[2001]シャトー・レ・ブイッス カーヴ・デ・コート・ドルト
[2001]CHATEAU LES BOUYSSES CAVE DES COTES D'OLT


カーヴ・デ・コート・ドルトは、1947年に設立され、現在では加盟者の数は150にものぼる協同組合。マルベックという伝統的なブドウを用い、ワイン造りの長い歴史を持つこの地方で特に選ばれた土地、「自然のままで素晴らしいワインができる土地」、これがコート・ドルトです。

カオールという広大な土地で造られるワインは、実に多種多様なのに、多くの場合「カオール」とひとくくりにされます。(例えばボルドーのワインは有名なマルゴーやポイヤックといったように全てボルドーとひとくくりにはされていません。)マルベック主体の黒ワインを産するコート・ドルトを、カオールのより限定的な特別な場所であることだと知ってもらうこと、そしてその素晴らしさを味わってもらうこと、これがカーヴ・デ・コート・ドルトの取り組みの一つです。

この土地は、大西洋と地中海から等距離の場所にあり、常に適度な湿度が確保できます。また、この付近には谷があるおかげで、比較的冷涼な空気がもたらされます。これら特徴的な条件の「テロワール」の下、コート・ドルトでは、リュットレゾネを行い、畑の畝には草が生い茂る環境に配慮された畑で常に素晴らしいワインを造り出すことが可能なのです。

ISO9001品質、ISO22000食品安全の認定済みのカーヴ・デ・コート・ドルト。
畑仕事から生産過程、瓶詰めまで、厳しく管理された体制で、クオリティの高いワインを造っています。

この特殊なワインを造り出せるのは、白い石が散りばめられた赤い土に広がる、カオールの土地のみ。カオールのワインは、タンニン含有量が極めて多く、黒に限りなく近いほど濃い色の為。
これは、このワインのブドウ品種でもあるマルベック種の特徴です。ちなみにタンニンは細胞の老化を防ぎ、若さを保つといわれるポリフェノールの一種で、そのタンニン豊かなマルベック種を主体として造られるワインはこそが、世界中の人々に高貴なワインとして知られる、カオールの黒ワインの正体です。
色合いが濃いですが、エレガントなタンニンのおかげで舌触りは滑らか。タンニンなどのエキス分の為驚くほど長寿な黒ワインは、事実カオールの家庭で未だ30年以上も昔の、先祖が残したヴィンテージを 楽しむことがあるようです。

トリュフ、キノコ、腐葉土、キャラメルと複雑な独特な香りは、同じくこの地方の特産品である、このトリュフやキノコと抜群の相性を見せます。
また、黒ワイン特有の独特の風味から、この地方の特産品、脂ののったフォアグラ料理ともよく合います。ピリッと刺すような味と香りのブルーチーズともおすすめです。他にも、クリームソースを使ったものやお肉料理ともあすすめです。

その歴史は長く、古くはローマ皇帝はじめ、イギリスのエドワード黒太子といったヨーロッパの王族に愛されていました。また、フランスの作家、アレクサンドル・デュマは、著作の中でカオールワインを絶賛しています!

[2001] シャトー・レ・ブイッス AOCカオール

ワインは、深いルビー色。 ベリー系果実の香り、スミレ、トリュフ、トーストの香りも僅かに。 味わいは、丸みのある柔らかい口当たりで、果実の香りや煎った豆のような香りが織り交ざった複雑さが感じられ、余韻にリコリスやミントの爽やかな香りが残ります。
お肉料理全般と相性が良く、また熟成したチーズとも◎。
熟成し、味わいにも落ち着きを感じるこのワイン。
週末などゆっくりとした時間のお供に最適です!

1 件中 1 件から 1 件を表示しています。
並べ替え
希望小売価格 3,402円(税込)
ソムリエ価格 2,680円 (税込 2,894円)
1 件中 1 件から 1 件を表示しています。
並べ替え

季節のおすすめ

  • バローロ
  • マリス
  • アドス
  • カンポス
  • キャンティ
  • アンバル