公式サイトは最低価格保証 ワイン、シャンパンの通販・販売ならスタッフが全員ソムリエのワインショップソムリエにお任せください!

飲食店様向け
酒類仕入れはこちら

ワインショップソムリエ

  • 商品を探す

  • ワインセットを探す

  • ギフト

  • 特集・お得情報

  • 商品を探す
  • ワインセットを探す
  • ギフト
  • 特集・お得情報

今一押しワインセット

おすすめ特集

  • ワイン診断
  • スタンプラリー

お得情報

ウィンタークリアランスSALE
1本送料無料
冬ワイン
スタンプラリー
ワイン診断
ワインセット
ガブワイン
マリアージュデリ
定期便
レビューを書いてポイント
ワイン交流会&生産者来日イベント

今から注文で
最短日()出荷

最新の出荷スケジュールについては
こちらをクリック

1,716円 1,434円
スペインの銘醸地「リオハ」より樹齢35年以上の畑から生まれるワンランク上の辛口白ワイン入荷!

モンテ・アラヤ・ヴィウラ ボデガス・メディエーヴォ 2019年 スペイン リオハ 白ワイン 辛口 750ml

モンテ・アラヤ・ヴィウラ ボデガス・メディエーヴォ 2019年 スペイン リオハ 白ワイン 辛口 750ml
モンテ・アラヤ・ヴィウラ ボデガス・メディエーヴォ 2019年 スペイン リオハ 白ワイン 辛口 750ml
モンテ・アラヤ・ヴィウラ ボデガス・メディエーヴォ 2019年 スペイン リオハ 白ワイン 辛口 750ml
モンテ・アラヤ・ヴィウラ ボデガス・メディエーヴォ 2019年 スペイン リオハ 白ワイン 辛口 750ml
モンテ・アラヤ・ヴィウラ ボデガス・メディエーヴォ 2019年 スペイン リオハ 白ワイン 辛口 750ml
モンテ・アラヤ・ヴィウラ ボデガス・メディエーヴォ 2019年 スペイン リオハ 白ワイン 辛口 750ml
このワインのアロマ

柑橘類

ハーブ

白桃

このワインの特徴
  • フレッシュなアロマと果実味、
    シャープな酸を持つワイン
  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
  • 酸味
    中程度
スペインの銘醸地「リオハ」より樹齢35年以上の畑から生まれるワンランク上の辛口白ワイン入荷!

モンテ・アラヤ・ヴィウラ ボデガス・メディエーヴォ 2019年 スペイン リオハ 白ワイン 辛口 750ml

商品番号:2101050001226

会員割引あり

13 ポイント進呈

%OFF

希望小売価格:1,716円(税込)

ソムリエ価格:1,330円 (税込1,463円)

数量

|| 商品名

|| テイスティングコメント

  • 商品説明
  • 商品情報
  • レビュー

モンテ・アラヤ・ヴィウラ / ボデガス・メディエーヴォ
MONTE ARAYA VIURA / BODEGAS MEDIEVO

スペインで最も名高い銘醸地「リオハ」より、樹齢35年以上の畑から生まれるワンランク上の辛口白ワイン入荷!

モンテ・アラヤ・ヴィウラ

スペインで最も有名な銘醸地「リオハ」で生まれる、ヴィウラ種100%の辛口白ワイン

リオハ伝統の「ヴィウラ」種にこだわった白ワイン

スペインで最も格の高い原産地呼称地域であるリオハは、テンプラニーリョというブドウを主体に、ボルドーのノウハウが反映され、樽熟成で複雑味を出したフルボディ赤ワインが有名です。
しかし、その高いポテンシャルを秘めた土壌から、引き締まった酸と骨格を持つ、優れた白ワインも生産されています。白ワインは「ヴィウラ」種が主体ですが、中にはシャルドネやソーヴィニョン・ブランを使用する作り手もいます。

ガルナッチャ

代表的な黒ブドウ~Viura(マカベオMacabeo)~

主にスペイン北部~南フランスで栽培されている品種です。 リオハやナバーラ、アラゴン州ではビウラと呼ばれ、南フランスからカタルーニャ州ではマカベオまたはマカベウ、と呼ばれます。

