公式サイトは最低価格保証 ワイン、シャンパンの通販・販売ならスタッフが全員ソムリエのワインショップソムリエにお任せください!

飲食店様向け
酒類仕入れはこちら

  • 商品を探す

  • ワインセットを探す

  • ギフト

  • 特集・お得情報

  • 商品を探す
  • ワインセットを探す
  • ギフト
  • 特集・お得情報

お得なワインセット

名入れ彫刻ワイン

SALE

おすすめ特集

  • ワイン診断
  • はじめてお買い物をする方へ
  • レビュー

お得情報

今から注文で最短日()出荷

最新の出荷スケジュールについては
こちらをクリック

2,739円 2,332円
ジョスム シャトー・フェラン・サン・ピエール 2017年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml
ジョスム シャトー・フェラン・サン・ピエール 2017年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml
ジョスム シャトー・フェラン・サン・ピエール 2017年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml
ジョスム シャトー・フェラン・サン・ピエール 2017年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml
ジョスム シャトー・フェラン・サン・ピエール 2017年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml
ジョスム シャトー・フェラン・サン・ピエール 2017年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml
このワインのアロマ

ブラックチェリー

プラム

スミレ

このワインの特徴
  • 濃密で凝縮した味わいを楽しむ、
    やや重いワイン
  • ボディ(コク)
    ミディアムフルボディ
  • 酸味
    中程度
  • 渋み
    やや強
果実味豊かフルボディ赤

ジョスム シャトー・フェラン・サン・ピエール 2017年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml

商品番号:2101020013723

品切

21 ポイント進呈

%OFF

希望小売価格:2,739円(税込)

ソムリエ価格:2,120円 (税込2,332円)

売り切れました

|| 商品名

|| テイスティングコメント

  • 商品説明
  • 商品情報
  • レビュー

ジョスム
JOSSEME

果実の香り豊かで飲み応えあるフルボディ赤ワイ

ジョスム

森に囲まれたブドウ畑から生まれる100%自然栽培ボルドー

ヨーロッパで広がるオーガニックワイン

オーガニックワインといえば、手間暇かかる→コスパ良くないというイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在、ヨーロッパでは「食の心配なく生活できること」に対する価値観がとても高まっており、
損得ではなく、情熱でオーガニック栽培を行う人がとても増えています。

このシャトー・フェランもそんな作り手の一人です。

畑

つくり手



このポリシーは、シャトー・フェランの中で一番安いこのワインに対しても変わることはありません。

「私たちのワインは普段の生活で食事と共に楽しんで欲しいと思っています。頻繁に飲むものだからこそ、自分自身も含め、飲む人には一切の不安を持って欲しくありません」
オーナーのベアトリスとアランはそう語ります。

科学的な薬剤を使用しないため、畑には昔からの自然酵母が住んでいまブドウに着いた自然酵母と果実のみ、そこから丁寧に造られたワインは、ボルドーらしい奥行きのある味わいだけでなく、すっと体になじむような優しい味わいと活き活きとした果実味を感じます。



フランス料理だけでなく、和食にも合わせ易い繊細な味わいで、最初にインパクトが強いタイプではなく、飲むほどに味が出る、そんな飲み飽きしないワインです。

ぜひ日々の家庭料理と合わせてお召し上がりください。

普段のメニューとワインがお互いを引き立てあって美味しさもアップ、いつも以上に充実したテーブルに家族の会話も弾みます。

和食とワイン

シャトー・フェラン・サン・ピエール | CHATEAU FERRAN SAINT PIERRE

ボルドーの玄関

シャトー・フェラン・サン・ピエールの所有する35haの畑は、 まるで森のように緑豊かです。ブドウの樹が植えられていることはもちろんですが、そのほか多くの木々も生い茂ります。
これは、栽培していく上でとても大切です。 一つの種に偏らず、生物の多様性で、自然とブドウ畑に生命の循環が生まれてくるようにする為です。 ブドウ畑と、隣接する森には、たくさんの昆虫、小鳥、小動物が住んでおり、例えば、除草剤を使わなくても、1種類の害虫が大発生する、というような被害はありません。

