ネッビオーロの特徴と造られるワインについて おすすめのネッビオーロのワイン6選

ネッビオーロの特徴と造られるワインについて おすすめのネッビオーロのワイン6選

ネッビオーロの特徴と造られるワインについて おすすめのネッビオーロのワイン6選

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

バローロの産地ピエモンテ

本日は、イタリアワインの王様的な存在「バローロ」を造るブドウ品種、『ネッビオーロ』についてお話したいと思います。

ワイン大国イタリアのワインの歴史と特徴

イタリアは、南北に長い地形に20の州があり、すべての州でワインが造られているワイン大国です。
その歴史は長く紀元前2000年まで遡ります。
ワインの製法をローマ人に伝えたのは古代ギリシャ人で、イタリアの大地に合うブドウの苗を選定して栽培したこともあり、早くから高品質なブドウが育ったため、ギリシャ人はイタリアを優れたワインの大地としてたたえました。

1861年にイタリア王国として国が統一されるまで、イタリア各地で多様なブドウ品種が栽培され、ワインが造られていたため、イタリア各地には数千種類の土着品種があるといわれ、政府が公認しているものだけでも400種類以上にも及びます。
イタリアのワインの特徴は、なんといってもその「多様性」と言えるでしょう。

高級ワイン「バローロ」を造る「ネッビオーロ」の特徴

バローロは、イタリアの北西部に位置するピエモンテ州の『ネッビオーロ』というブドウ品種で造られます。
ピエモンテの州の州都は「トリノ」。
2006年に冬季オリンピックが開催された場所なのでご存じの方も多いと思います。
ピエモンテ州は、あの高級食材「トリュフ」の産地で、希少価値の高い「白トリュフ」が採れることでも有名です。

そのピエモンテで造られる高級ワイン「バローロ」や「バルバレスコ」のブドウ品種『ネッビオーロ』の特徴は、皮が薄く、病気にかかりやすことから栽培が難しいとされ、原産地のピエモンテでさえ栽培は僅かな選ばれた土地に限定され、ピエモンテのワイン総生産量の6%を超すことは稀です。
小高い丘の南向きの斜面がもっとも栽培に適していると言われており、過去にボルドーへ移植が試みられましたが、栽培が難しく難航しました。

そんなデリケートな特性のネッビオーロの味わいは、「非常に色が濃く、若い時はタンニンと酸が強いが、瓶の中で年月を経るとタールからスミレやバラに至る幅広いブーケをもつ世界で最も誘惑的な香りのするワインとなる。」(ワイン用葡萄ガイド ジャンシス・ロビンソン著より)と言われ、長期熟成向きの品種であることが分かります。

イタリアワインの好きの中にもファンの多い「バローロ」。
出荷までに最低3年間の熟成(そのうち2年間は樽熟成)が法律によって義務付けられています。
実際にはラベルに記載されているヴィンテージから、10年~15年の時間を要するので、長期間生産者の下で管理をしてから出荷されるのが現状です。
良く出来た年のバローロは、何十年と熟成させて初めてその良さを発揮するなど、高級ワインたる所以です。

合わせるお料理もしっかりとしたお肉料理、またジビエなどのくせのあるお肉料理に非常にマッチします。
また、ウォッシュチーズやブルーチーズなどコクのあるチーズとも相性が抜群!
「ネッビオーロ」で造るバローロ、ゆっくりと時間をかけて楽しめる赤ワインの1つです。

