Cristia Collection
クリスティア・コレクション
ロバート・パーカー氏始め、
様々なメディアで話題の ドメーヌ・ド・クリスティア 


自身の名前を冠して、
ローヌ南部の高品質なワインをセレクトする、


ローヌ好きにはたまらないシリーズが
クリスティア・コレクションです!!




その条件は : 自然な栽培(ビオロジックかリュットレゾネ)を行っていること
       :  生産地の特徴(テロワール)をしっかり表現していること


~クリスティアコレクションの狙いとは?~ 生産者の一人、ドミニクが語ります。


ネゴシアンモノであるクリスティアコレクションを造った目的は、
クオリティが高いが、まだまだ知られていない南部ローヌのワインを、
より多くの方に知ってもらい、その発展に寄与することです。


このプロジェクトは2000年代に入って、バプティストと彼の妹のドミニク、
そして彼の弟のフローレンとが徐々に進めてきたものです。


ジゴンダス、ヴァケイラス、ケランヌ、ラストー、ヴァントゥー等、

彼らは様々な地域でクオリティの高い生産者を見つけ、
この地域のワインが素晴らしいことを多くの人に知ってもらい、
南ローヌのビジネスを促進させることにつなげたい、

このような思いからこのアイディアは生まれました。


また、これは我々の「ドメーヌ・ド・クリスティア」の対になるものとして
造られたレンジでもあります。

セレクトの条件としては、ワインの味わい自体が完璧というだけでなく、
栽培にまでこだわり、リュット・レゾネ(極力自然に近い農法)を実施し、
畑仕事に力を入れる生産者であるということも重視しています。


我々は、自身のラベルにも、ネゴシアンとしてのラベルに対しても同じ姿勢で臨んでいます。2010年から、ようやく準備が整い、二つのレンジをリリースできるようになりました。

ワインをただ販売するだけでなく、この趣旨、
スタイルがお客様に受け入れられるようになることが我々の願いです。



パーカー氏が98点を贈り、
新進気鋭の注目すべき生産者として名を挙げる
「ドメーヌ・ド・クリスティア」

彼らがセレクトする、南ローヌのオールスターが、
いよいよ日本上陸です!!!



南ローヌのワインはまだまだ日本では
あまり知られていませんが、


実は他のヨーロッパ、アメリカでは大人気で、
彼らのワインは予約しないと手に入らない程!!


それぞれが個性的な南ローヌのワイン、

しかも 安心のクリスティアセレクション で、
是非お試しください!!

エラー
  • 該当がありませんでした。

季節のおすすめ

  • バローロ
  • マリス
  • アドス
  • カンポス
  • キャンティ
  • アンバル