ワインとパンのマリアージュ!ワインが進むおすすめのパンをご紹介

ワインとパンのマリアージュ!ワインが進むおすすめのパンをご紹介
\MAX55%OFF/ウィンタークリアランスセール

ワインとパンのマリアージュ!ワインが進むおすすめのパンをご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

ワインとパンのマリアージュ

ワインにパンというと、当たり前の組合せですが、ワインとパンの本当においしい合わせ方を追求している方は少ないかもしれません。
ワインのアロマの表現には、「ブリオッシュ」「トースト」「バター」などのパンを表現する言葉もあり、ワインとパンは酵母を使う発酵食品という点からも共通点があります。
そこで、本日はワインとあわせるパンについてお話します。

高いワインやパンを用意する必要は一切無し

ワインに合わせるパンでまず多くの方が思い浮かべるのがバゲットのようなシンプルなパンではないでしょうか。
たしかに、バゲットはチーズやパテといった食材を乗せてたべるのに適しているのでワインとの相性も良いですが、バゲット単体ではワインの味を引き立てるほどの味わいはなく、なにかをつけて食べることでワインの味を引き立ててくれるパンになります。
また、身近なパンでいうと、トーストした食パンが思い浮かびますが、残念ながら、食パンはバゲット以上にワインとの相性はあまりよくありません。
ワインのアロマの表現に「トースト」という言葉があるので、一見すると相性が良さそうにも思えますが、トーストのさっぱりとした甘味と味わいが、ワインの深みを引き出すどころか、逆にアンバランスでワインの味が悪目立ちしてしまうのが残念なポイントです。
そのため、バゲット同様食パンをワインに合わせるのであれば、サンドイッチにしたり、チーズトーストにしたりと別の食材をプラスしてひと手間くわえることでワインの味を引き立ててくれるパンになります。
そうなると、やっぱりワインには庶民的なパンは合わないんじゃないかと思われるかもしれませんが、じつは、庶民的なパンでもワインとの意外なマリアージュがあります。

赤・白・スパークリングそれぞれに合うパン

それでは、具体的に白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインに合うパンをご紹介していきましょう。
まずパンとワインの組み合わせを考えたときに、一番合わせやすいのは白ワインです。
白ワインのブドウ品種の王様でもあるシャルドネは樽熟成したものになると、そのアロマをよくブリオッシュやトーストパンに例えられることもあり、香ばしいパンの豊かな香りがシャルドネのワインからも感じられるので、樽熟成したシャルドネとブリオッシュはとても相性がいいです。
シュナンブランやゲヴェルツトラミネールもブリオッシュのアロマがあるものもありますので、合わせてみても面白いです。
また、ワインの産地と地元のパンを合わせるのもおすすめです。
たとえば、イタリアの白ワインとフォカッチャも相性がいいです。
フォカッチャは、シンプルな味付けながら、塩やドライトマト、オリーブ、ローズマリーなどを乗せたものもあり、ワインとの相性が抜群です。
ドイツの伝統的なパンであるシュトーレンは、バター、砂糖、ラム酒漬けのドライフルーツをたっぷり使って焼き上げた甘味のあるパンなので、このシュトーレンにはドイツの甘口の白ワインがピッタリです。

次に赤ワインにパンを合わせる際は、あまりタンニンが強いものはおすすめしません。
できたらライトボディからミディアムボディくらいのものが良いでしょう。
ボジョレー・ヌーボーなどの軽やかな味わいの赤ワインはパンと合わせてもタンニンを強く感じることがないので、パンの味もしっかり味わえ、ワインとの調和がとれやすいです。
ライトボディの赤ワインには、ベリーやイチジクやナッツを練りこんで焼いたフルーツのハードパンがおすすめです。
フルーツパンでも、カスタードやコンポートフルーツなどが入った甘味のあるものは、ワインの酸味と渋みを強く感じてしまうので、おすすめではありません。
ほのかに甘味のあるフルーツパンがベストマッチです。

