3分の2がプルミエ・クリュという恵まれたテロワールを持つサントーバンのワインとは

3分の2がプルミエ・クリュという恵まれたテロワールを持つサントーバンのワインとは
ワインくじや金銀銅チャレンジセットも登場!復活祭セール

3分の2がプルミエ・クリュという恵まれたテロワールを持つサントーバンのワインとは

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

恵まれたテロワールを持つサントーバンのワインとは

ピュリニー・モンラッシェ村とシャサーニュ・モンラッシェ村の間にある隠れたシャルドネの聖地サントーバン。
全体の3分の2にあたる畑がプルミエ・クリュという恵まれたテロワールを持ちながら、まだ知名度が低いため、高品質ながらも比較的リーズナブルな価格で購入できるブルゴーニュの中でもコストパフォーマンスの高いワイン産地の1つです。
そこで、本日はサントーバンのワインについてお話します。

サントーバンについて

サントーバンは、ブルゴーニュのコート・ド・ボーヌの南部にある村名アペラシオンの1つでピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェに隣接したワイン産地です。
コート・ドールのサブバレーの丘の中腹にあり、コート・ドールの中でも有名なワイン産地というわけではありませんが、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェに隣接している恵まれたテロワールを持ち、サントーバンの3分の2にあたる畑がプルミエ・クリュ(一級畑)に認定されています。
もともとは、ピノ・ノワールから造られる素朴な味わいの赤ワインの産地として知られていましたが、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェの影響を受けて、現在では、生産量の9割近くがシャルドネから造られる白ワインになっています。
まだ知名度も低い分、高品質ながらも比較的リーズナブルな価格で購入できるため、ブルゴーニュの中でもコストパフォーマンスの高いワイン産地の1つです。

サントーバンのテロワール

サントーバンのブドウ畑は、コート・ドールの中でも丘の中腹にあるため、標高300mから350mのかなりきつい斜面に広がっており、ピュリニー・モンラッシェと隣接している斜面は、急勾配で土壌や日照量なども非常に恵まれたテロワールを持っています。
気候は他のブルゴーニュの産地と同様に暑い夏と厳しい寒さの冬がある大陸性気候で、寒暖差も激しいため凝縮感のある味わいのブドウが育ちます。
土壌は粘土石灰質と褐色粘土質から構成されており、粘土が多い褐色の土壌では、ピノ・ノワールが多く栽培され、粘土石灰質の土壌ではシャルドネなどが栽培されています。

サントーバンで主に栽培されるブドウ品種

栽培されるブドウの88%がシャルドネで、残りの12%がピノ・ノワールという比率で、約113ヘクタールのシャルドネの畑になっており、ピノ・ノワールのブドウ畑は44ヘクタールです。
サントーバンの中にガメイという村があり、ボジョレーのブドウ品種であるガメイは、この村にちなんだもので、かつてはここでガメイが栽培されていました。
しかしながら、現在はガメイの栽培はなく、シャルドネとピノ・ノワールのみが植えらいます。

サントーバンで造られるワインの味わいや特徴

サントーバンで造られる白ワインは、粘土石灰質の土壌で育つシャルドネの豊富なミネラル感のあるエレガントな白ワインが多く造られており、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類のフレッシュなアロマに、白い花やオレンジの花などのフローラルなアロマが感じられ、口に含むと柑橘の心地よいフレッシュな果実味と酸があり、ナッツや火打石の香りも加わり、香ばしく奥行のあるニュアンスが感じられます。
熟成を経るごとに、豊富なミネラルが繊細でバランスの取れた味わいに変化し、ハチミツやシナモン、アーモンドといった樽由来の香りが現れ、滑らかさを持つオイリーな厚みのあるリッチなワインへと変貌します。

赤ワインは、ピノ・ノワールのチャーミングでエレガントな特徴が見事にでている軽やかな味わいのワインが多く、ラズベリー、クランベリー、イチゴなどのベリーのアロマに、カシスやブラックベリーなどの黒系果実のアロマ、ほんのりとスパイスやコーヒーなどの深みのあるアロマが加わり、口に含むと、ベリーのフレッシュでチャーミングな果実味が広がり、美しい酸と透明感のあるミネラル感が軽やかな口当たりで、エレガントで心地よい余韻が長く続きます。

サントーバンの代表的なワイン

ドメーヌ・ジル・ブートンは、1878年から続く家族経営のサントーバンを代表する老舗ドメーヌで、サントーバンの中でも最高のコストパフォーマンスを誇る絶好の畑を所有しています。
5代目にあたる現当主のジル氏は、ボーヌ村の醸造学校を卒業後10年間祖父の下で修行し、ワイン造りを学び、当時は昔ながらの長熟型の重いワインを造っていましたが、ジル氏の代になり、エレガントなスタイルのワイン造りに移行しました。
そして、1977年ドメーヌに入った当時4haだった畑を12haまで拡張し、ピュリニー、シャサーニュにも畑も取得しました。
1995年からはリュット・レゾネを採用し、よりピュアでナチュラルなワイン造りへと進化しています。
現在は、6代目となる息子とともにサントーバンのテロワールをより反映したワイン造りをおこなっています。

ドメーヌ ジル ブートンブルゴーニュ ブラン
そんなドメーヌ・ジル・ブートンが手掛けるシャルドネ100%のサントーバンのワインは、マルサネからフィサンにかけた数区画のブドウをブレンドしており、アペラシオンの個性を反映させるために100%樽熟成で造られています。
1年樽を75%、2年樽を25%使用し、ヴィンテージにより8~12カ月間の熟成を行います。
程良い樽のニュアンスを感じるフレッシュな果実味のあるバランスのとれた心地よい味わいのワインに仕上がっています。

ドメーヌ ジル ブートンブルゴーニュ ブラン

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