35haのうち、6ha が、このような森として保存されています。 シャトー・フェラン・サン・ピエールの所有する35haの畑は、 まるで森のように緑豊かです。ブドウの樹が植えられていることはもちろんですが、そのほか多くの木々も生い茂ります。
これは、栽培していく上でとても大切です。
一つの種に偏らず、生物の多様性で、自然とブドウ畑に生命の循環が生まれてくるようにする為です。 ブドウ畑と、隣接する森には、たくさんの昆虫、小鳥、小動物が住んでおり、例えば、除草剤を使わなくても、1種類の害虫が大発生する、というような被害はありません。

35haのうち、6ha が、このような森として保存されています。

シャトーの人々
認証について

ビオ認証を獲得

この地でワイン造りをしたいと考えたジュリアン・フェラン氏は、移り住む際に両親のベアトリスとアランも連れてきました。 この二人はビオディナミ栽培に熟達した栽培家でしたので、 まずその畑がどのような構造をしているのかを観察し、 畑に特有の酵母を分析し、どのようなブドウ品種と相性が良いのかを研究しました。 ブドウ品種と畑の適性が分かると、 残すべきブドウの樹は残し、残りはすべて植え変えました。 この時、既に相性が良いと判断された畑は「メルロ種」の畑で、現在では樹齢50年を超えています。 その他の畑も、今では樹齢30年を超えてきました。

馬を使います

畑を耕作するときは、馬を使います。 機会で踏み固めてしまっては、土が固くなりすぎ、樹にとってよくありません。 馬に犂を引かせることで、適度な土壌を造ることができます。 いま私たちの畑は、2つの認証を取得しています。 一つは2004年に取得した「エコセール」(ビオロジック栽培)その後 2010年には「デメテル」というビオディナミ栽培の認証も取得しました。 ブドウは全て手積み収穫を行います。

シャトー・フェラン・サン・ピエール訪問

ボルドーのアントル・ドゥ・メールにある、シャトー・フェラン・サンピエールを訪ねました。
このワイナリーはビオディナミを用いてワインを作っています。 朝の込み合ったボルドー市内を抜け、緑がさわやかな田舎道を車で1時間ほどの場所にこのシャトーはあります。

決して大きなシャトーではありませんが、自然との共存にこだわった素晴らしいワインづくりをしています。

まずは醸造所をご紹介頂きました。
左は昔ワインづくりに使用されていた、現在は使われていないタンクです。地面に埋まっています。 増築された新しいタンク貯蔵室には、ピカピカのステンレスタンクが設置されています。
昔ながらの建物の横には、増設された新しい醸造所があります。こちらの建物は空調が無くても気温が一定に保てるような素材が使われた壁で建ててあります。

白と赤ワインは別の部屋で貯蔵されます。
右の写真は赤ワインを貯蔵している部屋です。使用されている樽はサン・テミリオンにある他の自然派のシャトーで使われたものです。新樽を使うと木の特徴が出すぎてしまうので使用されません。

シャトー・フェラン・サンピエールでは、ビオディナミという自然の力を最大限に利用し、化学薬品をほぼ使わないという方法にのっとってブドウ栽培、およびワイン造りがされています。
例えば化学肥料ではなく、牛の角に子供の牝牛の糞とハーブを入れ土の中で寝かせた天然の肥料を自分たちで作って利用しています。
これらの作業は月の暦を使い、それに従って行われます。 そのおかげでワインもブドウが持つ特徴を存分に味わえる仕上がりになっています。

いくつかワインをテイスティングさせてもらいながら、おもてなしを受けました。2017年の霜被害や、2018年のベト病で多くの自然派のワイナリーが被害を受けた話を聞きつつ地元産のシャルキュトリーを頂きました。

テイスティングコメント

ジョスム

柔らかく飲みやすいメルロ種を多めに、香りと渋みのアクセントとしてカベルネを僅かに ブレンドする、レストランが好む使い勝手の良いボルドー赤ワインです。

まずカシスやプラム、ブラックベリーを思わせる果実味に溢れるアロマを最初に感じます。
穏やかな渋み、果実の甘みがバランス良く、するするっと心地よく飲み進められるタイプ。
口に含むと爽やかな果実味と酸味が爽やかな風味を感じさせ、飲み飽きしない 優しい味わいも感じます。バランスが良く、和洋問わず肉料理に幅広く使えるワイン。

|| 商品名

|| テイスティングコメント

ジョスム
JOSSEME

果実の香り豊かで飲み応えあるフルボディ赤ワイ

ジョスム

森に囲まれたブドウ畑から生まれる100%自然栽培ボルドー

ヨーロッパで広がるオーガニックワイン

オーガニックワインといえば、手間暇かかる→コスパ良くないというイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在、ヨーロッパでは「食の心配なく生活できること」に対する価値観がとても高まっており、
損得ではなく、情熱でオーガニック栽培を行う人がとても増えています。

