公式サイトは最低価格保証 ワイン、シャンパンの通販・販売ならスタッフが全員ソムリエのワインショップソムリエにお任せください!

飲食店様向け
酒類仕入れはこちら

  • 商品を探す

  • ワインセットを探す

  • ギフト

  • 特集・お得情報

  • 商品を探す
  • ワインセットを探す
  • ギフト
  • 特集・お得情報

お得なワインセット

名入れ彫刻ワイン

おすすめ特集

  • ワイン診断
  • はじめてお買い物をする方へ
  • レビュー

お得情報

今から注文で最短日()出荷

最新の出荷スケジュールについては
こちらをクリック

ポッジョ・デ・ジェネーシ(IEI)
POGGIO DE GENESI(IEI)

イタリアのソアヴェ(ヴェローナ)に本拠地を構え、イタリア各地のファインワインを生産するI.E.I。
そのラインナップは幅広く、北はピエモンテ、アルト・アディジェから、トスカーナに プーリア、モリーゼ、そしてシチリアにサルデーニャとイタリア全土で生産されています。
さらに、ヴェネト州には3つの異なるエリアにそれぞれ畑を持ち、総面積は200haほど所有。ソアヴェ・クラッシコDOC、ヴァルポリチェッラ・アマローネクラッシコDOC、アルコーレDOCの3つで、年間生産量はおよそ800万本です。
しかし、この「I.E.I」のすべてのワインは、 ブドウを絞るところから自社で管理するセラーで瓶詰まで行い、ラベル貼りもされます。つまり、イタリアの安ワインによく見られるような、バルク買いしたワインに自社のオリジナルラベルを張って販売するなどは一切していません。
それだけ品質の良いワイン造りを心がけ、自分たちの納得のいくものだけを世界に送り出しているのです。
規模の大小にかかわらず、優れたワインを世に出し、イタリアワインを世界に普及させています。
この目標と情熱は、I.E.Iのワインが得たいくつもの成功例と共により強められ、今も脈々とスタッフ達に受け継がれています。
具体的には、常に素晴らしい生産者を探し、それぞれのワイナリーは注意深く選ばれます。その過程で重視することは、ワインに個性を表現することだけでなく、それぞれの土地が刻んできた歴史、そして、これまで素晴らしいワインを造ってきた人々の守ってきた伝統です。このようにして、幸運なことにI.E.Iは、とても素晴らしい生産者を見つける事ができ、各生産者は、IEIの経験や専門性を信じて、ワインの流通を全て彼らに任せています。現在3つのワイナリーと、各地にある傘下のワイナリーも管理しており、ワインのストックは本拠地であるイタリア北部のヴェネト州で管理するため保管状態がとても良いことも特徴の一つです。

ポッジョ・デ・ジェネーシの特徴と通販での選び方

「ポッジョ・デ・ジェネーシ」は、イタリアのワイン銘醸地「トスカーナ」で、キャンティを醸す生産者です。

ここでは、ポッジョ・デ・ジェネーシの特徴やワイン通販での選び方について解説していきます。

ポッジョ・デ・ジェネーシは、イタリア・トスカーナのワイン造り手です。
造り手としての信頼は厚く、トスカーナを代表する「キャンティ」というワインを製造している事で有名です。

そんなポッジョ・デ・ジェネーシ最大の特徴は、土着の自然酵母、つまりトスカーナの自然酵母を使用してワイン造りが行なわれているという点です。
そこからさらに、4ヶ月間オーク樽でしっかりと熟成を行っているため、味わいに深みと奥行きが加わります。

そんな「ポッジョ・デ・ジェネーシ」のワインを語る上で欠かせないのが、流通と管理を担当する「I.E.I」の存在でしょう。
「I.E.I」とは、「インスティテュート・エノロジコ・イタリアーノ(Instituti Enologico Italiano)」の略称で、イタリアワインのプロフェッショナルたちのことです。
「ワイン醸造とマーケティング」のプロの集団によって1968年に設立された団体で、品質の高いワイン造りを行い、その価値を広げていくことを目的としています。

本拠地は「ヴェネト州・ソアヴェ」で、「ピエモンテ、アルト・アディジェ、トスカーナ、プーリア、モリーゼ、シチリア、サルデーニャ」など、銘醸地を含むイタリア各地の高品質なワインの流通管理を手掛けています。
特に本拠地でもある「ヴェネト州」のワインに注力しており、3つのエリアに畑を持っていて、そこのワインだけでも年間約800万本もの量を生産するほどです。

