サングリアとは?自宅で簡単に作れるレシピをフルーツ・ワイン別にご紹介

サングリアとは?自宅で簡単に作れるレシピをフルーツ・ワイン別にご紹介

サングリアとは?自宅で簡単に作れるレシピをフルーツ・ワイン別にご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

フルーツとハーブ

9月に入って、いくらか涼しさも感じられるようになりましたが、
まだまだ日中の日差しが強く暑さがこたえますね。
そこで、夏の暑さに疲れきった体にうれしいワインの飲み方をご紹介します。
フルーツのビタミンもたっぷりで元気でること間違いなしの「サングリア」です♪

サングリアとは

「サングリア」とはワインにフルーツを入れてつくるワインカクテルのこと。
ワインの酸味にフルーツの甘みが加わって、
フルーティな味を楽しめると女性を中心に人気のワインカクテルです。
ワインは赤、白、ロゼ、スパークリングとなんでもOK!
お好みのワインを用意して、その中に好きなフルーツをカットして入れるだけ。
最近は、色とりどりのフルーツをたっぷり入れて作るサングリアが、
SNS映えするとあってバラエティー豊かなサングリアをよく見かけます。

飲みやすさと見栄えの美しさもさることながら、
飲み切れず残ってしまったワインを活用して作れるというのも、
サングリアの人気の秘密なんです。
開けてから数日経つと、酸化して風味が落ちてしまうワインもありますよね。
そんなワインが家の冷蔵庫にあるという方は、ぜひお試しください!

ちなみに、この「サングリア」の発祥はどこかご存知ですか?
情熱の国スペインなんです。
スペイン語では「Sangría」と表記します。
その語源はスペイン語で「血」を意味する「Sangre (サングレ)」からきており、
血のように真っ赤なお酒というのが由来。
血のようにというのが、スペインらしい情熱的なネーミングですよね。

ちなみに、サングリアには白ワインをベースとしたものもあります。
白ワインをベースとしたサングリアは「Sangría Blanca(サングリア・ブランカ)」
(ブランカはスペイン語で白という意味)と呼ばれています。
もともとは、赤ワインで作るサングリアが主流でしたが、
今では、白ワイン、スパークリングワインやロゼワインで作るサングリアも
飲みやすくて見た目にも美しくおすすめです!

サングリア

ワインと合わせるフルーツはどれがいい?

さて、サングリアに入れるフルーツは何がいいのか?
リンゴ、キウイ、パイナップル、イチゴ、バナナ…
パッと思い浮かべるだけでも、さまざまなフルーツがありますね。
赤ワイン、白ワイン、ロゼ、スパークリングとフルーツの組み合わせを考えたら、
その組み合わせはまさに無限大!

そこで、赤ワイン、白ワイン、ロゼ、スパークリングとどんなフルーツが合うのか、
サングリアにするのに相性のいいワインとフルーツの組みあわせをご紹介します。

■赤ワイン
・イチゴ
・ブルーベリー
・チェリー
・イチジク
・バナナ
・リンゴ
・桃
・オレンジ

■白ワイン
・グレープフルーツ
・パイナップル
・リンゴ
・洋ナシ
・桃
・レモン
・ライム

■ロゼ
・桃
・パイナップル
・洋ナシ

■スパークリング
・洋ナシ
・リンゴ

上から順番にベストマッチなフルーツが記載されています。
なぜ、この組み合わせがベストマッチなのかというと、
ワインそのものの味の表現に使用されるフルーツが入っているからです。
たとえば、よく赤ワインの味を表現する際に、
「イチゴやスグリなどの赤い果実の風味…」なんて聞いたことありませんか?
ワインの原料はブドウだけなのに、面白いことにワインはそのブドウの品種によって
イチゴやチェリー、コーヒーやシナモン、チョコレートなどさまざまな
フレーバーを感じることができるのです。

フルーツ

サングリアのおすすめレシピ

さて、前置きはこのくらいにして、ここからはぜひお試しいただきたい、
赤ワイン、白ワイン、ロゼ、スパークリングの
サングリアのレシピをご紹介していきましょう!
開けてから数日経ってしまったワインがある。
友達が遊びにくるので、華やかな演出をしたい。
なんて、時におすすめのサングリアレシピです。
すべて4~5人分のレシピです。

