「モンラッシェ」「ムルソー」最高級の白ワインからお手軽ワインまで!産地によって変幻自在の国際品種シャルドネ

「モンラッシェ」「ムルソー」最高級の白ワインからお手軽ワインまで!産地によって変幻自在の国際品種シャルドネ
15周年だから実現したセール商品が満載!

「モンラッシェ」「ムルソー」最高級の白ワインからお手軽ワインまで!産地によって変幻自在の国際品種シャルドネ

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ブルゴーニュの白ワイン

以前、フランス・ブルゴーニュのブドウ品種で、
「ピノ・ノワール」のお話をしましたが、
今回は、有名なブルゴーニュの白ワインの品種
「シャルドネ」についてお話したいと思います。

「モンラッシェ」「ムルソー」「シャブリ」ブルゴーニュのシャルドネは最高級な白ワインを造る

ブルゴーニュの白ワインは、赤ワインと同様に
単一品種=他の品種とブレンドしない
シャルドネのみで造られる白ワインです。
シャルドネは、ブルゴーニュだけではなく、
世界各地で造られている国際品種です。
世界各地で有名な「シャルドネ」ですが、
最高級とされるのは、やはりこの「ブルゴーニュ」のシャルドネ。
中でも「モンラッシェ」「ムルソー」が有名です。

「モンラッシェ」には、
「ピュリニ・モンラッシェ」と「シャサーニュ・モンラッシェ」
の2つがあり、この隣接する2つの村には異なる土壌が存在します。
ピュリニー・モンラッシェの畑は、泥灰土や化石を含んだ石灰で、
この石灰質土壌から生み出されるワインは、豊かな芳香がありながら、
繊細でハガネのようなミネラル感がありシャープな味わいです。
一方のシャサーニュ・モンラッシェは、砂利や粘土質の重たい土壌で、
ヘーゼルナッツのような柔らかさと温かみを感じるワインが生み出されます。
そして「ムルソー」は、果実味が肉厚でコクのある味わいが特徴です。

またブルゴーニュの最北には、「シャブリ」があります。
「シャブリ」もまた、シャルドネを100%使用して造られる白ワイン。
モンラッシェやムルソーとまた特徴が異なり、
アンモナイトがゴロゴロと土の中からできてくるような石灰分の多い土壌で、
ミネラル分の豊かな味わいの白ワインです。
さらに冬は畑が真っ白になるほどの雪も降るような気温の低い冷涼な気候で
シャルドネは、きりっとした酸味も残しつつボリュームのある果実味と相まって
飲みごたえのある白ワインになります。
特級クラスのシャブリになると、ムルソーやモンラッシェに負けない、
ボリューム感と繊細さを感じられる、
これもブルゴーニュの素晴らしい白ワインの一つです。

どれもアルコール分が高めで、
酸味と果実味のボリューム感のある飲みごたえと繊細さのある究極の白ワイン。

産地によって変幻自在!世界で造られる国際品種シャルドネ

シャルドネの特徴はというと、
特徴がないのが特徴といっていいかわかりませんが、
産地により風味が変幻自在に変わります。
その土地や気候に左右されやすい品種なのです。
太陽の恵みをいっぱいに浴びて造られるシャルドネは、
南国のフルーツのようなトロピカルな香りがするワインになり、
冷涼な気候で育つシャルドネは、
酸味がきりっとしてシャープでスマートなワインに。
土地の個性を反映されやすい品種といっても言ってもいいでしょう。
産地はヨーロッパだけでなく、ニューワールドと呼ばれる、
チリやオーストラリア、アメリカなどでも多く造られています。
特に太陽に恵まれた産地では、
アルコール度数の高い、果実味がパワフルなワインが造られており、
ボリューム感のある白ワインを好む愛好家の方たちに人気です。

産地の気候、テロワールによって様々なスタイルに変化するシャルドネは、
産地によって飲み比べするのも楽しみ方の一つです。
低価格なものから高級なものまで揃うのもシャルドネの人気の秘密なので
シーンに合わせて選ぶのもよいでしょう。
日本の食事には、赤ワインより白ワインの方が合わせやすいことが多いので
テーブルワインの一つとして、自分のお気に入りを見つけるのがお勧めです!

シャルドネ

ワインの選び方カテゴリの最新記事

特集一覧