ワインに豊かな香りと酸味、余韻にかすかな苦みを伴う風味を与えます。
産地や作り方によってアロマも多彩で、レモンやスダチを思わせる柑橘類のこともあれば、柔らかい花の香りのあるもの、ミネラルを感じさせるものまで幅広く、作り手にとって魅力的な品種の一つです。

生産者のボデガス・デル・メディエーヴォは、4人の栽培家、2人の醸造家によって、2002年に設立された若いワイナリーです。
先祖代々受け継がれてきた、リオハの畑とワイン造りの伝統を守りながらも、新たなアプローチで上質なワインを生み出すのが目的でした。

代表を務めるJOSEBA ALMARAZ MORO氏は、地元リオハ大学でブドウ栽培と醸造学について学び、リオハにあるViñedos de Aldeanuevaという協同組合でジェネラル・マネージャーを務めていました。

リオハの伝統的なワイン造りをよく知るからこそ、それまでの伝統だけに頼らない新たなワイン造りにもチャレンジし、リオハを発展させたい、という強い願いをもっています。

ボデガの所在地アルデア・ヌエヴァ・デ・エブロはリオハ・バハに属し、他のリオハ地区よりも地中海の影響を強く受ける気温の高い地区です。

150haの自社畑では、オーガニック栽培のガイドラインを守りつつ、除草剤不使用、化学肥料など科学的な薬剤は極力使用しないリュット・レゾネを実践しています。
一部の畑では、すでにオーガニック認証を取得しました。

標高600mに位置する畑は、降水量が少ない地域にあり、痩せた粘土石灰質土壌が特徴です。

リオハで4つの栽培家と2つの醸造家が共同で運営、互いのノウハウを持ち寄り、高いレベルのワインを造ろうとするボデガス・メディエーヴォの、看板商品となるのが、テンプラニーリョの突然変異種、テンプラニーリョ・ブランコと、グラシアーノのワインでした。

スペインの北東部に位置し、スペインを代表するワイン産地、リオハ。
リオハという名称は、オハ川という意味の「リオ・オハ」から付けられています。リオハはラ・リオハ州、バスク州、ナバーラ州の3州にまたがっており、エブロ川流域とその支流のオハ川沿いの地域です。夏は南西のデマンダ山脈が熱波を防ぎ、冬は北のカンタブリア山脈が北西風を防ぐ、雨に恵まれた温暖な気候のもとでワインが造られています。

リオハは古代ローマ時代からワイン造りが行われていた歴史ある産地で、19世紀にはフランスのボルドー地方から醸造技術を取り入れたことにより、めざましい発展を遂げました。
ボルドーの醸造技術が伝わった背景には、フランスがフィロキセラやウドンコ病などの病害に見舞われたことがあります。ボルドー地方は特に被害が大きく、当時ボルドーに住んでいたスペイン貴族のリスカル侯爵が醸造技術を伝えたことや、ボルドーの生産者がリオハに移り住んだことにより、リオハワインの質が向上しました。

スペインでは1926年に産地指定制度がリオハで始まり、2009年には現行のワイン法と原産地呼称制度が開始されました。1991年にリオハワインは原産地呼称制度の中で最上位のD.O.Ca(特選原産地呼称ワイン)に認定されています。現在D.O.Caに認定されているのは、後に認定されたプリオラートと合わせて2つだけ。いかにリオハワインがスペインきっての高品質ワインであるかが分かります。

かつてスペインではアメリカンオークの大樽を使用して発酵と熟成を行っていましたが、ボルドーから小樽を使って熟成する方法や、除梗、澱引き、清澄などの醸造技術が伝わったことにより、新たなスタイルが確立されて定着しました。20世紀後半には、ステンレスタンクを用いた白ワインの製造や、フレンチオークの新樽を使用して樽をしっかりと効かせるといったモダンなワイン造りの手法が登場したことで、現在では様々なスタイルが生み出されています。


リオハの産地は、大きく三つに分かれます。

リオハ・アルタ地区は、エブロ川上流の標高500メートルから800メートルの起伏に富んだ傾斜地にあります。鉄分を多く含んだ粘土質土壌や沖積土の土壌から生まれる、力強いボディとコク、豊かな酸をもつ熟成向きの高品質赤ワインの産地です。

リオハ・アラベサ地区は、エブロ川左岸、リオハの北に位置する南向きの高い斜面にあり、冷涼な気候を特徴としています。粘土質土壌と石灰質土壌からなる地区で、果実味豊かでフレッシュな赤ワインから、酸がしっかりした熟成向きの赤ワインまで、幅広く造られています。

