SALE特価!バローロ ウンベルト・フィオーレ 2012年 イタリア ピエモンテ 赤ワイン フルボディ 750ml
SALE特価!バローロ ウンベルト・フィオーレ 2012年 イタリア ピエモンテ 赤ワイン フルボディ 750ml
  • SALE特価!バローロ ウンベルト・フィオーレ 2012年 イタリア ピエモンテ 赤ワイン フルボディ 750ml
  • SALE特価!バローロ ウンベルト・フィオーレ 2012年 イタリア ピエモンテ 赤ワイン フルボディ 750ml

イタリアワインの王様

SALE特価!バローロ ウンベルト・フィオーレ 2012年 イタリア ピエモンテ 赤ワイン フルボディ 750ml

商品番号:2101120002863

希望小売価格:5,637円(税込)

ソムリエ価格:4,440円 (税込 4,795円)

加算ポイント:44 ポイント

数量:

お気に入り

お気に入りに登録しました。

閉じる

閉じる

バローロ ウンベルト・フィオーレ
BAROLO UMBERTO FIOLE

赤ワインの王様バローロ
top
銘酒バローロ

イタリア最高峰として、また上質赤ワインの代名詞として有名なバローロ

map

「バローロ」を名乗る為には、実は厳しい制約が法律で定められており、この基準をクリアしなければ、ラベルに「バローロ」と記すことはできません。
ブドウ品種は「ネッビオーロ」という固有品種を100%使用すること上質なワイン用ブドウを生産できる、指定地域からとれたブドウのみを使用すること また、収穫量の制限、さらに熟成期間の制限と、1本のワインに仕上げるまでに多くの制約があります。
堅苦しいようですが、この厳しい制約があるおかげで、品質の高さが維持され、世界に出回る「バローロ」という名前のワインの品質を保証しているのです。

ブドウ

名前の由来は霧を意味する「ネッビア」と言われています。
晩熟のブドウで、他のブドウより大分遅い時期に収穫されます。名前の由来は諸説ありますが、 秋が深まり、朝霧が出る季節にようやく収穫期を迎えるため、という説や、ブドウの表皮が 大量の蝋粉(ろうふん)に覆われて霧のように見えるため、と言われています。
赤ワイン用ブドウの中でも、特にポリフェノール、タンニンに富む品種です。

作られるワインは、基本的には薄いルビー色からガーネットの色合いで、強い渋みと酸味があります。 その真価を味わうために、長期熟成させ、バランスのとれた素晴らしいワインになるのを待つ必要があります。 熟成されると味わいが広がり、スミレやタール、ハーブ、チェリー、ラズベリー、タバコ、トリュフ、プルーンといった 幅広いブーケを持つ、世界で最も誘惑的とされる香りの高級ワインに仕上がります。

畑





歴史

マンフレディ家の歴史

people

マンフレディ家のワイン造りの歴史は、1930年に始まりました。
初代のジュゼッぺは、美しいランゲの丘の周囲にあるブドウ畑と醸造所を購入し、 ワイン造りを始めました。 作ったワインを馬車に積み、行商していました。 息子アルドは、16歳になると父親の傍らでその仕事をずっと手伝い始めました。 当時子供だったアルドはとても朗らかで顧客からも好かれました。

その当時アルドの顧客だった人々は、世代交代はあっても、いまだに ずっとマンフレディの顧客として、友情とも言える良い関係が続いています。

1980年代になると、ジャンフランカとルイージ、アルドの妻と兄がワイナリーのメンバーに加わりました。
イタリア国外の顧客との結びつきも徐々に強くなり、 ヨーロッパをはじめ、アメリカやアジア各国まで彼のワインは届けられるようになりました。
今では、二人の娘、ルイーザとパオラもワイナリーに加わり、家族総出でワイン造りに励んでいます。これからも家族経営のこのスタイルを続けていくことが、当主アルドの強い願いです。