I.E.Iはブドウの扱いにも強いこだわりを持っています。
大量生産の安価なワインの場合、バルクワイン(150リットル以上の容器に詰めて輸入されたワイン)を瓶詰めするだけと、作業工程を省いたものが多く見られます。
ですが、「I.E.I」の場合、ブドウを絞るところからはじめ、瓶詰め、ラベル貼りまで一貫した作業を自分たちで行なっています。

そのこだわりの高さと品質の高さは世界中に認められており、イタリアの有名ワイン雑誌での評価はもちろん、日本で開催されている国際コンクールでもメダルを受賞しているほどの評判の高さなのです。

そしてもちろん、ポッジョ・デ・ジェネーシにおいても品質が担保されていると考える事ができます。
これだけ手間をかけられた極上品でありながら、手に届きやすい価格というところもポッジョ・デ・ジェネーシの魅力のひとつですね。

「数多くの人たちに素晴らしいワインを広めていきたい」というI.E.Iの思いを感じられる素晴らしいワインでしょう。

味の特徴

ポッジョ・デ・ジェネーシは、「サンジョベーゼ」というブドウを主体にした、キャンティの伝統的なブレンドスタイルで造られています。

サンジョベーゼは、イタリアを代表する黒ブドウ品種です。
特徴が産地によって変わってくるため、これといった味わいを掴むことが難しいとされていますが、「キャンティ」の味わいを軸にして考えると分かりやすいでしょう。

ポッジョ・デ・ジェネーシの「キャンティ」は、土着の酵母からもたらされる「ベリー系の香り」、「ストロベリー、ほのかにプラム、クロオリーブ、スパイシーさ」などの味わいを感じさせます。

酸がしっかりとしていますが渋みとのバランスが素晴らしく、エレガントでありながら飲み応えがあるワインです。

また、「リゼルヴァ」と言われる熟成されたシリーズになると、より凝縮感のある「果実の甘い香り、樽由来のヴァニラ、スパイシーな印象、クローブ、赤い肉」といった複雑性のある香りが立ち上ります。
飲み口はとても「繊細で丸み」がありますが、口の中に入れると凝縮した果実の風味がはじけるようなフレッシュさを感じるため、とても満足できる味わいに仕上がっているのが特徴的です。

ポッジョ・デ・ジェネーシでは、数種類のブドウ品種が使用されています。
その中でも、特に代表的なブドウ品種をご紹介いたします。

サンジョベーゼ

イタリアを代表する黒ブドウ品種である「サンジョベーゼ」は、ポッジョ・デ・ジェネーシにとって命とも言える、重要なブドウ品種です。

ポッジョ・デ・ジェネーシが醸す、「キャンティ」「キャンティ・クラッシコ」は、サンジョベーゼを使うことが義務づけられており、このカテゴリのワイン全てにサンジョベーゼが使用されています。

そのため、「サンジョベーゼを用いてどういった味わいのワインを生み出すか」というところが、生産者の腕の見せ所と言えるでしょう。

ポッジョ・デ・ジェネーシに使用されている「サンジョベーゼ」は、丘陵に富む太陽光がたっぷりと当たる場所に位置しており、果実の香りがしっかりと詰め込まれたワインを生み出します。

ただ、サンジョベーゼは酸や渋みがやや強めの品種ということもあり、ポッジョ・デ・ジェネーシでは「カナイオーロ・ネロ」「マルヴァジア」などのブドウをブレンドして、ワインの味わいのバランスを整えています。
そしてその味わいの出し方が絶妙で、「サンジョベーゼ」の持つ「サクランボ、カシス、プラム、スパイス感」など、良いところのみを感じられる造りになっているのです。

カナイオーロ・ネロ

ポッジョ・デ・ジェネーシは「サンジョベーゼ」を主体に造られていますが、必ずブレンドされているのが、この「カナイオーロ・ネロ」というブドウ品種です。

このブドウはあまり目立った存在ではないものの、キャンティの味わいをまろやかにするため重宝されています。

ポッジョ・デ・ジェネーシに使用されているカナイオーロ・ネロは、しっかりと熟したボリューム感のあるタイプとなっており、ワインに「まろやかさと強さをプラス」します。

伝統的なブレンドスタイルにこだわるポッジョ・デ・ジェネーシだからこそ、カナイオーロ・ネロの品質にも妥協がないのです。

ポッジョ・デ・ジェネーシのワインを初めて飲むという方をはじめ、お食事に合わせたい方、そして他のワインと比較して楽しみたい方のために、ポッジョ・デ・ジェネーシのシチュエーション別での選び方や楽しみ方をお伝えしていきます。