そして、スパークリングワインには、クロワッサンがおすすめ。
クロワッサンのさくっとした食感にしゅわっと口の中ではじけるスパークリングワインの泡が見事にマッチします。
クロワッサンはバターをたっぷり使うので、シャンパンのような熟成期間の長いコクのあるスパークリングワインはとくに相性がいいです。
発酵バターをつかったものだとよりコクと甘味があるのでおすすめです。
また、スパークリングワインのつながりで言うと、リンゴのスパークリングワインであるシードルには、アップルパイがおすすめ。
シードルはアルコール度数が4~5度と低アルコールなので、お酒がそれほど強くないという方にもシードルとアップルパイの組み合わせはおすすめです。

パンとワインの相性を良くする食材と簡単レシピ

さきほどお話したバゲットと食パンも単体では、ワインの味をそれほど引き立ててくれませんが、別の食材を合わせることで、見事なマリアージュが生まれます。
そこで、バゲットと食パンにひと手間加えてワインに合う絶品おつまみにしてみましょう。

トマトとバジルのブルスケッタ
バゲットを薄めにカットし、バゲットの表面にオリーブオイルとすりおろしにんにくを薄くぬります。
ボウルに、サイコロ状にカットしたトマトと手で細かくち切ったバジルを入れて、オリーブオイルで軽くあえて、塩コショウで味をととのえ、バゲットの上にのせたらできあがり!
トマトとバジルのブルスケッタには、イタリアのモンテプルチアーノ・ダブルッツォで造られるロゼワインがぴったり!

ツナとクリームチーズのリエット
常温にしたクリームチーズと油をきったツナ缶を混ぜ合わせて、すりおろしにんにくを1/2片入れ、塩コショウで味をととのえます。
バゲットに混ぜ合わせたリエットをのせたらできあがり!
ツナとクリームチーズのリエットには、フランス・ロワール地方の辛口白ワインがおすすめです。

クロックムッシュ
8枚切りの食パンにハムとホワイトソースを塗ってサンドイッチにします。
サンドイッチの表面にピザ用チーズをたっぷりのせて、180℃のオーブンで20分焼いたらできあがり。
トロっと溶けたチーズと濃厚なホワイトソースで、食パンが立派な食事に早変わりです。
クロックムッシュには、イタリア・トスカーナのサンジョベーゼを主体にしたキャンティフランス・ボージョレ地方のガメイで造られるボジョレー・ヌーボーなどのライトボディの赤ワインがおすすめです。

鯖サンド
8枚切りの食パンをトースターで軽く焼いておき、トーストした食パンに水気をしっかりきった千切りのにんじん、キャベツをのせておきます。
汁気をきった鯖缶の鯖をすりおろしたガーリックとマヨネーズで和え、さきほどの野菜の上にスライスしたたっぷりの玉ねぎと一緒にのせ、トーストでサンドしたらできあがりです。
トルコ発祥の鯖サンドには、どの国の白ワインでもぴったりですが、同じ産地のトルコワインと合わせてみるのもおすすめです。
トルコワインは、シャルドネやソーヴィニヨンブランなどの国際品種の他に、ナリンジェやエミルといったトルコ固有の白ブドウ品種で造られている白ワインもありますので、鯖サンドと合わせてみるのもいいでしょう。

最後に冷凍パイシートで作るスパークリングワインにぴったりな簡単なおつまみをご紹介します。

ウインナーパイ
冷蔵庫で解凍した冷凍パイシートを4等分して小さな正方形にし、さらに正方形を斜めに半分にカットして小さな三角形を8枚つくります。
それぞれ軽く綿棒で伸ばして、ウインナーに巻き付けます。
卵黄を塗って予熱した200度のオーブンで18分~20分ほど焼いたら完成です。

チーズスティックパイ
冷蔵庫で解凍した冷凍パイシートを縦に8等分して長細い生地にし、天板にのせたら、生地の上にパルメザンチーズと黒コショウをふりかけます。
180℃に余熱したオーブンで15分~20分焼き色がつくまで焼いたら完成です。