リオハ・バハ地区は、エブロ川下流の地中海性気候の影響を受ける平地にあり、アルコール度が高く酸味のマイルドな赤ワインとロゼワインが造られています。

リオハで使われる黒ブドウにはテンプラニーリョのほかにグラシアーノ、ガルナッチャ、マスエロ(カリニャン)が認められていました。そして、2007年からはマトゥラナ・パルダ、マトゥラナ・ティンタ、モナステル(ムールヴェードル)も使用が認められています。
一方、白ブドウはスペインの土着品種であるビウラ(マカベオ)やマルバシア、ガルナッチャ・ブランカが認められていましたが、2007年にはシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ヴェルデホ、そしてテンプラニーリョ・ブランコなども使用が認められ、アロマティックでフルーティーな、諸外国にも人気の白ワインが造られるようになっています。

ボデガス・メディエーヴォのワイン

モンテアラヤ・ヴィウラ
畑は粘土石灰質土壌です。香り高くボリュームのあるブドウを生み出このワインに使われるビウラは、樹齢35年以上の樹から収穫したものです。
ヴィウラは房が大きく、また発育条件が良いと、ブドウの樹1本当たりの収穫量が多くなる傾向があり、品種本来の個性や特徴が薄れてしまう傾向があります。
しかし、 Bodegas de Medievo のヴィウラは、降水量が少ない気候の中、栄養が乏しい土壌に根を深く張って育つため、また樹齢30年以上の樹であることもあり、自然と収穫量が抑制され、結果ブドウの木1本あたりから、凝縮感のあるブドウを収穫することが可能となります。

フルーティでフローラルな香りを最大限に活かすため、夜明けとともにブドウを収穫し、ほんの数時間のうちに果汁を絞り、果汁の温度が上がらないよう管理します。
その後のワイン造りの工程では、研究開発に力を入れているBodegas del Medievoらしく、独自の技術でワインの酸化を抑え、美しい色と、香り高いエレガントなワインを造ることに成功しています。
独自開発の窒素を使った方法によって、澱引きやボトリングといった酸化の恐れがある工程でも、酸素を遮断した環境で作業を行うことができます。また、酵母も高酸化力の高いものを選別しています。
ワイン製造時のフレッシュな味わいが、ボトルを開けて飲む瞬間までしっかり残っているように、という思いで造られたワインです。

モンテ・アラヤ・
テンプラニーリョ・ブランコ

畑は粘土石灰質土壌です。香り高くボリュームのあるブドウを生み出す土壌で、黒ブドウにも適している土壌です。
認証は取得していないものの、ビオロジックに即した栽培管理を行っています。

収穫はおおよそ9月頭ごろです。収穫後に果実は選別し徐梗、ステンレスタンクに入れ醸しを行い、プレスしてマストをとります。
野生酵母のみ使用し、ステンレスタンクで15度を保ちながらアルコール発酵させます。

この特別なブドウ品種で作られた白ワインは、 LA SOLANA というミシュラン星付レストランに採用され、オンリストされています。

【テイスティングコメント】
やや灰色がかった淡いイエローの色調。
リンゴやトロピカルフルーツを思わせるアロマを感じる。
口に含むと、バターのように滑らかで重みのあるテクスチュア、 ミネラルやスパイスのニュアンスがゆっくり広がり、続いて長いフローラルなアロマが鼻孔に抜ける。
シーフード料理全般はもちろん、豚肉や鶏肉など白身の肉料理、パエリャなどの米料理に合わせたいワイン。

モンテ・アラヤ・
クリアンサ・グラシアーノ

畑は、赤ワインに適した粘土石灰質土壌です。
認証は取得していないものの、ビオロジックに即した栽培管理を行っています。
グラシアーノは、他のブドウより遅い、10月に収穫を行います。
収穫後に再度果実を選別し徐梗、ステンレスタンクへ入れます。
野生酵母のみ使用し、ステンレスタンクで25度を保ちながらアルコール発酵させます。
その後マロラクティック発酵を行い、滑らかさ、複雑味を与えつつ酒質を安定させます。
12カ月間オーク樽で熟成させ、瓶詰します。さらにその後12カ月間瓶内熟成させてから出荷します。