ネッビオーロから造られるワインについて

ネッビオーロから造られるワインには、ネッビオーロ単一のものと、他の品種をブレンドしたタイプのものがあり、バローロ、バルバレスコ、カレーマ、ネッビオーロ・ダルバ、ランゲ・ネッビオーロは、ネッビオーロを100%使用した単一品種のワインです。
中でもバローロは、「王のワイン、ワインの王」と称され、世界中のワインラヴァーが憧れる最上級の赤ワイン。
バローロは11の村で造られており、とくにラ・モッラ村、バローロ村、カスティリオーネ・ファレット村、モンフォルテ・ダルバ村、
セッラルンガ・ダルバ村の5つの村が銘醸地として知られており、パッチワーク状に広がる多様なテロワールから、村それぞれで造られるバローロの味わいは異なり、エレガントな味わいのものから、パワフルな味わいのものまでさまざまです。
ラ・モッラ村は標高500mにある産地で、トルトニアーノと呼ばれる青い泥灰土に、マンガンとマグネシウムを多く含む土壌で、ここで造られるバローロは香り豊かでエレガントな味わいになり、他の産地よりも熟成が早いのが特徴です。
ラ・モッラ村と同じ西側に位置し、モンフォルテ・ダルバ村の間にある、バローロ村は、ラ・モッラ村と似たような土壌ですが、エレガントさに、さらに力強さも加わり非常にバランスのよいバローロが造られます。
東側に位置するカスティリオーネ・ファレット村、モンフォルテ・ダルバ村、セッラルンガ・ダルバ村は、エレヴィツィアーノと呼ばれる泥灰土で、鉄分を多く含む赤茶色をしており、パワフルで重厚感のある、長期熟成型のバローロが造られています。
中でもセッラルンガ・ダルバ村では、最も長期熟成型のバローロが造られ、著名なワイナリーが多く点在しています。

バローロは濃厚なチーズと相性抜群

ネッビオーロから造られるおすすめのワイン

バローロ モスコーネ 
1877年創業のモスコーネは、モンフォルテ・ダルバに18ヘクタールの畑を所有し、そのうち5ヘクタールはバローロ最上の畑の一つブッシア・クリュという、とても著名な畑を有しています。
畑はモンフォルテ・ダルバでも陽当たりのよい丘の上にあり、適度な風通しと特有の土壌構成がモスコーネのワインに際立った個性を与えています。
また、モスコーネのワインは、イタリアワイン界の重鎮ドナート・ラナティ博士のコンサルタントを受けており、この類まれな土地を十二分に表現するワインが造られています。
すべて手摘みで収穫をおこない、大樽で24か月熟成後ワインの状態によっては、ボトリング後さらに数か月熟成させます。
出来上がるバローロは、チェリーなどのフレッシュな赤系果実に、トリュフやタールなどの深みのあるアロマが感じられ、バランスの良い酸に、しっかりとしたタンニンとコクがあり、濃密で凝縮した重厚感のある味わいです。

バローロ モスコーネ

バローロ モスコーネのご注文はこちら

バローロ・チェルヴィアーノ・メルリ カゼッタ 
このチェルヴィアーノ・メルリという単一畑は、バローロ村とモンフォルテ・ダルバ村に隣接するノヴェッロ村にあり、標高300~400mの丘の中腹にある南向きという素晴らしいロケーションにあります。
トルトニアーノと呼ばれる青い泥灰土の混じる砂質土壌で、オーガニックの認定を受けた有機肥料のみを使用し、草刈から剪定・摘芯・グリーンハーベスト・収穫まですべて手作業で行います。
カゼッタのワイン造りの特徴は、祖父からの伝統を大切にしつつ、先進的な考えも併せ持ち、品質のために考え抜かれたプロセスを構築していることです。
出来上がるバローロは、チェリーなどのフレッシュな赤系果実に、トリュフやタールなどの深みのあるアロマが感じられ、バランスの良い酸に、力強いコクや渋み、複雑味が魅力の重厚な味わいになります。

バローロ・チェルヴィアーノ・メルリ カゼッタ

バローロ・チェルヴィアーノ・メルリのご注文はこちら

バローロ ヴェッキア・ストーリア
イタリアワインのすばらしさを世界に広めるため、1968年にワイン醸造のエキスパートとマーケティングのエキスパートたちが設立したI.E.I(インスティテュート・エノロジコ・イタリアーノ)は、イタリアのソアヴェ(ヴェローナ)に本拠地を構え、北はピエモンテ、アルト・アディジェから、トスカーナに プーリア、モリーゼ、そしてシチリアにサルデーニャとイタリア全土でファインワインを生産しています。
そんなI.E.Iが手掛けるバローロは、オークの大樽で3年熟成し、リーズナブルながらも濃密で凝縮した味わいのあるやや重い正統派で古典的なバローロです。

