公式サイトは最低価格保証 ワイン、シャンパンの通販・販売ならスタッフが全員ソムリエのワインショップソムリエにお任せください!

飲食店様向け
酒類仕入れはこちら

  • 商品を探す

  • ワインセットを探す

  • ギフト

  • 特集・お得情報

現在メンテナンスのため、一時的に「クレジットカード決済」がご利用頂けない状態となっております。
ご不便をお掛けしますが、その他の決済方法をご利用くださいませ。
  • 商品を探す
  • ワインセットを探す
  • ギフト
  • 特集・お得情報
現在メンテナンスのため、一時的に「クレジットカード決済」がご利用頂けない状態となっております。
ご不便をお掛けしますが、その他の決済方法をご利用くださいませ。

お得なワインセット

ワインギフト

ゴールデンフェス

ワインフェスSALE

おすすめ特集

  • ワイン診断
  • 4~6月スタンプラリー
  • はじめてお買い物をする方へ

お得情報

今から注文で最短日()出荷

最新の出荷スケジュールについては
こちらをクリック

3,290円 3,080円
コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml
コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml
コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml
コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml
コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml
コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml
コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml
コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml
コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml
このワインのアロマ

リンゴ

ハーブ

レモン

このワインの特徴
  • 豊かなアロマと果実味をもち、
    酸味が穏やかなワイン
  • ボディ(コク)
    ミディアムライト
  • 酸味
    中程度
スロベニア屈指の銘醸地「黄金の丘」のワイナリー

コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ 2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml

商品番号:2101380000050

品切

28 ポイント進呈

%OFF

4.00点 (1件の評価
希望小売価格:3,290円(税込)

ソムリエ価格:2,800円 (税込3,080円)

売り切れました
  • ワインフェスSALE
    ⇒特設会場はコチラ
  • ワインフェスSALE
    ⇒特設会場はコチラ
  • 今宵。何食べる?
    ⇒レシピはコチラ
  • || 商品名

    || テイスティングコメント

    • 商品説明
    • 商品情報
    • レビュー

    ズラティ・グリツ
    ZLATI GRIC

    スロベニア独立と共に復活した、古代ローマ時代から続くワインの聖地「黄金の丘」より国民的人気を集めるワイナリー

    ズラティ・グリツ



    アブルッツォで最も注目を集めるワイナリーの一つ

    ズラティ・グリツは、スロベニア独立と同年である1991年に、スロベニア東部のポポリェ(Pohorje)山脈南部に位置するスロヴェンスケ・コニツェ(Slovenske Konjice)近郊、シュカルツェ(SKALCE)という場所に設立されたワイナリーです。

    map

    緩やかな丘陵が連なる土地に、古くは古代ローマ時代に遡るほど昔からブドウ栽培が行われ、優れたワインが造られてきました。 その美しい景観と、その地から生まれる黄金色のワインを評して、この一帯は古くから「黄金の丘=ZLATI GRIC(ズラティ・グリツ)」と呼ばれていました。ワイナリーには、その言葉がそのまま使われています。

    ズラティ・グリツが評価を高めたのは、2012年のイギリスのワイン専門誌「デキャンター」のコンクールの結果がきっかけでした。当時、まだ知名度が低かったワイナリーでしたが、コンクールで見事ゴールデントロフィを受賞し、スロベニア国内はもとより、海外での認知度が一気に高まりました。その結果、現在ではスロベニア国内の300件以上のレストランが、ズラティ・グリツのワインをオンリストしている程です。

    現在、ズラティ・グリツは地元を代表するワイナリーとして、ワイン生産だけでなく、ワインツーリズムにも力を入れています。 ブドウ畑のある黄金の丘陵地帯に拓かれた9ホールのゴルフコース、またブドウ畑を見渡す場所には、アパートメント(宿泊・滞在施設)とレストランもあります。顧客に「黄金の丘」と呼ばれるポドラウイエの景観、連なるブドウ畑やワイナリー内での滞在を通して、スロベニアの料理とワインを体験してもらうこと、また観光資源を増やし、地元に貢献することも目的の一つとなっています。

