シャトー・リューセック 2013年 フランス ボルドー 白ワイン 極甘口 750ml
シャトー・リューセック 2013年 フランス ボルドー 白ワイン 極甘口 750ml
  • シャトー・リューセック 2013年 フランス ボルドー 白ワイン 極甘口 750ml
  • シャトー・リューセック 2013年 フランス ボルドー 白ワイン 極甘口 750ml

シャトー・リューセック 2013年 フランス ボルドー 白ワイン 極甘口 750ml

商品番号:2101020013327

ソムリエ価格:10,480円 (税込 11,318円)

加算ポイント:104 ポイント

数量:

お気に入り

お気に入りに登録しました。

閉じる

閉じる

シャトー・リューセック
Chà!important;teau Rieussec



“ソーテルヌでも特に並はずれて素晴らしい

リューセックのブドウ畑は

是非とも手に入れたかった”

~エリック・ド・ロートシルト男爵~



シャトー・リューセックのブドウ畑は、ファルグ村とソーテルヌ村の境界の丘の斜面に広がり、シャトー・ディケムに次ぐ標高にあります。ボルドーのシャトーとしては驚くべきですが、単位区画の畑で、そのかなりの部分が神聖なるディケムの畑に隣接しています。ソーテルヌにおける最大規模のワイナリーのひとつで石灰が混じった砂利質土壌上に92ヘクタールの作付面積を有しています。

ソーテルヌを代表する品種セミヨン種(92%)を主要品種とし、ソーヴィニヨン(6%)とミュスカデル(2%)が加わります。生産方法はソーテルヌの伝統製法で、収穫は葡萄の成熟状態とボトリティス・シネレア(貴腐菌)の繁殖状態を見ながら継続的に行います。9月から11月の期間、6~8週間かけて進められます。

生産量は少量な上に自然の影響を直に受けるため変動的で、メドックではブドウ一株からワインボトル1本と言われますが、ここでは一株からせいぜい1杯です!


≪シャトー・リューセックの歴史≫

18世紀、リューセックはランゴン市のカルメル会修道士が所有していました。その後、リューセックはフランス革命中に没収され、1790年頃、「国の財産」として競売にかけられました。それを購入したのが、当時、レオニアンのシャトー ラ・ルヴィエールを所有していたマレイヤックでした。

1855年の格付け時の所有者はM.メイヌでした。リューセックは、ソーテルヌとバルサック地区の第一級格付けとなりました。
その後、リューセックの所有者は何度も変わりました。シャルル・クレパン(1870年頃)、ポール・デフォリ(1892年)、バニル氏(1907年)、そしてガスクトン家(サンテステフ村シャトー カロン・セギュールの所有者)。戦時中はP.F.ベリー(ヴィコント・ブーゼの兄弟でアメリカ籍)、バラルスク氏(1957年)、そして最後にソーテルヌの「甘口ワイン」に情熱を注いだアルベール・ヴュイエール(1971年)です。

1984年、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)がリューセックを購入しました。当時の面積は、68ヘクタールのブドウ畑を含む110ヘクタールでした。シャトーの潜在力を強化するため、細心の注意を持って選果や樽での醗酵が行われるなど、上質のワインにブレンドするための厳しい措置がとられました。

1989年には樽育成を長くするため、新しい貯蔵庫が建設されました。より厳しい選別を実施した結果、1990年代のグラン・ヴァンの生産量は非常に少なく、1993年の生産量はゼロになりました。

2000年には、熟成用樽貯蔵庫の改修と醸造所の新設が進められ、ブドウの除梗・破砕や圧搾(あっさく)機に技術的な改良が加えられるなど、1985年から続いた品質向上への取り組みを象徴する作業が行われました。

厳しい果実選別の初期努力が1988年、1989年、1990年の三大ヴィンテージを生み出します
また、1995年から2005年までの10年間には輝かしいヴィンテージが続き、その努力は戴冠の域に達します。1996年、1997年、1999年、2001年、2003年、2005年・・・のヴィンテージに関しては時を忘れた熟成が望めそうです。シャトー・リューセック2001年は、『ワイン・スペクテーター』誌の2004年度「今年のワイン」に選出されています。



ワイン造り: ワインは樽で醗酵させます。ブドウは収穫後、選別を経てそれぞれの区画ごとに分類され、樽に入れられます。こうすることで、醗酵後に上質のワインになるかどうかを判断しています。良いワインを選別するため、それぞれの樽のテイスティングを数回実施します。醸造所は、ファルグ村のブドウ畑の中心部に位置しています。

熟成: それぞれの収穫年度ごとのワインは、DBRの樽工房で作られたオーク樽で熟成されますが、その樽の半数が毎年新調されます。樽育成は16ヵ月から26ヵ月で、その間、ワインは定期的に樽の移し換えが行われます。ワインはシャトー内で瓶詰めされています。



< ロバート・M・パーカーJr.著『ボルドー 第四版』より~>

シャトー・リューセック 1989

中程度の深みのある黄金色は1990年ほど強烈ではないが、1988年よりは確実に暗い。大柄な、スモーキーな、土っぽいノーズはクレーム・ブリュレ、スイカズラ、熟したパイナップルなどのトロピカルフルーツの趣がある。実にフルボディで、酸は弱く、非常に甘く、豪華なまでにリッチだ。ねっとりした舌触りをしており、巨大な、凝縮感のあるフィニッシュ。どうやら重みを身につけて、さらに印象的な、1990年に良く似たものになり続けているようだ。
予想される飲み頃:現在~2025年

シャトー・リューセック 1990

壮観なワインだ。比較的進んだ黄金色をしており、スパイス箱と混ざり合った、飴色になるまで火入れしたモモ、アンズ、スイカズラの途方もないノーズがグラスから立ち上る。非常にフルボディで、厚みがあり、ジューシーだ。十分な酸が力強さや強烈な甘さとバランスをとっている。層をなし、非常にねっとりとしており、すでに飲めるようだが、まちがいなく向こう20~25年は持ちこたえるはずである。
予想される飲み頃:現在~2025年

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。


▼こちらの商品の出荷は以下の日程で予定しています。▼

※当日発送以外の商品との同梱、決済エラー時は、このスケジュールで対応できないことも御座います。
※在庫状況により、対応できないことも御座いますので、ご了承ください。
ワイン名(原語)シャトー・リューセック(CHATEAU RIEUSSEC)
原産国・地域フランス・ボルドー
原産地呼称(A.O.C.)ソーテルヌ(Sauternes)
ヴィンテージ2013年
ぶどう品種(栽培比率)セミヨン 92%、ソーヴィニョン・ブラン 6%、ミュスカデル 2%
タイプ白ワイン
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下

※こちらの商品は実店舗と在庫を共有している為、ご注文頂いても稀に売り切れの場合が御座いますので予めご了承下さい。


この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

掘り出し物 > グランヴァンが最安値

産地で探す > ボルドーワイン > ソーテルヌ・バルザック

産地で探す > ボルドーワイン > ソーテルヌ・バルザック > シャトー・リューセック

ワインをタイプ別に選ぶ♪ > 白ワイン

カートへ

カートへ