初めてポッジョ・デ・ジェネーシをお飲みになる方へ

ポッジョ・デ・ジェネーシは、「キャンティ」というトスカーナ州の代表的なワイン産地で造られる赤ワインです。

「キャンティ・クラシコ」「キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ」といった高級ワインがありますが、まずは土着の酵母で造られるもっともスタンダードである、「キャンティ ポッジョ・デ・ジェネーシ」からお試しいただくのも良いでしょう。
ポッジョ・デ・ジェネーシの哲学や方向性を感じつつ、次のステップとして「キャンティ・クラシコ」「キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ」をお楽しみいただくのもおすすめです。

食べる食材に合わせる

ポッジョ・デ・ジェネーシのワインは、「ベリー系、スパイス、赤い肉、クローブ、ナツメグ」といった複雑な香りを持つワインです。
酸と渋みのバランスが良く、全体的にボリューム感が中程度ですので、お料理に合わせるのはもちろん、単体でもお楽しみいただくことができます。

お食事とポッジョ・デ・ジェネーシを合わせる場合、やや濃いめの味付けの肉料理が相性として良いでしょう。
「Tボーンステーキ」「フルーティーなソースを使ったポークソテー」「タレを使った焼き鳥」などがおすすめです。

そのほかにも、火をしっかりと入れた丸みのあるトマトソースにも合うでしょう。
「ミートソースパスタ」「ボンゴレロッソ」「鶏肉のトマトソース煮込み」との相性も抜群です。
和食と組み合わせる場合は、ソースをたっぷりと使った揚げ物やタルタルソースなどがあれば、「メンチカツ」「ハムカツ」「牛カツ」などと合わせても面白そうです。

このようにポッジョ・デ・ジェネーシは、やや強めの味付けのお料理と合わせた時にも、抜群の存在感を示してくれるワインになっています。

他のワインとの比較

ポッジョ・デ・ジェネーシをフランスワインと比較するのであれば、ボルドーと比較してみるといいでしょう。

ボルドーの場合、「カベルネ・ソーヴィニヨン」「メルロー」といったボリューム感のある長期熟成型のブドウ品種が主体です。
「黒い果実、杉、鉛筆の芯、ダークチョコレート、青さを感じさせるハーブ感」など強いタッチを感じられます。
その点、ボルドーに比べるとポッジョ・デ・ジェネーシは、ボリューム感がありながらも繊細な味わいに感じられるでしょう。

また、ポッジョ・デ・ジェネーシの醸すキャンティは、イタリア中部の「トスカーナ州のワイン」ですので、北部の銘醸地である「ピエモンテ州のワイン」と比較しても面白いかもしれません。

「ピエモンテ州のワイン」は、ブレンドをするトスカーナ州とは違い「ネッビオーロ」などを単一品種で仕込みます。
冷涼な地域であることも関係して、香りに「ハーブ、スパイス感、アスパラガス」などのフレッシュな部分を感じられるでしょう。
「プルーン、乾燥イチジク、ブルベリー」の香り、「熟成させたビーフジャーキー、モカ、ココア」といった複雑でドライな風味も楽しむことができます。
渋みはやや穏やかなものから、長期熟成型のしっかりとしたものまで揃っており、これらは比較的「ブルゴーニュ」に近い印象です。

一方、ポッジョ・デ・ジェネーシのキャンティは、ボリューム感がしっかりとあり、「プラム、カシス、ベリー、さくらんぼ」といった果実の香りが豊富です。
そこに「ナツメグ、黒オリーブ、甘いスパイス」といった風味に、酸と渋みのほどよいバランスさもあるので、「ボルドー」に近い印象が感じられるでしょう。

繊細でチャーミングな口当たりながら、飲んでみるとしっかりと口の中に凝縮した果実の風味が広がる。
それが他ワインと比較して際立つポッジョ・デ・ジェネーシの特徴です。
「ボルドー」のように強過ぎず、けれど「ブルゴーニュ」や「ピエモンテ州」ほど繊細過ぎない、ほどよいバランスのワインと言えるでしょう。

ポッジョ・デ・ジェネーシが醸すワインは「キャンティ」が中心になっています。
イタリアの陽気で快活な印象のフレッシュで明るいワインを楽しみたいという方には、ピッタリのワインだと言えるでしょう。

複雑性が楽しめるワインでもありますが、キャンティらしい果実味溢れた楽しい印象の味わいでもあるため、「ワイン好きで集まるパーティー」「気の置けない仲間たちとワイワイしたシチュエーション」などで気軽に活用できます。

また、「パスタ、ピザ、ドリア」などといったイタリアン料理との相性も良いので、お料理のお供にもおすすめです。
特に、「ある程度重ための食事に合わせて楽しみたい方」「凝縮した果実、コーヒー、ナツメグといったスパイシーな風味を求めている方」には最適でしょう。