    ワイナリー



    photo

    || ワイン造り
    設立当初より品質重視の姿勢を貫いており、ブドウ畑の平均樹齢は35年と総じて高いのが特徴です。 75ヘクタールの自社畑のうち1/4はシャルドネやピノ・グリ、ピノ・ノワールといった国際品種を栽培しています。それぞれの品種特製や、ポドラウイエのテロワール、スロベニアの人々が愛してきたスタイルを表現するため、設備や醸造方法にもこだわりが見えます。



    photo

    || 国内外で厚く信頼される
    誠実な醸造家

    現在醸造家を務めるのはサーショ・トポレシェク氏。彼は子供の頃から、ズラティ・グリツの初代醸造家である父の傍らで醸造について学び続け、父の引退に伴い二代目として醸造家に就任しました。



    就任後も、彼は自身の技術を高めるため、勉強を続け、時に海外に教えを請いに出かけてゆきました。 スパークリングワインの製法についてフランスで学び、さらに2019年にはピノ・ノワール種の扱いについてNZで学んできました。 彼の真摯な人柄は周囲の人からも深く信頼されており、現在、スロベニア産ワインの国内コンクールにおいて常任メンバーの一人としても活躍しています。また、ウィーン国際コンクール(オーストリア)の審査メンバーとしても毎年活躍しています。



    中央ヨーロッパ最古の修道院で熟成させる、特別なスパークリングワイン



    スパークリングワインは中央ヨーロッパ最古である、ジーチェ(ZICE)のカルトゥス修道院内セラーで熟成させています。
    記録を紐解けば、西暦1467年には、修道院内の食堂兼宿泊所であるガストゥーシュ(GASTUZ)でワインが提供されていた記録があります。当時からワインはアーチ形天井の石造りのセラーで管理されていたそうです。石造りのセラーは、年間を通してワインに最適な温度・湿度を保つため、長期熟成させる瓶内二次発酵式(シャンパーニュ方式)のスパークリングワイン造りには最適な環境と言えます。
    ズラティ・グリツでは、ここで白・ロゼのスパークリングワインを合計でおよそ60000本熟成させています。



    香り高さが自慢のスティルワイン



    ワインの95%は、エレガントな味わい、フレッシュであること、アロマティックであることを重視し、還元的な製法(酸素に触れることが少ない手法)でワイン製造が行われています。
    還元的な製法とは、ワイン造りから瓶詰まで、工程のほぼ全てに渡って、ワインが酸素と触れないように整えた手法を指しています。 プレス後、果汁は密閉されたステンレス鋼タンク内で醸造が進行してゆき、ワインへ仕上がってゆきます。このプロセスの中で外気へ触れる、つまり酸化が進む可能性はゼロに近くなります。結果、ワインは最大限アロマが保持された状態で瓶詰されることになります。

    残り5%のワインは、反対に酸化的な製造方法を取ります。こちらは特製の220リットルバリック(小樽)を使用します。樽を使うワインはリースリングやシャルドネ、ブルー・フランコニアン等です。



    2400年の歴史を誇るスロベニアワイン

    東ヨーロッパに位置するスロベニアは、国土面積20273平方キロメートル、周囲の国々と比べて小さな国ですが、国土は多様性に富み、北はオーストリアに接しアルプス山脈を臨み、西にはアドリア海、東にはハンガリー平原が見渡せます。
    1991年に独立した若い国ですが、ワイン造りの歴史は非常に古く、ローマ人がフランスやスペインにワイン造りを持ち込んだ時期よりも前、ケルト人やイリュリア人が住んでいた時代から、すでにワイン造りが行われていたと言われています。 ワインベルトと呼ばれるブドウ栽培可能な地域の中にあり、緯度はフランスのブルゴーニュと同じで、気候や土壌にも類似点が見られます。
    生産量の7割近くが白ワインである点、また単一品種ワインが多い点が特徴です。

