シャトー・レ・ダーム・ド・ルナルディエール
CHATEAU LES DAMES DE LA RENARDIERE

素晴らしいテロワールをワインに反映させるために、 醸造はもちろん、あらゆる工程で伝統として受継がれてきた技術を活用します。 設備は新しくとも、ボルドー伝統の技法は頑なに受継がれています。 醸造の為のステンレスタンクの導入、しかし熟成は樽で行います。 長く熟成することに適したステンレスタンク内で12ヶ月間の熟成を行うのが特徴 です。その後さらに樽で熟成させ、滑らかで安定した品質のワインへと仕上げます。

ミシェル・ロラン

クロ・レグリース、クリネ、ラ・フルール・ド・ゲイ、神の雫で人気に火がついたモンペラ、またフランス外でも、イタリアのオルネライア、アメリカのハーランエステイトなど、世界各国の一流ワインのコンサルタントを務めています。

アントル・ドゥー・メールの赤ワインは
滑らかで親しみやすく、適度な凝縮感がある
味わいが特徴です。
酸味と甘みのバランスが整った、上品な、
女性的な魅力のあるワイン。
もぎたてのプラムを思わせる果実味に、
熟成によって現れるレザーのような深みのある
熟成香が感じられる。
まさに今が飲みごろのボルドー熟成ワイン。 バランスが取れているので、野菜料理~肉料理、洋風、和風と様々な料理に合わせやすいのも魅力です。 暑い時期は、ぜひ少しだけ冷やして、13~15度くらい(フランスでは、夏でも夜はこれくらいの気温になります)で楽しんでください。

シャトー・レ・ダーム・ド・ルナルディエールは、Sauve Majeureというアントル・ドゥー・メールでも歴史ある都市の玄関口とも呼べる場所にあるシャトー で、60ヘクタールを所有しています。

非常に歴史ある城で、古文書の記録によれば、その起源は1478年まで遡ることができます。
最も古い記録によると15世紀にAudigeay家によって建てられたのが起源とされています。もう少し後の、17世紀ごろの記録では、ルイ15世の時代で有名なボルドーの古地図に載っているのが確認できます。

現在の所有者はNicole Dupuy氏で、シャトー内の古い設備を交換する等大規模なリノベーションを施し、歴史的な建築物でありながら、使いやすく素晴らしいワインを作るに足るシャトーへと変貌させました。

周囲の美しい環境全てがシャトーの自慢!極力自然に近い栽培=「リュット・レゾネ」 60ヘクタールの土地は森や池が点在する美しい景観が自慢で、そのうち半分、およそ30ヘクタールがブドウ栽培に充てられています。30ヘクタール中22ヘクタールが赤ワイン用、8ヘクタールが白ワイン用となっています。 畑を担当するのがEmmanuel Masse氏で、この広い畑が全てリュット・レゾネ(極力自然に近い栽培) で管理されています。この様子はフランスのワイン専門誌「Terre de Vins」にも掲載されました。

土壌は 粘土石灰質 その下に岩と砂利質からなる水はけの良い土壌。
水はけが良いと、ブドウの実に余計な水分が回ることがないため、しっかりした質の高いワインを作る上では必須条件とも言えます。栽培比率は、赤ワイン用 メルロ53%、カベルネソーヴィニョン35% カベルネフラン12%


1 件中 1 件から 1 件を表示しています。
並べ替え
希望小売価格 2,667円(税込)
ソムリエ価格 2,100円 (税込 2,268円)
売り切れ
1 件中 1 件から 1 件を表示しています。
並べ替え

季節のおすすめ

  • バローロ
  • ミストラル
  • ヴァンソニエールロゼ
  • リバティ ポルタノヴァシャルドネ
  • リンゴのお酒 ポムでイヴ
  • アンバル