Congratulations Prince Harry and Ms. Meghan Markle!

2018年5月19日、英国王室のヘンリー王子、メーガン・マークル妃のご結婚式が執り行われます。

英国王室御用達メゾン、ポール・ダンジャンの協賛により、この慶事にあわせ、
ポール・ダンジャンの全キュヴェを10名様に、英国王室御用達キュヴェである「カルト・ノワール」を90名様に、合わせて100名様にプレゼント!是非ご応募ください!

さらに、キャンペーン期間中は、ポール・ダンジャン全キュヴェを10%OFFで販売!
商品一覧・10%OFFキャンペーンコードはこちら

期間5月18日(金)~6月30日(土)

ポール・ダンジャンの歴史

Dangin家は代々ブドウ栽培家の家系で、以前はMoet & Chandonや Mummといった大手メゾンへとブドウを供給していました。

1947年、祖父Paul Dangin(1921生、14歳からブドウ栽培に従事) はCelles-Sur-Ource村の仲間とともに、ブドウをメゾンへ販売すること を止め、一部のブドウを自らのシャンパーニュを創り出すために残すこと とを決めました。 ブドウの販売量を減らすことで収入が減少し、 非常に厳しいチャレンジでしたが、この試みは成功を納めます。 もともとが大手生産者から請われる程の高い品質のブドウであったため、 作られたシャンパーニュも評価が高く、次第に顧客が付いてきました。

創始者のPaul(ポール)は5人の息子と1人の娘の子宝に恵まれ、 5人の息子たちとともに娘の夫Jean-Marie Faysもドメーヌに参画、 現在14人がドメーヌに携わっており、Paul Dangin から始まったドメーヌはシャンパーニュでも最大の家族経営ドメーヌの一つとなっています。

数世代続くドメーヌでは、相続により徐々に畑が切り分けられ、 時には利害関係で徐々に畑が小さくなることもしばしば聞かれます。

しかし、ポール・ダンジャンは親戚・家族間でとても仲が良いだけでなく、 創始者ポールの想いを受け継いでゆくという意識が非常に強いのも特徴です。

原料ブドウは、昔から変わらず、それぞれの家が所有する畑のみ。 実質はRM(レコルタン・マニュピュラン)ですが、 同族とはいえ、複数の家族からのブドウでシャンパーニュを仕込むため、 便宜上NM(ネゴシアン・マニュピュラン)となっています。

英国御用達の栄冠へ
Readmore

英国王室御用達の栄冠

ポール・ダンジャンのフラッグシップである「カルト・ノワール」が、 1749年から英国王室にワインやスピリッツを収める会社、 「J&B社」によって推薦され、採用されました。 その後数度、J&B社のラベルで王室での式典の際に納められています。

J&B社は 王室御用達の「ロイヤル・ワラント」に指定される業者であり、 公に王室の紋章を使用することができます。 彼かの採用を受けたポール・ダンジャンも、同様に英国王室御用達の栄誉を 謳う許しを得ています。

英国王室御用達として、現在複数のブランドがその栄誉を受けていますが、 いずれも大規模経営を行う会社ばかりです。 その中にあって、ポール・ダンジャンは唯一家族経営のシャンパーニュメゾンとして 英国王室へワインを提供しています。

イギリス、特に英国王室はシャンパーニュに特別な影響力を持ちます。 どのメーカーにとっても、「英国王室御用達」の栄冠は大変な誉れとなり、 品質の高さを認められたという証となります。

※英国王室のために特別なブランド名 Champange J&B で出荷されています。

~記念ボトル裏面のテキストより~
Justerini's Anniversary cuvee has been produced for many years by the family growers Dangin.This cuvee is predominantly made from Pinot Noir which has been aged in bottle for up to three years.The resul is a generous, structured champagne, with toasty flavours but great elegance and fruit. It is suitable for all occasions.

