ワイン×チョコレートの甘美なマリアージュ

ワイン×チョコレートの甘美なマリアージュ
\MAX55%OFF/ウィンタークリアランスセール

ワイン×チョコレートの甘美なマリアージュ

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

1年に一度のバレンタインデー。*
男性も女性も少しそわそわしてしまいますね*
女性は、どんなチョコレートを渡したら喜んでもらえるか、悩むのも楽しみの一つ。
日本以外では、バレンタインデーは男性が女性何かをプレゼントするのがスタンダードだそうです。

アメリカ:男性が女性にチョコレートを送る。
フランス:男性が女性にバラの花束を送る
スペイン:恋人にお互いがプレゼントを贈り合う

チョコレートや花束以外にも、ワインをプレゼントすることも多いそうです。
ワインをバレンタインにプレゼントするとなると、

ワンランク上の大人のバレンタインになりそうですよね。

まず、甘口ワインやブランデーなどは人気の高いアイテムで、
どんなチョコレートにも相性抜群です。

では、ワインとチョコレートはどうでしょうか?
共通点はずばり「ポリフェノール」。
ワインには渋みや苦みを与えるタンニン(ポリフェノール)が、

チョコにはカカオポリフェノールが含まれています。
ワインに合わせるチョコは、糖分の割合が同じものを選ぶのがベストといわれています。
フルーティーで甘めのワインには甘いチョコを、

辛口のワインにはビターチョコを組み合わせると味がマッチします。

またチョコにはナッツが入ったものや、レーズンやオレンジピールなどのドライフルーツが入ったものは
その香りに共通点があるワインを選ぶのが良いでしょう。
例えば「爽やかな柑橘系の香りのワイン」、「干しレーズンのようなまろやかな香りのワイン」など。
このようにチョコに加えるものとワインの香りの表現に共通するものがあるというのも、ワインとチョコが合う理由です。
調理に使ったリキュールや、スパイスなどからヒントを得てみてください。

パレ・オランジュとワインの相性はとても抜群ですよ!

六本木のパティスリー ココ・アンジュ※ワインと同梱可!
ココアンジュ・パレ・オランジュ(3枚)
https://item.rakuten.co.jp/wsommelier/10010729/

 

さて、以下のチョコレート。どんなワインに合わせたら最高なのでしょうか?
1. ミルクチョコ
2. ビターチョコ
3. ハイカカオチョコ
4. ホワイトチョコ

1.ミルクチョコ
カカオマスの含有量が20~40%
甘くて、まろやかなこちらは、
南仏のグルナッシュやシラーなどの赤ワインと合わせるのがいいでしょう。
グルナッシュやシラーブレンドの豊満な果実味と滑らかなタンニンにより、
チョコだけでは感じることができなかった

心地の良いバニリンや花の香りのようなフレッシュな香りが楽しめます。
また、辛口の白ワインも、意外と相性がいいので、是非試してみてください!

2.ビターチョコ
カカオマスの含有量が40%以上カカオマスに砂糖と、”少量の”乳製品を加えたチョコレート。
ミルクチョコレートと比較すると、より、カカオの香りを感じることができるため、
グルメな男性などに人気の種類になります。甘みと苦みのバランスが程よいチョコレートです。
カカオマスの多いビターチョコには、タンニン豊かなワインがおすすめです。
シラーやカオールなどタンニンとスパイシーな香り豊かなワインが、相乗効果を生み出し、
チョコレートとより良いマリアージュを築きあげてくれます。

3.ハイカカオチョコ
高カカオチョコカカオマスの含有量が60%以上みなさんご存じのように、
近年「ハイカカオ」と呼ばれるカカオ高配合のチョコレートがブームです。
ポリフェノール分が特に高い、ハイカカオ。
こちらは口の中でざらざらしたり、ワインでも感じるような、
カカオやココアパウダーの香りに非常に飛んでいます。
こちらには、熟成感のある赤ワインが非常におすすめです。

4.ホワイトチョコ
カカオマスの配合が0%
最後にご紹介するのが、カカオマスが配合されていない、白いチョコレート「ホワイトチョコ」です。
カカオバター、乳製品、砂糖などでできています。
ポリフェノール分がすくなく、バニラやジャスミンのような

ピュアな香りと甘みが引き立つこちらは、ロゼワインがピッタリです。

 

チョコレートとワインのとろけるような甘美なマリアージュをぜひお楽しみ下さい♪*

ワインに合うレシピとおつまみカテゴリの最新記事

特集一覧