公式サイトは最低価格保証 ワイン、シャンパンの通販・販売ならスタッフが全員ソムリエのワインショップソムリエにお任せください!

飲食店様向け
酒類仕入れはこちら

ワインショップソムリエ

  • 商品を探す

  • ワインセットを探す

  • ギフト

  • 特集・お得情報

  • 商品を探す
  • ワインセットを探す
  • ギフト
  • 特集・お得情報

今一押しワインセット

おすすめ特集

  • オンラインワイナリーツアー
  • ワイン診断
  • スタンプラリー

お得情報

歳末感謝祭SALE

歳末感謝祭SALE

SALE

バッジをクリックすると、
バナーを再度表示します。

歳末感謝祭SALE
1本送料無料
スタンプラリー
ワイン診断
ワインセット
ガブワイン
マリアージュデリ
定期便
レビューを書いてポイント
ワイン交流会&生産者来日イベント

今から注文で
最短日()出荷

最新の出荷スケジュールについては
こちらをクリック

7,524円 6,274円

マウント・プレザント・マザーヴァイン・ピノ・ノワール マクウィリアムズ・ワイン・グループ 2016年 オーストラリア ハンターバレー 赤ワイン ミディアムボディ 750ml

マウント・プレザント・マザーヴァイン・ピノ・ノワール マクウィリアムズ・ワイン・グループ 2016年 オーストラリア ハンターバレー  赤ワイン ミディアムボディ 750ml
マウント・プレザント・マザーヴァイン・ピノ・ノワール マクウィリアムズ・ワイン・グループ 2016年 オーストラリア ハンターバレー  赤ワイン ミディアムボディ 750ml
マウント・プレザント・マザーヴァイン・ピノ・ノワール マクウィリアムズ・ワイン・グループ 2016年 オーストラリア ハンターバレー  赤ワイン ミディアムボディ 750ml
マウント・プレザント・マザーヴァイン・ピノ・ノワール マクウィリアムズ・ワイン・グループ 2016年 オーストラリア ハンターバレー  赤ワイン ミディアムボディ 750ml
マウント・プレザント・マザーヴァイン・ピノ・ノワール マクウィリアムズ・ワイン・グループ 2016年 オーストラリア ハンターバレー  赤ワイン ミディアムボディ 750ml
マウント・プレザント・マザーヴァイン・ピノ・ノワール マクウィリアムズ・ワイン・グループ 2016年 オーストラリア ハンターバレー  赤ワイン ミディアムボディ 750ml
このワインのアロマ

フランボワーズ

リコリス

スミレ

このワインの特徴
  • 華やかな果実味と凝縮味。
    バランスの良いワイン
  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
  • 酸味
    やや強
  • 渋み
    やや少なめ

マウント・プレザント・マザーヴァイン・ピノ・ノワール マクウィリアムズ・ワイン・グループ 2016年 オーストラリア ハンターバレー 赤ワイン ミディアムボディ 750ml

商品番号:2101320000195

会員割引あり

58 ポイント進呈

%OFF

希望小売価格:7,524円(税込)

ソムリエ価格: 5,820円 (税込6,402円)

数量

|| 商品名

|| テイスティングコメント

  • 商品説明
  • 商品情報
  • レビュー

マザーヴァイン・ピノ・ノワール
MOTHERVINE PINOT NOIR

評論家ジェームス・ハリデイ氏が、上位3.8%にしか与えなかった、5レッドスターを献上!さらにワイナリー・オブ・ザ・イヤーにも選出!

マクウィリアムズ・ワイン・グループ

オーストラリアワインの歴史を切り開いてきた、名実ともにトップワイナリーの一つ!

今回入荷したマクウィリアムズ・ワイン・グループは、 オーストラリアを代表するワイン生産者として、現地では広く知られた存在です。

自身のワイナリー運営を行う一方で、 AFFW(Australian First Families of Wine) という12家族が造る団体の一員として、 国内外で様々なワインイベントへ関わり、オーストラリアワイン全体を盛り上げる 一助を担っています。

AFFWを結成している家族・ワイナリー一覧

オーストラリアでも有数のワイン生産者ですが、 大規模ワイナリーの大量生産モデルから、いち早く「量より品質」の路線へ 舵を取った先見の明があることでも高く評価されています。

2017年には、オーストラリアワイン評論の第一人者、 ジェームス・ハリデイ氏が、 マクウィリアムズ・ワイン・グループが運営するマウント・プレザントを 「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」として取り上げ、 さらに同社を5レッドスターという、わずか上位3.8%にしか与えない評価を下しました。