訳 justeriniの記念キュヴェを造るのは、 もう何年も前から家族経営のDangin家という生産者である。 このキュヴェは、主に瓶内で3年間以上熟成されたピノノワール種の シャンパーニュで造られている。

この惜しみない手間のおかげで、構造のしっかりしたボディ、 トーストのフレイヴァーを持つだけでなく、 偉大なエレガンスと果実味も兼ね備えた味わいがもたらされた。 どんなシーンでも対応できる、使い勝手のよい1本である。

また、ポール・ダンジャンはフランス国内でも高い評価を得ています。 例えばパリの由緒ある名店Maxime(マキシム)が ポール・ダンジャンへ委託し、ハウスシャンパーニュを造っています。

ポール・ダンジャンが考える英国王室御用達の意味
Readmore

ポール・ダンジャンが考える英国王室御用達の意味

王室御用達=宴席・パーティでの使用を基に作られているシャンパーニュは、 単体で飲んだ時にやや酸が強いと感じるかもしれません。しかし、その酸が 料理と一体となることで和らぎ、食材の味わいをクローズアップし、 引き立てつつ食べ飽きさせない、食事の引き立て役として完璧な役割をこなします。

王室御用達とは、決して派手な味わいを意味するものではなく、用途に合わせて 飲まれたときに最高のパフォーマンスを発揮すること、そして 「その味わい・品質を常に安定して再現できる技術」の裏付けを意味するものです。

つまり、一過性の栄誉ではなく、その品質を世代を超えて継承しなければならないのです。

雑誌掲載
Readmore

雑誌掲載

◆神の雫掲載! 週刊モーニング誌 2016年7月掲載
ダンジャン・フェイ・ブリュットNV
「誰の目も気にならない静かな中庭で  ゆったりと読書をする休日のようなシャンパーニュだよ」 「さすが『マム』や『モエ・エ・シャンドン』などの 大手メゾンに葡萄を提供してた作り手よね」

◆ワイン王国No.88 P59 レゼルヴ・マチュールが和食に合うシャンパンとして紹介されました。

「アプリコットを感じさせる充実した果実味があります。10年に及ぶ便内熟成による 熟成感と厚みのある味わいは西京焼きにとてもよく合っている」

「アカシアやショウガの香と熟成して鉄っぽさのある酸があり、マグロの赤身の鉄分と ショウガに素直に合いました。お造りに向くシャンパーニュとしてお勧めです」

◆ヴィノテーク No.433号 ~シャンパーニュの不思議~ に掲載
各ワインのテイスティングコメント
「ポール・ダンジャン・エ・フィスのシャンパーニュを田崎真也がきく」 で世界一ソムリエに輝いた田崎氏のコメントが掲載されました。

◆カルト・ノワールがアメリカン航空のファーストクラス、ビジネスクラスへ採用されました。

こだわりのシャンパンづくり
Readmore

こだわりのシャンパンづくり

畑(テロワール)

メゾン・ポール・ダンジャンが居を構えるのは、「セル・シュール・ウルス」という シャンパーニュでも南寄り、オーブと呼ばれる地域です。

大規模メゾンが集中し、交通の要所となるランス周辺から離れれており、 大手の会社はこの地に手を出しませんでした。 そのおかげで、伝統的なつくりを受け継ぎ、ブドウ栽培からシャンパーニュを つくる「RM(レコルタン・マニュピュラン)」が多数残っています。

一方で大手メゾンへブドウ販売のみを行ったり、 完全に下請け製造だけをする、といった作り手も多く存在します。

知名度こそまだまだ高くはありませんが、そのテロワールの優位性は 多くの研究者からも指摘されてきました。

ブルゴーニュ地方のシャブリに近く、南寄りの地域であるため、 北部のシャンパーニュに対し、よりボリューム感を持ったスタイルに仕上がります。

土壌の下層には、太古の海から形成された石灰質土壌(シャブリと同様のキンメリジャン質)と、 「マール」と呼ばれる白泥質土壌があります。

シャブリよりも北方に位置し、より冷涼な気候であるため、 ピノ・ノワールの栽培比率の方が高い傾向にあります。

とりわけピノ・ノワールの品質は非常に優れており、 北部のマルヌ県のものに比べ、果実味が豊かで香も華やかです。 そのため、ランスやエペルネの大手メゾンが、こぞってこの地域の ピノ・ノワールを買い付けにやってきます。

