「シャンパーニュ」「カヴァ」と並ぶ世界3大スパークリングワインの一つである「プロセッコ」の主要品種「グレラ」

「シャンパーニュ」「カヴァ」と並ぶ世界3大スパークリングワインの一つである「プロセッコ」の主要品種「グレラ」
15周年だから実現したセール商品が満載!

「シャンパーニュ」「カヴァ」と並ぶ世界3大スパークリングワインの一つである「プロセッコ」の主要品種「グレラ」

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

本日は、プロセッコのブドウ品種
「グレラ」についてお話します。

10年前までプロセッコと呼ばれていたブドウ品種「グレラ」

「グレラ」というブドウ品種は、
あまり聞きなれない方も多いと思いますが、
世界3大スパークリングワインの一つ、
「プロセッコ」の主要品種です。

実は2009年までは、ワイン名と同様
「プロセッコ」という品種名を名乗っていましたが、
このワイン名を守るために「グレラ」という名前に変更されました。

プロセッコを作る「グレラ」品種は、
イタリア・ヴェネト地方で造られるブドウで、
この地域では、標高はやや高めですが、
斜面が多く日当たりが良いことと、
冷涼な風がアルプス山脈やアドリア海から吹くため
ブドウが適度な熟度と酸味を保った状態で収穫することができます。

イタリア・ヴェネト

「シャンパーニュ」「カヴァ」と「プロセッコ」の違いは?

世界三大スパークリングワインの
「シャンパーニュ」や「カヴァ」は、瓶内二次発酵をおこないますが、
プロセッコはボトルの中で二次発酵をおこなわず、
大きタンクで短期間発酵させるため、ボトルの中でワインと酵母との接触がおさえられ、
ワインにイースト由来のパンのような香りがつかず、ブドウの持ち味が活かされ、
フルーティなアロマが特徴のスパークリングワインになります。

また、プロセッコには3種類あり、DOC格付けの「Prosecco DOC」。
そして、イタリア最高格付けDOCGの
「Conegliano Valdobbiadene Prosecco Superiore DOCG
(コネリアーノ・ヴァルドッビアデーネ・プロセッコ・スペリオーレ)」と
「Collo Asolani Prosecco DOCG (コッリ・アゾラーニ・プロセッコ)」があり、
これらを総称してプロセッコと呼んでいます。
その他の地区でも、次の格付けランクであるDOCにありますが、
より限定された地区ではさらに素晴らしいプロセッコが造られています。

シャンパーニュ製法と呼ばれる瓶内二次発酵じゃなくとも、
ブドウの特性を生かし、高品質のスパークリングワインと
なっているのがこの「グレラ」を使用したプロセッコです。
シャンパーニュよりお手頃価格で
手に入るのも嬉しいところです!
気軽に開けて気軽に飲める♪
それがプロセッコの良さの一つでもあります。
ぜひ泡が飲みたくなったときにはプロセッコお試しください!

プロセッコ

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