    スロベニアには3つのワイン生産地域が存在しますが、その中でさらに9つの細分化された地域があり、各場所に顕著なミクロクリマや土壌、気候が存在するため、それぞれが個性的なワインを生み出しています。 3つの地域とは、地図中で緑色で表示されているポドラウイエ (Podravje) 地域、青色で表示されている ポサウイエ (Posavje) 地域、そして赤色で表示されているプリモルスカ (Primorska) 地域の3つです。  ポドラウイエはスパークリングワインや香り高い白ワインの産地として有名です。また一部アイスワインなど甘口ワインも多く造られています。ポサウイエは複数品種をブレンドするワインが多く、白ワインやロゼワインが多く造られています。もう一つのプリモルスカはアドリア海に近く、内陸部の2産地より温暖な気候である事から、白ワインだけでなく、赤ワインも多数生産されています。 それぞれの地域の中には、統制保証原産地区 (ZGP)が複数制定されています。このZGPは、さらに3つのランクに分けられていますが、いずれもEU規格であるPDO(仏語AOP)に相当します。

    ズラティ・グリツは、東部のポドラウイエに属しています。この地域はスロベニア最大のワイン産地であり、優れた白ワイン、スパークリングワイン産地として徐々に存在感を示し始めています。白ブドウの栽培が主体ですが、パンノニア平原など一部の温暖な地域では、古くから伝わるブルー・フランコニアン(ブラウフレンキッシュ)をはじめ、黒ブドウが栽培されています。

    ポドラウイエ地域の中で大部分を占めるシュタイエルスカ・スロベニア地区は、ソーヴィニョン・ブランやリースリング、ピノ・グリ、トラミナーを使った高品質な白ワインで知られています。古代ローマ時代には銘醸地として記録されており、複雑な地層、大陸性気候の影響を受け、エレガントで、香り高い白ワインが現在も造られています。
    また、この地域には瓶内二次発酵による伝統的なスパークリングワイン造りの歴史があります。現在もその製法・熟成庫が受け継がれており、150年以上前から変らぬ工程で受け継がれています。
    また、甘口ワイン、アイスワインなどデザートワインも生産されており、近年では国際コンクールで受賞する事も多く、その品質の高さが徐々に注目を集めています。





    ワイン法

    他のヨーロッパ諸国と同様、スロベニアにも厳格なワイン法が存在します。
    EUで原産地呼称保護ワイン(PDO/フランス語でAOP)という分類になる上位ワインは、ZGP(統制保証原産)という分類です。その下に、地理的表示保護(PGI/フランス語でIGP)という分類にあたるデジェウノ・ヴィノDezelno vino PGOが続き、最下層には、いわゆるテーブルワイン(Namizo vino)が入ります。ZGPの認定を受ける場合、その指定地区のブドウを100%使用する必要があります。

    スロベニアのワイン法では、最上位にあたるZGPが2つのランクに分類されています。最上級のヴルフンスコ・ヴィノVrhunsko vino ZGP(統制保証原産)と、それに次ぐカコヴォストノ・ヴィノKakovostno vino ZGP(統制保証原産)です。

     最上級の認定を受けるためには、まず上級のKakovostno vino ZGPとなり、その上で厳しい審査をパスしなければなりません。定められた時期に収穫されたかどうかを報告すること、またスパークリングワインを除き補糖や補酸、除酸は原則禁止、濃縮果汁の添加も一切禁止といった厳格なワイン製造が義務付けられています。

    4種の白ブドウを使用し、半甘口に仕上げた白ワイン。 KONJICANとは、ワイナリーがある小さな町、スロヴェンスケ・コニツェ(Slovenske Konjice)に暮らす人、という意味。昔から地元の人々に好まれる味わいを守り続けていることから、この名がつけられた。
    ※ポルスーホは、スロベニア後で半甘口の意味です。



    || 商品名

    || テイスティングコメント

    ズラティ・グリツ
    ZLATI GRIC

    スロベニア独立と共に復活した、古代ローマ時代から続くワインの聖地「黄金の丘」より国民的人気を集めるワイナリー

    ズラティ・グリツ



    アブルッツォで最も注目を集めるワイナリーの一つ

    ズラティ・グリツは、スロベニア独立と同年である1991年に、スロベニア東部のポポリェ(Pohorje)山脈南部に位置するスロヴェンスケ・コニツェ(Slovenske Konjice)近郊、シュカルツェ(SKALCE)という場所に設立されたワイナリーです。

    map

    緩やかな丘陵が連なる土地に、古くは古代ローマ時代に遡るほど昔からブドウ栽培が行われ、優れたワインが造られてきました。 その美しい景観と、その地から生まれる黄金色のワインを評して、この一帯は古くから「黄金の丘=ZLATI GRIC(ズラティ・グリツ)」と呼ばれていました。ワイナリーには、その言葉がそのまま使われています。

