公式サイトは最低価格保証 ワイン、シャンパンの通販・販売ならスタッフが全員ソムリエのワインショップソムリエにお任せください!

飲食店様向け
酒類仕入れはこちら

  • 商品を探す

  • ワインセットを探す

  • ギフト

  • 特集・お得情報

  • 商品を探す
  • ワインセットを探す
  • ギフト
  • 特集・お得情報

お得なワインセット

今一押しワインセット

名入れ彫刻ワイン

SALE

おすすめ特集

  • 父の日彫刻ワイン
  • ワイン診断
  • スタンプラリー

お得情報

今から注文で最短日()出荷

最新の出荷スケジュールについては
こちらをクリック

ソムリエ厳選 ロワールワイン

「ロワール」は、長さが1000キロ以上もあるロワール河に沿って、山間部から海のそばまで点在するワイン産地です。

パリの南~南西に位置し、フランス歴代王家が城館を構えたことでも知られる優雅な雰囲気が魅力の地域です。

一方で、風光明媚で環境に対する意識も高く、自然派ワインの生産地として最も知られている産地の一つでもあります。

産地で探す
タイプ別で探す
主要ブドウ品種で探す
キーワードで探す
生産者で探す

ロワールワインの特徴と通販での選び方

「フランスの庭」とも呼ばれる風光明媚なワイン産地、ロワール。

全長1,000kmを超えるロワール川流域は、100を超える城が建ち並ぶ世界屈指の観光地でもあります。

ロワールは、フランスでも最大規模を誇る広大なワイン産地です。

ここでは、ロワールワインを飲んでみたいという方のために、同産地の特徴や通販での選び方についてお伝えしていきます。

パリの南から南西に位置するロワールは、フランス最長のロワール川流域に産地が広がっており、さらに11世紀から15世紀の間に建築された古城なども建ち並ぶ、風光明媚な産地として知られています。

ロワールでは大きくわけて、

・ペイ・ナンテ地区
・アンジュー・ソーミュール地区
・トゥーレーヌ地区
・サントル・ニヴェルネ地区

といった4つの主なワイン産地地区があり、それぞれの地区で個性の違うユニークなワインが生産されています。

ペイ・ナンテ地区では、「ミュスカデ」という白ブドウ品種が主要品種であり、滓(かす)と一緒に樽内で一定期間熟成させる「シュール・リー」という独特な製法が義務づけられています。

アンジュー・ソーミュール地区では、「AOCロゼ・ダンジュー」をはじめとしたロゼワインが多く造られています。
AOCとは「産地の個性を守るための法的な規制」のことです。
その他にもシュナンを使用した甘口ワインや貴腐ワインが造られています。

トゥーレーヌ地区は、世界的にも有名な「AOCシノン」や「AOCブルグイユ」があり、「ブルトン」と呼ばれているカベルネ・フラン種から造られる赤ワインが有名です。

サントル・ニヴェルネ地区は、ロワール川のもっとも上流に位置しており、ブルゴーニュ地方と同じ大陸性気候といった気候区分になっているのが特徴です。

ロワール川周辺の土壌は石灰質土壌が混じりだしており、「ソーヴィニヨン・ブラン」や「ピノ・ノワール」なども栽培されています。

また、ロワールは自然派ワインの宝庫としても知られており、数多くのビオワイン生産者がいることでも有名です。

このように、ロワールは広い地域のため特徴をひと言で言い表すのは難しいですが、多種多様な個性を持ったワインが造られているというイメージで良いでしょう。

味の特徴

ロワールワインは、その地区によって使用されているブドウ品種や製法が違うため、味わいの特徴をひとまとめにするのは難しいのですが、全体的に「爽やか」な味わいという共通点があります。

