あなたのワイングラスの持ち方はローカルマナー?それとも国際マナー?

あなたのワイングラスの持ち方はローカルマナー?それとも国際マナー?

あなたのワイングラスの持ち方はローカルマナー?それとも国際マナー?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ワイングラスの持ち方

突然ですが、ワインを飲むときにワイングラスのどの部分を持っていますか?
実は、国際的なマナーではグラスの脚(ステム)を持つのは一般的ではないんです。
それでは、どこをどのように持つのか?
本日は、ワイングラスの持ち方についてお話します。

ワイングラスの各部位の名称

まずは、ワイングラスの各部位の名称から紹介しましょう。

リム
直接口が触れるグラスの縁の部分をリムと呼びます。
リムの厚さが薄いほど唇に触れる感覚が少なく、
ストレスを感じないため、ワインの味を一段とおいしく感じられます。

ボウル・カップ
ワインが注がれる部分をボウルまたはカップと呼びます。
ほどよくカーブしていて、ワインの渋みをほどよく抑えてくれる特長があります。

ステム
ワイングラスの脚をステムと呼びます。
ステムが長い方がワインの色を見るのに良いとされています!

フット・プレート
ワイングラスを支える底の部分をフットまたはプレートと呼びます。
カップの直径と同じものが一般的です。

日本でのワイングラスの持ち方

日本では、ワイングラスのステムを持つことがマナーとされています。
その理由は、ボウル部分を持つと手の温度がワインに伝わり、
味や香りが変わってしまうためです。
また、見た目もエレガントに見えるということから、
フォーマルな場でステムを持つのが良いとされています。
しかしこの持ち方は、実は日本のみのローカルマナーで、
国際的にはステムを持つのは、ワインのテイスティングをする時で、
一般的な持ち方ではないようです。

国際的なワイングラスの持ち方とマナー

それでは、国際的なワイングラスの持ち方はどのような持ち方でしょうか。
それは、指でボウル部分を持つのが正しい持ち方とされています。
ボウルが大きめのブルゴーニュグラスやボルドーグラスの場合、
ワインを注ぐと重みがボウル部分にあるため、ステムを持つと不安定なります。
そのため、ボウルを手で囲い込むようにはせず、指でそっとつかむように、
ボウル部分、もしくはボウルと脚の境目辺りを持つと一番安定します。
よくテレビなどで政治家や王室の方々の晩餐会などが写ると、
確かにボウルの部分を持っている方が多い気がしますね。

注いでもらう時の注意

次に、ついつい日本人がやってしまいがちな国際的なマナー違反が、
「注いでもらうときにワイングラスを持ち上げる」
「女性がワインを注ぐ」です。
ワイン文化が浸透してきたため、最近はあまり見かけなってきましたが、
日本の文化では、お酒を注いでもらう際に、グラスなどに手をそえて軽く持ちあげるのが
ルールとされていますが、これは国際的なマナーとしてはふさわしくありません。
とくに、フォーマルな場ではワインを注ぐのはレストランのスタッフやソムリエの役目
自分たちで勝手に注がずに、グラスを置いておきましょう。
女性の場合は、とくにお酒を注ぐ習慣は海外にはないため、控えた方がよいでしょう。
レストランのスタッフやソムリエが注ぐ際には、グラスは持ち上げず、
もし注ぎづらい場所にグラスがあれば、注ぎやすい場所にずらす程度で大丈夫です。

乾杯時の注意

ワイングラスの国際的な持ち方も分かったところで、乾杯といきたいところですが、
その前に、ちょっと待ってください。
乾杯の際に、グラス同士を景気よくぶつけて乾杯なんてしていませんか?
正式なマナーではグラス同士を合わせて乾杯はNGです。
ワイングラスは高級なものほど薄く繊細なものが多いため、
ワイングラスを合わせた瞬間、割れてしまうことも考えられます。
そこで、フォーマルな場での乾杯は、ワイングラスを胸の高さまで上げて
軽く会釈をしながら「乾杯」と言いましょう。

ただし、ワインは美味しく楽しく飲むのが何より大事!
上司がワインを進めてきてくれているのに、グラスも持たずただじっとしているのは
耐えられない!なんて場面は、気にせずグラスを持ち上げていただきましょう。
そして、友達や家族とのカジュアルな食事の場では、みんなが楽しく飲めるように、
グラスを合わせて乾杯しても良いと思います。
臨機応変に、楽しく心地よく飲める飲み方でワインを楽しんでください。

乾杯の仕方

ワインの豆知識カテゴリの最新記事