ボジョレー・ヌーヴォーの原料として利用されるブドウ品種ガメイの特徴とは

ボジョレー・ヌーヴォーの原料として利用されるブドウ品種ガメイの特徴とは

ボジョレー・ヌーヴォーの原料として利用されるブドウ品種ガメイの特徴とは

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ボジョレー・ヌーボーを生み出すガメイ

毎年11月の第3木曜日に解禁される「ボジョレー・ヌーヴォー」で、
ガメイというブドウ品種が一躍有名になりました。
ガメイの最大の産地はブルゴーニュ地方南端のボジョレー地区。
フレッシュでフルーティーな口当たりで、
アルコール度数がやや低めのライトなボディなので、
ふだん赤ワインはあまり飲まないという人にも飲みやすい赤ワインです。
そこで、本日はボジョレー・ヌーヴォーを生み出すガメイについてお話します。

ガメイの特徴と造られるワインの特徴

ガメイはブルゴーニュ地方南端のボージョレ地区で多く栽培されているブドウ品種です。
毎年11月の第3木曜日に解禁される「ボジョレー・ヌーヴォー」で、
ガメイというブドウ品種が一躍有名になりました。
一般的にガメイと呼ばれているブドウの正式名称は、
ガメイ・ノワール・ア・ジュ・ブランといいます。
ガメイは、早期に発芽し成熟するために春先の霜害をうけやすいのですが、
比較的冷涼な産地でも栽培ができる品種で、
生産量が多いため、安定した収量が期待できます。
ガメイの最大の産地はブルゴーニュ地方南端のボジョレー地区です。
ボジョレーには、3つの格付けがあり、
頂点がクリュ・デュ・ボジョレーで10の限定された地区があり、
そこでは長期熟成も可能な高品質なガメイのワインが造られています。
その下に、A.O.C.ボジョレー・ヴィラージュA.O.C.ボジョレーがあります。

ガメイから造られるワインは、熟成期間が短いということもあって、
淡く光沢がある明るい紫色をしており、ラズベリーや野苺といったベリー系の香りに、
マセラシオン・カルボニックというガメイの特性を引き出す醸造方法に由来する
バナナのキャンディの香りが特徴です。
フレッシュでフルーティーな口当たりで、アルコール度数がやや低めのライトなボディで、
比較的タンニンが少なく、酸味が程良く効いたカジュアルなワインに仕上がります。
一方、クリュ・デュ・ボジョレーのようなガメイの上級ワインは、
深いルビー色で、ベリー系の香りの他にもとても複雑なニュアンスが感じられ、
口当たりがとても滑らかですがしっかりとしたタンニンを感じられます。

おもな産地と特徴

ガメイの主な産地はフランスで、ボジョレー地区とロワール地方でおもに造られています。
11月の第三木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーボーで有名なボジョレー地区は、
他のワイン産地同様、早飲みタイプから10年以上寝かせる熟成タイプのワインが
造られています。
先ほども触れたクリュ・ボジョレーから造られるガメイには、
長期熟成に耐えうるワインもあり、中でもムーラン・ナヴァンが有名です。
また、ロワール地方のトゥーレーヌ地区もガメイが栽培されており、
ガメイ100%で造られるトゥーレーヌ・ガメイが有名ですが、
カベルネ・フランやカベルネ・ソーヴィニヨンなど他の品種とブレンドされることが多く、
スパークリングワインの原料としても使用されています。

ガメイから造られるおすすめワイン

アンリ・フェッシ・サンタムール
1888年創業のアンリ・フェッシは「クリュ・デュ・/ボジョレーのスペシャリスト」
として知られ、10のクリュ・デュ・/ボジョレーの畑のうち9つを所有しています。
高品質なボジョレーワインを追い求めてワイン造りを続ける生産者。
とにかくすっきり・さっぱりとしているのが特徴で、
料理にも合わせやすく飲み飽きない味わいです。
産地:フランス/ボジョレー

アンリ・フェッシ・サンタムール

おすすめワインに合う料理

フレッシュでフルーティーなボジョレー・ヌーヴォーには、
ソーセージやハムやパテなどの軽いおつまみがおすすめです。
新酒をお祝いするパーティーですので、大勢でおつまみをつまみながら、
にぎやかに飲むのがボジョレー・ヌーヴォースタイルです。

ガメイに合う料理

 

ワインの豆知識カテゴリの最新記事