なぜならロワールは、北緯47度という高緯度にあるため、とても冷涼な地域だからです。

暖かい気候の産地ではブドウの糖度が上がりますが、成熟のピーク以降は酸が落ちて行くため収穫時には糖が高めで酸が低めのブドウとなります。

一方、ロワールは冷涼であるため、糖度が急激に上がることはありませんが、酸の減少が少なくバランスの良いブドウが収穫できます。

そのため、全体的な味わいは軽く爽やかなものとなり、飲み心地のよいスッキリとしたワインが楽しめるのです。
ロワールの赤ワイン
ロワールの赤ワインは、主に「トゥーレーヌ地区」と「サントル・ニヴェルネ地区」で造られているものが多く、主要なブドウ品種は「カベルネ・フラン」です。

サントル・ニヴェルネ地区では、一部ピノ・ノワールを使用したワインも造られています。

カベルネ・フランは、「カベルネ・ソーヴィニヨン」などに似た、ハーブの青さを感じさせるのが特徴です。
涼しいロワールではそういったニュアンスが良く出る事もあり、フレッシュな印象の赤ワインとなります。

ロワールの赤ワインはライトボディからミディアムボディのものが主体で、全体的にブルーベリーやさくらんぼのコンフィ、若い杉のような香りなど、フレッシュな香りと風味を持った爽やかな味わいです。

一部、自然派ワインの中には個性のある獣肉やスパイス感のものが見られますが、全体的には、爽やかで軽快な味わいの赤ワインが多い傾向です。
ロワールの白ワイン
ロワールの白ワインというと、

・ペイ・ナンテ地区
・アンジュー・ソーミュール地区

が産地として有名ですが、「トゥーレーヌ地区」、「サントル・ニヴェルネ地区」でも品質の高い白ワインが造られています。

主要なブドウ品種は、「シュナン・ブラン」や「ソーヴィニヨン・ブラン」で、単一品種から造られることが多い傾向にあります。
全体的には、赤ワインと同様に爽やかで軽快なものが多いのが特徴です。

シュナン・ブランから作られたワインは、爽やかな味わいが特徴的です。
色合いが淡く、柑橘系や黄色いリンゴ、トロピカルフルーツなどの風味を持っています。
中甘口、極甘口のワインでは、ハチミツやアプリコット、丸みのある柔らかな味わいに変化します。

ソーヴィニヨン・ブランは、冷涼な産地らしいハーブや柑橘系、青リンゴを思わせるようなフレッシュな香りがあり、酸もしっかりとした爽やかな味わいが特徴的です。

また、サントル・ニヴェルネ地区のソーヴィニヨン・ブランは、ややスモーキーな風味を楽しめるものがあるなど、同じロワールでも地区によって違った味わいを楽しめます。

ロワールワインに使われているブドウ品種

ロワールワインには、さまざまなブドウ品種が使用されています。
その中でも、ロワールワインに重要とされている主要品種を紹介していきましょう。
ソーヴィニョン・ブラン
ソーヴィニョン・ブランはボルドーやニュージーランドで有名な、青ネギに喩えられる特徴的な香りを放つ白ブドウ品種です。

ロワールの、

・トゥーレーヌ地区
・サントル・ニヴェルネ地区

で主に栽培されており、ハーブと柑橘系の香り豊かでフレッシュ。
夏場にぴったりの白ワインを生み出します。

ソーヴィニョン・ブランは石灰質土壌や粘土質土壌でその個性が変わるため、トゥーレーヌ地区では比較的フルーツの甘さを思わせるニュアンスがあるものが多く見受けられます。

サントル・ニヴェルネ地区では、スモーキーな香りを放つソーヴィニヨン・ブランも存在しますが、そのスモーキーなニュアンスから「ブラン・ヒュメ(燻製された白ブドウという意味)」とも呼ばれています。
シャルドネ
シャルドネは、ブルゴーニュの主要品種で「白ワインの女王」として知られるブドウです。
ロワール地方の涼しい気候や石灰質の土壌を有する地域と親和性が高く、