【テイスティングコメント】
濃いルビーを思わせる鮮やかな色調に濃い紫が混じる美しい色合い。
赤や黒のベリーのようなチャーミングな香りにつづき、 クローヴや、樽を炙ったような香ばしい香り、フローラルな香りも感じる。
とても力強いがモダンな雰囲気を持つワイン。
牛肉や羊など赤身の肉料理全般にとても相性が良い。パエリャなど米を使ったメニューにもおすすめ。

|| 商品名

|| テイスティングコメント

モンテ・アラヤ・ヴィウラ / ボデガス・メディエーヴォ
MONTE ARAYA VIURA / BODEGAS MEDIEVO

スペインで最も名高い銘醸地「リオハ」より、樹齢35年以上の畑から生まれるワンランク上の辛口白ワイン入荷!

モンテ・アラヤ・ヴィウラ

スペインで最も有名な銘醸地「リオハ」で生まれる、ヴィウラ種100%の辛口白ワイン

リオハ伝統の「ヴィウラ」種にこだわった白ワイン

スペインで最も格の高い原産地呼称地域であるリオハは、テンプラニーリョというブドウを主体に、ボルドーのノウハウが反映され、樽熟成で複雑味を出したフルボディ赤ワインが有名です。
しかし、その高いポテンシャルを秘めた土壌から、引き締まった酸と骨格を持つ、優れた白ワインも生産されています。白ワインは「ヴィウラ」種が主体ですが、中にはシャルドネやソーヴィニョン・ブランを使用する作り手もいます。

ガルナッチャ

代表的な黒ブドウ~Viura(マカベオMacabeo)~

主にスペイン北部~南フランスで栽培されている品種です。 リオハやナバーラ、アラゴン州ではビウラと呼ばれ、南フランスからカタルーニャ州ではマカベオまたはマカベウ、と呼ばれます。

ワインに豊かな香りと酸味、余韻にかすかな苦みを伴う風味を与えます。
産地や作り方によってアロマも多彩で、レモンやスダチを思わせる柑橘類のこともあれば、柔らかい花の香りのあるもの、ミネラルを感じさせるものまで幅広く、作り手にとって魅力的な品種の一つです。

生産者のボデガス・デル・メディエーヴォは、4人の栽培家、2人の醸造家によって、2002年に設立された若いワイナリーです。
先祖代々受け継がれてきた、リオハの畑とワイン造りの伝統を守りながらも、新たなアプローチで上質なワインを生み出すのが目的でした。

代表を務めるJOSEBA ALMARAZ MORO氏は、地元リオハ大学でブドウ栽培と醸造学について学び、リオハにあるViñedos de Aldeanuevaという協同組合でジェネラル・マネージャーを務めていました。

リオハの伝統的なワイン造りをよく知るからこそ、それまでの伝統だけに頼らない新たなワイン造りにもチャレンジし、リオハを発展させたい、という強い願いをもっています。

ボデガの所在地アルデア・ヌエヴァ・デ・エブロはリオハ・バハに属し、他のリオハ地区よりも地中海の影響を強く受ける気温の高い地区です。

150haの自社畑では、オーガニック栽培のガイドラインを守りつつ、除草剤不使用、化学肥料など科学的な薬剤は極力使用しないリュット・レゾネを実践しています。
一部の畑では、すでにオーガニック認証を取得しました。

標高600mに位置する畑は、降水量が少ない地域にあり、痩せた粘土石灰質土壌が特徴です。

リオハで4つの栽培家と2つの醸造家が共同で運営、互いのノウハウを持ち寄り、高いレベルのワインを造ろうとするボデガス・メディエーヴォの、看板商品となるのが、テンプラニーリョの突然変異種、テンプラニーリョ・ブランコと、グラシアーノのワインでした。

スペインの北東部に位置し、スペインを代表するワイン産地、リオハ。
リオハという名称は、オハ川という意味の「リオ・オハ」から付けられています。リオハはラ・リオハ州、バスク州、ナバーラ州の3州にまたがっており、エブロ川流域とその支流のオハ川沿いの地域です。夏は南西のデマンダ山脈が熱波を防ぎ、冬は北のカンタブリア山脈が北西風を防ぐ、雨に恵まれた温暖な気候のもとでワインが造られています。