さらにポッジョ・デ・ジェネーシは、素晴らしい品質でありながら手に届きやすい価格帯というところも魅力のひとつです。
有名なワイン産地でありながら、価格と品質がしっかりと釣り合った価格設定が貫かれています。 価格以上の魅力を持つワインをお探しの方は、ぜひポッジョ・デ・ジェネーシを選んでみてはいかがでしょうか。

タイプで絞り込む

  • 赤ワイン

  • 白ワイン

  • 泡(シャンパン)

キーワードで絞り込む

1 ~ 4 件目を表示しています。(全4件)
並べ替え
[ このワインのアロマ ]

チェリー

プルーン

スミレ

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 2,464円(税込)
ソムリエ価格:
2,101円 (税込)

総合評価

(3.50)  
[ このワインのアロマ ]

モカ

プルーン

スミレ

  • ボディ(コク)
    ミディアムフルボディ
希望小売価格 3,157円(税込)
ソムリエ価格:
2,684円 (税込)

総合評価

(4.00)  
売り切れ
希望小売価格 29,568円(税込)
ソムリエ価格:
25,212円 (税込)
希望小売価格 37,884円(税込)
ソムリエ価格:
32,208円 (税込)
売り切れ
1 ~ 4 件目を表示しています。(全4件)
並べ替え

特集一覧

  • 秋のおすすめワインを大特集

    会員が選ぶ人気ワインもご紹介♪

  • CUVEE PRESTIGE

    名声、信望、威光という名のシャンパーニュ

  • オリジナルラベルワイン

    世界でたった一つの贈り物

  • 名入れ彫刻ワイン

    "記憶"と"形"に残るプレゼント

  • ワインショップソムリエのギフト

    贈り手の想いを伝えるソムリエギフト

  • ワイン診断

    ソムリエAIがあなたのワインタイプと、
    今の気分にぴったりのワインを解析!

  • はじめてお買い物をする方へ

    ワインショップソムリエへ
    ようこそ!

  • 今月の送料無料ワイン

    新しいワインが
    期間限定で1本から送料無料

  • グランピングワインズ

    オリジナルカラビナ付き!
    1.5Lアウトドア用オーガニックワイン

  • ガブワイン

    750mlワインボトル換算で、
    なんと1本あたり578円!

  • マリアージュデリ

    ワインとのマリアージュを
    考えてくられた理想のおつまみ

  • ソムリエ食品市場

    世界中から、
    美味しいおつまみが大集合!

  • 世界のバル気分

    ワインと贅沢
    おつまみセット

  • 世界のヴィンテージチャート

    当たり年が分かる!
    ヴィンテージチャート

  • ワインのトリセツ #1.基礎知識編

    ソムリエが教える
    “美味しい”ワインの基礎講座

  • ワイン女子会のススメ

    今おとな女子の間で
    ワインがブーム!

  • グランヴァンが最安値

    高級・有名ワインすべてが
    日本最安値挑戦価格!

  • ボルドー大百科

    ボルドー有名銘柄が
    勢ぞろい!

  • カベルネ・ソーヴィニョンの魅力

    世界中で活躍する、
    フルボディワイン界の立役者

  • ピノ・ノワールの魅力

    世界で最も高値が付けられる
    高貴品種

  • 島耕作限定ラベルワイン

    島耕作×ワインショップソムリエコラボ

  • 【公式】ポール・ダンジャン
    ・エ・フィス

    英国王室用達シャンパーニュ

  • ソムリエ手帳

    ワインのおすすめ知識

  • ソムリエ新聞

    毎月ソムリエのニュースをお届け

  • 会員ランク制度

    会員ランクに応じて、
    限定の特典を進呈

  • お友達紹介キャンペーン

    ご紹介者もお友達も
    おトクなキャンペーンを実施中!

  • スタッフ募集

    ワインショップソムリエで
    一緒に働きませんか。

メニュー

お宝ワイン
闇ボックス
秋ワイン

商品を探す

ワインセットを探す

今一押しワインセット

ギフト

おすすめギフト

特集・お得情報

おすすめ特集

タイプ別で探す

産地で探す

こだわりワイン

金賞・メディア掲載

ワイン雑貨

こだわりの食品

ご注文は24時間365日受付!
平日・土曜日12時までの
ご注文で当日出荷!

ご注文は24時間365日受付!

ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷日カレンダー

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。


ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定


出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

  • ※離島・一部地域を除きます。
  • ※日数はあくまで目安であり、確約するものではございません。
    配送業者の状況により、遅延が生じる場合もございます。