・アンジュー・ソーミュール地区
・トゥーレーヌ地区

といった中流域の主要品種として活躍しています。

シャルドネは生産者によって味わいの個性が異なります。
樽を効かせたものはナッツやクリーム、ネクタリンといった”甘さとこってり感“が重視されます。
そして、ステンレスタンクで仕上げられたものは、レモンや白桃、白い花を感じさせる「フレッシュな味わい」に仕上げられています。
ピノ・ノワール
ブルゴーニュの赤ワインの主要品種であるピノ・ノワールは、ロワールでも主要な品種として使用されています。

主に

・ペイ・ナンテ地区やトゥーレーヌ地区
・サントル・ニヴェルネ地区

の「AOCサンセール」で使用されています。

カシスの香りやイチゴ、フレッシュなフルーツを思わせるライトな風味の赤ワインが多く見受けられます。

トゥーレーヌ地区では、華やかで香り豊かな赤ワインが造られていますが、ピノ・ノワールをロゼワインに使用する事もあります。
シュナン・ブラン
シュナン・ブランはロワール渓谷原産の白ワイン用ブドウ品種です。
爽やかな辛口ワインから甘口のデザートワインからスパークリングワインまで、さまざまなスタイルを生み出す酸味に富んだ白ブドウです。

シュナン・ブランは主に

・アンジュー・ソーミュール地区
・トゥーレーヌ地区

で使用されることが多く、別名で「ピノー・ド・ラ・ロワール」とも呼ばれています。

淡く黄色みがかった外観の白ワインを生み出し、柑橘系や花、蜜のような風味が特徴的です。

カベルネ・フラン

ロワールの赤ワインの主要品種である、カベルネ・フラン。

人気のブドウ品種「カベルネ・ソーヴィニヨン」の親品種であり、

・アンジュー・ソーミュール地区
・トゥーレーヌ地区

といったロワール中流域で活躍しています。

カベルネ・フランは中くらいの濃さの色合いで、さくらんぼ、カシス、ブルーベリー、紫色の花のような華やかな香りを持ちます。

さらにハーブのニュアンスやスパイシーさ、杉を思わせる香りもワインに複雑性を与えます。カベルネ・フランの渋みは強過ぎないので、バランスのよいエレガントなワインとなるのが特徴です。

ロワールワインを通販で選ぶ際、どのような部分に注目して選べばよいか迷っている方もいるでしょう。

ここではシチュエーション別で、ロワールワインの選び方をお伝えします。

初めてロワールワインをお飲みになる方へ

ロワールワインは、幅広い種類のワインがあり、初めての方はどれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

フランス北部の冷涼な産地であるロワールは、白ワインの生産量が多く、総じて爽やかなワインが多く存在します。

迷った方は、「ミュスカデ」から始めてみるとよいでしょう。
ロワールらしい爽やかでフレッシュな白ワインを造る、ペイ・ナンテ地区のワインです。

ミュスカデは、一定期間発酵後の白ワインを滓(かす)と一緒に寝かせるシュール・リーという製法が用いられており、とてもフレッシュで爽やかな味わいのワインを生み出します。

香りは繊細ですが、

・レモンなどの柑橘系の香り
・引き締まった酸
・すっきりとした味わい

が特徴で、お食事とも合わせやすいのでおすすめです。

ワインショップソムリエでも、ミュスカデのワインをお取扱いしています。

ミュスカデで人気の高いワインを、1本ご紹介します。
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール
環境に配慮したブドウ栽培を心掛ける、ロワールの名手「ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール」の醸す、「ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー」。