歴史



カンティーナ・マンフレディのブドウ畑

「ブドウ畑をより良い状態で後世に受け渡すこと」 家族経営のマンフレディにとって、自社ブドウ畑の環境を守ることは、最も大切なことといえます。 アルドは、子供のころからブドウ畑で働いていましたが、かつて先輩たちから教わった方法、薬品などを使わず、自然の法則に合わせた畑仕事を頑なに守り続けています。 もちろん、時代は変わり、電気が必要なこともあります。 それでもできる限り二酸化炭素の量を抑えるべきと考え、太陽光発電に切り替えました。
今では、二人の娘、ルイーザとパオラもワイナリーに加わり、家族総出でワイン造りに励んでいます。これからも家族経営のこのスタイルを続けていくことが、当主アルドの強い願いです。

hatake



テイスティングコメント

バローロ

ブラックチェリー、ブラックベリー、カシス、プルーン。続くようにハーブやレザーの香り。 口に含むとまず特徴的な渋みを感じます。口が渇くような渋みのある辛口、 ワインとタンニンが重厚な質感を持って口の中を覆い、厚みのある飲み心地を感じさせます。
果実の甘み、酸味、樽香…と様々な要素が渾然となって、とても深みのある味わいのワインですが、渋みがもう少し落ち着くまで、あと数年熟成させることで、より素晴らしい味わいへと変わるポテンシャルを 感じさせてくれます。

すぐ飲む場合は、お飲みになる半日前には開栓するか、 一度に飲みきらず、2、3日に渡って時間をかけながら飲むのがお勧めです。 合わせる料理は、肉料理、牛肉料理がお勧めです。鹿肉やイノシシといったジビエ料理もとてもよく合います。 牛肉ならば、シンプルな厚切りステーキや赤ワイン煮込みのような重厚な料理がお勧めです。



cart

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

 

▼こちらの商品の出荷は以下の日程で予定しています。▼

※当日発送以外の商品との同梱、決済エラー時は、このスケジュールで対応できないことも御座います。
※在庫状況により、対応できないことも御座いますので、ご了承ください。


バローロ D.O.C.G.
ウンベルト・フィオーレ
イタリア・ピエモンテ


ブラックチェリー、ブラックベリー、カシス、プルーン。続くようにハーブやレザーの香り。口に含むとまず特徴的な渋みを感じます。口が渇くような渋みのある辛口、ワインとタンニンが重厚な質感を持って口の中を覆い、厚みのある飲み心地を感じさせます。果実の甘み、酸味、樽香…と様々な要素が渾然となって、とても深みのある味わいのワインですが、渋みがもう少し落ち着くまで、あと数年熟成させることで、より素晴らしい味わいへと変わるポテンシャルを感じさせてくれます。すぐ飲む場合は、お飲みになる半日前には開栓するか、一度に飲みきらず、2、3日に渡って時間をかけながら飲むのがお勧めです。合わせる料理は、肉料理、牛肉料理がお勧めです。鹿肉やイノシシといったジビエ料理もとてもよく合います。牛肉ならば、シンプルな厚切りステーキや赤ワイン煮込みのような重厚な料理がお勧めです。

>
ワイン名(原語)バローロ D.O.C.G. (Barolo D.O.C.G)
生産者(原語)ウンベルト・フィオーレ(UMBERTO FIORE)
原産国・地域イタリア・ピエモンテ
原産地呼称(D.O.C.G.)バローロ DOCG (BAROLO)
ヴィンテージ2012
ぶどう品種ネッビオーロ 100%
タイプ
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下
特徴ワイン造り:
ブドウの収穫は10月下旬になってやっと始まります。ブドウは畑で手摘みされ、痛んだブドウははじかれますが、醸造所でさらにもう一度選別されます。他の赤ワインと異なる特殊な圧搾機でプレスされ、その後ステンレスタンクで、27度前後を維持しつつ、15日間醸し発酵を行います。果皮の香りや味わいの成分を十分抽出した後、さらに高い温度で発酵を行います。この間にタンニンを始めとするポリフェノールが、酸味や果実味といったワインの要素が結びつき、バランスのとれた味わいへと変化を遂げていきます。この過程が最初の熟成と言ってよいかもしれません。その後およそ3年間熟成を行います。最初の2年間は樽熟成です。毎年1月1日に、樽へワインを移し本格的な熟成をスタートさせます。この樽熟成は、私たちのバローロにとって、とても大切な部分で、ワイン造の要と言えるポイントです。樽熟成のおかげで、ワインには樽の香ばしい複雑な味わいが備わり、芳醇な味わいを増していきます。熟成を経て完成されたワインは、バローロの審査機関へ提出し、味わいのチェックを受けます。このチェックを経て、バローロの認証を得て、シールを貼られ、ようやく一人前のバローロへと仕上がり、イタリア国内や、世界各国へと出荷されていきます。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

ワインをタイプ別に選ぶ♪ > 赤ワイン

産地で探す > イタリアワイン > ピエモンテ Piemonte

カートへ

カートへ