ホットワインには風邪予防など嬉しい効果がいっぱい!自宅で簡単レシピもご紹介

ホットワインには風邪予防など嬉しい効果がいっぱい!自宅で簡単レシピもご紹介
\MAX55%OFF/ウィンタークリアランスセール

ホットワインには風邪予防など嬉しい効果がいっぱい!自宅で簡単レシピもご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

自宅で楽しむホットワインレシピ

普段ワインを飲まれない方でも「ホットワイン」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
最近は、日本でもクリスマス時期になるとクリスマスマーケットなどのイベントが開催されて、ホットワインを提供するお店が増えてきましたね。
ヨーロッパでは、風邪のひきはじめにはホットワインが定番の飲み物。
たくさんのスパイスが入っていて、アルコールは摂取せずにワインの健康的な効能が得られることもあって風邪予防だけでなく、アンチエイジングや動脈硬化予防などのうれしい効果が期待できます。
そこで、本日は冬にはぜひ味わってほしいホットワインの作り方についてお話します。

ホットワインとは?

実は、このホットワインは古代ローマ時代からある古いワインの飲み方なんです。
昔のワインは酸味が強かったため、当時はハチミツでバランスをとるのが一般的でした。
ホットワインのスパイスの使い方には古代ローマ料理の名残があるとか。

オレンジなどのフルーツに、シナモンなどのスパイスをワインと一緒にお鍋に入れて温めて作る温かいワイン。
ホットワインというと赤ワインのイメージが強いと思いますが、実は海外では赤ワインだけではなく白ワインやロゼワインでも作られています。
白ワインが有名な北イタリアでは、赤ワインよりも白ワインで作ることも多いほど。

ホットワインというと有名なのが、ドイツのクリスマスマーケット。
クリスマスマーケットには、ホットワインのお店が何軒も並び、それぞれのお店で漬け込んでいるスパイスが違うので、飲み比べするのもクリスマスマーケットの楽しみの1つ。
1杯あたり約3ユーロくらいで飲むことができ、マグカップで提供されます。
マグカップの代金も約3ユーロなので、合わせると6ユーロですが、マグカップは返却すれば3ユーロ戻ってくる面白い仕組みなんです。

そんなホットワインですが、実は国によって呼び方が違います。
ドイツでは「Gluhwein(グリューワイン)」、フランスでは「Vin chaud(ヴァン ショー)」、アメリカでは「Mulled wine(モルド ワイン)」と言います。
海外では「ホットワイン」と言っても伝わらないことが多いので、それぞれの国の呼び方を覚えておくといいですよ。

ドイツのクリスマスマーケットのグリューワイン

ホットワインの効果

ヨーロッパでは、風邪のひきはじめにはホットワインが定番の飲み物。
体を温める効果のあるホットワインは、免疫力を高めるので、風邪のひきはじめには効果大です。
でも、ホットワインの効能は、風邪予防だけじゃないんです!
「寝付きが良くなる」「アンチエイジング」「動脈硬化予防」などのうれしい効果が期待できます。

ワインに含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用があり、肌の老化の原因である活性酸素の増加を抑制してくれる働きがあるといわれています。
特にブドウの皮に含まれるポリフェノールの一種「レスベラトロール」は、シミ・シワ・たるみといった肌の老化防止に効果が期待できるといわれています。

また、ポリフェノールは動脈硬化の一因となるLDLコレステロールの酸化を防ぎ、血管をしなやかに保つ効果があるため、心筋梗塞・脳梗塞といった生活習慣病の予防にも効果が期待できます。
しかも、温めることによってアルコール分が蒸発して適度なアルコール度数になるため、アルコールの効果により寝つきが良くなるともいわれていいます。
うれしいことにポリフェノールは熱を加えても効果が変わらないため、ホットワインとして飲むほうが健康にいいと言えるでしょう。
多少飲みすぎても二日酔いになりにくいというのもまたうれしいポイントですよね。

