日本酒や焼酎も良いけどそばにはワインもおすすめ そばに合うワイン4選

日本酒や焼酎も良いけどそばにはワインもおすすめ そばに合うワイン4選
2/27(月) 9:59まで!希少な古酒ほか、グラン・ヴァンが多数登場!

日本酒や焼酎も良いけどそばにはワインもおすすめ そばに合うワイン4選

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

そばとワインのペアリング

そばを食べる際には、日本酒や焼酎を合わせるという方も多いと思いますが、意外な組み合わせとして、最近ワインとそばのペアリングが注目されています。
そばにワイン?と不思議に思われるかもしれませんが、一度合わせてみたら、ハマるかもしれません。
そこで、本日はワインとそばのペアリングについてお話します。

そばとワインの相性について

寿司、てんぷら、すき焼き、焼き鳥と海外では日本食ブームが年々加速しており、ワインとのペアリングが話題になっています。
日本食ブームの最たる理由は、そのヘルシーさ。
他の国の料理に比べて、糖質、脂質ともに控えめなのが大きな理由です。
中でも、そばは小麦などに含まれているグルテンが含まれていないため、ダイエット効果も期待されており、そのほかに、疲労回復を助けるビタミンB1・B2が米や小麦の2〜3倍も多く含まれ、さらに二日酔いを引き起こすアセトアルデヒドやアルコールの分解を助ける、パントテン酸やナイアシンなどのうれしい成分もそろっています。
そんなそばの健康効果が注目され、海外でも日本そばがブームになりつつあります。
でも、そもそもワインとそばは合うのか。という疑問がありますよね。
それが、合うんです。
そばを食べる際につけるめんつゆには、昆布の旨み成分である「グルタミン酸」、かつお節の旨み成分である「イノシン酸」が多く含まれており、この旨みがワインの味わいを引き立ててくれます。
また、そばというと、私たち日本人には日本そばがイメージに浮かびやすいですが、ワイン大国であるフランスにもそばの郷土料理があります。
それが、フランス北西部のブルターニュ地方で作られるそば粉を使ったガレット。
そば粉・水・塩などを混ぜて寝かせた生地を、熱した平たい鉄板でクレープのように薄く引きのばし、生ハムや魚介、グリュイエールやゴーダなどのチーズ、卵などを乗せた料理です。
ブルターニュ地方では、りんごを使ったワインのシードルと合わせるのが有名ですが、アルザス地方のリースリングともとても相性がいいです。
また、イタリア語で蕎麦のことをグラノサラチェーノといい、北イタリア・ロンバルディア州では、そば粉を使ったパスタの「ピッツォケリ(pizzoccheri)」が食されています。
このそば粉を使ったパスタに合わせて飲まれるのが、イタリアワインの王様であるバローロを造り出すブドウ品種ネッビオーロから造られたワイン。
バローロのように長期熟成型のワインではなく、もっとフレッシュな味わいで、ミネラル感がありエレガントな味わいのワインがよく合います。
とは言っても、どんなワインでもそばに合うのかというと、そうではありません。
組み合わせによっては、ワインの酸味を強く感じたり、そばの風味が勝ってしまい、ワインの風味が感じにくくなったりすることもあります。

そばに合うワインと合わせる時のポイント

そこで、そばに合うワインと合わせるときのポイントをご紹介しましょう。

合わせるワイン1本目は、日本ワインの代表ともいえる甲州ワイン。
甲州ワインのすっきりとした味わいは、そばの風味を引き立たせてくれます。
また、甲州種やミュスカデで用いられるシュール・リー製法は、旨み成分のアミノ酸が多く含まれているので、そばにつけるめんつゆとも相性がぴったりです。

2本目は、ブルゴーニュ地方のピノ・ノワール
意外な組み合わせと思われるかもしれませんが、イチゴのようなほのかな甘酸っぱいアロマに、エレガントな味わいできれいな酸を感じられるピノ・ノワールは、めんつゆとも相性がよく、そば自体の風味にも負けず、互いを引き立たせてくれます。
鴨のうまみが凝縮された鴨南蛮と合わせるのもおすすめです。

今回ご紹介したワインはこちら

ロリアン・甲州Vigne de Nakagawa
世界最大のワインコンクール「Decanter World Wine Awards 2019」でGoldを受賞した【甲州 Vigne de Nakagawa 】のNewヴィンテージ。
山梨県笛吹市一宮町末木の中川君春氏が育てた甲州をステンレスタンクにて醸造しました。 フレッシュな和柑橘と白い花を連想させる甘い香りにさわやかな酸と甲州特有の心地良い苦みが、ワインに深みと味わいをもたらしています。

