バラエティ豊かな赤ワインが造られているドイツのヴュルテンベルク地方とは

バラエティ豊かな赤ワインが造られているドイツのヴュルテンベルク地方とは
【MAX60%OFF】夏ワインが今だけお得

バラエティ豊かな赤ワインが造られているドイツのヴュルテンベルク地方とは

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

バラエティ豊かな赤ワインが造られているドイツのヴュルテンベルク地方とは

ドイツ最南のワイン産地で、ドイツの13の地域の中で、
一人当たりのワイン消費量が最も多い地域でもあるヴュルテンベルク地方。
ここでは、赤ワインの生産が70%以上を占めており、
日常的に気軽に飲めるデイリーワインが多く造られています。
そこで、本日はドイツのヴュルテンベルク地方のワインについてお話します。

ドイツのヴュルテンベルク地方について

ヴュルテンベルク地方はバーデン地方に隣接するドイツ最南のワイン産地で、
ドイツの13の地域の中で、一人当たりのワイン消費量が最も多い地域でもあります。
主なベライヒ(生産地区分)は4つあり、ネッカー川とその支流である
コッハー・ヤークスト・タウバー、ヴュルテムベルギッシュ・ウンターラント、
レムシュタール・シュトゥットガルト、オーベラー・ネッカルに分かれ、
17の大きなブドウ園と207の個別のブドウ園があります。
コッハー・ヤークスト・タウバーは、ネッカー川支流のコッハー川とヤークト川に挟まれた地域で、
早飲みタイプの赤ワインが多く造られています。
ヴュルテムベルギッシュ・ウンターラントは、
ヴュルテンベルクで最大規模を誇るベライヒで、著名なワイナリーも多く点在しています。
レムシュタール・シュトゥットガルトは、ヴュルテムベルギッシュ・ウンターラントの南に位置し、
石灰質土壌からはエレガントな辛口のリースリングワインも造られます。
オーベラー・ネッカルは、最南に位置するワイン産地で、面積は狭いですが、
ここでは協同組合ではなく個々のワイナリーが力強い味わいのある赤ワインを造っています。
ヴュルテンベルクではワイン製造協同組合が一般的で、その数は約70であり、
この地域の生産の約75%を担っています。
造られるワインは、トロリンガー、レンベルガー、シュヴァルツリースリングなどを用いた
赤ワインが主で、バラエティ豊かな赤ワインの産地として知られています。

ヴュルテンベルクのテロワール

ヴュルテンベルクは、暑い夏と厳しい冬の寒さがある典型的な大陸性気候で、
ネッカー川とその支流には貝殻石灰岩(ムッシェルカルク)が混在する岩の多い傾斜地です。
コイパーが特徴的なこの堆積土壌は、砂、粘土、マールなどから形成され、
レムスタールとシュトゥットガルト近郊には火山岩土壌が広範囲に分布しています。

ヴュルテンベルクで栽培されるブドウ品種

ブドウ畑の栽培面積は約11,400ヘクタールあり、白ワイン用のブドウ品種が約30%、
赤ワイン用のブドウ品種が約70%の割合で植えられています。
ヴュルテンベルク地方の主要品種はトロリンガーで、ネッカー川沿いの斜面で多く栽培され、
日照に恵まれ、夏は非常に暑く、乾燥する気候のため、
しっかりとした味わいの赤ワインが多く造られています。
そのほか、シュヴァルツリースリング、レンベルガー、シュペートブルグンダーなどの
赤ワイン用の黒ブドウ品種が多く栽培されています。
白ワイン用の品種のうち、最も多く栽培されているのがリースリングで、
石灰質土壌からエレガントな辛口のリースリングワインが生まれています。

ヴュルテンベルクのワインの味と特徴

ヴェルテンベルクのワインは先ほど触れたとおり、
ほとんどの生産が赤ワインで、ドイツの中でも一人当たりのワイン消費量が最も多い地域ということもあり、
高級ワインというよりは、日常的に飲まれるデイリーワインが多く造られています。
赤ワインはさまざまなスタイルのものが造られており、軽めの早飲みタイプから、
しっかりとした骨格のある深い味わいのものまでバラエティ豊かです。
またロゼワインも造られており、甘口ワインではなく食中酒として飲む辛口のワインが多く造られています。

ヴュルテンベルクワインとは

 

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