さらに、ホットワインにはハチミツや漢方薬でも使用される「シナモン」「クローブ」「八角」などのスパイスを入れるため、殺菌作用、血行促進作用、消化促進作用、強壮作用が期待できます。

さまざまな効能があるスパイス

ホットワインを飲むときの注意

ホットワインの効能を聞いたら、健康のためにも定期的に飲みくなりますね。
特に冬場だけではなく、夏場はクーラーによって体が冷えるので、ホットワインで体を温めると夏バテ予防にもなります。
でも、健康にいいとは言っても、ホットワインはアルコール分が残っているため、お子さんや妊婦さん、乗り物の運転をする方は飲まないようにしましょう。
また、風邪薬とアルコールの併用はアレルギー反応をひきおこすため危険です。
薬を飲む際は、必ず数時間あけてからホットワインを飲むようにしましょう。

自宅でも出来るホットワインの作り方

それでは、ご自宅でできるホットワインの作り方をご紹介しましょう。
作り方はとっても簡単です♪

■材料(ホットワイン1人分)
赤ワイン 200ml
オレンジスライス   1枚
砂糖   大さじ1
<スパイス>
シナモンスティック 1本
クローブ      2〜3本
スターアニス(八角)1個

■作り方
(1)小鍋に赤ワインと砂糖、スパイスを入れ沸騰直前まで火にかける。
(2)火を弱火にしてオレンジスライスを入れて軽く温め、火を止める。
(3)カップに移し、お好みで甘さを足してください。

★ポイント
柑橘などのフルーツは、鍋の中でグツグツ煮立たせると苦味や雑味が出やすいので、飲む直前に加えましょう。
また、ホットワインに使用するワインは、ご自宅に余っているワインを数種類ブレンドしても大丈夫です!
開けてから数日経ったワインも、ホットワインにすれば美味しく飲むことができます。
自宅にちょうど買い置きがないというときは、あえて高いワインを買ってくる必要はないですよ。
1,000円以下のリーズナブルなワインでも十分おいしく飲むことができますので、お得に気軽にホットワインを楽しみましょう。

おすすめのホットワインアレンジレシピ

ここからはホットワインのアレンジレシピを3つご紹介します。
赤ワインがちょっと苦手という方におすすめの白ワインで作るホットワインレシピや、鍋を使わずただ混ぜて温めるだけの時短でおいしいホットワインを作れるレシピなど…
ぜひご自宅でいろいろなホットワインを作って楽しんでみてください。

「白ワインで作る!まるでアップルパイにようなホットワイン」

★赤ワインが苦手という方におすすめの白ワインで作るホットワイン

■材料(ホットワイン1人分)
白ワイン 200ml
砂糖 大さじ1
リンゴ 1/4個
<スパイス>
シナモンスティック 1本
クローブ(ホール) 3粒

■作り方
(1)リンゴを一口大に角切りにします。
(2)耐熱皿にリンゴを並べ、砂糖をまぶして電子レンジ600Wで1分半温めます。
(3)小鍋に白ワインと、温めたリンゴと、スパイスを入れ沸騰直前まで火にかける。
(4)火を弱火にして軽く温め、火を止める。
(5)カップに移し、お好みで甘さを足してください。

「時短で超簡単!ジャムとマグカップでおいしいホットワイン」

★鍋を使わずマグカップで温める時短レシピ!時間がないときすぐに飲みたいという方におすすめ。

■材料(ホットワイン1人分)
ワイン(赤白どちらでも)200ml
マーマレードジャム 大さじ1
シナモンパウダー  適量
おろししょうがなど 適量

■作り方
(1)マグカップにワインを注ぎ、電子レンジ500wで1~1分半加熱する。
(2)マーマレードジャムとお好みのスパイス等を加えて混ぜて完成。

「2度楽しめる♪フルーツコンポートとしてもおいしい!ホットワイン」

★翌日はワイン風味のおいしいコンポートをデザートとして楽しめる♪

■材料(2~3人分)
赤ワイン 500ml
リンゴ 2個
ブドウ 10粒
レモンスライス 2枚
砂糖 大さじ2
<スパイス>
・シナモンスティック 1本
・ナツメグ 適量
・クローブ 4粒

