白ワインは世界屈指の品質を誇るルクセンブルクワインの特徴とは

白ワインは世界屈指の品質を誇るルクセンブルクワインの特徴とは
⇒【6/25(火)20時~】視聴画面はコチラ

白ワインは世界屈指の品質を誇るルクセンブルクワインの特徴とは

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ルクセンブルクワインとは

ルクセンブルクは、フランス、ドイツ、ベルギーに挟まれた小国ながら、
国民1人当たりのワイン消費量は世界2位。
フランスとドイツの食文化の影響を強く受けており、
美食の国としても知られ、ワインもフランスとドイツの影響を受けた味わいの
高品質な白ワインが生産されています。
少量生産な上に自国の消費率が高いため、輸出量がわずかです。
そこで、本日は高品質で希少なルクセンブルクワインについてお話します。

ルクセンブルクワインの特徴

ルクセンブルクのワイン造りの歴史は古く、古代ローマ時代に遡り、
2000年以上の長い歴史をもつ伝統的なワイン産地です。
ルクセンブルクは、フランス、ドイツ、ベルギーに挟まれた小国で、
フランスの北東部、リースリングなどの白ワインで有名なアルザス地区の北にあります。
ブドウが栽培されているのは、ドイツとの国境になっているモーゼル川の西側のみで、
フランスと国境を接するシェンゲンの村から、南北42キロの国道が
ワイン街道と呼ばれるワインの産地になっています。
ワイン街道にはおよそ340のブドウ栽培農家と60のワイナリーがあり、
ドメーヌと呼ばれるブドウ栽培からワイン醸造まで一貫して行うワイナリーが
全体の3割ほどで、340ほどあるブドウ農家が造ったブドウの約7割は、
組合でまとめて醸造しワインを造っています。
標高は150 から200mのモーゼル渓谷の斜面を利用した畑は、
最大傾斜が60度にもなる急斜面もあり、このような地形にワイナリーが点在しています。
ブドウ栽培としては、北限ともいわれる冷涼な産地ですが、
冬でも氷点下にはならず、夏も30℃より少し下回る程度で、
寒すぎることも暑すぎることもなく、ブドウ栽培には適した気候です。
ルクセンブルクのワインは、冷涼な産地ということもあり、
スパークリングワインと白ワインが主で、生産されるワインは9割が白ワインで、
1割が赤ワインという比率です。
ルクセンブルクがドイツとフランスに挟まれており、
両国の食文化が融合した美食の国でもあり、
ワインもドイツ系とアルザス系の品種から造られ、
軽やかで甘い香りがする辛口の白ワインが多いです。

産地・ブドウ品種

先ほども少しふれましたが、ルクセンブルクのワイン産地は、
南北42キロの国道がワイン街道と呼ばれ、
モーゼル渓谷の斜面にブドウ畑が広がっています。
この傾斜のおかげで、北限ギリギリという冷涼な産地でありながら、
十分な日照を得ることができ水はけや風通しも良く、ブドウがしっかりと熟します。
ルクセンブルクワインで使われる品種をいくつかご紹介します。

リヴァネール
別名ミュラー・トゥルガゥとも呼ばれ、ルクセンブルクワインの
全生産量の25%程度を占め、樹勢が強く多産な品種です。
軽やかな酸味で、果実味がまろやかな、調和のとれたワインを生み出します。
テーブルワイン用として使われることが多かった品種ですが、
最近は、香りや味わいともに深みのあるリヴァネールワインが造られています。

オーセロワ
ルクセンブルクを代表するブドウ品種で、全生産量の14%を占めます。
フランス・ロレーヌ地方等では、補助的な品種として使われることが一般的ですが、
ルクセンブルクはオーセロワ単一のワインが造られています。
繊細なアロマと穏やかな酸味で、軽やかなワインに仕上がります。

その他、全生産量の15%を占めるピノ・グリや、高品質なワインを生み出す
リースリングからは、辛口の白ワインだけではなく、
甘口のデザートワインも造られています。
生産量はごくわずかですが、シャンパーニュと同じ製法で造られる
クレマン・ド・ルクセンブルク用に、ピノ・ノワールも栽培されています。

おすすめワイン

セプドール リヴァネール
セプドールは、ぶどうの栽培からワイン醸造まで行うドメーヌで、
オーナーであるヴェスク家の先祖は、250年以上前にフランスのロレーヌから移住し、
モーゼル渓谷でぶどう栽培を続けています。
セプドールは、固有品種のブドウを活かした高品質なワイン造りで有名です。
そんなセプドールが手掛けるリヴァネール100%のこのワインは、
花の様な微かに甘く華やかな香りと、若草の様なフレッシュ感のある爽やさが
活き活きと広がる、ややドライなすっきりとした飲み口の辛口白ワインです。

セプドール リヴァネール

セプドール クレマン・ブリュット シグネイチャー
シャンパーニュと同じ製法で造られるクレマン・ド・ルクセンブルクは、
ルクセンブルクを特徴付けるピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・グリを
ブレンドして造られる素晴らしいスパークリングワインです。
フランスのクレマン・コンクールで金賞を受賞した他、数々の受賞歴をもち、
シャンパーニュにも匹敵する品質と言われています。
3種のブドウそれぞれの個性を活かしながら、フルーティーで軽やかな味わいで、
繊細でクリーミーな泡立ちに仕上げています。

セプドール クレマン・ブリュット シグネイチャー

ワインニュースカテゴリの最新記事

特集一覧