ワインに合うパン

六本木でオールスクラッチと製法にこだわるブーランジェリー

ラトリエ・デュ・パンは、仕込み・成型・焼成まですべて六本木のビル内の2階の工房で作るオールスクラッチのお店で、天然酵母を使用し、高加水率・低温長時間発酵の生地を石窯などで焼き上げています。
ハード系パンの他、菓子パン(ヴィエノワズリー)、惣菜パン(トゥレトゥール)もメディアに取り上げられるほどの人気商品を多数ラインナップしており、食べログ百名店に4年連続(2018〜2020&2022※2021年は開催なし)で選ばれました。
全国のご家庭でラトリエ・デュ・パンを楽しんでいただくために、保存に最適なショックフリーザーによる冷凍を採用しています。
軽くオーブンで温めると、焼きたての風味に限りなく近い状態でお召し上がりいただけます。

六本木でオールスクラッチと製法にこだわるブーランジェリー

ラトリエ・デュ・パンのご注文はこちら

パンとのペアリングにおすすめのワイン

ブレッド&バター・シャルドネ ブレッド&バター
カリフォルニアでも屈指のシャルドネとピノ・ノワールの産地として知られているソノマ・カウンティーのカーネロスAVAとモントレー・カウンティー、アロヨセコAVAに畑を有するブレッド&バター。
「俺たちのミッションは、次世代ワイン界のロックスターになるべく、つまみを最大まで回した大音量のアルコールを届けることさ。もし、このワインがやかましく聞こえるようなら、あんたはもう老いぼれさ。」という言葉の通り、2つの畑のブドウを合わせ造られるこのワインは、全てマロラクティック発酵後、ソノマのものはアメリカンオーク一年樽で4ヶ月間、モントレーのものはフレンチオーク新樽で8ヶ月間熟成されます。
バニラビーンズ、アーモンドの皮などの豊かな趣があり、クレーム・ブリュレを思わせる香りで、口に含むと柔らかなミネラル感、ほのかな樽感が感じ取れ、舌の上で溶けていく感覚があり、クラシックでありながら、複雑味溢れる優雅なスタイルのワインです。

ブレッド&バター・シャルドネ

ブレッド&バター・シャルドネ ブレッド&バターのご注文はこちら

クロワッサン・シャルドネ ジャン・クロード・ボワセ
「フランス・ワイン業界のヌーヴェル・ヴァーグ(新たな波)」1961年にブルゴーニュに設立された、若い会社でありながら、急成長を遂げたボワセ・グループ。
環境問題を一番に意識したワイン造りの理念を持ち、所有するすべてのワイナリーがオーガニック栽培とビオディナミ栽培を実践。
ネイティブアメリカンに伝わる「大地は借り物である」という言葉に感銘を受け、サスティナブルなワイン造りをアメリカで実践したいと思い、フランス・ブルゴーニュの技術とカリフォルニアのテロワールが極上ワインを生み出しています。
クロワッサン・シャルドネのブドウは、カリフォルニア州内でも優れた品質を誇る複数のブドウ畑より収穫されたものを使い、ワインは瓶詰めされる前にシュール・リー(澱とともに静置する技法)の状態で熟成させ、味わいに複雑味を与えています。
柑橘類、レモン、白桃の魅力的なアロマに、ブリオッシュの香ばしい香りがバランス良くまとまっています。
ミネラル由来の滑らかな質感と完熟果実のボリューム感とクリーミーな質感で、バタースコッチを思わせるオーク樽のトースト香がクロワッサンを彷彿とさせるリッチな味わいのシャルドネです。

クロワッサン・シャルドネ ジャン・クロード・ボワセ

クロワッサン・シャルドネ ジャン・クロード・ボワセのご注文はこちら

ワインに合うレシピとおつまみカテゴリの最新記事

特集一覧