リュット・レゾネという、農薬を極力仕様しない農法で栽培されたミュスカデを100%使用し、シュール・リー製法で仕上げた極上の1本です。

柑橘系やハーブのフレッシュな香りも魅力ですが、うまみもしっかりと感じられます。
初心者の方も飲みやすい、ロワールの魅力が詰まった白ワインです。

産地で選ぶ

ロワールのワイン産地は、

・ペイ・ナンテ地区
・アンジュー・ソーミュール地区
・トゥーレーヌ地区
・サントル・ニヴェルネ地区

の4つの地区に分かれています。

ペイ・ナンテ地区は下流。
アンジュー・ソーミュール地区とトゥーレーヌ地区は中流。
そして、サントル・ニヴェルネ地区は上流の産地として分けると選びやすいでしょう。

まず、下流は大西洋沿いであることから大西洋気候の影響を受けるため、日照に恵まれており、海からの涼しい風が入ってくるのが特徴です。
そのため下流ではミュスカデに代表される、爽やかでフレッシュな味わいのワインを楽しめます。

次に中流域ですが、上流に向かっていくにつれて大陸性気候の影響や石灰質土壌が増えてくるため、さまざまなタイプのワインが作られています。
特に、

・カベルネ・フランからの赤ワイン
・シュナン・ブランからの甘口ワインやスパークリングワイン
・華やかな香りの白ワイン

などが多く見受けられます。

下流と比較すると、やや果実味が豊かで、ワインに厚みも出てくる印象です。
また、ロゼワインも豊富に揃っているので、爽やかで複雑性のある赤ワインやロゼワインを楽しみたい方にはおすすめです。

最後にロワールの上流ですが、最上流はフランスの中央付近に位置していてブルゴーニュのシャブリ地区とも近いため、ブルゴーニュ地方の影響が感じられるのが特徴です。

粘土質や石灰質、ケイ酸質のれき岩など、大陸性気候の影響を受けており、ブルゴーニュ地方を思わせる土壌では、

・ピノ・ノワール
・ガメイ
・ソーヴィニヨン・ブラン
・一部スイスの主要品種であるシャスラ

も栽培されています。

酸をしっかりと残した爽やかな白ワインから、華やかな香りのライトボディのピノ・ノワール、スモーキーな香りを持つ「AOCプイイ・ヒュメ」のソーヴィニヨン・ブランなど、個性豊かなワインが揃っています。

ガメイとピノ・ノワールのブレンドなど、上流のロワールワインは、ブルゴーニュワインと飲み比べて比較したい方にもおすすめです。


このように、ロワールワインは全体的に爽やかでフレッシュな味わいという点が共通します。
その中でも、

・下流はより爽やか
・中流はミディアムボディタイプ
・上流がブルゴーニュを思わせる個性的な味わい

といった感じで覚えておくと選びやすいでしょう。

食べる食材に合わせる

ロワールワインを選ぶ際、お食事との組み合わせを考慮する方法もおすすめです。

本場ロワール地方では、郷土料理である「川なます」を使用した料理にミュスカデ。

豚肉のペーストにはトゥーレーヌ地区の赤ワインや白ワイン、ロゼワインなどが合わせられています。

魚介類や肉類などと相性の良いワインをロワールから選びたい場合、ワインショップソムリエのカテゴリーページにある「◼︎キーワードで探す」からお探しいただけますので、ぜひご活用ください。

他のワインとの比較

ロワールワインは、ボルドーやブルゴーニュなどの有名産地と比較されることが多い産地です。

ボルドーの主要品種である「カベルネ・フラン」や、上流の「サントル・ニヴェルネ地区」ではブルゴーニュ品種が使用されています。

ロワールワインはこれら産地に比べるとより北部に位置しているため冷涼で、全体的に軽快な味わいになっています。

また、一部ではボルドーやブルゴーニュのような長期熟成タイプのワインも見られますが、全体的には長期熟成を目的としたワインは少ないため、早く美味しくいただけるロワールワインが多いでしょう。

フルーツや花、甘さを感じる香り、柔らかな口当たりとしっかりとした酸など、ライトボディからミディアムボディの特徴を持つワインをお楽しみいただけます。

ロワールワインは、自然派ワインを造る生産者が多いことでも知られています。
そのため、自然派ワインをお探しの方にはロワールワインは特にピッタリです。

その理由をお伝えします。

自然派ワインの美味しさを存分に楽しみたい方

ロワールは、フランスのなかでも自然派な造りをする生産者が多い産地として知られています。

有機農法で栽培されたブドウを使用し、できるだけナチュラルな醸造によって生み出される自然派ワインは、その土地の味わいや品種個性をピュアに表現する味わいとして近年人気が出ています。

