タイ料理などのエスニック料理は実はワインが合う!

タイ料理などのエスニック料理は実はワインが合う!
ワインくじや金銀銅チャレンジセットも登場!復活祭セール

タイ料理などのエスニック料理は実はワインが合う!

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

タイ料理とワインのペアリング

トムヤムクン、ガパオ、グリーンカレー、ヤムウンセン、ピリッと唐辛子の効いたスパイシーな味わいの料理が多いタイ料理。
おいしいけど、やっぱりタイ料理とワインは合わないんじゃないの?
と思われる方も多いですよね。
そこで本日はスパイシーなタイ料理に合うワインをご紹介します。

タイ料理とワインの相性

じつは、タイでもワインが造られているのをご存じですか?
あの熱帯気候のタイでワイン?と思われるかもしれませんが、近年タイワインが世界的にも注目を集めていて、スパイシーなタイ料理にピッタリの個性的なワインが造られているんです。
タイでワイン造りがスタートしたのが1998年。
タイ・バンコクから車で約3時間のカオヤイという地域で、世界自然遺産にもなっているカオヤイ国立公園に隣接する高原地帯でワインの生産が始まりした。
高原特有の気候・土壌を活かして造られるワインは質が高く、ここに初めてできたワイナリーがPBVALLYワイナリーで、ここがタイ産ワイン発祥の地です。シンハービールを製造している経営者一族が運営するワイナリーで、2003年のAPEC首脳会議の晩餐会PBVALLYワイナリーのワインが提供されるなど、タイワインを代表するワイナリーとして、タイワインをけん引しています。
それから約20年。現在、タイでは年間1000トンのブドウが収穫され、80万本のワインが生産されています。
そんなタイで造られるワインは、一言でいえばスパイシーさ。
赤ワイン、白ワインともに香り豊かで果実味も強く、スパイシーなニュアンスがあるのが最大の特徴です。
まさに、スパイスをふんだんに使ったピリ辛のタイ料理と相性抜群で、現地では、タイ料理とワインのペアリングがだんだんと増えています。
とは言え、タイワインはなかなか日本では手に入りにくい希少なワイン。
そこで、スパイシーなタイ料理でもぴったりのワインをご紹介していきます。

生春巻きにはすっきりとした白ワイン

ピリッとした唐辛子の辛味とスイートなはちみつの甘さがくせになるスイートチリソースをかけて食べる生春巻きは、パクチー、大根、ニンジン、水菜などの野菜に、蒸しエビ、蒸し鶏などを巻いて作るとってもヘルシーな料理。
食べる際に、ライムやレモンなどの柑橘をしぼることも多いので、合わせるワインは、グレープフルーツやレモン、ライムなどの柑橘のアロマが感じられるソーヴィニョン・ブランがおすすめ。
生春巻きのパクチーのさわやかな味わいと、ソーヴィニョン・ブランのハーブのような清涼感のある香りも合わさって、口に含むと見事にマッチします。
トロピカルなアロマが特徴のフルーティーな味わいのニュージーランドのソーヴィニョン・ブランがよく合います。

生春巻きにおすすめのワイン

エステート・ソーヴィニョン・ブラン ミスティ・コーヴ
ニュージーランドの白ワインといったら、ソーヴィニョン・ブラン!
このミスティ・コーヴは、2008年の創業からわずか数年で世界の名だたる賞を次々と受賞し、多くの評論家から絶賛されるニュージーランドワインの新星。
エステートシリーズは、ミスティ・コーヴのワインの入り口ともなる、最もスタンダードなシリーズ。このソーヴィニョン・ブランは、透明感のある淡いイエローにやや緑を含んだ色合いで、青い草原を駆け抜けるような青く爽やかなアロマの中にスパイシーでいてハーバルなニュアンスも感じられます。
香りとは裏腹にしっかりとした酸味、採れたてのパッションフルーツが口の中で弾けるようなインパクトがあり、余韻の長さにも驚きます。
からっと揚げたサクサクの桜エビと野菜のかき揚げにぴったり!
ぜひ、家で天ぷらを揚げるときに合わせてもらいたい1本。

エステート・ソーヴィニョン・ブラン ミスティ・コーヴ

エステート・ソーヴィニョン・ブラン ミスティ・コーヴのご注文はこちら

トムヤムクンにはスパークリングワイン

酸味とスパイシーさを兼ね備えた香り高い味わいのトムヤムクンは、チキンスープにレモングラス、コブミカンの葉などのハーブを加えるため、鼻に抜けるスーッとした清涼感があり、エビの殻からとれるエビの旨みと、青唐辛子、ショウガなどの香辛料の辛味で複雑な味わいがあります。
酸味、辛味、旨みを持つトムヤムクンには、白ワインのようなスッキリ辛口の味わいとミネラル感に、赤ワイン用ブドウ由来のベリーの香りやポリフェノール、そんな双方の特徴を持つロゼワインがおすすめです。
中でもにベリー系の華やかな香りを持ちながら、キリっと引き締まった極辛口のスペインのロゼスパークリングワインはよく合います。

