アルフレッド・グラシアンによるこだわりのワインの醸造方法とは

アルフレッド・グラシアンによるこだわりのワインの醸造方法とは
初夏のシュワっと爽快なワインが続々登場!

アルフレッド・グラシアンによるこだわりのワインの醸造方法とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

アルフレッド・グラシアンについて

創業から150年以上たつ老舗のシャンパーニュメゾン、アルフレッド・グラシアン。
ベースとなるワインはすべて古い小樽による発酵と熟成をおこない、
バトナージュやマロラクティック醗酵は一切おこなわず、
長期間の瓶内熟成でしっかりとまろやかな味わいを生みだすという
伝統的な醸造法を頑なに守り続けているシャンパーニュの中でも数少ない生産者です。
そこで、本日はアルフレッド・グラシアンについてお話します。

アルフレッド・グラシアンについて

シャンパーニュ地方の中心地にあるエペルネで1864年に創業したシャンパーニュメゾン
アルフレッド・グラシアンは、当時23歳だったアルフレッド・グラシアンによって設立され、
アルベール・ジャン・メイエ氏とともにメゾンを発展させ、
その後アルベール・ジャン・メイエ氏の子孫たちによって、
アルフレッド・グラシアンのワイン造りが引き継がれていきました。
1905年にガストン・ジェシェ氏がセラー・マスターに就任して以来、
ジェシェ家が代々そのポストを受け継ぎ、現在のセラー・マスターは5代目のニコラ・ジェジェ氏で、
2007年にセラー・マスターに就任しました。
現在アルフレッド・グラシアンは、ドイツのヘンケル&カンパニー・ゼクトケラライKGに買収されましたが、
醸造については従来のまま行われており、品質を保ちながらも新しいシステムにより、
生産本数を年間10万本から30万本に拡大し、今後は40万本の生産を目指しています。

全てのベースワインを樽で発酵・熟成させる醸造方法

アルフレッド・グラシアンの醸造法はとても伝統的な手法が取り入れられており、
すべてのベースワインを古い小樽で醗酵・熟成させて造られています。
1,000以上の旧樽は、ブルゴーニュ地方のシャブリの生産者が5年以上使用した小樽で、
毎年丁寧なメンテナンスを行いながら、12~20年近くまで使用します。
樽で醗酵・熟成を行うことにより、適度な酸化によってワインにまろやかさが加わり、
旨味のある柔らかい酸をもつワインになります。
また、20~23度で約15日間旧樽にて醗酵した後6ヶ月間シュール・リーの状態で樽熟成をおこない、
バトナージュやマロラクティック醗酵は一切おこないません。
小樽での発酵と熟成によってやわらかさを醸し出し、
スタンダードのノン・ヴィンテージであっても瓶内熟成を48ヶ月という長期間おこなうことで、
酸が穏やかになるのを待ち、フレッシュでフルーティーな味わいを維持しています。

アルフレッド・グラシアンが造るワインの特徴

ベースのワインが小樽による発酵と熟成をおこない、
ノン・ヴィンテージであっても瓶内熟成を48ヶ月という長期間おこなうため、
スタンダードクラスであっても、果実味の凝縮感がしっかり感じられ、
マンゴーや桃、アプリコットなどの果実のアロマに、
エキゾチックな果実味とイースト香に、ハチミツのようなニュアンスもあり、
コクを伴った旨味のある酸がいきいきと広がる繊細でエレガントな味わいです。

アルフレッド・グラシアンの所有する畑

アルフレッド・グラシアンは、2haの畑を所有していますが、
ブジー村やアンボネイ村以外に、65ものブドウ栽培農家と長期契約を結んでおり、
自社畑とすべて合わせて57haに上ります。
契約農家はヴァレ・ド・ラ・マルヌとコート・デ・ブランに位置しており、
優良なブドウ農家と契約することに力を入れており、
最高品質のブドウを確保することで、良質なシャンパンを生み出しています。

アルフレッド・グラシアンが造るワインの特徴

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