そしてロワールの自然派ワインはレベルが全体的に高く、品質が安定していることで知られています。

それには理由はいくつかあります。

まずは、ロワール地方に自然派古城が多く、手つかずの自然が多く残っていて、その風景を守ろうという動きがあることが挙げられます。
その土地の味わいを表現したいという思いはもちろん、地元や景観を大切にするという意識の高さが、品質の高さに繋がっていると考えられています。

さらに、ロワールでは使用可能なブドウ品種が多く、土壌もさまざまなタイプが存在しているので、新たなに自然派ワインにチャレンジしようという若い生産者が多かったことも関係しているでしょう。

周囲に有機農法を取り入れている生産者が多い事で、生産者はお互いに切磋琢磨をして、先人のアドバイスを受けながら高い品質を目指しています。


そして何より、農作物の有機栽培法のなかに「ビオディナミ」という農法をロワールやフランスに広めた「二コラ・ジョリー」という人物の存在がとても大きいと言われています。

彼の成功が、「この地で、自然派ワインが美味しく造ることができる」と、ロワールの生産者たちに勇気を与えたのです。
昨今は世界的に自然派ワインの流れが強まっていますが、特に品質が高く美味しい自然派ワインを楽しみたい方はロワールワインがピッタリです。

ワインショップソムリエでは、さまざまなロワールワインを揃えています。

ここでは、お客さまに人気の高いロワールワインを品種別でご紹介します。ぜひ、ワイン選びの参考にしてください。

ソーヴィニョン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブランはロワールで人気の高い、特徴的な香りを持つ白ワイン品種です。ここではワインショップソムリエでも人気のソーヴィニヨン・ブランを1本ご紹介します。
プイィ・フュメ ドメーヌ・ランボー
シレックスと呼ばれる、ロワール地方でも独特の土壌で栽培されたソーヴィニヨン・ブランを使用した「プイィ・フュメ ドメーヌ・ランボー」。

ロワールのプイィ・フュメは、燻製のような香りや火打石といった、他にはなかなか無い香りを持つソーヴィニヨン・ブランが生まれる産地として知られています。

「プイィ・フュメ ドメーヌ・ランボー」は力強さのある柑橘やハーブの香りと酸が特徴で、お食事との相性もとても良い逸品でしょう。

塩を振っただけのシンプルな焼魚のグリルや、ハーブを振った生ガキ、山菜のテンプラなどに合います。

シャルドネ

シャルドネは、ロワール地方の中でも人気の高いブドウ品種です。

ワインショップソムリエおすすめの、ロワールのシャルドネを1本ご紹介します。
シャルドネ ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール
ワインコンクールでも金賞受賞経歴を持つ、極上のロワールのシャルドネを使用した「シャルドネ ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール」。

滓(かす)や酵母の巧みな使い方で知られる生産者によって、しっかりとしたコクのあるシャルドネに仕上げられています。

メロンやレモン、パイナップルのようなフルーティーな香りが強過ぎず、あくまで繊細。ほど良い厚みと酸もしっかりとしており、飲み飽きしません。

バターやクリームとマッチします。
それだけでなく、前菜や、クリームを使った魚料理、野菜のグラタン、鶏肉の料理などにもおすすめのワインです。

日常使いにピッタリな、素晴らしいシャルドネです。

ピノ・ノワール

ロワール上流の赤ワインに多く使用され、軽やかな透明感を持つロワールのピノ・ノワール。

ワインショップソムリエで人気のピノ・ノワールを1本ご紹介します。
サンセール・ルージュ ドメーヌ・ランボー
サンセールの名手ドメーヌ・ランボーが手掛ける、希少価値の高いピノ・ノワール100%で造られた赤ワイン「サンセール・ルージュ」。