1877年からの歴史を持つ、オージーワイン開拓史の当事者、マクウィリアム家

マクウィリアム・ファミリーの歴史
オーストラリア入植から6世代を数える、北アイルランド出身のマクウィリアム家。
1857年に、27歳のサミュエル・マクウィリアムがオーストラリアへ渡り、 1877年にはニューサウスウェールズ州で初めてブドウを植え、本格的な ワイン産業を興すきっかけを作りました。
また、1960年には、先駆者として高品質ワイン生産に力を入れていくなど、 その歴史はまさにオーストラリアワイン史の一端を担っていると言えます。

歴史
- 1830年
サミュエル・マクウィリアムが北アイルランドに生まれる。

- 1857年
サミュエル・マクウィリアムがオーストラリアのメルボルンへ上陸。

- 1877年
ニューサウスウェールズ州のCorowaに、同州で初となるブドウの植樹を行った。

- 1902年
Sunnyside Vineyardを取得。

- 1913年
Riverinaにブドウの樹を5万本運び、本格的なワイン産業をスタート。

- 1917年
Hanwood Estate を開く。

- 1935年
マクウィリアムズ・ワイン・グループのワインが、初めて国外へ輸出される。

- 1941年
ハンター・ヴァレーにあるマウント・プレザントを取得。
同時に、フランスで学んできたマウント・プレザントの醸造家で、名人と名高いMaurice O’Shea(モリス・オシェイ)をマクウィリアムズ・ワイン・グループの醸造責任者として迎える。

- 1960年
単一品種の上質なテーブルワインをリリース。
その前はテーブルワインより高級なものとして蒸留酒(ブランデー)や、酒精強化酒を生産していたが、その方針を変え、高品質ワイン生産に乗り出した。

- 2010年
アメリカのレストランが選ぶNo1オーストラリアワインブランドにマクウィリアムのHanwood Estateが選ばれる。

- 2016年
5世代目に当たるジェフ・マクウィリアムがCEOに就任。
1877Hilltops Shiraz というワインが、インターナショナル・ワインチャレンジコンクールで、「ベスト・オーストラリアン・シラーズ」に輝く。
マクウィリアムズファミリー

McWilliam's Wine Group のブドウ栽培

オーストラリアは広大で様々な気候があるため、ブドウ品種も、作るワインのタイプも非常にバラエティ豊かです。
McWilliam's Wine Groupは、ニューサウスウェールズの4つのエリアに畑を持ちます。
高品質ワインを生み出すためには、それぞれの土地の特徴に適した栽培は不可欠で、この方針は1941年に醸造責任者として腕を振るった、名人モリス・オシェイがフランスで学んできた「テロワールを活かす」という哲学に基づいています。
土地の力を発揮するため、環境は極力化学的なものを使用しない、自然に則した栽培を行います。また、グループ全体での生産管理の面から、ISO9001と、HACCPを導入しています。

McWilliam's HANWOOD VINEYARDS

ニュー・サウス・ウェールズのテロワール
シドニーやキャンベラといった都市からもアクセスが容易で、現在多くの家族経営ワイナリーがある、オーストラリア有数のワイン生産地域が、このニュー・サウス・ウェールズ地方です。
オーストラリアワイン発祥の地と言われていますが、マクウィリアム・ワイン・グループはその発展と共に歴史を歩んできました。

もともと、この地域はブドウ栽培に最適な土地ではありませんでした。暑い気候、湿度の高さ、干ばつや洪水といった過酷な自然条件を先人が徐々に克服していった努力もあって、徐々に国際的な名声を得てきました。特にハンターヴァレーのワインは高い評価を得ています。

またこの地域のテロワールは多様性があり、土壌は火山性、粘土質、石灰質、ローム層など様々です。また比較的標高が高い地域ではピノ・ノワールやソーヴィニョン・ブランが、温暖な地域ではシラーズやカベルネ・ソーヴィニョン、セミヨンといったように、土地に合わせてブドウ品種が選ばれます。

