フランスで大人気のコンテチーズとフランスワインのペアリング コンテと相性のいいワインおすすめ3選

フランスで大人気のコンテチーズとフランスワインのペアリング コンテと相性のいいワインおすすめ3選
【残席わずか】日本一のワインイベント「ワインフェス六本木」が奇跡の復活★世界の高級ワインが飲み放題!高級和牛バーガーなど500円~

フランスで大人気のコンテチーズとフランスワインのペアリング コンテと相性のいいワインおすすめ3選

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

フランスで大人気のコンテチーズとフランスワインのペアリング

ワインといったらやはり定番のおつまみはチーズ。
カマンベール、ミモレット、ロックフォールなど、チーズの本場フランスでは、500以上の種類があると言われています。
チーズに合わせてワインを選んで楽しむのも、ワインの醍醐味の1つですよね。
そこで、本日はフランスでも人気の高いチーズ、コンテチーズとワインのペアリングについてお話します。

コンテチーズについて

コンテは、古代ローマでも食べられていたというほど古い歴史を持ったチーズで、フランス東部、スイスとの国境地帯であるフランシュ・コンテ地方のジュラ山脈一帯が、コンテチーズの産地です。
長期保存を目的として作られているため、直径55~75cm、高さ8~13cm、重量32~45kgの大型チーズで、熟成期間は、最低でも120日と長く、1つのコンテを作るのに使う牛乳の量はなんと450L以上。
これは30頭の牛1日分の搾乳量にあたるのだとか。
そんな大量の牛乳は、とうてい1軒の酪農家ではまかないきれないため、この地域では昔から複数の酪農家が共同でチーズを作っていました。
「フリュイティエール」と呼ばれるチーズ工房に乳を集めてチーズを作り、「アフィヌール」と呼ばれる熟成士によって作られており、このシステムは今でも続いていて、コンテは協同組合によって生産されています。

コンテチーズのオススメの食べ方

コンテチーズはクセが少なくとても食べやすいチーズのため、スライスしてそのまま食べるのもおすすめです。
味わいは、長期間の熟成によって旨みがぎゅっと凝縮されており、ナッツの香ばしい香りが特徴で、ほくほくとした栗のような食感で、濃厚なミルクの旨みと甘味に複雑味が感じられます。
シンプルに食べるなら、スライスしたコンテチーズをバゲットにのせたり、サンドイッチに挟んだりするのもおすすめです。
また、加熱することでコンテの旨味がより深まるので、パンに乗せてトーストしたり、グラタンやチーズフォンデュにして食べるのもおいしいです。

コンテチーズとワインの相性

コンテチーズとワインの相性はもちろん抜群です!
コンテチーズはフランスで最も生産量の多く、フランスの家庭では欠かせないポピュラーなチーズです。
18ヶ月以上も熟成したコンテチーズもあり、熟成が増すごとに複雑味が増して、ワインも深みのある味わいのものと合わせるととてもマッチします。
本場フランスでは8ヶ月熟成の比較的フレッシュなものが食べ頃とされ、人気を集めており、リーズナブルな価格で購入できることもあって、普段使いにたっぷりのコンテチーズを使った料理と、
デイリーで楽しめるフルーティーな白ワインや、軽めの赤ワインを合わせることが多いそうです。
熟成したコンテチーズに合わせるなら、少し熟成感のあるシャンパンもおすすめです。

コンテチーズに合うオススメのワイン

フレッシュなコンテチーズにオススメのワイン

シャルドネ ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール
味に妥協を許さない造り手として知られるドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエールは、環境に配慮したブドウの栽培方法の「テラ・ヴィティス」と、ブドウ樹とテロワールを尊重し、収量コントロールと品質の改良のために「リュット・レゾネ(極力自然に近い農法)」の技術を用いています。
そんなドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエールが手掛けるシャルドネは、メロン、白いネクタリン、レモン、パイナップルのようなドライフルーツ、トーストのような酵母のアロマがあり、酸味のアクセントを感じますが、時間と共に柔らかく丸みを帯びてきます。
適度なボリューム感もあるため、チーズととても相性が良いです。

シャルドネ ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール

シャルドネ ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエールのご注文はこちら

熟成したコンテチーズにオススメのワイン

コート・ド・ジュラ ピノノワール ヴィニコール・ダルボワ
ジュラ地方はブルゴーニュに隣接しているため、ブルゴーニュのテロワールに近く、栽培が難しいピノ・ノワールの特徴を引き出すことができる数少ない土地の一つ。
そんなジュラ地方で、100年以上の歴史をもつフランスで最古の生産者協同組合の1つでもあるフリュイティエール・ヴィニコール・ダルボワが手掛けるピノ・ノワール100%のこのワインは、非常にユニークなピノ・ノワール。
若いうちから、マッシュルームや完熟したプラムのような香りが既に現れており、後味に完熟したベリー系の風味が色濃く残る非常に印象的なワインです。

コート・ド・ジュラ ピノノワール ヴィニコール・ダルボワ

コート・ド・ジュラ ピノノワール ヴィニコール・ダルボワのご注文はこちら

ブリュット・キュヴェ・デ・ザンジュ カーヴ・ド・モンルイ NV
ロバート・パーカー氏が「フランスの掘り出し物の花園」と呼ぶロワール地方のカーヴ・ド・モンルイが造る自然派スパークリングワイン。
通常、ロワール地方では、タンク内で大量のワインを一気に二次発酵させるシャルマ方式でスパークリングワインの造るのが主流ですが、このスパークリングワインは、シャンパンと同じ方式で造られるシャンパーニュ製法で造られ、石灰質の天然の地下熟成庫でゆっくり熟成されるため、きめ細かでエレガントなスパークリングワインに仕上がっています。
活き活きとした酸味と、凝縮した蜂蜜の香りに果実味のコクと旨味が特徴のシュナンブランを100%使用しています。

ブリュット・キュヴェ・デ・ザンジュ カーヴ・ド・モンルイ NV

ブリュット・キュヴェ・デ・ザンジュ カーヴ・ド・モンルイ NVのご注文はこちら

ワインに合うレシピとおつまみカテゴリの最新記事

特集一覧