■作り方
(1)リンゴは皮をむき、8等分にする。
(2)鍋に赤ワイン、砂糖、スパイスを入れ煮立たせる。
(3)リンゴ、ブドウ、レモンスライスを入れ、弱火で20分ほど煮る。
(4)カップに移し、お好みで甘さを足してください。
(5)赤ワインで煮込んだリンゴとブドウは冷蔵庫で一晩冷やし、お皿に盛り付けて、フルーツコンポートとしてデザートにしてもおいしいです。

入れるフルーツを季節によって変えたり、またジャムやドライフルーツをフレッシュフルーツの代わりに入れると時短でホットワインを楽しめます。
冬場だけではなく、健康のためにも定期的にホットワインでおいしい温活してみませんか?

簡単にホットワインを作るには?

ホットワイン気になるけど、スパイスを用意したり計ったりは正直面倒くさいと思われた方にぜひおすすめしたいのが、「スペシャルホットワイン」。
この商品は、ワインと一緒にお鍋で温めるだけで簡単にホットワインが作れちゃうホットワインの素なんです。
赤ワイン、白ワイン両方に合うようにできているので、お好みのワインに合わせてお楽しみいただけます。
1箱に2袋入っているので、1回目は白ワイン、2回目は赤ワインなんて楽しみ方もおすすめです。

簡単にホットワインを楽しむためのキット

■作り方
1.鍋にワイン375ml(ハーフボトルサイズ)と本品1袋を入れます。
※写真は赤ワインで作っていますが、赤ワインでも白ワインでもお好きなワインをチョイスしてください。

2.弱火でゆっくりとスプーンなどで混ぜながら、沸騰させないようにワインを温めます。
(白ワインの場合は砂糖の溶け具合を確認しやすいですが、赤ワインの場合は見えづらいので、スプーンなどで砂糖の状態をこまめに確認するのをおすすめします)

3.砂糖が溶けきったら出来上がりです。

4.お好みでレモンなどを浮かべたり、甘味がもっと必要な場合は、砂糖を追加で入れて味を調節してください。

スペシャルホットワイン・アップル&ジンジャー

スペシャルホットワイン・アップル&ジンジャー

スペシャルホットワイン・アップル&ジンジャーのご注文はこちら

ホットワインにおすすめのワイン

高コスパなスペインワインを造るエストゥレマドゥーラ州のワイナリー・ロペス・モレナスとワインショップソムリエが共同開発した大容量箱ワインの「ガブワイン」
1箱3L(フルボトルワイン4本分)の大容量で、ワインボトルに換算するとなんと1本あたり435円!
内袋には気密性のあるバルブが取り付けられており、バルブをつまむことで好みの量を注ぐことができます。
内袋は真空状態なのでワインが空気に触れることがないため、ワインの酸化を防止でき、開封後も約1か月同じ味わいをキープできる優れもの!
毎日少しずつ飲んでも安心です。

ガブワイン・レッド
テンプラニーリョ、シラーを使用した赤ワインは、プラムやベリーなどの果実のアロマにチョコレートの濃厚なアロマもあり、華やかな果実味と凝縮感のあるバランスの良い味わいに仕上がっています。

ガブワイン・レッド

ガブワイン・レッドのご注文はこちら

ガブワイン・ホワイト
マカベオを使用した白ワインは、グレープフルーツやレモン、桃などのみずみずし果実のアロマと、ハーブの清涼感のあるアロマがあり、シャープな酸のあるフレッシュな味わいです。

ガブワイン・ホワイト

ガブワイン・ホワイトのご注文はこちら

 

 

ワインの選び方カテゴリの最新記事

特集一覧