バローロ ヴェッキア・ストーリア

バローロ ヴェッキア・ストーリアのご注文はこちら

バローロ・デル・コムーネ・ディ・バローロ・エッセンツェ ヴィーテ・コルテ
ヴィーテ・コルテは、ピエモンテ州最大規模の協同組合であるテッレ・ダ・ヴィーノ社の全5000ヘクタールの畑の中から最も優れた6%の最高品質のブドウから生み出すシリーズです。
テッレ・ダ・ヴィーノ社は1980年に設立された協同組合で、設立当初は18の契約ブドウ栽培農家から始まった組合ですが、今や2500人の栽培家と契約し、より安定した品質での提供が可能になり、優れた品質のバローロ、バルバレスコをリリースしています。
このバローロ・デル・コムーネ・ディ・バローロ・エッセンツェ ヴィーテ・コルテは、バローロのエリア中でも選りすぐりの280~380mの標高にある複数の畑のブドウを使用します。
かつてピエモンテが海中にあった時代の名残を物語るこの土壌から生み出されるワインは、アロマが豊かでエレガント、3~4年の熟成でバランスが整うタイプのバローロです。

バローロ・デル・コムーネ・ディ・バローロ・エッセンツェ ヴィーテ・コルテ

バローロ・デル・コムーネ・ディ・バローロ・エッセンツェ ヴィーテ・コルテのご注文はこちら

バローロ ウンベルト・フィオーレ
マンフレディ家のワイン造りの歴史は、1930年、初代のジュゼッぺは、美しいランゲの丘の周囲にあるブドウ畑と醸造所を購入し、ワイン造りを始めました。
1980年代になると、イタリア国外への販路も広がり、ヨーロッパをはじめ、アメリカやアジア各国まで流通するようになりました。
「ブドウ畑をより良い状態で後世に受け渡すこと」という哲学のもと、薬品などを使わず、太陽光発電に切り替え、自然の法則に合わせた畑仕事を頑なに守り続けています。
このバローロは、ブラックチェリー、ブラックベリー、カシス、プルーンなどの黒系果実のアロマに、ハーブやレザーの香りが加わり、口に含むとまず特徴的な渋みを感じます。
しっかりとした重厚なタンニンと厚みのある飲み心地に、果実の甘み、酸味、樽香…と様々な要素が渾然となって、とても深みのある味わいのワインです。
渋みがもう少し落ち着くまで、あと数年熟成させることで、より素晴らしい味わいへと変わるポテンシャルを感じさせてくれます。
すぐ飲む場合は、お飲みになる半日前には開栓するか、一度に飲みきらず、2、3日に渡って時間をかけながら飲むのがおすすめです。

バローロ ウンベルト・フィオーレ

バローロ ウンベルト・フィオーレのご注文はこちら

バローロ・ファレット・ヴィーニャ・レ・ロッケ・レゼルヴァ
ワインスペクテイター誌が、「バローロのロマネコンティ」と激賞したイタリアワイン界の巨匠ブルーノ・ジャコーザが手掛けるバローロ。
ジャコーザ家は三世代にわたってピエモンテのランゲの丘でワイン造りをおこない、ブルーノが31歳になったときワイナリーを受け継ぎました。
1960年代に入ると、彼は初めてワイナリーに「ブルーノ・ジャコーザ」の名を冠します。ブルーノ・ジャコーザの名前がラベルに記載されたワイン2万本が、初めて世に出ると、その優れたワインはすぐに高い評価を得るようになり、その名声は遠くフランスにまで響くようになりました。
近代になりバローロは、伝統派とモダンなワイン造りを取り入れた改革派のワインに分かれましたが、ブルーノ・ジャコーザは伝統派と呼ばれる作り手の代表的な人物でした。
惜しくも2018年1月21日に88歳でこの世を去りましたが、現在は、彼の意志を継いだ娘ブルーナによって、ワイナリーは引き続き運営され、素晴らしいワインを造り続けています。

バローロ・ファレット・ヴィーニャ・レ・ロッケ・レゼルヴァ

バローロ・ファレット・ヴィーニャ・レ・ロッケ・レゼルヴァのご注文はこちら

 

ワインの選び方カテゴリの最新記事

特集一覧