このシャトー・フェランもそんな作り手の一人です。

畑

つくり手



このポリシーは、シャトー・フェランの中で一番安いこのワインに対しても変わることはありません。

「私たちのワインは普段の生活で食事と共に楽しんで欲しいと思っています。頻繁に飲むものだからこそ、自分自身も含め、飲む人には一切の不安を持って欲しくありません」
オーナーのベアトリスとアランはそう語ります。

科学的な薬剤を使用しないため、畑には昔からの自然酵母が住んでいまブドウに着いた自然酵母と果実のみ、そこから丁寧に造られたワインは、ボルドーらしい奥行きのある味わいだけでなく、すっと体になじむような優しい味わいと活き活きとした果実味を感じます。



フランス料理だけでなく、和食にも合わせ易い繊細な味わいで、最初にインパクトが強いタイプではなく、飲むほどに味が出る、そんな飲み飽きしないワインです。

ぜひ日々の家庭料理と合わせてお召し上がりください。

普段のメニューとワインがお互いを引き立てあって美味しさもアップ、いつも以上に充実したテーブルに家族の会話も弾みます。

和食とワイン

シャトー・フェラン・サン・ピエール | CHATEAU FERRAN SAINT PIERRE

ボルドーの玄関

シャトー・フェラン・サン・ピエールの所有する35haの畑は、 まるで森のように緑豊かです。ブドウの樹が植えられていることはもちろんですが、そのほか多くの木々も生い茂ります。
これは、栽培していく上でとても大切です。 一つの種に偏らず、生物の多様性で、自然とブドウ畑に生命の循環が生まれてくるようにする為です。 ブドウ畑と、隣接する森には、たくさんの昆虫、小鳥、小動物が住んでおり、例えば、除草剤を使わなくても、1種類の害虫が大発生する、というような被害はありません。

35haのうち、6ha が、このような森として保存されています。 シャトー・フェラン・サン・ピエールの所有する35haの畑は、 まるで森のように緑豊かです。ブドウの樹が植えられていることはもちろんですが、そのほか多くの木々も生い茂ります。
これは、栽培していく上でとても大切です。
一つの種に偏らず、生物の多様性で、自然とブドウ畑に生命の循環が生まれてくるようにする為です。 ブドウ畑と、隣接する森には、たくさんの昆虫、小鳥、小動物が住んでおり、例えば、除草剤を使わなくても、1種類の害虫が大発生する、というような被害はありません。

35haのうち、6ha が、このような森として保存されています。

シャトーの人々
認証について

ビオ認証を獲得

この地でワイン造りをしたいと考えたジュリアン・フェラン氏は、移り住む際に両親のベアトリスとアランも連れてきました。 この二人はビオディナミ栽培に熟達した栽培家でしたので、 まずその畑がどのような構造をしているのかを観察し、 畑に特有の酵母を分析し、どのようなブドウ品種と相性が良いのかを研究しました。 ブドウ品種と畑の適性が分かると、 残すべきブドウの樹は残し、残りはすべて植え変えました。 この時、既に相性が良いと判断された畑は「メルロ種」の畑で、現在では樹齢50年を超えています。 その他の畑も、今では樹齢30年を超えてきました。

馬を使います

畑を耕作するときは、馬を使います。 機会で踏み固めてしまっては、土が固くなりすぎ、樹にとってよくありません。 馬に犂を引かせることで、適度な土壌を造ることができます。 いま私たちの畑は、2つの認証を取得しています。 一つは2004年に取得した「エコセール」(ビオロジック栽培)その後 2010年には「デメテル」というビオディナミ栽培の認証も取得しました。 ブドウは全て手積み収穫を行います。

シャトー・フェラン・サン・ピエール訪問

ボルドーのアントル・ドゥ・メールにある、シャトー・フェラン・サンピエールを訪ねました。
このワイナリーはビオディナミを用いてワインを作っています。 朝の込み合ったボルドー市内を抜け、緑がさわやかな田舎道を車で1時間ほどの場所にこのシャトーはあります。

