シャトー・カペ・デュヴェルジェ  2012年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml
シャトー・カペ・デュヴェルジェ  2012年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml
  • シャトー・カペ・デュヴェルジェ  2012年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml
  • シャトー・カペ・デュヴェルジェ  2012年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml

シャトー・カペ・デュヴェルジェ 2012年 フランス ボルドー 赤ワイン フルボディ 750ml

商品番号:2101020014195

希望小売価格:5,065円(税込)

ソムリエ価格:3,990円 (税込 4,309円)

加算ポイント:39 ポイント

数量:

お気に入り

お気に入りに登録しました。

閉じる

閉じる

CHATEAU CAPET DUVERGER
シャトー・カペ・デュヴェルジェ


TOP

サンテミリオンワインとは

遥か昔、ローマ時代にワイン栽培に最適な場所と見出されたサン・テミリオン。その秘密は複雑な土壌条件にありました。

斜面や谷といった地形的な複雑さに加え、畑の位置によって、さまざまな土壌が組み合わせられ、個性豊かなワインを生み出します。例えば、ワインに華やかな香りとシャープな輪郭を与える石灰質が多い畑もあれば、コクや重みをもたらす粘土質が厚い層を成している土壌もあります。

これらが入り混じり、大きく分けて二つの特徴を持ちます。一つはコート(Cote)と呼ばれる石灰質、粘土質主体でメルロ種に適した土壌です。

もう一つはグラーヴ(Grave)と呼ばれ、砂利や砂礫を含む、メドックにも似た土壌です。こちらではカベルネ・フラン種が多く栽培されます。

気候条件が同じであっても、これら土壌や地形の条件次第で、すぐ隣の畑のワインであっても味わいが全く異なることもあります。そんな複雑で奥深い味わいが楽しめるのがこのサン・テミリオン赤ワインの特徴です。

<楽しみ方>
フルボディで長期熟成が必要といわれるボルドーワインの中でも、タンニンが肌理細かく、柔らかい酒質のため、4年~5年から飲み頃に入り、その後熟成と共に味わいに深みを増していきます。

すぐ飲む場合は、30~60分前に開栓して、空気に触れさせてあげると飲むとき香りがよく開きます。肉料理全般ととても相性が良いです。鶏肉、豚肉、牛肉と、料理を選ばずいろんなメニューにあわせられるのもサン・テミリオンがレストランで使われる理由のひとつ。

また、まろやかで余韻の長い味わいは、醤油や味噌といった、和食の調味料とも相性抜群!肉じゃがや照り焼きといった、家庭の定番メニューでも新しい美味しさが楽しめます。

現代に受け継がれるサンテミリオンワイン

正式名称はUNION DE PRODUCTEURS SAINT-EMILION、フランスで最も古い協同組合の一つです。
発起人となったのは、ロバート・ヴィルピーグ氏(1881-1964)です。彼はサン・テミリオンのワイン生産者農家に生まれ、栽培技術家として、1905年から1928年まで、シャトー・フィジャックで指揮を執っていました。

世界大恐慌の余波を受け、多くの生産者たちが苦境に陥ったとき、彼がこの危機を乗り越えるため、6つのワイナリーと共に立ち上げたのが、このUDPサンテミリオンでした。1931年に設立し、1932年には、既に最初のワインを作り出しました。この構想は非常に革新的でした。多くのシャトーが共同で醸造設備を使い、倉庫にストックし、販売することで、製造コストを大幅に削減することができただけでなく、それぞれが情報交換することで、品質が良くなっていったのです。

加盟するシャトーが次第に増えていき、現在、AOCサン・テミリオンのワインの12%以上がここで造られています。生産者としての適切な体制と、環境保全への取り組みを重要と考え、ISO 9001、ISO 14001を始め、多くの公的認証を取得しました。

シャトー・カペ・デュヴェルジェ

粘土質の土壌にメルロ、砂質土壌にカベルネ・フランと、それぞれの畑の条件に合わせて、最適なブドウ品種を栽培します。 収穫する畑ごとに、ブドウはしっかり選別し、他と混ぜないよう注意します。アルコール発酵の前に、醸しと呼ばれる過程を7日間行います。このとき、ブドウの果皮にある香味成分や、ポリフェノールがワインに溶け込み易くなります。 その後ステンレスタンクで発酵させます。タンクは全て重力の自然落下で行い、ポンプなどでワインに負荷をかけないよう注意します。 発酵中は、上下に攪拌し、果皮からポリフェノールや香りがよく抽出されるようにします。発酵後、ワインはフレンチオーク樽に入れて熟成させます。新樽比率は20~40%程度で、その年の味わいによって調整します。

シャトー・カペ・デュヴェルジェ

完熟したプラムのような甘酸っぱい香りに、甘いリコリス、ミント、タイムを思わせるハーブのような香り。 甘みと酸味のバランスが良く、ボリュームがあり、ジューシーで肉感的な質感を感じますが、滑らかなタンニンもあるので、心地よい渋みも感じます。 シンプルな牛肉、特に赤身の肉料理がお勧め。同じ赤身の子羊(ラム)もよく合います。例えばボルドー名物の子羊香草パン粉焼きなどもお勧めです。

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。


ワイン名
(原語)
シャトー・カペ・デュヴェルジェ(CHATEAU CAPET DUVERGER)
生産者名
(原語)
UDPサン・テミリオン (UDP SAINT EMILION)
原産国・地域フランス・ボルドー
原産地呼称
(AOC)
AOC サン・テミリオン・グラン・クリュ
ヴィンテージ2012年
ぶどう品種
(栽培面積比)
メルロ64%、カベルネ・フラン28%、カベルネ・ソーヴィニョン8%
タイプ
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下
特徴ISO9001、ISO14000取得
粘土質の土壌にメルロ、砂質土壌にカベルネ・フランと、それぞれの畑の条件に合わせて、最適なブドウ品種を栽培します。収穫する畑ごとに、ブドウはしっかり選別し、他と混ぜないよう注意します。アルコール発酵の前に、醸しと呼ばれる過程を7日間行います。このとき、ブドウの果皮にある香味成分や、ポリフェノールがワインに溶け込み易くなります。その後ステンレスタンクで発酵させます。タンクは全て重力の自然落下で行い、ポンプなどでワインに負荷をかけないよう注意します。発酵中は、上下に攪拌し、果皮からポリフェノールや香りがよく抽出されるようにします。発酵後、ワインはフレンチオーク樽に入れて熟成させます。新樽比率は20~40%程度で、その年の味わいによって調整します。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

ワインをタイプ別に選ぶ♪ > 赤ワイン

産地で探す > ボルドーワイン > ボルドーその他

カートへ

カートへ