詰めも行うようになりました。
1985年に、フランソワが事業を受け継いだ際、現在のフランソワ・ラマルシュという名称になり現在に至ります。
誰もが知る最高のワインを生む畑「ロマネ・コンティ」と、特級ラ・ターシュに挟まれた、最良の条件を備えた畑「グランド・リュ」。
この畑を単独所有することで知られているのが、このフランソワ・ラマルシュです。
1936年にINAOがブルゴーニュの格付けを制定した時、このグランド・リュは最良の立地条件を兼ね備えているにも関わらず一級に格付けされてしまいました。
一度設定された格付けを覆すのは通常不可能と言われていますが、1980年代になり、現当主フランソワの申請を受け、INAOはグランド・リュの畑の再査定を開始しました。
土壌分析、隣接する特級ワインとの比較試飲、近隣生産者との面談などを経て1992年、グランド・リュは特級へ昇格を果たしました。
ベリーなどの赤系果実のアロマに、エレガントなフローラルのアロマが加わり、バニラやシナモンなどのスパイス香も感じられ、フレッシュな果実味に繊細なタンニンと引き締まった酸、しっかりとしたミネラル感も感じられ、熟成を経るごとに深みが増していきます。

ラ・グランド・リュ ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ

ラ・グランド・リュ ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュのご注文はこちら

ブルゴーニュ特級畑だけを詰め合わせた3本セット

グラン・クリュのみ!ブルゴーニュ特級3本セット
単一畑としてブルゴーニュ最大を誇るクロ・ド・ヴージョ。「コート・ド・ニュイの宝石」と称されるクロ・デ・ランブレイ。力強さとエレガントさを兼ね備えたクロ・サン・ドニ。
ブルゴーニュを代表するグラン・クリュから造られるブルゴーニュワイン好き垂涎の3本セット。
ブルゴーニュきっての超新星!マニュエル・オリヴィエが手掛けるクロ・ド・ヴージョ。
特級に昇格したシンデレラストーリーを持つ希少な畑クロ・デ・ランブレイ。
ブルゴーニュ自然派ワインで名声を築いたパスカル・マルシャンが手掛けるクロ・サン・ドニ・グラン・クリュ。

グラン・クリュのみ!ブルゴーニュ特級3本セット

グラン・クリュのみ!ブルゴーニュ特級3本セットのご注文はこちら

 

ワインの選び方カテゴリの最新記事

特集一覧