このような条件から、日常的なワインから、高品質なプレミアムワインまで、非常に豊かな多様性を誇るワイン生産が行われています。
ニュー・サウス・ウェールズ 地図
RIVERINA
RIVERINA
南国的な温暖な気候が特徴の地域です。 この地域をブドウ栽培地として切り開いてきたのは、二代目のJohn.James.McWilliamです。 現在では、ニューサウスウェールズの生産のうち75%を担う、一大産地として発展を遂げています。 主要品種はシラーズとシャルドネです。 テーブルワインを作る一方で、最近は高品質なシラーズやシャルドネも生み出されています。 また、川に近い湿度が高いエリアでは貴腐菌が発生することから、貴腐ワインなど、デザートワイン造りも行われます。
CANBERRA District
CANBERRA District
オーストラリアの首都、キャンベラがある地域で、ブドウ畑は郊外の静かな農村風景が広がる地域にあります。
大陸性気候で日中は乾燥して暑くなりますが、夜は肌寒くなるくらい気温が下がります。
玄武岩や花崗岩の層に加え、粘土質や赤ポドゾル土壌といった複雑なテロワールを持ち、 フランスのローヌ地方を思わせる上質なシラーズや、カベルネ・ソーヴィニョン、シャルドネが生産されています。
品質が高いことで国際的にも注目されている地域です。
HILLTOPS
HILLTOPS
標高450mの地域です。
有名なのはシラーズやカベルネ・ソーヴィニョンなどの黒ブドウです。
酸の乗って香り高い上質なワインが生産されます。プレミアムワインの産地です。
大陸性気候に属し、秋から冬にかけては雨が多い一方、春から夏、秋までは暑く乾燥した日が続きます。しかし、夜間には冷涼な空気で気温が下がり、この昼夜の寒暖差のおかげで高品質なブドウを作ることができます。
TUMBARUMBA
TUMBARUMBA
シドニーとメルボルンの間に広がる、スノーウィー山地の麓に広がる地域で、ニューサウスウェールズでも最も新しい産地の一つです。
最初のワイナリーは1982年に設立されました。
標高300m~900mの場所にブドウ畑が広がります。標高が高いため、冷涼で乾燥した気候となり、高品質なピノ・ノワールやシャルドネの栽培に適しています。
冬は雪に覆われる過酷な環境にありますが、その分ブドウ樹が表現する風味が優れており、最近では赤・白ワインのほか、本格的なスパークリングワインの製造もおこなわれるようになってきました。

マウント・プレザント

「マウント・プレザント」は、マクウィリアムズ・ワイン・グループが1941年に取得したワイナリー。
当時としては珍しい、フランスで本格的な醸造学を学んでたモリス・オシェイ氏がもともと運営していたワイナリーで、現在では高品質ワイン産地して知られる、ハンター・ヴァレーにあります。

このワイナリーは、一人の優秀な醸造家、モリス・オシェイ氏の人生と共にありました。
彼亡きあとにも、その意思を継いだ醸造家たちの努力により、現在オーストラリア最高峰のワイナリーの一つとして高い評価を得ています。

2017年には、オーストラリアワイン評論の第一人者、ジェームス・ハリデイ氏が、マクウィリアムズ・ワイン・グループが運営するマウント・プレザントを「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」として取り上げています。

モリス・オシェイ

モリス・オシェイ氏
アイルランド移民の父ジョン・アウグスト・オシェイと、フランス人の母、レオンティーヌ・フランソワーズ・ブシェの間に長男として生まれました。
1914年、彼が17歳のとき、母のレオンティーヌが彼をフランスへ送り出しました。
その後モリスはフランスで醸造学やブドウ栽培を学び、1921年に帰国しました。
母の協力のもと、彼は当時まだ無名だったハンター・ヴァレー南端にあるブドウ畑16.3ヘクタールをキング家より購入し、ワイナリーを設立しました。

彼はフランスのワイン造りを持ち帰り、ワインの品質を高めるとともに、優れたテイスターとして、アッサンブラージュによる高品質ワイン造りにも貢献しました。
後に醸造長となったマクウィリアムズ・ワイン・グループにおいても、彼がすべてのブレンド比率を取り仕切っていたほどです。

1880年:イギリスからの移民であるチャールズ・キング氏が、ハンター・ヴァレーの南端に広がる火山性土壌の丘にブドウの樹を植えた。
1914年:後にこのマウント・プレザントの醸造家となるモリス・オシェイ氏が フランスのモンペリエ大学で、ブドウ栽培や醸造学を学ぶ。
1921年:モリス・オシェイがキング家より16.3haのブドウ畑を取得し、 マウント・プレザント・ワイナリーを設立。
1932年:マクウィリアム家がマウント・プレザントの半分を所有するようになったが、 醸造など実質的な部分は引き続きモリス・オシェイ氏に一任。
1941年:マクウィリアムズ・ワイン・グループがマウント・プレザントを取得。
これ以降、醸造家のモリス・オシェイはマクウィリアムズ・ワイン・グループの醸造責任者 として、その他多くのワイン造りに携わるようになる。