赤ワインのサングリア

■材料
赤ワイン 1本(750ml)
ブルーベリー 40粒
イチゴ  7個
オレンジ 1個
砂糖   大さじ1~2
シナモンスティック 2本

(1)ピッチャーやデカンタを用意します。
(2)カットしたフルーツと、砂糖、シナモンを入れ、1本分のワインを注ぎます。
(3)氷を入れて、よく混ぜ合わせて完成です。

白ワインのサングリア

■材料
白ワイン1本(750ml)
リンゴ1/2個
レモン1/2個
グレープフルーツ1/2個
カットパイン5~6切れ
白桃缶2切れ
ミント適量

(1)ピッチャーやデカンタを用意します。
(2)カットしたフルーツと、1本分のワインを注ぎます。
(3)ミントと氷を入れてよく混ぜ合わせて完成です。

ロゼワインのサングリア

■材料
ロゼワイン 1本(750ml)
桃 1個
ピーチリキュール 50ml
砂糖 大さじ1~2
ミント適量

(1)ピッチャーやデカンタを用意します。
(2)カットしたフルーツと砂糖、1本分のワインを注ぎます。
(3)ミントとピーチリキュールと氷を入れてよく混ぜ合わせて完成です。

スパークリングワインのサングリア

■材料
スパークリングワイン 1本(750ml)
洋ナシ 1個
砂糖 大さじ1~2
スターアニス 2個

(1)ピッチャーやデカンタを用意します。
(2)カットしたフルーツと、砂糖、スターアニスを入れ、1本分のワインを注ぎます。
(3)氷を入れてよく混ぜ合わせて完成です。

フルーツいっぱいのサングリア

サングリアおすすめの割り方

サングリアは、フルーツや氷を入れて飲むため、
ワインのままで飲むよりずっと飲みやすいですが、
サングリアをさらに飲みやすくして、
お酒がそれほど得意ではないという人でも楽しめる飲み方があります。
それは、サングリアを炭酸やジュースなどで割るカクテルです。

コーラで割る赤ワインのサングリア

■材料(2人分)
赤ワイン 200ml
コーラ 50ml
冷凍ミックスベリー 100g

赤ワインに冷凍ミックスベリーを加えよく混ぜ合わせてから
コーラを注いで軽く混ぜて完成です。

カルピスで割る白ワインのサングリア

■材料(2人分)
白ワイン 200ml
桃缶  1個分
カルピス 50ml

白ワインにカットした桃缶の桃を加えよく混ぜます。
最後のカルピスを加えて軽く混ぜて完成です。

サングリアの作り方によっては違法になる?

ここまで読むと、もうすぐにでもサングリアを作って飲みたくなりますよね。
でも、サングリアを作る前に1つ大事な注意点があります!
サングリアの作り方によっては、酒税法に違反してしまうおそれがあるんです。

酒税法とは、ざっくり説明すると、アルコール分1%以上のものをお酒とし、
作ったお酒全てに税金をかける法律です。

なんで、自宅でサングリアを作ることが、酒税法に引っかかるの?
と疑問に持たれた方もいらっしゃると思いますが、
それは、自宅でお酒に果実を漬け込む場合、
アルコール度数20度以上のお酒を使用する場合のみ許可されているんです。
なぜなら、アルコール度数が20度未満のお酒に果実を入れることで、
長く漬け込んでおくと、発酵が始まり新たなお酒を作り出してしまうおそれがあるからです。
ワインのアルコール度数はだいたいが15度以下のものがほとんどなので、
長く漬け込みすぎると酒税法に違反となります。

自宅でサングリアを作成する際に気を付けたいポイント
(1)飲む直前にフルーツとワインを混ぜ、漬け込まない。
(2)作り置きはせず、飲み切れる分だけ作成する。

市販のおすすめサングリア

ちょうどワインをきらしていて、フルーツも冷蔵庫にない!という方は、
市販のサングリアをおすすめします。

ヴィニャ・アルバリ・サングリア(アサヒビール)

ヴィニャ・アルバリ・サングリア

レンジやレモンの風味が効いたスッキリした後味で、
ジュースのように飲みやすいサングリア。
瓶のタイプではなく、紙パックでたっぷりの1リットルサイズ
3リットルサイズがあるので、
デイリー用やバーベキューなどの外飲みにもピッタリ。
初めてサングリアを飲む方におすすめです。

 

ワインの選び方カテゴリの最新記事