リオハは古代ローマ時代からワイン造りが行われていた歴史ある産地で、19世紀にはフランスのボルドー地方から醸造技術を取り入れたことにより、めざましい発展を遂げました。
ボルドーの醸造技術が伝わった背景には、フランスがフィロキセラやウドンコ病などの病害に見舞われたことがあります。ボルドー地方は特に被害が大きく、当時ボルドーに住んでいたスペイン貴族のリスカル侯爵が醸造技術を伝えたことや、ボルドーの生産者がリオハに移り住んだことにより、リオハワインの質が向上しました。

スペインでは1926年に産地指定制度がリオハで始まり、2009年には現行のワイン法と原産地呼称制度が開始されました。1991年にリオハワインは原産地呼称制度の中で最上位のD.O.Ca(特選原産地呼称ワイン)に認定されています。現在D.O.Caに認定されているのは、後に認定されたプリオラートと合わせて2つだけ。いかにリオハワインがスペインきっての高品質ワインであるかが分かります。

かつてスペインではアメリカンオークの大樽を使用して発酵と熟成を行っていましたが、ボルドーから小樽を使って熟成する方法や、除梗、澱引き、清澄などの醸造技術が伝わったことにより、新たなスタイルが確立されて定着しました。20世紀後半には、ステンレスタンクを用いた白ワインの製造や、フレンチオークの新樽を使用して樽をしっかりと効かせるといったモダンなワイン造りの手法が登場したことで、現在では様々なスタイルが生み出されています。


リオハの産地は、大きく三つに分かれます。

リオハ・アルタ地区は、エブロ川上流の標高500メートルから800メートルの起伏に富んだ傾斜地にあります。鉄分を多く含んだ粘土質土壌や沖積土の土壌から生まれる、力強いボディとコク、豊かな酸をもつ熟成向きの高品質赤ワインの産地です。

リオハ・アラベサ地区は、エブロ川左岸、リオハの北に位置する南向きの高い斜面にあり、冷涼な気候を特徴としています。粘土質土壌と石灰質土壌からなる地区で、果実味豊かでフレッシュな赤ワインから、酸がしっかりした熟成向きの赤ワインまで、幅広く造られています。

リオハ・バハ地区は、エブロ川下流の地中海性気候の影響を受ける平地にあり、アルコール度が高く酸味のマイルドな赤ワインとロゼワインが造られています。

リオハで使われる黒ブドウにはテンプラニーリョのほかにグラシアーノ、ガルナッチャ、マスエロ(カリニャン)が認められていました。そして、2007年からはマトゥラナ・パルダ、マトゥラナ・ティンタ、モナステル(ムールヴェードル)も使用が認められています。
一方、白ブドウはスペインの土着品種であるビウラ(マカベオ)やマルバシア、ガルナッチャ・ブランカが認められていましたが、2007年にはシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ヴェルデホ、そしてテンプラニーリョ・ブランコなども使用が認められ、アロマティックでフルーティーな、諸外国にも人気の白ワインが造られるようになっています。

ボデガス・メディエーヴォのワイン

モンテアラヤ・ヴィウラ
畑は粘土石灰質土壌です。香り高くボリュームのあるブドウを生み出このワインに使われるビウラは、樹齢35年以上の樹から収穫したものです。
ヴィウラは房が大きく、また発育条件が良いと、ブドウの樹1本当たりの収穫量が多くなる傾向があり、品種本来の個性や特徴が薄れてしまう傾向があります。
しかし、 Bodegas de Medievo のヴィウラは、降水量が少ない気候の中、栄養が乏しい土壌に根を深く張って育つため、また樹齢30年以上の樹であることもあり、自然と収穫量が抑制され、結果ブドウの木1本あたりから、凝縮感のあるブドウを収穫することが可能となります。

フルーティでフローラルな香りを最大限に活かすため、夜明けとともにブドウを収穫し、ほんの数時間のうちに果汁を絞り、果汁の温度が上がらないよう管理します。
その後のワイン造りの工程では、研究開発に力を入れているBodegas del Medievoらしく、独自の技術でワインの酸化を抑え、美しい色と、香り高いエレガントなワインを造ることに成功しています。
独自開発の窒素を使った方法によって、澱引きやボトリングといった酸化の恐れがある工程でも、酸素を遮断した環境で作業を行うことができます。また、酵母も高酸化力の高いものを選別しています。
ワイン製造時のフレッシュな味わいが、ボトルを開けて飲む瞬間までしっかり残っているように、という思いで造られたワインです。