マクウィリアムズ・ワイン・グループの所有となった後、 オシェイ氏はLovedaleとRosehillといった適地を見出し、徐々に畑を増やしていきました。
現在の高品質ワインを造る土台が、このころ築かれたのでした。

ハンターヴァレー
ニューサウス・ウェールズで最も有名な産地が、このハンター・ヴァレーです。
暑く湿度が高い地域ですが、海からの冷たい風が届くため、午後には雲が広がり、夜間には空気が冷やされ、ブドウの成熟が促されます。
また、収穫期にはほとんど雨が降らないため、温暖な気候に適したブドウから高品質なワインが生み出されています。
赤土、ローム質の複雑な土壌が、上質なシラーズを生み出します。

モリス・オシェイ
MOTHERVINE PINOT NOIR
マザーヴァイン・ピノ・ノワール
ワイン名の「マザーヴァイン」とは、ピノ・ノワール・クローンMV6のこと(オーストラリアで普及しているクローン)。
このワインが造られるハンター・ヴァレーの区画は、オーストラリアで最も古いMV6区画の一つで、この畑から枝を持ちかえり植樹した者が多数います。 多くのオーストラリア産ピノ・ノワールの母とも呼べる、この畑への敬意をこめて命名されました。

※ワインの樹を増やす際は、種からではなく、挿し木で増やすのが一般的です。
種の場合は突然変異で別の種になってしまう可能性がありますが、切り取った枝から苗木を作れば、まったく同じ種を増やせます。
輝きのある澄んだルビー色。
ラズベリー、チェリー、野イチゴといった赤いフルーツに、野バラ、グリーンペッパーやパプリカ、ハーブ、シダーのニュアンスがあり、清涼感を感じる。
アタックはシャープで、フレッシュで溌溂とした酸と活き活きとしたタンニンがバランスよく、若々しく力強い。 樽香がほとんと感じられない分、果実由来のピノノワールの良さとテロワールの特徴ががよく表れ、ブルゴーニュ南部コート・ド・ボーヌのパワフルなピノ・ノワールを彷彿とさせる。
味わい自体はボリューム感多め。 しかし引き締まった酸とタンニンがしっかりとした骨格をなし、雑味がなくエレガントな印象。かなりタンニンを感じるがザラつきはなくち密で、余韻も長く、長期熟成にも堪えうるポテンシャルを感じる。あと数年後に飲んだらどうなるのか、楽しみなワイン。
若いうちはラムチョップのグリルやミディアムレアな仔牛のステーキなどの赤身肉にハーブと塩だけのシンプルな味付けのお料理や、ターキーのグレービーソース、鴨肉のコンフィ・クランベリージャム添え、 モロッコ料理のタジン、フランス南西部のカスレなどのスパイスやハーブを効かせた料理とも相性よし。熟成が進めば、 ビーフシチューなどの煮込み料理ともオススメです。

商品一覧

ヘイフィールド・ヴィンヤーズ

ヘイフィールド・ヴィンヤーズは、マクウィリアムズ・ワイン・グループの中でもとびきりコストパフォーマンスの良い、自社畑ブドウを使用したシリーズです。
独特なブレンド比率で、バランスの取れた味わいに仕上げます。

オフ・ザ・プレス

off the pressシリーズは、マクウィリアムズ・ワイン・グループの中でも、テーブルワインよりワンランク上の位置づけの上位レンジです。新聞や出版物が印刷されたばかりの状態、すなわち「最新ニュース」という名前が付けられており、マクウィリアム家のワインに関わるストーリーを新聞の記事のように表現しています。

マウント・プレザント

マクウィリアムズ・ワイン・グループの中で、クオリティワインを生み出す中核となっている、マウント・プレザントのシリーズ。名醸造家のモリス・オシェイ氏の哲学を受け継ぎつつハンター・ヴァレーの自社畑から、優れたワインを生み出し続けており、ワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選出されるなど、オーストラリアワインをけん引する活躍を見せています。

|| 商品名

|| テイスティングコメント

マザーヴァイン・ピノ・ノワール
MOTHERVINE PINOT NOIR

評論家ジェームス・ハリデイ氏が、上位3.8%にしか与えなかった、5レッドスターを献上!さらにワイナリー・オブ・ザ・イヤーにも選出!