こちらのピノ・ノワールは石灰質土壌のブドウ畑で収穫されていて、ラズベリーやイチゴ、フランボワーズなどのような、チャーミングで華やかな香りが特徴です。

サンセールと言えば白ワインが有名ですが、サンセールの赤ワイン「サンセール・ルージュ」はワイン通から高い評価を得ている隠れた逸品です。

・透明感のある淡い色合いに
・繊細な香り
・瑞々しい果実味
・引き締まった酸
・渋過ぎない軽やかさ

など、ブルゴーニュワインにも引けをとらないクオリティと言えるでしょう。

適度な酸味とミネラル味は、出汁を使った和食等との相性も良いので、和のお食事と合わせてみてはいかがでしょうか。

シュナン・ブラン

ロワール地方の白ブドウ品種のなかでも、重要な存在であるシュナン・ブラン。

ワインショップソムリエで人気の高いシュナン・ブランをお試しください。
ソーミュール・ブラン ドメーヌ・デ・オ・ド・サンズィエ
シュナン・ブランの一大産地、ソーミュールで名を馳せる生産者「ドメーヌ・デ・オ・ド・サンズィエ」の醸す「ソーミュール・ブラン」。

数々の受賞歴を誇る1本であり、世界中のワイン愛好者が高い評価をくだしているワインです。
リュット・レゾネの基準に従いながら厳格な栽培管理のもと、高品質なシュナン・ブランを栽培・収穫。

ナチュラルな味わいに仕上げられたことで、

・グリーンがかった若々しい色合い
・柑橘系の香り
・レモンキャンディーを思わせる甘さ

を楽しめます。

口の中にスッキリとした柑橘系の余韻を残しながらも、お料理の邪魔をしない極上の1本に仕上がっています。

カベルネ・フラン

ロワールの赤ワインの主要品種と言えば、カベルネ・フラン。

ワインショップソムリエで人気のカベルネ・フランをご紹介します。
トゥーレーヌ・ロゼ・ヴェール・ガラン カーヴ・ド・モンルイ NV
カベルネ・フランを主体とした、ロワール中流域の銘醸地トゥーレーヌが誇る、カベルネ・フランを主体としたスパークリングワイン「トゥーレーヌ・ロゼ・ヴェール・ガラン カーヴ・ド・モンルイ NV」。

環境やテロワール(土壌や気候など栽培地域の特徴)を大切にする自然派生産者集団が生み出すスパークリングワインであり、シャンパーニュと同様の瓶内二次発酵で造られる、高品質な味わいが特徴です。

完熟したブドウのみを使用しており、きめ細かな泡と充実した果実の風味と、軽やかな酸とフレッシュなイチゴをかじったような、ジューシーで甘酸っぱい味わいがたまらない1本です。

タイプで絞り込む

  • 赤ワイン

  • 白ワイン

  • 泡(シャンパン)

キーワードで絞り込む

1 ~ 15 件目を表示しています。(全18件)
並べ替え
希望小売価格 57,412円(税込)
ソムリエ価格:
47,275円 (税込)
売り切れ
[ このワインのアロマ ]

柑橘類

青リンゴ

レモン

  • ボディ(コク)
    ミディアムライト
希望小売価格 1,727円(税込)
ソムリエ価格:
1,463円 (税込)

総合評価

(4.46)  
売り切れ
[ このワインのアロマ ]

アプリコット

柑橘類

オレンジの皮

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 3,267円(税込)
ソムリエ価格:
2,783円 (税込)

総合評価

(5.00)  
売り切れ
[ このワインのアロマ ]

フランボワーズ

リコリス

スミレ

  • ボディ(コク)
    ミディアムライト
希望小売価格 4,312円(税込)
ソムリエ価格:
3,674円 (税込)
[ このワインのアロマ ]