モンテ・アラヤ・
テンプラニーリョ・ブランコ

畑は粘土石灰質土壌です。香り高くボリュームのあるブドウを生み出す土壌で、黒ブドウにも適している土壌です。
認証は取得していないものの、ビオロジックに即した栽培管理を行っています。

収穫はおおよそ9月頭ごろです。収穫後に果実は選別し徐梗、ステンレスタンクに入れ醸しを行い、プレスしてマストをとります。
野生酵母のみ使用し、ステンレスタンクで15度を保ちながらアルコール発酵させます。

この特別なブドウ品種で作られた白ワインは、 LA SOLANA というミシュラン星付レストランに採用され、オンリストされています。

【テイスティングコメント】
やや灰色がかった淡いイエローの色調。
リンゴやトロピカルフルーツを思わせるアロマを感じる。
口に含むと、バターのように滑らかで重みのあるテクスチュア、 ミネラルやスパイスのニュアンスがゆっくり広がり、続いて長いフローラルなアロマが鼻孔に抜ける。
シーフード料理全般はもちろん、豚肉や鶏肉など白身の肉料理、パエリャなどの米料理に合わせたいワイン。

モンテ・アラヤ・
クリアンサ・グラシアーノ

畑は、赤ワインに適した粘土石灰質土壌です。
認証は取得していないものの、ビオロジックに即した栽培管理を行っています。
グラシアーノは、他のブドウより遅い、10月に収穫を行います。
収穫後に再度果実を選別し徐梗、ステンレスタンクへ入れます。
野生酵母のみ使用し、ステンレスタンクで25度を保ちながらアルコール発酵させます。
その後マロラクティック発酵を行い、滑らかさ、複雑味を与えつつ酒質を安定させます。
12カ月間オーク樽で熟成させ、瓶詰します。さらにその後12カ月間瓶内熟成させてから出荷します。

【テイスティングコメント】
濃いルビーを思わせる鮮やかな色調に濃い紫が混じる美しい色合い。
赤や黒のベリーのようなチャーミングな香りにつづき、 クローヴや、樽を炙ったような香ばしい香り、フローラルな香りも感じる。
とても力強いがモダンな雰囲気を持つワイン。
牛肉や羊など赤身の肉料理全般にとても相性が良い。パエリャなど米を使ったメニューにもおすすめ。

ギフト(有料)
追加について

ギフトボックス(1本用 / 2本用)(有料275円)

750mlサイズのお好みのワインを入れることが出来ます。

※ギフトボックスと一緒にワインを複数本、お買い求め頂いたは、どちらの商品をギフトボックスに入れるか、注文時に「備考欄」にてご連絡ください。

ワイン用紙袋(1本用)(有料176円)

袋の色はクールグレーのみとなります。
ワイン1本、もしくは1本用ギフトボックスを入れることが出来ます。

ワイン用袋(1~3本用)(有料110円~)

「もっと気軽にワインを持ち運びたい」そんな皆様の声にお応えし、ワインショップソムリエロゴ入りワイン用袋をご用意しました。
1本用・2本用・3本用の3種取り揃えておりますので用途に合わせてお選びくださいませ。

みんなのレビュー

この商品のレビューはまだありません。

あなたのレビュー

ご購入商品のレビュー書き込みでポイントプレゼント!

レビューを投稿するにはログインしてください。

ワイン名(原語)モンテ・アラヤ・ヴィウラ(MONTE ARAYA VIURA)
生産者名(原語)ボデガス・メディエーヴォ(BODEGAS MEDIEVO)
原産国・地域スペイン・リオハ州
原産地呼称DOCaリオハ
ヴィンテージ 2019年
ぶどう品種
(栽培比率)
ヴィウラ100%
タイプ
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下

メニュー

商品を探す

ワインセットを探す

今一押しワインセット

ギフト

おすすめギフト

特集・お得情報

タイプ別で探す

産地で探す

こだわりワイン

金賞・メディア掲載

ワイン雑貨

こだわりの食品

ご注文は24時間365日受付!
平日・土曜日12時までの
ご注文で当日出荷!

ご注文は24時間365日受付!

ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷日カレンダー

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。


ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

  • ※離島・一部地域を除きます。
  • ※日数はあくまで目安であり、確約するものではございません。
    配送業者の状況により、遅延が生じる場合もございます。