    ズラティ・グリツが評価を高めたのは、2012年のイギリスのワイン専門誌「デキャンター」のコンクールの結果がきっかけでした。当時、まだ知名度が低かったワイナリーでしたが、コンクールで見事ゴールデントロフィを受賞し、スロベニア国内はもとより、海外での認知度が一気に高まりました。その結果、現在ではスロベニア国内の300件以上のレストランが、ズラティ・グリツのワインをオンリストしている程です。

    現在、ズラティ・グリツは地元を代表するワイナリーとして、ワイン生産だけでなく、ワインツーリズムにも力を入れています。 ブドウ畑のある黄金の丘陵地帯に拓かれた9ホールのゴルフコース、またブドウ畑を見渡す場所には、アパートメント(宿泊・滞在施設)とレストランもあります。顧客に「黄金の丘」と呼ばれるポドラウイエの景観、連なるブドウ畑やワイナリー内での滞在を通して、スロベニアの料理とワインを体験してもらうこと、また観光資源を増やし、地元に貢献することも目的の一つとなっています。

    ワイナリー



    photo

    || ワイン造り
    設立当初より品質重視の姿勢を貫いており、ブドウ畑の平均樹齢は35年と総じて高いのが特徴です。 75ヘクタールの自社畑のうち1/4はシャルドネやピノ・グリ、ピノ・ノワールといった国際品種を栽培しています。それぞれの品種特製や、ポドラウイエのテロワール、スロベニアの人々が愛してきたスタイルを表現するため、設備や醸造方法にもこだわりが見えます。



    photo

    || 国内外で厚く信頼される
    誠実な醸造家

    現在醸造家を務めるのはサーショ・トポレシェク氏。彼は子供の頃から、ズラティ・グリツの初代醸造家である父の傍らで醸造について学び続け、父の引退に伴い二代目として醸造家に就任しました。



    就任後も、彼は自身の技術を高めるため、勉強を続け、時に海外に教えを請いに出かけてゆきました。 スパークリングワインの製法についてフランスで学び、さらに2019年にはピノ・ノワール種の扱いについてNZで学んできました。 彼の真摯な人柄は周囲の人からも深く信頼されており、現在、スロベニア産ワインの国内コンクールにおいて常任メンバーの一人としても活躍しています。また、ウィーン国際コンクール(オーストリア)の審査メンバーとしても毎年活躍しています。



    中央ヨーロッパ最古の修道院で熟成させる、特別なスパークリングワイン



    スパークリングワインは中央ヨーロッパ最古である、ジーチェ(ZICE)のカルトゥス修道院内セラーで熟成させています。
    記録を紐解けば、西暦1467年には、修道院内の食堂兼宿泊所であるガストゥーシュ(GASTUZ)でワインが提供されていた記録があります。当時からワインはアーチ形天井の石造りのセラーで管理されていたそうです。石造りのセラーは、年間を通してワインに最適な温度・湿度を保つため、長期熟成させる瓶内二次発酵式(シャンパーニュ方式)のスパークリングワイン造りには最適な環境と言えます。
    ズラティ・グリツでは、ここで白・ロゼのスパークリングワインを合計でおよそ60000本熟成させています。



    香り高さが自慢のスティルワイン



    ワインの95%は、エレガントな味わい、フレッシュであること、アロマティックであることを重視し、還元的な製法(酸素に触れることが少ない手法)でワイン製造が行われています。
    還元的な製法とは、ワイン造りから瓶詰まで、工程のほぼ全てに渡って、ワインが酸素と触れないように整えた手法を指しています。 プレス後、果汁は密閉されたステンレス鋼タンク内で醸造が進行してゆき、ワインへ仕上がってゆきます。このプロセスの中で外気へ触れる、つまり酸化が進む可能性はゼロに近くなります。結果、ワインは最大限アロマが保持された状態で瓶詰されることになります。

