秋の味覚にぴったりなワインと簡単おつまみレシピ

秋の味覚にぴったりなワインと簡単おつまみレシピ
ワインショップソムリエの歳末大感謝セール開催中♪

秋の味覚にぴったりなワインと簡単おつまみレシピ

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

こってりとしたバターのような香りの白ワイン

まだまだ残暑が続くようですが、朝夕の気温が少し下がってきて、過ごしやすくなりましたね。
気温が下がってくると飲みたくなるのが赤ワイン。
これから赤ワインがいつもより美味しく感じる季節ですね。

秋の味覚に合うのはこってり白ワイン!

秋になると旬の食べ物が豊富に出てきて、私は意外と赤ワインよりも白ワインを飲むことが多くなるんです。
白ワインといっても、夏の暑いときにキリッと冷やして飲むスッキリタイプではなく、こってりとしたバターのような香りや、飲みごたえのある豊かな果実味のある白ワイン。
これが、秋の味覚にピッタリ合うんです‼

秋の味覚といえば、サツマイモやカボチャ、里芋、栗などのイモ類。
さらに松茸などのキノコ類。
魚介ですと秋刀魚やサバなどなどあげるときりがないくらい沢山ありますよね。

特にサツマイモや栗、カボチャなどのホックリした味わいの野菜が、こってりしたしっかりタイプの味わいの白ワインによく合います‼

こってり白ワインにぴったりの秋の一皿♪

そこで、こってりしたしっかりタイプ白ワインに合う秋の一皿をご紹介!
「さつまいもとクリームチーズのカナッペ」

■材料
・さつまいも
・クリームチーズ
・干しブドウ
・クラッカー

■作り方
・さつまいもを水にさらしてアクをぬきます。
・さいころ状にカットして耐熱皿に並べて電子レンジで600Wで4分加熱。
・フライパンにオリーブオイルをたらして、さつまいもの表面を軽く焼きます。
・ボウルにさつまいもとさいころ状にカットしたクリームチーズと干しブドウを入れ合えます。
・最後にクラッカーに乗せたら出来上がり!
(お好みで黒コショウをふってもおいしいです)

他にもこれからの季節は美味しいものが沢山出てきますので、合わせるワインも幅広く愉しめる季節です。
もちろん赤ワインやシャンパンでも美味しいですが、しっかりした白ワインで秋の味覚を愉しむのもなかなかお勧めです!
ぜひお試しください。

ポテトのマリネ

秋の味覚にぴったり!おすすめのこってり白ワイン

シャルドネ・レゼルヴ・バレル・セレクション フィンカ・パタゴニア
「地球で最も過酷な辺境の一つ」と呼ばれる南米最南端エリアで、その自然環境から農業には不向きな土地ですが、一部地域はぶどう造り、ワイン造りにとても適した条件を備えたワイン造りの新天地ともいうべき場所。
チリワインと言えば、ボリューム感のあるフルボディの旨安ワインという印象が強いですが、冷涼な南部のワインはフランス北部、ボルドーやブルゴーニュを彷彿とさせる緻密でエレガントなスタイル。
フィンカ・パタゴニアは、ブドウ栽培からワイン造りまで一貫して行うワイナリーで、サンティアゴより南に位置するクリコ県、サグラダ・ファミリアという町にあります。
畑は、農薬、化学肥料などを使わない極力自然なままの栽培「リュット・レゾネ」を行います。
醸造設備はもちろん、使用する樽にも拘り、フレンチオークはフランスのものを取り寄せて使用し、バニラ香が強いリッチな味わいを醸すアメリカンオーク樽も使用し、ワインに合わせて使い分けています。
そんなフィンカ・パタゴニアが手掛けるシャルドネは、リンゴの蜜、甘夏柑のようなシトラスの香り、スターフルーツやパイナップルのトロピカルな香りがあり、味わいにはボリューム感、果実味と酸味のバランスが良く、冷やしてぐいぐいと飲みたい心地よい美味しさがあります。

シャルドネ・レゼルヴ・バレル・セレクション フィンカ・パタゴニア

シャルドネ・レゼルヴ・バレル・セレクション フィンカ・パタゴニアのご注文はこちら

ブレッド&バター・シャルドネ ブレッド&バター
カリフォルニアでも屈指のシャルドネとピノ・ノワールの産地として知られているソノマ・カウンティーのカーネロスAVAとモントレー・カウンティー、アロヨセコAVAに畑を有するブレッド&バター。
「俺たちのミッションは、次世代ワイン界のロックスターになるべく、つまみを最大まで回した大音量のアルコールを届けることさ。もし、このワインがやかましく聞こえるようなら、あんたはもう老いぼれさ。」という言葉の通り、2つの畑のブドウを合わせ造られるこのワインは、全てマロラクティック発酵後、ソノマのものはアメリカンオーク一年樽で4ヶ月間、モントレーのものはフレンチオーク新樽で8ヶ月間熟成されます。
バニラビーンズ、アーモンドの皮などの豊かな趣があり、クレーム・ブリュレを思わせる香りで、口に含むと柔らかなミネラル感、ほのかな樽感が感じ取れ、舌の上で溶けていく感覚があり、クラシックでありながら、複雑味溢れる優雅なスタイルのワインです。