ロリアン・甲州Vigne de Nakagawa

ロリアン・甲州Vigne de Nakagawaのご注文はこちら

ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール
フランス・ロワール地方のドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエールが手掛けるシュール・リー製法で造られたミュスカデ。
このドメーヌの60haのブドウ畑は、海からの影響で豊富な日照量と穏やかな気温ながら、定期的な雨と強風がブドウの木を乾燥させることで、病害を発生しにくくしており、極力自然に近い農法である「リュット・レゾネ」を用いて栽培しています。
また、環境に配慮したブドウの栽培方法「テラ・ヴィティス」の認証を取得しており、ブドウ樹とテロワールを尊重したワイン造りが行われています。
ミュスカデ100%で造られるこのワインは、輝きのある淡いイエローから麦わらの色調で、レモンやシトラスなどの柑橘系に清涼感のあるハーブのアロマ。
一口含むと穏やかで心地よい酸味があり、いきいきとしたフレッシュな果実味に、ほんのり旨味が感じられます。
シーフード料理とのペアリングがおすすめの白ワイン。

ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー

ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエールのご注文はこちら

ピノ・ノワール シャテル・ビュイ
カーヴ・デ・ヴィニュロン・ド・ビュクシーは、ブルゴーニュ南部のコート・シャロネーズの栽培家・ワイン生産者達が自発的に集まって誕生した協同組合。
AOC法の規定のほかに、独自の品質コントロールを行っており、非常に高い品質基準をもっている点も特徴で、国内外の多くのメディアで評価されている実力のある造り手です。
そんなカーヴ・デ・ヴィニュロン・ド・ビュクシーが手掛けるピノ・ノワールは、ブドウのフレッシュな果実味を引き出すため、 ステンレスタンクを用いて発酵を行い、その後、この土地で伝統的な木製の大樽にワインを移し 熟成させます。
ピノ・ノワールの特徴でもあるさくらんぼやスグリ、ラズベリーといった赤系果実のピュアなアロマがあり、時間とともに腐葉土、レザーの深みのある香りが現れます。
果実の甘みと、エレガントで美しい酸に、穏やかな渋みがアクセントに感じられます。
タンニンが落ち着くまで数ヶ月寝かせることによって、燻した香りや レザーのノートが加わります。
フレッシュな果実味を味わうため、熟成は3年程度までに留めるのがおすすめです。

ピノ・ノワール シャテル・ビュイ

ピノ・ノワール シャテル・ビュイのご注文はこちら

ピュイ・ド・ドーム ヴェレゾン・ピノノワール カーヴ・サン・ヴェルニ
ミネラルウォーターの「ボルヴィック」のラベルに描かれている美しい緑色の山ピュイ・ド・ドームがあるオーベルニュ地方で造られるピノ・ノワール100%。
オーベルニュ地方はワインの産地としては有名ではありませんが、ヨーロッパ最大の自然保護区と呼ばれ、この地域で造られる野菜などの農作物はオーガニックのブランド野菜としてEUの原産地名称保護の認定を受け、最も人気の高い産地です。
ミネラルウォーターもさることながら、高級キノコのセップがとれる産地としても有名で、あのミシュランの本拠地がある、まさにグルメな土地。
そんな美しい大自然の中で、リュット・レゾネと言って自然に極力近い栽培で丁寧に造られたピノ・ノワール100%のワイン。
ラズベリー 野イチゴ、スグリ、グースベリーなどのベリーのアロマに、グリーンペッパー、クローブ、土、シダーウッド、レザーなど複雑味が増します。
味わいは、旨みと酸味、かすかな苦みといった要素がまとまっており、しっかりとしたボリューム感がありながらも、シャープな輪郭が感じられ、ベリーの爽やかな香りとチェリーの瑞々しさ、フレッシュ感と複雑味のある、滑らかでエレガントさのあるワイン。

ピュイ・ド・ドーム ヴェレゾン・ピノノワール カーヴ・サン・ヴェルニ

ピュイ・ド・ドーム ヴェレゾン・ピノノワール カーヴ・サン・ヴェルニのご注文はこちら

ワインに合うレシピとおつまみカテゴリの最新記事

特集一覧