トムヤムクンにおすすめのワイン

リクオ・ロス ロサード・ブリュット ボデガス・エスクデロ
ボデガス・エスクデロは、スペインで最も名高い赤ワイン産地リオハ地方で
150年以上の歴史を持つボデガ(醸造所)です。
高貴品種のテンプラニーリョを使い、高品質な赤ワインを造り続けています。
標高の高いリオハの気候を活かし、高品質なカヴァを作る「ボデガス・エスクデロ」では、
それぞれのカヴァをしっかり熟成させることに強いこだわりを持っており、
DOカヴァの法定熟成期間は9カ月とされますが、
リクオ・ロスでは、ROSADOが24カ月、Brutに至っては36カ月という、
シャンパーニュのプレステージクラスに要求されるのと同等の熟成期間で熟成されます。
このリクオ・ロスは、地元の祭事などでも出す特別なカヴァのため、
熟成期間も他のカヴァに比べて高いのです。
ヴィウラ50% ガルナッチャ50%のカヴァは、
ベリー系の香りと、爽やかなキリッとした酸味が心地よいブリュット。
グラスから広がるチャーミングな香りと、バランスに優れた優しい味わいで
ピリ辛のアジアン料理ともよくマッチングします。

リクオ・ロス ロサード・ブリュット ボデガス・エスクデロ

リクオ・ロス ロサード・ブリュット ボデガス・エスクデロのご注文はこちら

その他エスニック料理に合うワイン

鶏ひき肉にホーリーバジルを加えて炒めたガパオライスは、ナンプラーやオイスターソース、豆板醤のしっかりとしたコクのある味わいなので、ジューシーな果実味のある赤ワインがおすすめです。
中でも、フランスのコート・デュ・ローヌのグルナッシュから造られる赤ワインは、チェリー、ラズベリーの風味が感じられるジューシーな果実味に、スパイスのニュアンスも加わった味わいのものが多く、ピリッとコクのある味わいのガパオライスにピッタリです。
ココナッツミルクの濃厚な甘味と唐辛子の辛味が特徴のグリーンカレーには、バラやライチといった華やかで芳醇なアロマを持つ、ゲヴュルツラミネールから造られるフランスのアルザスの白ワインがおすすめです。

ガパオライスにおすすめのワイン

コート・デュ・ローヌ・ルージュ ドメーヌ・ド・クリスティア
あのロバート・パーカー氏が大絶賛した造り手のドメーヌ・ド・クリスティア。
これまでクリスティアの上級ライン、シャトーヌフ・デュ・パプのみ評価してきましたが、2012年からは手頃な価格帯のラインも試飲し始め、2000円台でも購入できるこれらのワインがパーカーポイント90点台を獲得。
各国のグランド・ハイアット・グループでも使われた実績を持つクリスティアのワインですが、中でもこのコート・デュ・ローヌは人気が高く、日本でも使われた実績があります。
2015年のローヌは当たり年として数えられており、生産者によっては熟成向きという人もいます。
クリスティアのものは、早くから楽しめる綺麗な作りが特徴です。今飲んで美味しく飲めますが、もし購入される方がいれば、数年熟成させることでより美味しくなります。
活き活きとした、ふくらみのある果実味が印象的で、クリーンで若干スパイシーなテイスト。
バランスが良いので、飽きずに飲み続けられ、よくできたコート・デュ・ローヌ・ルージュ のお手本的なワインです。

コート・デュ・ローヌ・ルージュ ドメーヌ・ド・クリスティア

コート・デュ・ローヌ・ルージュ ドメーヌ・ド・クリスティアのご注文はこちら

グリーンカレーにおすすめのワイン

ゲヴュルツトラミネール・グラン・クリュ・フランクシュタイン レオン・マンバック
レオン・マンバックは、アルザス中心地のストラスブールから南西約35kmほどにあるDambach-la-ville村に本拠を置き、グラン・クリュである「フランクシュタイン」も所持する自然派アルザスワイナリーです。
フランスのエノログ協会の会長アレックス・シェーファー氏は、このアルザスを代表する特級畑の虜になっている愛好家の一人で「フランクシュタインのリースリングが最も好きだ。なぜなら、この品種はテロワールに完全に適応しており、素晴らしい味わいを表現してくれる。果実味、花を思わせる香り、優雅な趣、軽やかさを感じる。」と激賞し惚れ込むほど。
また、日本を代表する人気のワイン漫画「神の雫」では、このワイナリーの「ピノ・ノワール エルヴェ・アン・ムュイ」が掲載されました。
北から13番目、アルザス・グランクリュの中でも特に高い評価を受ける区画「フランクシュタイン」のゲヴュルツトラミネールは、6億年ともいわれる古代の花崗岩土壌から、ミネラルと果実味の華やかさを持った特別な白ワインを生み出します。
バラを思わせる華やかなブーケ、スパイス、そしてライチやマンゴーを思わせるエキゾチックフルーツの香り。
とても濃密なボディで、甘みと同時に酸味も感じるため、非常にバランスの良い味わい。酸味のおかげもあり、余韻は重くなく軽やかでほんのり甘めの味わいは、よく冷やして食前酒として楽しむのに最適です。

ゲヴュルツトラミネール・グラン・クリュ・フランクシュタイン レオン・マンバック

ゲヴュルツトラミネール・グラン・クリュ・フランクシュタイン レオン・マンバックのご注文はこちら

 

ワインに合うレシピとおつまみカテゴリの最新記事

特集一覧