柑橘類

ハチミツ

花梨

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 2,640円(税込)
ソムリエ価格:
2,244円 (税込)
[ このワインのアロマ ]

カシス

ピーマン

レッドカラント

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 3,421円(税込)
ソムリエ価格:
2,915円 (税込)

総合評価

(4.50)  
売り切れ
希望小売価格 3,575円(税込)
ソムリエ価格:
3,047円 (税込)
[ このワインのアロマ ]

柑橘類

ハチミツ

花梨

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 3,652円(税込)
ソムリエ価格:
3,113円 (税込)

総合評価

(4.00)  
[ このワインのアロマ ]

柑橘類

ハチミツ

花梨

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 3,245円(税込)
ソムリエ価格:
2,761円 (税込)

総合評価

(4.00)  
希望小売価格 2,667円(税込)
ソムリエ価格:
2,310円 (税込)
売り切れ
[ このワインのアロマ ]

アカシアの花

青リンゴ

レモン

  • ボディ(コク)
    ミディアムライト
希望小売価格 2,354円(税込)
ソムリエ価格:
2,002円 (税込)

総合評価

(4.42)  
1 ~ 15 件目を表示しています。(全18件)
並べ替え

特集一覧

  • 名入れ彫刻ワイン

    "記憶"と"形"に残るプレゼント

  • ワインショップソムリエのギフト

    贈り手の想いを伝えるソムリエギフト

  • ワイン診断

    ソムリエAIがあなたのワインタイプと、今の気分にぴったりのワインを解析!

  • 今月の送料無料ワイン

    新しいワインが期間限定で1本から送料無料

  • スタンプラリー

    スタンプラリー参加で
    豪華商品が必ず当たる!

  • グランピングワインズ

    オリジナルカラビナ付き!
    1.5Lアウトドア用オーガニックワイン

  • ガブワイン

    750mlワインボトル換算で、
    なんと1本あたり435円!

  • マリアージュデリ

    ワインとのマリアージュを
    考えてくられた理想のおつまみ

  • ソムリエ食品市場

    世界中から、
    美味しいおつまみが大集合!

  • 世界のバル気分

    ワインと贅沢おつまみセット

  • 世界のヴィンテージチャート

    当たり年が分かる!
    ヴィンテージチャート

  • ワインのトリセツ #1.基礎知識編

    ソムリエが教える
    “美味しい”ワインの基礎講座

  • ワイン女子会のススメ

    今おとな女子の間で
    ワインがブーム!

  • カベルネ・ソーヴィニョンの魅力

    世界中で活躍する、
    フルボディワイン界の立役者

  • ピノ・ノワールの魅力

    世界で最も高値が付けられる
    高貴品種

  • 島耕作限定ラベルワイン

    島耕作×ワインショップソムリエコラボ

  • 【公式】ポール・ダンジャン・エ・フィス

    英国王室用達シャンパーニュ

  • ソムリエ手帳

    ワインのおすすめ知識

  • ソムリエ新聞

    毎月ソムリエのニュースをお届け

  • 会員ランク制度

    会員ランクに応じて、
    限定の特典を進呈

メニュー

商品を探す

ワインセットを探す

今一押しワインセット

ギフト

おすすめギフト

特集・お得情報

おすすめ特集

タイプ別で探す

産地で探す

こだわりワイン

金賞・メディア掲載

ワイン雑貨

こだわりの食品

ご注文は24時間365日受付!
平日・土曜日12時までの
ご注文で当日出荷!

ご注文は24時間365日受付!

ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷日カレンダー

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。


ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定


※3/16に発生した宮城県・福島県沖地震の影響で、一部地域におきまして荷物お届けの遅延が生じております。
詳しい状況については、佐川急便のHPからご確認ください。

⇒ 佐川急便(地震に伴う荷物のお届けへの影響について)

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

  • ※離島・一部地域を除きます。
  • ※日数はあくまで目安であり、確約するものではございません。
    配送業者の状況により、遅延が生じる場合もございます。