ビール×ワインの絶品カクテル ビア・スプリッツァー 簡単レシピもご紹介

ビール×ワインの絶品カクテル ビア・スプリッツァー 簡単レシピもご紹介
初夏のシュワっと爽快なワインが続々登場!

ビール×ワインの絶品カクテル ビア・スプリッツァー 簡単レシピもご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ビアスプリッツァー

以前このソムリエ手帳でもご紹介した白ワインのカクテル「スプリッツァー」
白ワインを炭酸で割るさわやかな味わいで、あのダイアナ妃も愛飲していたことで有名なカクテルです。
今回は、そのスプリッツァーを炭酸ではなく、ビールで割るカクテル!
ビアスプリッツァーをご紹介します。

ビールとワインの相性について

白ワインとビールって合うの?と、ワイン好きの人からすると、ちょっと驚きの飲み方のように思われますが、じつは、白ワインとビールはなかなかの相性なんです。
白ワインのすっきりとした酸味に、ビールのほのかな苦みが加わると、甘口のカクテルが苦手という人でもおいしく飲めるキレとコクのある味わいのカクテルになります。
また、面白いのがビールも白ワインもさまざま味わいのものがあるので、組合せ次第で多種多様な味わいのビアスプリッツァーを作ることができます。
一般的なビア・スプリッツァーの組み合わせとしては、辛口のキレのあるピルスナー(ラガー)にドライな白ワインを合わせますが、ビールをペールエールに変えて、すこしコクをプラスして飲みやすくしたり、ベンジャンホワイトなどの柑橘が香るフルーティーなタイプに、同じく柑橘系の香りをもつソーヴィニョン・ブランを合わせると、とってもフルーティーなビアスプリッツァーになります。
また、苦みと酸味が少し苦手という人には、甘口のワインでもOK!

ビアスプリッツァーのカクテルレシピ

とてもシンプルなビアスプリッツァーのレシピをご紹介します。
■材料
・白ワイン(辛口) 180 ml
・ビール(ピルスナー) 120 ml

■作り方
グラスによく冷やした白ワインを注ぎ、そのあと、ゆっくりとビールを上から注いだら軽くステアします。
混ぜすぎるとビールの炭酸が抜けてしまうので、ゆっくりと軽く3~4回程度で大丈夫です。

おすすめのビールと白ワイン

イネディット
「イネディット(前例のない)」の名を持つ、世界中のセレブを迎えるために誕生したシャンパンのような高級ビール。
こちらは、世界一予約の取れない伝説のレストラン「エル・ブジ」のシェフ、フェラン・アドリア氏が「世界のセレブを迎えるためのワインはあるが、ビールがない」というシェフの”おもてなし”に対する熱い思いからシャンパンの代わりになり得るプレミアムビールとしてダム社と開発されました。
イネディットは、カジュアルな食事にも、洗練された食事にも、料理の味や品質を邪魔することなく合わせることができます。
「The World Beer Championships」にて8年連続金賞受賞(2014~2021年)をはじめ、アジアレストラントップ50のパーティで振る舞われるなど、ビールの枠を超えた究極のセレブビール。
Inedit(イネディット)は、世界の最高級レストランのテーブルでセレブ達を魅了しています。

イネディット

イネディットのご注文はこちら

ブルゴーニュ・シャルドネ ヴィニュロン・デ・テル・スクレット
ブルゴーニュ南部、ソリュットレ、プイィ、ヴェルジッソンの栽培家たちが集まる、ヴィニュロン・デ・テル・スクレット(Vignerons des Terres Secretes)。
テル・スクレットは、秘密の土地、隠されていた土地、という意味があり、その名の通り、ブルゴーニュ地方でありながら、まだあまり知られていない宝物のようなこの地域をもっと発展させたいと願う、情熱溢れるブドウ栽培家たちが集まって生まれた協同組合です。
1928年に設立されたこの協同組合は、現在120家族が参加し、栽培面積は960ヘクタールに及び、そのうち60%がシャルドネです。
この地域のシンボルは、ソリュットレという、大きな石灰岩の山で、真っ白な石灰質土壌がベースの土地は、引き締まった酸や華やかなアロマをワインに与え、粘土が混じる粘土石灰質土壌からは、味に重みを与えます。
ヴィニュロン・デ・テル・スクレットが手掛けるシャルドネは、柑橘、リンゴ、スターフルーツや白桃を思わせる豊かな香りに、ほんのりハーブ、火打石の硝煙の香りがあり、口に含むと穏やかな酸味、果実の甘味がバランスよく、柔らかく広がります。
余韻にミネラルを感じる、爽やかな飲み口で飲み飽きません。
穏やかさの中に旨味があり、バランスの良い1本です。

ブルゴーニュ・シャルドネ ヴィニュロン・デ・テル・スクレット

ブルゴーニュ・シャルドネ ヴィニュロン・デ・テル・スクレットのご注文はこちら

パチャ・シャルドネ ヴィニャ・マーティ
「Pacha(パチャ)」とは、南アメリカ大陸の先住民族の信仰した大地母神「パチャ・ママ」のこと。
新世界の土地で育ったブドウと旧世界の伝統的醸造法のハイブリッド、それがこのパチャシリーズの特徴です。
アンデス山脈の裾野に広がる、厳しくも美しいチリのテロワールに畏敬の念を込め、このワインに「パチャ」の名を冠しました。
このシリーズのために厳選されたブドウ畑のシャルドネを使用。
果実はすべて手摘み収穫ののち、丁寧に選定されます。
シャルドネは、醸し・アルコール発酵ともにフレンチオーク樽で行い、およそ12日間かけて14~16度の低めの温度で仕込みます。
その後2~3か月の間、シュール・リーの状態で熟成させます。
白桃やネクタリンのアロマ、柑橘類の花の香、トロピカルフルーツの香りに続き、トースト、バニラを思わせる樽香、ナッツの風味。
典型的なシャルドネの中にも、どこかフランスのものとは異なる、ボリューム感のある固有の味わいが楽しめるワインです。

パチャ・シャルドネ ヴィニャ・マーティ

パチャ・シャルドネ ヴィニャ・マーティのご注文はこちら

ムーアズクリーク・ソーヴィニョン・ブラン ティレルズ・ワインズ
過去に受賞したメダルやトロフィーの数は累計で5600以上!
オーストラリアでも最も優れたワイナリーの一つと認識されているティレルズのワインは、その安定した高い品質から、リッツ・カールトンをはじめ、シャングリ・ラホテル、マリオット・ホテルなど、世界各地の著名な五つ星ホテルに採用されています。
複数の自社畑から収穫されたソーヴィニョン・ブランをステンレスタンクにて発酵させ、そのまま澱とともに、シュール・リーの状態でタンク内熟成させ、ワインにリッチな質感を与えます。
グレープフルーツなどの柑橘にハーブの清涼感も感じられ、フレッシュなアロマと果実味、シャープな酸を持つ味わいの1本です。

ムーアズクリーク・ソーヴィニョン・ブラン ティレルズ・ワインズ

ムーアズクリーク・ソーヴィニョン・ブラン ティレルズ・ワインズのご注文はこちら

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