マクウィリアムズ・ワイン・グループ

オーストラリアワインの歴史を切り開いてきた、名実ともにトップワイナリーの一つ!

今回入荷したマクウィリアムズ・ワイン・グループは、 オーストラリアを代表するワイン生産者として、現地では広く知られた存在です。

自身のワイナリー運営を行う一方で、 AFFW(Australian First Families of Wine) という12家族が造る団体の一員として、 国内外で様々なワインイベントへ関わり、オーストラリアワイン全体を盛り上げる 一助を担っています。

AFFWを結成している家族・ワイナリー一覧

オーストラリアでも有数のワイン生産者ですが、 大規模ワイナリーの大量生産モデルから、いち早く「量より品質」の路線へ 舵を取った先見の明があることでも高く評価されています。

2017年には、オーストラリアワイン評論の第一人者、 ジェームス・ハリデイ氏が、 マクウィリアムズ・ワイン・グループが運営するマウント・プレザントを 「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」として取り上げ、 さらに同社を5レッドスターという、わずか上位3.8%にしか与えない評価を下しました。

1877年からの歴史を持つ、オージーワイン開拓史の当事者、マクウィリアム家

マクウィリアム・ファミリーの歴史
オーストラリア入植から6世代を数える、北アイルランド出身のマクウィリアム家。
1857年に、27歳のサミュエル・マクウィリアムがオーストラリアへ渡り、 1877年にはニューサウスウェールズ州で初めてブドウを植え、本格的な ワイン産業を興すきっかけを作りました。
また、1960年には、先駆者として高品質ワイン生産に力を入れていくなど、 その歴史はまさにオーストラリアワイン史の一端を担っていると言えます。

歴史
- 1830年
サミュエル・マクウィリアムが北アイルランドに生まれる。

- 1857年
サミュエル・マクウィリアムがオーストラリアのメルボルンへ上陸。

- 1877年
ニューサウスウェールズ州のCorowaに、同州で初となるブドウの植樹を行った。

- 1902年
Sunnyside Vineyardを取得。

- 1913年
Riverinaにブドウの樹を5万本運び、本格的なワイン産業をスタート。

- 1917年
Hanwood Estate を開く。

- 1935年
マクウィリアムズ・ワイン・グループのワインが、初めて国外へ輸出される。

- 1941年
ハンター・ヴァレーにあるマウント・プレザントを取得。
同時に、フランスで学んできたマウント・プレザントの醸造家で、名人と名高いMaurice O’Shea(モリス・オシェイ)をマクウィリアムズ・ワイン・グループの醸造責任者として迎える。

- 1960年
単一品種の上質なテーブルワインをリリース。
その前はテーブルワインより高級なものとして蒸留酒(ブランデー)や、酒精強化酒を生産していたが、その方針を変え、高品質ワイン生産に乗り出した。

- 2010年
アメリカのレストランが選ぶNo1オーストラリアワインブランドにマクウィリアムのHanwood Estateが選ばれる。

- 2016年
5世代目に当たるジェフ・マクウィリアムがCEOに就任。
1877Hilltops Shiraz というワインが、インターナショナル・ワインチャレンジコンクールで、「ベスト・オーストラリアン・シラーズ」に輝く。
マクウィリアムズファミリー

McWilliam's Wine Group のブドウ栽培

オーストラリアは広大で様々な気候があるため、ブドウ品種も、作るワインのタイプも非常にバラエティ豊かです。
McWilliam's Wine Groupは、ニューサウスウェールズの4つのエリアに畑を持ちます。
高品質ワインを生み出すためには、それぞれの土地の特徴に適した栽培は不可欠で、この方針は1941年に醸造責任者として腕を振るった、名人モリス・オシェイがフランスで学んできた「テロワールを活かす」という哲学に基づいています。
土地の力を発揮するため、環境は極力化学的なものを使用しない、自然に則した栽培を行います。また、グループ全体での生産管理の面から、ISO9001と、HACCPを導入しています。

McWilliam's HANWOOD VINEYARDS

ニュー・サウス・ウェールズのテロワール
シドニーやキャンベラといった都市からもアクセスが容易で、現在多くの家族経営ワイナリーがある、オーストラリア有数のワイン生産地域が、このニュー・サウス・ウェールズ地方です。
オーストラリアワイン発祥の地と言われていますが、マクウィリアム・ワイン・グループはその発展と共に歴史を歩んできました。