栽培方法
Readmore

栽培方法

ドメーヌでは、リュット・レゾネの一種である「同化農法(環境に合わせて各種の対処を行う農法)」 こそがビオロジックよりも適していると考え、これを採用しています。

この農法では人工合成された化学薬品は使用せず、自然由来の薬剤を必要とされる最低限の量を 使用することができます。しかし、実際に薬剤を使うことはほとんどありません。 (事実、もう10年以上薬剤は使われていません。)

例えば、除草の時も除草剤は使いません。 土の鋤き返しという農作業を行うので、薬を使うより当然重労働です。

しかし、鋤起こした草からブドウ樹が水分とミネラル分を吸収させることができます。 同時に横に伸びる根を断ち切ることで、ブドウの木は土中深くまで根を伸ばすようになります。

地中何メートルと深く伸びる根は、シャンパーニュ地方特有の複雑な地層に分け入り、 様々な層からミネラル分などを吸収することでワインに複雑さがもたらされます。

また、干魃が起こった際でも地中深くに保たれた水分でその影響を小さくすることが可能となっています。

栽培方法の研究には余念がないので、 ジャンルにこだわらず、良いものは取り入れる、チャレンジ精神が旺盛なのもこのメゾンの特徴です。 ワイン造りでなくとも、農業、有機栽培にかかわる学会や勉強会には積極的に参加し、 常に良い環境づくりを研究しています。

最近の新しい成果として、畑にまく肥料の改良が挙げられます。 今ポール・ダンジャンで使用しているのは、普通のブドウ栽培家が使う肥料でなく、 海藻を使った手作りの自然素材の肥料。

ある海藻の成分が樹木の抵抗力をあげる、との研究結果を知り、早速畑で実践しているそうです。

病虫害は弱い樹から始まり広がる、と言われますが、 ポール・ダンジャンの畑の木々は、幸いにも抵抗力が上がったからか、病虫害の数は激減。 畑が非常に元気で、とても品質の良い、糖度が高く凝縮したブドウが収穫できたそうです。

醸造方法
Readmore

醸造方法

ポール・ダンジャンのシャンパーニュにおいて、 品質に関する明確な指針が4つ定められています。

・【適度な熟成感と繊細な泡立ち】
シャンパーニュの法律では最低15カ月の熟成で出荷が認められているが、 味わいのバランスを取るため、少なくとも熟成期間が30カ月になるまで販売を行わない。

・【ピュアでエレガントな味わい】
ブドウ果汁はテット・ド・キュヴェ(ブドウを絞った際、最初にとれる果汁。 高級レンジやプレステージのものは、このキュヴェのみで作ることが多い。)のみを使用。

・【伝統的なシャンパーニュスタイル】
ドメーヌのスタイルを守るため、ミレジメを除き、 最低2年分のワインをアッサンブラージュする。

・【バランスの良い味わい】
重すぎず、フレッシュで熟成しすぎていないシャンパーニュ を生み出すこと。 ブドウ品種は主に2つの品種をメインにブレンドしています。

黒ブドウのピノノワールはヴォリューム感や骨格を、 シャルドネはシャープな 味わいとエレガントさ、 ピノムニエはフルーティな果実味をそれぞれ表現します。

ポール・ダンジャンのキュヴェ
Readmore

ポール・ダンジャンのキュヴェ

ポールダンジャンのラインナップは、大きく分けると二つのシリーズで構成されています。

世代を超えて受け継がれる、伝統的な製法を踏襲するものと、
革新的なシャンパーニュを造るために新しい手法を試した挑戦的な作品。

伝統と革新、それぞれの魅力を楽しむ事ができるのが、
他のメゾンにはない魅力と言えます。

ダンジャン家の現当主はまだ30代で、積極的に生産にも関わります。

経験豊富な先代、先々代も、引退後も引き続き暖かく見守りながら
積極的にサポートに回るため、失敗を恐れずチャレンジすることができます。

結果メゾン全体が新しいことに果敢に挑戦していく、という雰囲気が醸成されています。

伝統的なキュヴェ

英国王室からも愛される、伝統を大切に受け継がれてきた高い品質を誇るシャンパーニュ作りがポール・ダンジャンの売りです。
総じてエレガント、バランスが取れた味わいは、華やかなパーティシーンはもちろん、普段のお食事にも違和感なく溶け込みます。

