簡単に作れる絶品ワインカクテルレシピ7選

簡単に作れる絶品ワインカクテルレシピ7選
15周年だから実現したセール商品が満載!

簡単に作れる絶品ワインカクテルレシピ7選

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

ワインをカクテルに

ワインが残ってしまった時、冷蔵庫に保管して、
1日2日なら美味しく飲めることが多いですが
でも、数日すると「少し味わいが変わってきたな」と感じて、
1日、2日目と…だんだんとワインの香りも味も損なわれていきます。

そこで本日ご紹介するのは、
ワインがベースのカクテルです!
ワインべースのカクテルといっても、シェイカーなど
プロの道具は必ずしも必要ではありませんので、
ぜひ一度お試しください♪
上手く作ればお店で飲むように綺麗な
グラデーションの飲み物が簡単に作れます。

白ワインを炭酸水で割るシンプルなカクテル スプリッツァー

◆スプリッツァー
ワインカクテルの中でも最も簡単なカクテル。
クラシック音楽で有名な、
オーストリアのザルツブルグ生まれです。
ミネラル分が高いヨーロッパの天然炭酸水で作ると
味がなじんで美味しい!!
英国のダイアナ妃が好んだと言われ流行ったカクテルです。

【材料】
・白ワイン
・炭酸水
(配合はお好みで)

【作り方】
グラスに白ワイン、炭酸水と注ぎ入れ、
長めのバースプーンで1~2回くるっとかき混ぜ完成。
あまり長く混ぜると炭酸が抜けてしまうので、
さらりとスピーディに仕上げるのが美味しく作るコツです。

女性に人気のカクテル「ペリーニ&ロッシーニ」

◆ベリーニ&ロッシーニ
スパークリングワインがベースですが、
白ワインで作っても美味しく飲めます。

・ベリーニ
綺麗なピンク色、飲みやすくて女性に人気と言われる
定番カクテルがベリーニです。
ルネサンス期の画家「ジョヴァンニ・ベリーニ」の
展覧会に合わせて作られたため
そのまま「ベリーニ」という名前が通るようになったそうです。
本格的に作るなら桃のピューレが必要で
ひと手間かかりますが、香り高さは抜群です。
甘み・コクを出すだけなら、缶詰の桃缶をつぶしたり、
とろみのあるピーチネクターを使っても美味しくできますよ。

【材料】
・ワイン・またはスパークリングワイン 2/3~3/4
・桃のピューレ(またはトロミのあるピーチネクター) 1/3~1/4
・グレナディン・シロップ:小さじ1杯
(ザクロのシロップで、カクテル素材として有名です)
※分量はグラスに対しての目安です

【作り方】
モモのピューレ(ジュース)と
グレナディンシロップをグラスに入れます。
そこにスパークリングワインを注ぎ、
軽く混ぜて出来上がり。
うっすらとピンクに仕上がりますが、
氷を入れて静かにスパークリングワインを注ぐと
底が赤、上がスパークリングワインの色、
と綺麗にグラデーションができます。
パーティの時におしゃれに見せたい時、
ワインをスパークリングジュースに変えて子供に出す時などは
あえてかき混ぜずに提供するのもお薦めですよ。

・ロッシーニ
ベリーニが画家、対して
音楽家ロッシーニの名前が付いたカクテルがこちら。
でも作り方はベリーニとほぼ一緒です。
桃部分をイチゴに変えて作るだけ。
このパターンはたくさんあって、
ブドウで作ればティッツィアーノ、
オレンジで作ればミモザ…
と色々あるので、季節に合わせて楽しめます。

ジンジャーエール好きにおすすめ「オペレーター&キティ」

◆オペレーター&キティ
甘すぎずスッキリ飲みたい方にお薦めなカクテルです。
ベースはワインとジンジャーエール。
辛口のジンジャーエールや、
手作りジンジャーエールで辛口に仕上げることもできます。
白ワインベースが「オペレーター」
赤ワインベースで作ると「キティ」
オペレーターは、昔海で働くオペレーター(パイロット、通信官)達が
ジンジャーエール好きで、
白ワインにもジンジャーエールを入れて飲んだからと言われています。
キティという名の由来はよく分かりません(泣)
英語圏の女性名「キャサリン」の愛称である、とか
子猫の愛称とか、どれもあいまいです。
…考案者の個人的な思いつきだったのか?!
どなたかご存知の方いらっしゃったら教えて下さい!

オペレーターについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【材料】
・白ワイン または 赤ワイン
・ジンジャーエール
※同量ずつ
【作り方】
混ぜて2~3回さらりと混ぜ合わせます。
長く混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので、
「え、それだけでいいの?」
と思われるくらい
あっさり混ぜるのがコツです。
他にも
スパークリング + 黒ビール の
『ブラックベルベット』や、
白ワイン+カシスリキュールで作る
『キール』という有名なカクテルもあります。
キールは、「クレーム・ド・カシス」という
カシスリキュールが必要ですが、
とても美味しいカクテルで、世界的に有名です。

見た目も華やかなカクテル「ロマンチックハーモニー&レッドワインクーラー」

◆ロマンチックハーモニー&レッドワインクーラー
色合いがとても美しいカクテルを2種ご紹介しましょう。

・ロマンチックハーモニー
赤ワインとカルピスを混ぜて作るので、
ワインの赤紫色とカルピスの白の美しいグラデーションが楽しめる
色合いと飲みやすさからとても人気のあるワインカクテルです。
カルピスと言えば、腸の働きを整えたり、
腎臓病の予防効果やアレルギー症状の抑制効果など、
うれしい効果がいろいろとある乳酸菌飲料。
それに、悪玉菌を減らす働きや、
抗酸化作用で老化防止や発がん抑制の効果もあるといわれている
ポリフェノールを多く含む赤ワインを混ぜて作るので、
健康志向の人にもぴったりのワインカクテルなんです。

【材料】
・カルピスウォーター 70ml
・赤ワイン 30ml

【作り方】
まず背の高いグラスを用意します。
グラスに氷を適量入れて、カルピスウォーターを70ml注ぎ、
ゆっくりと静かに、上から赤ワインを30ml注いだら完成です。
比重の重たいカルピスウォーターを先に注いで、
静かに赤ワインを上から注げば、
混ざり合わずにきれいな二層のグラデーションができます。
飲む際には軽く混ぜてお召し上がりください。

・ワインクーラー
ワインをベースに、オレンジジュースとグレナデンシロップ、
ホワイトキュラソーを加えて作るさわやかなカクテル。
赤とオレンジの2層のグラデーションがまるで地平線に沈む夕日のようで、
見た目にもオシャレなカクテルです。
このワイン・クーラーは通常ロゼワインをベースにするレシピが多いですが、
ベースは白ワインでも、赤ワインでもおいしくできます。
甘味のあるグレナデンシロップやホワイトキュラソーを入れるので、
とくに、開けてから数日たって酸味や渋みが強くなってしまった赤ワインにピッタリ!
赤ワインの風味をうまく残しつつも甘味の深いカクテルになるので、
最後まで一気においしくいただけます。
赤ワインとオレンジジュースの比重を利用すれば、オレンジと赤がきれいに映える
2層のグラデーションをつくることもできますよ。

【材料】
・オレンジジュース 30ml
・赤ワイン 90ml
・グレナデンシロップ 15ml
・ホワイトキュラソー10ml

【作り方】
グラスにクラッシュドアイスを入れます。
なければキューブアイスでもOKです。
オレンジジュース30ml、グレナデンシロップ15ml、
ホワイトキュラソー10mlの順番で入れていき、最後に赤ワインを90ml注ぎます。
このまま出せば、2層のきれいなグラデーションで楽しめます。
飲む際には軽く混ぜてお召し上がりください。

 

今回は一部ご紹介しましたが、
美味しいワインカクテルは世界中にありますので、
ワインを飲み残した時は新たな味わいの追求用として、
ぜひ捨てずに活用してあげてください!

このレシピをアレンジしワイン用ブドウジュースで
子供用に作ってあげると凄く喜びます。
大人の飲み物を飲んでいるようで嬉しいみたいですね。
お花見の時、家族ぐるみのホームパーティの時など
ぜひお試しください♪

残ったワインはカクテルに

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