もともと、この地域はブドウ栽培に最適な土地ではありませんでした。暑い気候、湿度の高さ、干ばつや洪水といった過酷な自然条件を先人が徐々に克服していった努力もあって、徐々に国際的な名声を得てきました。特にハンターヴァレーのワインは高い評価を得ています。

またこの地域のテロワールは多様性があり、土壌は火山性、粘土質、石灰質、ローム層など様々です。また比較的標高が高い地域ではピノ・ノワールやソーヴィニョン・ブランが、温暖な地域ではシラーズやカベルネ・ソーヴィニョン、セミヨンといったように、土地に合わせてブドウ品種が選ばれます。

このような条件から、日常的なワインから、高品質なプレミアムワインまで、非常に豊かな多様性を誇るワイン生産が行われています。
ニュー・サウス・ウェールズ 地図
RIVERINA
RIVERINA
南国的な温暖な気候が特徴の地域です。 この地域をブドウ栽培地として切り開いてきたのは、二代目のJohn.James.McWilliamです。 現在では、ニューサウスウェールズの生産のうち75%を担う、一大産地として発展を遂げています。 主要品種はシラーズとシャルドネです。 テーブルワインを作る一方で、最近は高品質なシラーズやシャルドネも生み出されています。 また、川に近い湿度が高いエリアでは貴腐菌が発生することから、貴腐ワインなど、デザートワイン造りも行われます。
CANBERRA District
CANBERRA District
オーストラリアの首都、キャンベラがある地域で、ブドウ畑は郊外の静かな農村風景が広がる地域にあります。
大陸性気候で日中は乾燥して暑くなりますが、夜は肌寒くなるくらい気温が下がります。
玄武岩や花崗岩の層に加え、粘土質や赤ポドゾル土壌といった複雑なテロワールを持ち、 フランスのローヌ地方を思わせる上質なシラーズや、カベルネ・ソーヴィニョン、シャルドネが生産されています。
品質が高いことで国際的にも注目されている地域です。
HILLTOPS
HILLTOPS
標高450mの地域です。
有名なのはシラーズやカベルネ・ソーヴィニョンなどの黒ブドウです。
酸の乗って香り高い上質なワインが生産されます。プレミアムワインの産地です。
大陸性気候に属し、秋から冬にかけては雨が多い一方、春から夏、秋までは暑く乾燥した日が続きます。しかし、夜間には冷涼な空気で気温が下がり、この昼夜の寒暖差のおかげで高品質なブドウを作ることができます。
TUMBARUMBA
TUMBARUMBA
シドニーとメルボルンの間に広がる、スノーウィー山地の麓に広がる地域で、ニューサウスウェールズでも最も新しい産地の一つです。
最初のワイナリーは1982年に設立されました。
標高300m~900mの場所にブドウ畑が広がります。標高が高いため、冷涼で乾燥した気候となり、高品質なピノ・ノワールやシャルドネの栽培に適しています。
冬は雪に覆われる過酷な環境にありますが、その分ブドウ樹が表現する風味が優れており、最近では赤・白ワインのほか、本格的なスパークリングワインの製造もおこなわれるようになってきました。

マウント・プレザント

「マウント・プレザント」は、マクウィリアムズ・ワイン・グループが1941年に取得したワイナリー。
当時としては珍しい、フランスで本格的な醸造学を学んでたモリス・オシェイ氏がもともと運営していたワイナリーで、現在では高品質ワイン産地して知られる、ハンター・ヴァレーにあります。

このワイナリーは、一人の優秀な醸造家、モリス・オシェイ氏の人生と共にありました。
彼亡きあとにも、その意思を継いだ醸造家たちの努力により、現在オーストラリア最高峰のワイナリーの一つとして高い評価を得ています。

2017年には、オーストラリアワイン評論の第一人者、ジェームス・ハリデイ氏が、マクウィリアムズ・ワイン・グループが運営するマウント・プレザントを「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」として取り上げています。

モリス・オシェイ

モリス・オシェイ氏
アイルランド移民の父ジョン・アウグスト・オシェイと、フランス人の母、レオンティーヌ・フランソワーズ・ブシェの間に長男として生まれました。
1914年、彼が17歳のとき、母のレオンティーヌが彼をフランスへ送り出しました。
その後モリスはフランスで醸造学やブドウ栽培を学び、1921年に帰国しました。
母の協力のもと、彼は当時まだ無名だったハンター・ヴァレー南端にあるブドウ畑16.3ヘクタールをキング家より購入し、ワイナリーを設立しました。