ダンジャン・フェイ・ブリュット

セパージュ:ピノ・ノワール70% シャルドネ28% ピノ・ムニエ2%
瓶内熟成期間:30か月以上

週刊モーニング連載のワイン漫画『神の雫』にも掲載された、一番人気のシャンパーニュがこの「ダンジャン・フェイ」です。 ピノ・ノワールとシャルドネを主体に、エレガントな味わい、クラシカルなシャンパーニュとしての魅力を 味わえる作品です。
このキュヴェでも、メゾンのポリシーである、30か月以上の瓶内熟成を行い、共に、複雑味、奥行きのある味わいを表現します。

キュヴェ・ジャン・バティスト

セパージュ:ピノ・ノワール100%
瓶内熟成期間:30か月以上

現当主、ジャン=バティスト・ダンジャン氏の名前を冠した新たなキュヴェです。レストランで、料理と合わせてサーヴされる事を考えて作られた1本。
ピノ・ノワールのみを使用したブラン・ド・ノワールは、適度なボリュームも感じるため、魚介料理、肉料理ともよく合います。
前菜からメインまでシャンパーニュ1本で通すこともできる、万能使いのシャンパーニュです。

カルト・オール

セパージュ:ピノ・ノワール70% シャルドネ28% ピノ・ムニエ2%
瓶内熟成期間:30か月以上

フィネス(繊細さ)と、芳醇なコクのある味わいの両立を目指したキュヴェ。
3品種をアッサンブラージュすることで、単一品種では表現できないバランスを目指して作られたスタンダードシャンパーニュです。
食前酒として、華やかな雰囲気を演出してくれることはもちろん、前菜や魚介料理とよく合います。
おすすめは火を入れた魚介料理、バターを使ったクラシカルなソースの一品です。
チーズであれば、シャウルスやラングルがよく合います。

カルト・ノワール

セパージュ:ピノ・ノワール100%
瓶内熟成期間:30か月以上

英国王室へ提供され、仏国内ではマキシムのハウスシャンパーニュに、またアメリカン航空ではファーストクラス、ビジネスクラスにも採用されました。
名実ともにポール・ダンジャンのフラッグシップとなる1本です。

オーブのピノ・ノワールの魅力は、華やかな果実味と、リッチな味わい、しっかりしたボディがある事です。
しかし、これをそのままシャンパーニュに仕込んでしまうと、

Read more

重要なフィネス、エレガンスと両立させることが難しくなります。

ポール・ダンジャンではピノノワールのもつシャープな酸、華やかな果実味を活かしますが、一方で食事と合わせた際に主張しすぎないようにコントロールします。

テイスティング
照りのある黄金色で、グラスに注ぐと細かな気泡が活き活きと立ち上ります。
リンゴやチェリーを思わせる果実味、エルダーフラワーやアラビアジャスミンのような優しい香り、徐々にブリオッシュやヘイゼルナッツのニュアンスも出てきます。

上品で、口にすっと溶け込むようなまろやかな口当たりで、甘みと酸味のバランスも良く余韻もあります。そのまま食前酒として飲むにもお薦めです。

これ単体で飲むと、ここまでの魅力しか味わえませんが、このシャンパーニュが真価を発揮するのはお食事と合わせた時でしょう。
王室御用達=宴席・パーティでの使用を基に作られているシャンパーニュは、単体で飲んだ時にやや強いとも感じる酸が料理と一体となることで和らぎます。
食材の味わいをクローズアップし、引き立てつつも食べ飽きさせない、食事の相方役として完璧な役割をこなします。

カルト・ブランシュ

セパージュ:シャルドネ100% 
瓶内熟成期間:30か月以上

オーブのシャルドネ100%で作るブラン・ド・ブラン。
コート・デ・ブランに比べ南部で生まれるシャルドネは、果実味があり、リッチな味わいが特徴です。収穫時には酸が失われないよう、完熟より心持ち早め、ちょうど良いタイミングを見計らい朝早くから収穫します。
シトラスやリンゴ、エルダーフラワーの優しい香り、ヘーゼルナッツの香ばしさ。
熟成によりもたらされるパン種の香りなど、とても外交的で華やかな魅力あふれる1本です。食前酒として、お食事やパーティに華やかさを添えてくれます。
また、魚介料理とも素晴らしい相性を見せます。