    残り5%のワインは、反対に酸化的な製造方法を取ります。こちらは特製の220リットルバリック(小樽)を使用します。樽を使うワインはリースリングやシャルドネ、ブルー・フランコニアン等です。



    2400年の歴史を誇るスロベニアワイン

    東ヨーロッパに位置するスロベニアは、国土面積20273平方キロメートル、周囲の国々と比べて小さな国ですが、国土は多様性に富み、北はオーストリアに接しアルプス山脈を臨み、西にはアドリア海、東にはハンガリー平原が見渡せます。
    1991年に独立した若い国ですが、ワイン造りの歴史は非常に古く、ローマ人がフランスやスペインにワイン造りを持ち込んだ時期よりも前、ケルト人やイリュリア人が住んでいた時代から、すでにワイン造りが行われていたと言われています。 ワインベルトと呼ばれるブドウ栽培可能な地域の中にあり、緯度はフランスのブルゴーニュと同じで、気候や土壌にも類似点が見られます。
    生産量の7割近くが白ワインである点、また単一品種ワインが多い点が特徴です。

    スロベニアには3つのワイン生産地域が存在しますが、その中でさらに9つの細分化された地域があり、各場所に顕著なミクロクリマや土壌、気候が存在するため、それぞれが個性的なワインを生み出しています。 3つの地域とは、地図中で緑色で表示されているポドラウイエ (Podravje) 地域、青色で表示されている ポサウイエ (Posavje) 地域、そして赤色で表示されているプリモルスカ (Primorska) 地域の3つです。  ポドラウイエはスパークリングワインや香り高い白ワインの産地として有名です。また一部アイスワインなど甘口ワインも多く造られています。ポサウイエは複数品種をブレンドするワインが多く、白ワインやロゼワインが多く造られています。もう一つのプリモルスカはアドリア海に近く、内陸部の2産地より温暖な気候である事から、白ワインだけでなく、赤ワインも多数生産されています。 それぞれの地域の中には、統制保証原産地区 (ZGP)が複数制定されています。このZGPは、さらに3つのランクに分けられていますが、いずれもEU規格であるPDO(仏語AOP)に相当します。

    ズラティ・グリツは、東部のポドラウイエに属しています。この地域はスロベニア最大のワイン産地であり、優れた白ワイン、スパークリングワイン産地として徐々に存在感を示し始めています。白ブドウの栽培が主体ですが、パンノニア平原など一部の温暖な地域では、古くから伝わるブルー・フランコニアン(ブラウフレンキッシュ)をはじめ、黒ブドウが栽培されています。

    ポドラウイエ地域の中で大部分を占めるシュタイエルスカ・スロベニア地区は、ソーヴィニョン・ブランやリースリング、ピノ・グリ、トラミナーを使った高品質な白ワインで知られています。古代ローマ時代には銘醸地として記録されており、複雑な地層、大陸性気候の影響を受け、エレガントで、香り高い白ワインが現在も造られています。
    また、この地域には瓶内二次発酵による伝統的なスパークリングワイン造りの歴史があります。現在もその製法・熟成庫が受け継がれており、150年以上前から変らぬ工程で受け継がれています。
    また、甘口ワイン、アイスワインなどデザートワインも生産されており、近年では国際コンクールで受賞する事も多く、その品質の高さが徐々に注目を集めています。





    ワイン法

    他のヨーロッパ諸国と同様、スロベニアにも厳格なワイン法が存在します。
    EUで原産地呼称保護ワイン(PDO/フランス語でAOP)という分類になる上位ワインは、ZGP(統制保証原産)という分類です。その下に、地理的表示保護(PGI/フランス語でIGP)という分類にあたるデジェウノ・ヴィノDezelno vino PGOが続き、最下層には、いわゆるテーブルワイン(Namizo vino)が入ります。ZGPの認定を受ける場合、その指定地区のブドウを100%使用する必要があります。

