19世紀のシャンパン造りに大きな影響を与えたシャンパーニュメゾンのジャクソンとは

19世紀のシャンパン造りに大きな影響を与えたシャンパーニュメゾンのジャクソンとは
⇒【6/25(火)20時~】視聴画面はコチラ

19世紀のシャンパン造りに大きな影響を与えたシャンパーニュメゾンのジャクソンとは

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

19世紀のシャンパン造りに大きな影響を与えたシャンパーニュメゾンのジャクソンとは

シャンパーニュメゾンのジャクソンをご存じですか?
名門シャンパーニュメゾンのクリュッグとも深い関係があり、
ナポレオンが愛し、結婚式でも振舞われたことでも有名なシャンパンです。
それだけではなく、シャンパンには欠かせないアレを発明したのものこのジャクソン。
今日のシャンパンでは当たり前となっている数々の常識を作り出した
偉大なシャンパーニュメゾン、ジャクソンについてお話します。

ジャクソンについて

メーミー・ジャクソン氏によって1798年に設立されたシャンパーニュメゾンのジャクソンは、
グラン・クリュのアイ村、ディジー村、シャロン村などに自社畑を中心とした52haの畑を所有し、
創業200年以上の長い歴史と伝統を重んじた高品質なシャンパンを生み出しています。
ジャクソンのシャンパンは、フランス皇帝ナポレオンが愛したシャンパンでも有名で、
東欧へ遠征の度にシャロン村に立ち寄りシャンパンを買ったと言われており、
皇帝自身の結婚式にも振舞われ、「メダユ・ドール(金メダル)」を授かっており、
今日でもメゾンの紋章としてナポレオンのシンボルである「鷹や王冠」を掲げています。
こうした背景からも古くから偉人達から愛され続けてきたシャンパンとして
メゾンは急速に躍進し、シャンパーニュの中でも最もトップのメゾンにのぼりつめていきます。
そして、ジャクソンの創業者メミーの息子である、アドルフが2代目としてメゾンを継ぐと、
革新的なアイデアと技術で19世紀のシャンパン造りに大きな影響を与え、
今日のシャンパンでは当たり前となっている数々の常識を作り出していきます。
また、名門シャンパーニュメゾンである「Krug(クリュッグ)」の
創業者のヨハン・ヨーゼフ・クリュッグ氏は、
クリュッグを立ち上げる前に、ジャクソンのセラーで修行をした後、
ジャクソンの2代目当主アドルフの妻の妹と結婚し、クリュッグを設立しました。

ジャクソンのシャンパン造りのこだわり

名門シャンパーニュメゾンであるクリュッグの創設者も大きな影響を受けたジャクソンの
高品質なシャンパン造りのこだわりは大変強く、
「ワインはセラーからではなく、畑から生まれる」という考えの下、
ブドウ栽培から徹底したこだわりがあります。
ブドウは、グラン・クリュ、プルミエクリュの優れたブドウのみを使用し、
醸造するブドウの80%は、こだわり抜いた自社畑のブドウを使います。
ジャクソンで使われるブドウは、ほぼビオロジック栽培で、
手作業を中心とした手間と時間と労力がかかるもので、
収穫前に栽培責任者が全ての畑を見て回り、収穫の順序などを厳格に指示します。
ワインの原料となるブドウの出来が悪い年はその年ブドウを捨ててしまうというほど
強いこだわりぶりで、2001年は畑の半分のブドウを捨ててしまったほどでした。
醸造においても、より繊細でクリアな果汁を得るために旧式の垂直プレス機を使用し、
丁寧に圧搾して、必ず一定量のシャンパンを樽で発酵させます。
その後、ノン・フィルターで仕上げ、清澄・冷却処理は行わいという徹底的なこだわりで、
現在シャンパーニュでこの醸造を実践しているのはジャクソンとクリュッグの他2社だけだそうです。
こうした徹底したこだわりにより、ジャクソンは今や世界に認められるシャンパーニュメゾンとなり、
世界的に有名なワイン評価誌のゴー・ミヨ2005年版で、
エグリ・ウーリエやジャック・セロスなどと並んで2つ星を獲得するなど、
高い評価を受けています。

ジャクソンの功績

ジャクソンの功績は高品質なシャンパン造るブドウ栽培や醸造だけにとどまらず、
今日ではシャンパンと言えば当たり前となっている留め金のミュズレとキャップシールも、
ジャクソンが発明し採用したことで、他のシャンパーニュメゾンが追随していきました。
それまでは、シャンパン独自のマッシュルーム型のコルクは、
糸で瓶に縛り付けてあったため、糸が切れたりするなどの問題がありましたが、
ミュズレのおかげで問題は解消され、現代のシャンパンの形ができあがりました。
また、「糖分濃度の測定法」を定式化させたのもジャクソンで、
このことで、瓶の破裂率を25%から4%に激減させることができ、
シャンパンを安定して保存することが可能になりました。

ジャクソンの代表的なシャンパン

ジャクソンの代表的なシャンパンと言えば、700シリーズです。
700シリーズはジャクソンで造る唯一のブレンドキュヴェで、
収穫年の個性を表現したキュヴェです。
最初にリリースされた728は、メゾンが創立されてから728番目にブレンドされた
キュヴェであることに由来しており、ワインに番号をつけることで、
その年のワインの個性を識別しています。
一般的にハウスの顔ともなるスタンダードキュヴェは、
収穫年の記載のないノン・ヴィンテージをブレンドして造るのが主流ですが、
ジャクソンでは、収穫年の個性を毎年最上の形で表現したものに重きをおき、
1つのスタイルを保つことではなく、グラン・ヴァンをつくりだすことを重視しています。

シャンパン

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