彼はフランスのワイン造りを持ち帰り、ワインの品質を高めるとともに、優れたテイスターとして、アッサンブラージュによる高品質ワイン造りにも貢献しました。
後に醸造長となったマクウィリアムズ・ワイン・グループにおいても、彼がすべてのブレンド比率を取り仕切っていたほどです。

1880年:イギリスからの移民であるチャールズ・キング氏が、ハンター・ヴァレーの南端に広がる火山性土壌の丘にブドウの樹を植えた。
1914年:後にこのマウント・プレザントの醸造家となるモリス・オシェイ氏が フランスのモンペリエ大学で、ブドウ栽培や醸造学を学ぶ。
1921年:モリス・オシェイがキング家より16.3haのブドウ畑を取得し、 マウント・プレザント・ワイナリーを設立。
1932年:マクウィリアム家がマウント・プレザントの半分を所有するようになったが、 醸造など実質的な部分は引き続きモリス・オシェイ氏に一任。
1941年:マクウィリアムズ・ワイン・グループがマウント・プレザントを取得。
これ以降、醸造家のモリス・オシェイはマクウィリアムズ・ワイン・グループの醸造責任者 として、その他多くのワイン造りに携わるようになる。

マクウィリアムズ・ワイン・グループの所有となった後、 オシェイ氏はLovedaleとRosehillといった適地を見出し、徐々に畑を増やしていきました。
現在の高品質ワインを造る土台が、このころ築かれたのでした。

ハンターヴァレー
ニューサウス・ウェールズで最も有名な産地が、このハンター・ヴァレーです。
暑く湿度が高い地域ですが、海からの冷たい風が届くため、午後には雲が広がり、夜間には空気が冷やされ、ブドウの成熟が促されます。
また、収穫期にはほとんど雨が降らないため、温暖な気候に適したブドウから高品質なワインが生み出されています。
赤土、ローム質の複雑な土壌が、上質なシラーズを生み出します。

モリス・オシェイ
MOTHERVINE PINOT NOIR
マザーヴァイン・ピノ・ノワール
ワイン名の「マザーヴァイン」とは、ピノ・ノワール・クローンMV6のこと(オーストラリアで普及しているクローン)。
このワインが造られるハンター・ヴァレーの区画は、オーストラリアで最も古いMV6区画の一つで、この畑から枝を持ちかえり植樹した者が多数います。 多くのオーストラリア産ピノ・ノワールの母とも呼べる、この畑への敬意をこめて命名されました。

※ワインの樹を増やす際は、種からではなく、挿し木で増やすのが一般的です。
種の場合は突然変異で別の種になってしまう可能性がありますが、切り取った枝から苗木を作れば、まったく同じ種を増やせます。
輝きのある澄んだルビー色。
ラズベリー、チェリー、野イチゴといった赤いフルーツに、野バラ、グリーンペッパーやパプリカ、ハーブ、シダーのニュアンスがあり、清涼感を感じる。
アタックはシャープで、フレッシュで溌溂とした酸と活き活きとしたタンニンがバランスよく、若々しく力強い。 樽香がほとんと感じられない分、果実由来のピノノワールの良さとテロワールの特徴ががよく表れ、ブルゴーニュ南部コート・ド・ボーヌのパワフルなピノ・ノワールを彷彿とさせる。
味わい自体はボリューム感多め。 しかし引き締まった酸とタンニンがしっかりとした骨格をなし、雑味がなくエレガントな印象。かなりタンニンを感じるがザラつきはなくち密で、余韻も長く、長期熟成にも堪えうるポテンシャルを感じる。あと数年後に飲んだらどうなるのか、楽しみなワイン。
若いうちはラムチョップのグリルやミディアムレアな仔牛のステーキなどの赤身肉にハーブと塩だけのシンプルな味付けのお料理や、ターキーのグレービーソース、鴨肉のコンフィ・クランベリージャム添え、 モロッコ料理のタジン、フランス南西部のカスレなどのスパイスやハーブを効かせた料理とも相性よし。熟成が進めば、 ビーフシチューなどの煮込み料理ともオススメです。

商品一覧

ヘイフィールド・ヴィンヤーズ

ヘイフィールド・ヴィンヤーズは、マクウィリアムズ・ワイン・グループの中でもとびきりコストパフォーマンスの良い、自社畑ブドウを使用したシリーズです。
独特なブレンド比率で、バランスの取れた味わいに仕上げます。