    スロベニアのワイン法では、最上位にあたるZGPが2つのランクに分類されています。最上級のヴルフンスコ・ヴィノVrhunsko vino ZGP(統制保証原産)と、それに次ぐカコヴォストノ・ヴィノKakovostno vino ZGP(統制保証原産)です。

     最上級の認定を受けるためには、まず上級のKakovostno vino ZGPとなり、その上で厳しい審査をパスしなければなりません。定められた時期に収穫されたかどうかを報告すること、またスパークリングワインを除き補糖や補酸、除酸は原則禁止、濃縮果汁の添加も一切禁止といった厳格なワイン製造が義務付けられています。

    4種の白ブドウを使用し、半甘口に仕上げた白ワイン。 KONJICANとは、ワイナリーがある小さな町、スロヴェンスケ・コニツェ(Slovenske Konjice)に暮らす人、という意味。昔から地元の人々に好まれる味わいを守り続けていることから、この名がつけられた。
    ※ポルスーホは、スロベニア後で半甘口の意味です。



    ギフト(有料)
    追加について

    ギフトボックス(1本用 / 2本用)(有料275円)

    750mlサイズのお好みのワインを入れることが出来ます。

    ※ギフトボックスと一緒にワインを複数本、お買い求め頂いたは、どちらの商品をギフトボックスに入れるか、注文時に「備考欄」にてご連絡ください。

    ワイン用紙袋(1本用)(有料176円)

    袋の色はクールグレーのみとなります。
    ワイン1本、もしくは1本用ギフトボックスを入れることが出来ます。

    ワイン用袋(1~3本用)(有料110円~)

    「もっと気軽にワインを持ち運びたい」そんな皆様の声にお応えし、ワインショップソムリエロゴ入りワイン用袋をご用意しました。
    1本用・2本用・3本用の3種取り揃えておりますので用途に合わせてお選びくださいませ。

    みんなのレビュー

    コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ  2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml

    コニツァン・ポルスーホ ズラティ・グリツ 2020年 スロベニア ポドラウイエ 白ワイン 半甘口 750ml

    4.00点 (1件の評価

    チャミ さん

    投稿日時:2023/03/02 20:27:56

    自然で上品な甘さの美味しいワインです(*´꒳`*)

     蜂蜜、レモンやグレープフルーツ系の柑橘類、青リンゴ、石の様なミネラルの香りと味わい。スッキリした甘さの上品なワインです(*´ω`*)

    あなたのレビュー

    ご購入商品のレビュー書き込みでポイントプレゼント!

    レビューを投稿するにはログインしてください。

    ワイン名(原語)コニツァン・ポルスーホ
    (KONJICAN POLSUHO)
    生産者(原語)ズラティ・グリツ
    (ZLATI GRIC)
    原産国・地域スロベニア・ポドラウイエ
    原産地呼称Kakovostno vino ZGP
    ヴィンテージ2020年
    ぶどう品種(栽培比率)リースリング、ピノ・ブラン、ヴェルシュ・リースリング、ミュラー・トゥルガウ
    タイプ
    内容量750ml
    ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
    保存方法要冷蔵 18℃以下

    合わせて購入されている
    人気商品

    最近チェックした商品

    メニュー

    ゴールデンフェス
    ワインフェスSALE

    タイプ別で探す

    産地で探す

    こだわりワイン

    金賞・メディア掲載

    ワイン雑貨

    こだわりの食品

    ワインセットを探す

    今一押しワインセット

    ギフト

    おすすめギフト

    特集・お得情報

    おすすめ特集

    ご注文は24時間365日受付!
    平日・土曜日12時までの
    ご注文で当日出荷!

    ご注文は24時間365日受付!

    ただ今、配送が混雑しております。
    ご注文から営業日以内出荷予定

    今から注文で2023/1/5(木)より順次発送

    出荷日カレンダー

    出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。


    ただ今、配送が混雑しております。
    ご注文から営業日以内出荷予定


    出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

    今から注文で配達所要日数

    今から注文で配達所要日数

    今から注文で配達所要日数

    今から注文で配達所要日数

    • ※離島・一部地域を除きます。
    • ※日数はあくまで目安であり、確約するものではございません。
      配送業者の状況により、遅延が生じる場合もございます。