「ラフィット」「ムートン」「ラトゥール」など世界に名だたる高級ワインを生み出すボルドーのブドウ品種3種

「ラフィット」「ムートン」「ラトゥール」など世界に名だたる高級ワインを生み出すボルドーのブドウ品種3種
初夏のシュワっと爽快なワインが続々登場!

「ラフィット」「ムートン」「ラトゥール」など世界に名だたる高級ワインを生み出すボルドーのブドウ品種3種

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ボルドーワイン

お正月くらいは、奮発していつもより高めのワインを楽しんでるという方も多いですよね。
ローストビーフやすき焼きなど高級なお肉にボルドーワインの組み合わせは最高です。
そこで本日は、「ラフィット」「ムートン」「ラトゥール」など、多数の有名ワインを造る「ボルドーワインのブドウ品種」についてお話します。

「ラフィット」「ムートン」「ラトゥール」など世界に名だたる高級ワインを生み出すブドウ品種

ボルドーの赤ワインのブドウ品種といえば、
・カベルネ・ソーヴィニョン
・メルロー
・カベルネ・フラン
この3つが主体となり、構成されていることが多いです。
3種類とも、ボルドー以外でも多く造られている国際品種ですが、世界的なワイン産地ボルドーでは、この品種は高貴品種として、格付けシャトーなどで使用されています。

ボルドーの産地は、大西洋にそそぐ大きな河「ジロンド川」を境に、左岸と右岸に分かれており、
・左岸では、カベルネ・ソーヴィニョン
・右岸では、メルロー
を主体に造られるワインが多く存在します。

特に、カベルネ・ソーヴィニョンは、左岸の五大シャトーの「ラフィット」や「ムートン」「ラトゥール」など、多数の有名ワインを造る重要なブドウ品種です。

長期熟成向けの高級ワインに適した品種カベルネ・ソーヴィニョン

カベルネ・ソーヴィニョンは、顆粒が小粒で果肉に対する種子の比率が大きく、さらに果皮が厚く、赤や紫の色素に比べて青の比率が高いといわれています。
種子の大きさは、豊かなタンニンを造り、果皮の厚さはワインの色調の濃淡を左右するため、濃くて力強い味わいのワインを造りだします。
高級ワインの中でも長期熟成向けのワインは、このカベルネ・ソーヴィニョンがポテンシャルを発揮します。
長期熟成に適した赤ワインのブドウ品種と言えます。
そしてボルドーワインは、いくつかのブドウ品種をブレンドしてそのワインのバランスを造り出すため、このカベルネに、メルローをブレンドすることが多いです。

「サン・テミリオン」「ポムロール」で素晴らしいワインを造りだす品種メルロー

メルローは、プラムや赤い果実の実のような果実味がよく表現され、タンニンは控えめで全体的なバランスとしてはとても豊かな果実味のある赤ワインになります。
また、このメルローは、カベルネ・ソーヴィニョンより湿った温度の低い土壌に順応するため、ボルドーでは左岸より右岸の「サン・テミリオン」や「ポムロール」といった産地で、素晴らしいワインを造りだしています。
またカベルネの補足的なバランスでブレンドされ、カベルネの良さとメルローの良さをしっかりと感じられるのもボルドーワインのブレンド技術の素晴らしいところです。

ブレンドしても単一品種でもポテンシャルの高い品種カベルネ・フラン

カベルネ・フランは、上記のカベルネ・ソーヴィニョンとメルローの良さを引き立てるためのブレンドに使用されることが多く、カベルネ・ソーヴィニョンとそっくりですが、色調やタンニン分などすべてにおいてカベルネ・ソーヴィニョンより控えめですが、気温の低い湿気の多い環境でも順応する性質があることも特徴です。
また時には素晴らしい格付けシャトーではこのカベルネ・フランを主体に 造られるワインもあるためポテンシャルの高いブドウ品種と言えます。

ボルドーのワイナリー

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