オフ・ザ・プレス

off the pressシリーズは、マクウィリアムズ・ワイン・グループの中でも、テーブルワインよりワンランク上の位置づけの上位レンジです。新聞や出版物が印刷されたばかりの状態、すなわち「最新ニュース」という名前が付けられており、マクウィリアム家のワインに関わるストーリーを新聞の記事のように表現しています。

マウント・プレザント

マクウィリアムズ・ワイン・グループの中で、クオリティワインを生み出す中核となっている、マウント・プレザントのシリーズ。名醸造家のモリス・オシェイ氏の哲学を受け継ぎつつハンター・ヴァレーの自社畑から、優れたワインを生み出し続けており、ワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選出されるなど、オーストラリアワインをけん引する活躍を見せています。

ギフト(有料)
追加について

ギフトボックス(1本用 / 2本用)(有料275円)

750mlサイズのお好みのワインを入れることが出来ます。

※ギフトボックスと一緒にワインを複数本、お買い求め頂いたは、どちらの商品をギフトボックスに入れるか、注文時に「備考欄」にてご連絡ください。

ワイン用紙袋(1本用)(有料176円)

袋の色はクールグレーのみとなります。
ワイン1本、もしくは1本用ギフトボックスを入れることが出来ます。

ワイン用袋(1~3本用)(有料110円~)

「もっと気軽にワインを持ち運びたい」そんな皆様の声にお応えし、ワインショップソムリエロゴ入りワイン用袋をご用意しました。
1本用・2本用・3本用の3種取り揃えておりますので用途に合わせてお選びくださいませ。

みんなのレビュー

この商品のレビューはまだありません。

あなたのレビュー

ご購入商品のレビュー書き込みでポイントプレゼント!

レビューを投稿するにはログインしてください。


マザーヴァイン・ピノ・ノワール
マウント・プレザント / マクウィリアムズ・ワイン・グループ
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州・ハンター・ヴァレー


輝きのある澄んだルビー色。 ラズベリー、チェリー、野イチゴといった赤いフルーツに、野バラ、グリーンペッパーやパプリカ、ハーブ、シダーのニュアンスがあり、清涼感を感じる。 アタックはシャープで、フレッシュで溌溂とした酸と活き活きとしたタンニンがバランスよく、若々しく力強い。 樽香がほとんと感じられない分、果実由来のピノノワールの良さとテロワールの特徴ががよく表れ、ブルゴーニュ南部コート・ド・ボーヌのパワフルなピノ・ノワールを彷彿とさせる。 味わい自体はボリューム感多め。 しかし引き締まった酸とタンニンがしっかりとした骨格をなし、雑味がなくエレガントな印象。かなりタンニンを感じるがザラつきはなくち密で、余韻も長く、長期熟成にも堪えうるポテンシャルを感じる。あと数年後に飲んだらどうなるのか、楽しみなワイン。 若いうちはラムチョップのグリルやミディアムレアな仔牛のステーキなどの赤身肉にハーブと塩だけのシンプルな味付けのお料理や、ターキーのグレービーソース、鴨肉のコンフィ・クランベリージャム添え、 モロッコ料理のタジン、フランス南西部のカスレなどのスパイスやハーブを効かせた料理とも相性よし。熟成が進めば、 ビーフシチューなどの煮込み料理ともオススメです。


ワイン名(原語)マザーヴァイン・ピノ・ノワール(MOTHERVINE PINOT NOIR)
生産者名マウント・プレザント(MOUNT PLEASEANT) / マクウィリアムズ・ワイン・グループ(MCWILLIAM'S WINE GROUP)
原産国・地域オーストラリア・ニューサウスウェールズ州・ハンター・ヴァレー
ヴィンテージ2016年
ぶどう品種(栽培比率)ピノ・ノワール100%
タイプ
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下

メニュー

オンラインワイナリーツアー

商品を探す

ワインセットを探す

今一押しワインセット

ギフト

おすすめギフト

特集・お得情報

タイプ別で探す

産地で探す

こだわりワイン

金賞・メディア掲載

ワイン雑貨

こだわりの食品

ご注文は24時間365日受付!
平日・土曜日12時までの
ご注文で当日出荷!

ご注文は24時間365日受付!

ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷日カレンダー

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

  • ※離島・一部地域を除きます。
  • ※日数はあくまで目安であり、確約するものではございません。
    配送業者の状況により、遅延が生じる場合もございます。