革新的なキュヴェ

ポール・ダンジャンの若い世代が送り出す、挑戦的な新しい味わいのシャンパーニュ。
まだまだ多くは生産できない特別キュヴェですが、味わいは本当に独創的なものばかりです。
これまでのシャンパーニュと異なる、まったく新しいシャンパーニュの世界をぜひお試しください。

ロゼ・オリジナル

セパージュ:ピノ・ノワール100%
瓶内熟成期間:30か月以上 特徴:セニエ・ロゼ

ブルゴーニュピノノワールでシャンパンを造ったら?
そんな贅沢な発想から生まれたのがこのロゼ・オリジナルです。

現在チームで最年少でありながら、ブルゴーニュでの修行を経てピノノワールの扱いに長けた醸造責任者、マチュ−の腕により、良い意味でシャンパーニュ離れした1本。

Read more

ロゼというには濃い色調。よく熟したさくらんぼの果実のようです。
果皮を浸透させ、丁寧にバトナージュを行い、ピノノワールの魅力を抽出した原酒を仕込みます。
ブルゴーニュで行われるワイン作りと同じ手順でベースワインを造るので、香り、味わい、ボリュームともに他のロゼシャンパーニュとはまったく異なり、果実味やタンニンといった要素がグラス一杯に溢れかえります。

セニエ(血抜き)と呼ばれる、ロゼシャンパーニュ作りの高等技術で仕込まれたこのキュヴェは、肉料理と合わせたくなる異色の味わいです。

サン・シール

セパージュ:ピノ・ブラン100%
瓶内熟成期間:36か月以上
特徴 古代品種のピノ・ブラン100%で作るキュヴェ。

「このセル・シュール・ウルス村は昔「サン・シール村」といわれていたんだ。」
昔の村の名を冠するシャンパーニュには、今はもう作り手が少ない、ピノ・ブランを100%使ったキュヴェです。
この土地のテロワールを表現するには、むしろシャルドネよりこの品種が向いているのでは、と考えたダンジャンの若手チームは、それまでブレンド用に使われていたピノ・ブランをあえて100%使ったキュヴェに取り組みました。

Read more

オーブのピノ・ブランは、甘く芳醇、リッチな味わいが全面に出るタイプで、それまでは補助品種として使われていましたが、100%で仕込んでみたところ、シャンパーニュ離れした、なんとも艶っぽいグラマーな味わいになってしまったそうです。
初年度は失敗を認め、販売すらしませんでした。

この教訓を生かし、翌年から収穫時期に注意を払いました。
完熟する前、フレッシュな酸が残っている状態で早摘みし、繊細でエレガントな味わいを表現できる原酒を作ります。
さらに、マロラクティック発酵を一切かけないように低温で注意深くプロセスを進めます。
こうして紆余曲折の末に生まれたのが、シャンパーニュ地方のブラン・ド・ブランとして異色の1本。
「ピノ・ノワール」の遺伝子も持つ白ブドウが、魚介料理と合わせたとき最高の相性を見せます。

レゼルヴ・マチュール

セパージュ:ピノ・ノワール100%
瓶内熟成期間:36か月以上

シャンパーニュでもここのところ注目されている、ドサージュゼロ。
つまり、味わい調整のリキュール添加をしていない、極辛口のシャンパーニュです。

ポール・ダンジャンは、この極辛口をなんと10年以上熟成させたキュヴェを作りました。
「超長期熟成させると、辛口の中に独特の甘みや香りが出てくる。

Read more

ナチュール(=自然。ドサージュ・ゼロのこと)だからこそ造れる味わいだ」

マロラクティック発酵をかけず、引き締まったシャープな酸と味わいを一切いじらずにボトルへ詰めます。
ドサージュをしていないので、そのまま飲もうとしても、粗削りで刺激が強すぎてとてもシャンパーニュと呼べる代物ではありません。
しかし、時間がこのシャンパーニュを驚くほど研ぎ澄まされた、円熟した味わいに仕上げてくれました。

酸は角が取れ、厚いボディの中にも軽やかなエレガンスが凝縮した、芯のある味わいになりました。

1つのシャンパーニュに並外れた時間と手間をかけた、驚くべき一本です。