決して大きなシャトーではありませんが、自然との共存にこだわった素晴らしいワインづくりをしています。

まずは醸造所をご紹介頂きました。
左は昔ワインづくりに使用されていた、現在は使われていないタンクです。地面に埋まっています。 増築された新しいタンク貯蔵室には、ピカピカのステンレスタンクが設置されています。
昔ながらの建物の横には、増設された新しい醸造所があります。こちらの建物は空調が無くても気温が一定に保てるような素材が使われた壁で建ててあります。

白と赤ワインは別の部屋で貯蔵されます。
右の写真は赤ワインを貯蔵している部屋です。使用されている樽はサン・テミリオンにある他の自然派のシャトーで使われたものです。新樽を使うと木の特徴が出すぎてしまうので使用されません。

シャトー・フェラン・サンピエールでは、ビオディナミという自然の力を最大限に利用し、化学薬品をほぼ使わないという方法にのっとってブドウ栽培、およびワイン造りがされています。
例えば化学肥料ではなく、牛の角に子供の牝牛の糞とハーブを入れ土の中で寝かせた天然の肥料を自分たちで作って利用しています。
これらの作業は月の暦を使い、それに従って行われます。 そのおかげでワインもブドウが持つ特徴を存分に味わえる仕上がりになっています。

いくつかワインをテイスティングさせてもらいながら、おもてなしを受けました。2017年の霜被害や、2018年のベト病で多くの自然派のワイナリーが被害を受けた話を聞きつつ地元産のシャルキュトリーを頂きました。

テイスティングコメント

ジョスム

柔らかく飲みやすいメルロ種を多めに、香りと渋みのアクセントとしてカベルネを僅かに ブレンドする、レストランが好む使い勝手の良いボルドー赤ワインです。

まずカシスやプラム、ブラックベリーを思わせる果実味に溢れるアロマを最初に感じます。
穏やかな渋み、果実の甘みがバランス良く、するするっと心地よく飲み進められるタイプ。
口に含むと爽やかな果実味と酸味が爽やかな風味を感じさせ、飲み飽きしない 優しい味わいも感じます。バランスが良く、和洋問わず肉料理に幅広く使えるワイン。

ギフト(有料)
追加について

ギフトボックス(1本用 / 2本用)(有料275円)

750mlサイズのお好みのワインを入れることが出来ます。

※ギフトボックスと一緒にワインを複数本、お買い求め頂いたは、どちらの商品をギフトボックスに入れるか、注文時に「備考欄」にてご連絡ください。

ワイン用紙袋(1本用)(有料176円)

袋の色はクールグレーのみとなります。
ワイン1本、もしくは1本用ギフトボックスを入れることが出来ます。

ワイン用袋(1~3本用)(有料110円~)

「もっと気軽にワインを持ち運びたい」そんな皆様の声にお応えし、ワインショップソムリエロゴ入りワイン用袋をご用意しました。
1本用・2本用・3本用の3種取り揃えておりますので用途に合わせてお選びくださいませ。

みんなのレビュー

この商品のレビューはまだありません。

あなたのレビュー

ご購入商品のレビュー書き込みでポイントプレゼント!

レビューを投稿するにはログインしてください。

ワイン名(原語)ジョスム(JOSSEME)
生産者(原語)シャトー・フェラン・サン・ピエール
(CHATEAU FERRAN SAINT PIERRE)
原産国・地域フランス・ボルドー
原産地呼称(AOC)ボルドー・シュペリュール
ヴィンテージ2017年
ぶどう品種(栽培比率)メルロ80% カベルネ・ソーヴィニョン20%
タイプ
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下
栽培の特徴ビオディナミ

メニュー

商品を探す

ワインセットを探す

今一押しワインセット

ギフト

おすすめギフト

特集・お得情報

おすすめ特集

タイプ別で探す

産地で探す

こだわりワイン

金賞・メディア掲載

ワイン雑貨

こだわりの食品

ご注文は24時間365日受付!
平日・土曜日12時までの
ご注文で当日出荷!

ご注文は24時間365日受付!

ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷日カレンダー

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。


ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定


出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

  • ※離島・一部地域を除きます。
  • ※日数はあくまで目安であり、確約するものではございません。
    配送業者の状況により、遅延が生じる場合もございます。