15周年だから実現したセール商品が満載!

ワインの豆知識

4/30ページ
  • 2024.03.15

SNS映え間違いなし!ロゼワインによるカクテルとおすすめレシピを紹介

ロゼワインはお好きですか?日本ではまだまだシェア率の低いロゼワインですが、きれいな淡いピンク色の色調が美しくて、これからのお花見シーズン、桜の色に合わせて店頭でもロゼワインが並びますよね。そこで、今年のお花見シーズンぜひご自宅で試していただきたいロゼワインのカクテルをご紹介します。

  • 2024.03.14

ペットボトルワインってどうなの?ペットボトルワインの長所と短所

数年前に某スーパーからペットボトルのワインが出たと一時話題になったことがありましたよね。みなさんは、ペットボトルワイン飲まれたことはありますか?ワインラバーの方の中には、「ペットボトル?スクリューキャップだって違和感あるのに」って思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで、本日はペットボトルワインについてお話します。

  • 2024.03.11

ワインの甘口と辛口はどう違う?買う前の見分け方は? ソムリエおすすめの甘口ワイン辛口ワイン14選

ワインには、甘口、辛口という表現がありますが、まだワインを飲みなれていない方からすると、甘いワインは想像できるけど、辛いワインってどんな味?と疑問に感じる方もいらっしゃいますよね。そこで、本日はワインの甘口と辛口についてお話します。

  • 2024.03.09

ギフトにも!貼り付けるタイプから掛けるタイプまで種類が豊富のグラスマーカー

ホームパーティーなどでワインを飲んでいて、ふと気づくと、自分が置いたグラスの近くに、いくつか同じようにグラスが並んでいて、「あれ?私のグラスどれだっけ?」なんて経験をしたことがある人も少なくはないのではないでしょうか。本日は、そんなときにおすすめのワイングッズ、グラスマーカーをご紹介します。

  • 2024.02.26

ワインは古ければ古いほど美味しいの?ヴィンテージワインの選び方と飲み方についてもご紹介

ワインは熟成させるほどにカドがとれて、まろやかになり、おいしくなると言われますが、それなら、ワインは古ければ古い分だけおいしいのか?という疑問が出てきますよね。そこで、本日はオールドヴィンテージワインの飲み頃についてお話します。

  • 2024.02.24

どちらがお好み?白ワインの王道!シャルドネ種とソーヴィニヨンブラン種 シャルドネ&ソーヴィニョンブランのワインおすすめ15選

白ワイン用のブドウ品種は世界中に沢山ありますが、有名なところでは、シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、リースリング、セミヨン、ヴィオニエ、ミュスカデなどがありますが中でも主要なのが、シャルドネとソーヴィニョン・ブラン。

  • 2024.02.20

最高のワインを追求し続けたカリフォルニアワインの父ロバート・モンダヴィ

ロバート・モンダヴィという名前をご存知ですか?カリフォルニアワインを語るうえで欠かすことのできない人物。まさに、現在のカリフォルニアワインの基礎を作りあげたと言っても過言ではない「カリフォルニアワインの父」の異名を持ロバート・モンダヴィ。本日は、その功績と彼が造りだしたワインの魅力に迫ります。

  • 2024.02.19

フランスでは幸運のシンボルの蝉!そしてあの有名なソムリエナイフのシンボルでもある?!

蝉は、日本では夏の風物詩の1つで珍しい存在ではありませんが、ワイン大国フランスではかなり珍しい昆虫なのです。中でもプロヴァンスではシンボル的な存在で、蝉のお土産グッズが沢山売っているほど!そしてあの有名なソムリエナイフのシンボルとしても?!

  • 2024.02.18

安いワインは悪酔いする?二日酔いにならないためのワインの飲み方とおすすめノンアルワイン4選

ワインを飲みなれていない方の中には、「赤ワインを飲むと頭痛がする」「焼酎なら酔わないけど、ワインは悪酔いする」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、本日は、ワインは悪酔いしやすいお酒なのか?についてお話します。

  • 2024.02.14

乾杯したくなる♪ワイン記念日をお祝いしよう

今日はバレンタインデーですね。 奮発していつもよりも高いワインで乾杯という方も多いのではないでしょうか。 バレンタイ以外にも、お正月やクリスマス、誕生日、結婚記念日などワインで乾杯したくなるイベントは1年のうちいくつかあると思いますが、純粋にワインに乾杯したくなるイベントはありますか? きっと誰もが一番に思い浮かぶのが、ボジョレー・ヌーヴォーではないでしょうか。 でも、世界にはボジョレー・ヌーヴォー以外にもワインにまつわる記念日がたくさんあるんです。 きっと、このワインにまつわる記念日を知ったら、ワインで乾杯したくなること間違いなし! そこで、本日はワイン記念日についてお話します。

1 2 3 4 5 6 30