ブレッド&バター・シャルドネ

ブレッド&バター・シャルドネ ブレッド&バターのご注文はこちら

ラピス・ルナ・シャルドネ
神秘的なラベルが印象的なこのワインは、Once in a Blue Moonという「ごく稀なこと」「滅多に起こらないこと」を 意味する青い月(憧れ、理想、チャンス)を手に入れようと手を延ばす人物たちが描かれており、ラピス・ルナのワインシリーズは、7つのストーリーで構成されています。
ラピス・ルナ・ワインズのワインは、カリフォルニア州メンドシーノにあるUkiah(ユカイア)にてワイン造りがおこなわれており、ラピス・ルナシリーズのワインメーカーはDave Rosenthal氏が務めています。
彼はロバート・モンダヴィや、スタッグス・リープ・ワインセラーズをはじめ、多くの著名な醸造家やワイナリーが師と仰ぐAndre Tchelistcheff氏のチームで働いたという特筆すべきキャリアを持つカリフォルニアワインを表現する術を身に着けた優れた醸造家です。
ラピス・ルナのシャルドネは、オレンジゼストや完熟パイナップルを思わせる華やかな果実味に続いてトーストやバニラの香ばしい樽香が感じられ、完熟リンゴや白桃を思わせるフレッシュで活き活きとした果実味に、僅かにアクセントを添える風味の良いバターのような余韻があり、厚みのあるしっかりとしたコクの奥深い味わいのワインです。

ラピス・ルナ・シャルドネ

ラピス・ルナ・シャルドネのご注文はこちら

シドニー・ウィルコックス・オークド・シャルドネ
バーン・ヴィンヤーズは、1960年に最初のブドウを植えて以来、少しずつ畑を増やしながら3世代にわたって成長してきたバーン・ファミリーのワイナリー。
そんなバーン・ヴィンヤーズが手掛ける『シドニー・ウィルコックス・ヴァインドライドシリーズ』は、サウス・オーストラリアの豊富な食材をもっと楽しむために、ワイン造りの段階からそれぞれの食材にマッチすることを目的に造られたシリーズで、ラベルに描かれるのは、そのワインを合わせるべき食材です。
2000年に植樹されたシャルドネの畑のブドウを使用。
はるか昔の、牡蠣など貝類の殻が大量に含まれた石灰岩土壌の上に、赤砂が堆積した非常に痩せた土壌で、ブドウの収穫量はとても低く抑えられ、凝縮度があがります。
収穫した果実は、時間をかけながら優しくプレスし、低温(12~18度)で大部分をステンレスタンクでの発酵するため、シャープな活き活きしたフレッシュな酸のある味わいが感じられますが、一部発酵後は澱とともに、アメリカンオーク、フレンチオークの樽で熟成させるため、リッチな質感、クリーミーな舌触りの滑らかな複雑味のあるワインに仕上がります。
柑橘の引き締まった酸に、黄桃のようなボリューム感、余韻にバニラ香が香りクリーミーな質感を持つので、ロブスターにバターやクリームソースを添えた料理や、鶏肉のクリーム煮、たっぷりのバターを使った魚介のムニエル、タルタルソースを添えた、シーフードフリットなどがおすすめです。

シドニー・ウィルコックス・オークド・シャルドネ

シドニー・ウィルコックス・オークド・シャルドネのご注文はこちら

ル・シズィエム・エレマン 生命(ラ・ヴィ)
「中国のナパ・ヴァレー」と称される中国のワイン産地「寧夏」。
この寧夏が現在のように注目されるよりも少し前、フランス人醸造家であるアモリ・ド・サンセイ氏がこの地を訪れ、寧夏でワイン造りを代々営なむ優れたワイン生産者の王平来氏と出会い、フランスの醸造技術とテロワールに関する知識に、中国の陰陽五行の思想に基づいた農業のノウハウが融合したワイン造りのプロジェクトが誕生しました。
こうして生まれた「ル・シズィエム・エレマン」シリーズは、初リリースだった2018年ヴィンテージがロンドンアワードやアメリカアワード等の国際ワインコンクールで金賞を受賞し注目を集めています。
生命(ラ・ヴィ)は、シャルドネ100%で、アカシアなどのフローラル香に、アプリコットやピーチなどの黄色い果実のアロマが感じられ、口に含むとパッションフルーツや柑橘、洋ナシ、カリン、パイナップル。そしてブリオッシュと熟成によるアロマも加わり、奥深い味わいのブルゴーニュを彷彿とさせる非常にエレガントなワインです。

ル・シズィエム・エレマン 生命(ラ・ヴィ)

ル・シズィエム・エレマン 生命(ラ・ヴィ)のご注文はこちら

ワインに合うレシピとおつまみカテゴリの最新記事

特集一覧