ボーヌ・プルミエ・クリュ・ルージュ・キュヴェ・ユーグ・エ・ルイ・ベトー オスピス・ド・ボーヌ 2008年 フランス ブルゴーニュ 赤ワイン フルボディ 750ml
ボーヌ・プルミエ・クリュ・ルージュ・キュヴェ・ユーグ・エ・ルイ・ベトー オスピス・ド・ボーヌ 2008年 フランス ブルゴーニュ 赤ワイン フルボディ 750ml
  • ボーヌ・プルミエ・クリュ・ルージュ・キュヴェ・ユーグ・エ・ルイ・ベトー オスピス・ド・ボーヌ 2008年 フランス ブルゴーニュ 赤ワイン フルボディ 750ml
  • ボーヌ・プルミエ・クリュ・ルージュ・キュヴェ・ユーグ・エ・ルイ・ベトー オスピス・ド・ボーヌ 2008年 フランス ブルゴーニュ 赤ワイン フルボディ 750ml

品切

年1回のオークションだけで流通する希少品

ボーヌ・プルミエ・クリュ・ルージュ・キュヴェ・ユーグ・エ・ルイ・ベトー オスピス・ド・ボーヌ 2008年 フランス ブルゴーニュ 赤ワイン フルボディ 750ml

商品番号:2101010006551

希望小売価格:8,931円(税込)

ソムリエ価格:7,030円 (税込 7,592円)

加算ポイント:70 ポイント

売り切れました。
お気に入り

お気に入りに登録しました。

閉じる

閉じる

オスピス・ド・ボーヌ
HOSPICES DE BEAUNE


ブルゴーニュで1851年から始まった、世界最古のワインのチャリティーオークション、それがオスピス・ド・ボーヌ ワイン・オークションです。

毎年11月の第三日曜日に開催され、すでに150回を超える実績を持ち、名実ともにワイン業界で最も有名でかつ影響力があるオークションと言われています。オークションと言っても、フォーマルな社交会的要素も強く、昔ながらの格式あるオークションのスタイルで行われます。
運営するのは、1766年創業の、世界で最も長い歴史を誇る美術品オークションハウス「クリスティーズ」。
そして、このオークションで得た収益で、今も貧しい人々へ無料で医療を提供し続けています。設立当初から続くその伝統は今もなお失われていません。 また、このような文化的、歴史的な側面だけでなく、純粋に品質の高さから注目されているのも特徴です。
ブルゴーニュの粋を集めた高品質ワインの競売は、ワイン業界だけでなく世界中のブルゴーニュ好きが注目する一大イベントとなっておりその年のワインの出来や相場を見る、という意味も持ちます。
ブルゴーニュ公国時代から受け継ぐユニークな伝統だけでなく、素晴らしい味わいのブルゴーニュワインも生み出す、そんなオスピス・ド・ボーヌは、ブルゴーニュ好きの中でも一種特別なワインです。



オスピス・ド・ボーヌ (Hospices de Beaune) は、1443年にブルゴーニュ公国財務長官 ニコラ・ロラン (Nicolas Rolin) 夫妻がボーヌ (Beaune)に創設した施療院 「オテル・デュー (Hotel-Dieu、"神の館")」に始まります。
この施療院は戦争の災禍と疫病に苦しむ病人や貧しい人々を救済するためのものではありましたが、単なる療養施設ではなく“貧しき者の宮殿”となるべく、長い歳月をかけて建設されました。
さらに当時は治療費を払えない人々が多かったため、ニコラ・ロラン夫妻は自らの所有する葡萄畑を寄付。その葡萄畑から造られるワインの収益によって、オテル・デューは病院として、また貧しい人の宿泊施設として運営され利用されてきました。





ブルゴーニュを旅行するとき、ハイライトとなる建物オテル・デュー (Hotel-Dieu、"神の館")、独特の屋根の模様が印象的な建物があります。
オスピス・ド・ボーヌのワインはこの建物抜きに語ることはできません。この建物は500年以上前、オスピス(施療院)として建てられました。ここでは病気に苦しむ人々、戦争ですべてを失くした人々が無料で施療してもらえたのです。
このオスピスの運営費は、オスピスが造る高品質なワインの売り上げで賄われていました。
この奉仕の心に賛同し、オスピスには次々と素晴らしいワイン畑が寄進されるようになります。

今では、これらのワインがオークションにかけられ、世界中のブルゴーニュワイン好きが落札しようと押しかけます。といっても、ボトル販売ではありません。「樽」売りです。

許可を得て、ワイン仕入れ目的の人はこのオークションに参加することができます。
見事落札した人は、数年後その樽から瓶詰めされたワインを受けとることができます。
そのエチケットには落札者の名前が記されます!!

因みに、このオスピス、美しい建物とともに、造られた当時の、その本来の目的も変わることなく保たれている点が驚きです。
ワインの収益からこの病院が運営され、シスター達は、数百年前と変わることなく病人と貧しい人の世話に身を捧げ続けています。
1971年には、モダンな新病院が作られ、現在は博物館として一般公開されています。 中では、当時の治療器具からキッチン、希少な美術品まで見ることができます。






この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。


▼こちらの商品の出荷は以下の日程で予定しています。▼

※当日発送以外の商品との同梱、決済エラー時は、このスケジュールで対応できないことも御座います。
※在庫状況により、対応できないことも御座いますので、ご了承ください。


ワイン名(原語)ボーヌ・プルミエ・クリュ・ルージュ・キュヴェ・ユーグ・エ・ルイ・ベトー
(BEAUNE 1ER CRU ROUGE CUVEE HUGUES ET LOUIS BETAULT)
生産者名(原語)オスピス・ド・ボーヌ
(HOSPICES DE BEAUNE)
原産国・地域フランス ブルゴーニュ ボーヌ
原産地呼称(AOC)ボーヌ・プルミエ・クリュ (ボーヌ1級)
ヴィンテージ2008年
ぶどう品種ピノノワール 100%
タイプ
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下
※オスピス・ド・ボーヌのオークションで、ワインショップソムリエが落札したワインです。

オスピス・ド・ボーヌのワイン、それはブルゴーニュワイン好きならだれもが知る、特別なワインです。
ワインをオークションで販売し、そのお金で貧しい人々へ無料で医療を施していた、そんなストーリーもありますが、その志に共感した地元の名士が、素晴らしい畑を寄進します。ブルゴーニュワインで最も重要なのは、格付けの高い畑です。
オスピス・ド・ボーヌは、寄進によって、ブルゴーニュの中でも選りすぐりの特別な畑を所有するようになりました。
ブルゴーニュ公国時代から受け継ぐユニークな伝統だけでなく、素晴らしい味わいのブルゴーニュワインも生み出す、そんなオスピス・ド・ボーヌは、ブルゴーニュ好きの中でも一種特別なワインです。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

ワインをタイプ別に選ぶ♪ > 赤ワイン

産地で探す > ブルゴーニュワイン > オスピス・ド・ボーヌ HOSPICES DE BEAUNE

カートへ

カートへ