バーベキューでワインを美味しく飲むために

バーベキューでワインを美味しく飲むために
秋にぴったりのワインが続々♪今だけの期間限定特集

バーベキューでワインを美味しく飲むために

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

秋はバーベキュー

以前、当店ソムリエスタッフと六本木店のレストランスタッフと
合同でバーベキュー大会をしました。
食材は、レストランのシェフがすべて準備し、
ワインは、当店ソムリエがバーベキューに合うものをセレクト。
よくよく考えると、ちょっと贅沢なバーベキューですよね。
そんなバーベキューで、すてきなマリアージュがいくつも生まれたので、
本日はバーベキューに合うワインと飲み方についてお話します。

バーベキューでワインを飲む前にするべきこと

バーベキューでワインを飲む際に、気を付けたいのが温度。
室内でワインを飲むのと違い、屋外でワインを飲むときには、
ワインの温度管理がより重要になります。
とくに、暑い夏のバーベキューでは、すぐにワインが温まってしまい、
味も風味も損なわれてしまいますので、
ワインは食材などと一緒にクーラーボックスに入れておき、
できる限り温度が高くならないよう持ち運びましょう。
また、飲む前にはスパークリングワインや白ワインは、
ワインクーラーなどで冷やしてから飲むようにしましょう。
とくに、スパークリングワインに関しては、
十分に冷やしておかないと開栓時に噴き出すことがあります。
赤ワインも飲むときの温度と湿度によりますが、
赤ワインでいうところの常温は14度前後のため、
気温が30度前後の日本の夏の屋外でのバーベキューではすぐに温まってしまいます。
赤ワインでも気温が高いときはワインクーラーで冷やしながら飲むくらいが
ちょうどよい場合もあります。

バーベキューの乾杯スパークリングワインがおすすめ!?

やはり、バーベキューの乾杯はスパークリングワイン!
今回、外飲みで大人数ということもあり、
やはりワイングラスは用意できなかったので、
プラスチックカップになってしまいましたが、
プラスチックカップでも美味しく楽しく飲めたのが、
スペインのカヴァ!
泡の気圧が高めですっきり感と果実味のバランスがよく、
飲みごたえもあって外でも爽快に飲める
バーベキューの乾杯にピッタリでした!

バーベキューでワインを楽しむときのポイント

このバーベキューでまた1つ勉強となったことがありました。
それは、食材を焼く順番は、ワインを飲む順番に合わせた方がいい!
ということ。
基本的に外ではワインによってグラスを変えることができないので、
(今回人数もいたので、プラスチックカップでもワインに合わせて
変えることができず…)
赤ワインを飲んだ後に、白ワインを入れるとグラスの中で
ロゼワイン…ということにならないように、
スパークリングワイン⇒白ワイン⇒赤ワイン、
といった定番の順番で飲むのがベストでした。
それに合わせるには、最初に肉を一気に焼いてしまうと大変です。
最初は、やはり野菜や魚介から、その後徐々にお肉を焼いていくのが、
ベストだなと思いました。

バーベキューの食材に合わせてワインを選ぼう

意外な組み合わせと思われるかもしれませんが、
魚介に合わせたのが、シチリア産の赤ワイン!
エビやホタテ、イカなどの魚介に合わせても臭みも出ず、
果実味も濃すぎないので主張しすぎず、
食材とワインの調和が取れていました!
シチリアは海が近いことから、魚を食する地域性で、
ワインも塩味を感じられたり、
果実味の強さよりも酸や渋みのバランスが取れている
ワインが多くあります。

そしてバーベキューといえば、なんと言ってもお肉ですよね!
赤ワインが進むお肉もたくさん焼きました!
秋ということもありジビエの季節なので、
シカ肉や、なんと熊肉も登場!
私は熊肉を初めて食べましたが、
処理が良かったのか、牛肉のような味わいでした。
熊や鹿に合わせたのは、
当店ではおなじみのエリック・ファーブル氏が手掛けた
南フランス・ラングドック最上位クリュの一つ
「ラ・クラープ」で造られたフルボディの赤ワイン!
ぶどう品種は3品種のブレンドのせいか複雑な香りと果実味、
そして「ラ・クラープ」の独特なテロワールで造られるため、
果実味が非常に豊かでタンニン分もしっかり、
なんとプラスチックカップで飲んでもしっかりとした味わいが楽しめ、
余韻も長く楽しめました!
2000円しないで飲めるなんて、改めてコスパが高いと思ったワインでした。
ちなみに、そのワインは、
「クラシック・ルージュ シャトー・リヴィエール・ル・オー 2016年」です。

役立つワイングッズ

バーベキューでワインを飲む際に役立つグッズをいくつかご紹介しましょう。

割れないワイングラス
今回のバーベキューでは人数も多かったので、
こだわりのワイングラスは用意できませんでしたが、
少人数でバーベキューをする際には、
ワイングラスもできれば、紙コップやプラカップではなく、
脚のついた割れないアクリル製のワイングラスなどを用意しておくと
バーベキューもワンランクアップしたおしゃれな雰囲気になります。
アウトドア用品店や、ワイン専門店、100円ショップでも
アクリル製のワイングラスが売っているお店がありますので、
バーベキューでワインを飲むという際には、事前にぜひチェックしてみてください。

ワインを冷やすグッズ
さきほど触れたワインの温度管理でとても重要なアイテムがワインクーラー。
大きすぎるものや重さがあるものだと、持ち運びには不便な場合もありますので、
ワインボトルに直接巻き付けるタイプのものや、
ビニール製のバッグタイプのものなど、
アウトドアにぴったりなワインクーラーを用意しておくといいでしょう。

オープナー
せっかくワインもワインクーラーもグラスも用意したのに、
ワインを開けられない!なんて悲劇が起こらないよう、
かならずワインオープナーは1つ用意しておきましょう。
また、アウトドアでのワイン飲みは、
オープナーいらずのスクリューキャップを選ぶのも間違いない選択肢です。

バーベキューに合うワイン

ワインの豆知識カテゴリの最新記事

特集一覧