公式サイトは最低価格保証 ワイン、シャンパンの通販・販売ならスタッフが全員ソムリエのワインショップソムリエにお任せください!

飲食店様向け
酒類仕入れはこちら

  • 商品を探す

  • ワインセットを探す

  • ギフト

  • 特集・お得情報

  • 商品を探す
  • ワインセットを探す
  • ギフト
  • 特集・お得情報

お得なワインセット

名入れ彫刻ワイン

SALE

おすすめ特集

  • ワイン診断
  • はじめてお買い物をする方へ
  • レビュー

お得情報

今から注文で最短日()出荷

最新の出荷スケジュールについては
こちらをクリック

6,930円 5,940円
ボオルケス・レセルヴァ ボデガス・ボオルケス 2009年 スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤ワイン フルボディ 750ml
ボオルケス・レセルヴァ ボデガス・ボオルケス 2009年 スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤ワイン フルボディ 750ml
ボオルケス・レセルヴァ ボデガス・ボオルケス 2009年 スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤ワイン フルボディ 750ml
ボオルケス・レセルヴァ ボデガス・ボオルケス 2009年 スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤ワイン フルボディ 750ml
ボオルケス・レセルヴァ ボデガス・ボオルケス 2009年 スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤ワイン フルボディ 750ml
ボオルケス・レセルヴァ ボデガス・ボオルケス 2009年 スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤ワイン フルボディ 750ml
このワインのアロマ

チョコレート

イチゴ
タバコ

このワインの特徴
  • 濃密で凝縮した味わいを楽しむ、
    やや重いワイン
  • ボディ(コク)
    ミディアムフルボディ
  • 酸味
    中程度
  • 渋み
    やや強
注目産地「リベラ・デル・デュエロ」の隠れた宝石ともいえる、極小ワイナリーの最高峰レゼルバ!

ボオルケス・レセルヴァ ボデガス・ボオルケス 2009年 スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤ワイン フルボディ 750ml

商品番号:2101140001976

54 ポイント進呈

%OFF

5.00点 (1件の評価
希望小売価格:6,930円(税込)

ソムリエ価格:5,400円 (税込5,940円)

数量

|| 商品名

|| テイスティングコメント

  • 商品説明
  • 商品情報
  • レビュー

ボオルケス・レセルヴァ / ボデガス・ボオルケス
BOHORQUEZ RESERVA / BODEGAS BOHORQUEZ

注目産地「リベラ・デル・デュエロ」の隠れた宝石ともいえる、極小ワイナリーの最高峰レゼルバ!

ボオルケス・レセルヴァ / ボデガス・ボオルケス

他の畑の2倍の密植度の畑、厳選されたオーク樽熟成・・・こだわりの仕事が生み出す複雑な味わい。極少量生産の希少赤ワイン!

ボデガス・ボオルケスは1998年に設立された、若いワイナリーです。
現当主はJabier Bohorquez氏。ブドウ栽培家として長いキャリアを積んできた人物です。
家族経営ですが、シェリーのトップ生産者であるサンチェス・ロマテ (Sanchez Romate)が、このボデガに惚れ込み、一部出資しています。同社は豊富な経験をもとに、樽使いに関する助言も惜しまず、良いパートナーシップを築いています。

ブドウ畑は標高900mの「Pesquera」と呼ばれる、砂利交じりの非常に貧しい土壌が広がるエリアにあります。ここでは農作物はほとんど収穫が見込めませんが、ブドウにとっては最適な土壌です。ここで、平均的な密植度の2倍という驚異的な密植栽培を行い、生産量を落とし、凝縮した高品質な果実を作るのが、このワイナリーの特徴です。
また、ブドウ畑は科学的なものを一切使わない伝統農法を実践、ビオディナミと、ビオロジック栽培を行い、エコセール認証も取得しています。

2002年に最初のワインをリリースしましたが、この時はまだ満足のいくレベルのブドウが収穫できなかったため、買いブドウでワイン造りを行いました。自家栽培ブドウでワイン製造を始めたのは2005年ヴィンテージからでした(2008年にリリース)。

現在多くのワインが輸出志向になり、アメリカマーケットに合わせた果実味満点のワインを生み出す中、このボオルケスはリベラ・デル・デュエロの伝統的スタイルを頑なに守り続けます。
土壌の個性やミネラル感といった、古典的なワインの美徳を表現し、現在フレンチオーク樽、アメリカンオーク樽の両方を用いながらも、樽の要素が強くなりすぎないよう、細心の注意を払います。

著しく少ない生産量のため、ワイナリーへの直接訪問・買い付けも受け付けておらず、特定の顧客への販売分でほぼ売り切れてしまう、入手困難なワインです。

ボデガス・ボオルケスで10年以上にわたり醸造家として働き、このワインの評価を高めてきたのは、スペインでも指折りの醸造家一族、ルセンド家のラファエル・ルセンドです。
彼は醸造学校でブドウ栽培や醸造学を学んだあと、さらに大学で深く学び、卒業後は複数のワイナリーで醸造家として働いています。

ルセンド家は1919年にカスティーリャ・ラ・マンチャ州、シウダー・レアル県の町、Argamasilla de Alba(アルガマシージャ・デ・アルバ)でCesar Lucendo Asensi(ラファエルの曾祖父)が「ボデガス・ルセンド」というワイナリーを興したことから以後ワイン造りに関わる家系となりました。

Lucendo家の醸造家としての評価を高めたのは、ラファエルの父であり、三代目のJesus Lucendo Alonsoでした。

彼はカスティーリャ・ラ・マンチャにおける代表的なワイナリーで醸造家として働いただけでなく、20年に渡って、同州の醸造学校でワイン造りを教える教師として、多くの醸造家たちを導いてきました。

現在は、4世代目となり、ラファエルとフェデリコの二人の兄弟、若き醸造家たちがこの伝統を受け継いでいます。

ボオルケス・レセルヴァのワイン

ボオルケス・レセルヴァのワイン

ボオルケス・レセルヴァ
[テンプラニーリョ88% カベルネ・ソーヴィニョン9% メルロ3%]
14カ月熟成 (ヌヴェール産フレンチオーク40% ミズーリ産アメリカンオーク60%)
ジェルベール・ガイヤールガイドで92点、ペニンガイドで91点獲得。

畑はデュエロ川沿い、標高の高いエリアにあり、非常に痩せた土壌で石が多く転がる畑、Pago de Valderramiroという名で地元でもよく知られる有名な所にあります。
密植度は、リベラ・デル・デュエロの平均値のおよそ2倍です。密植度を上げることで、一本のブドウ樹から収穫できるブドウを制限し、収穫量を落とします。収穫は晩秋から冬、11月から12月で霜が降りるようになってから行います。

ブドウは低温を維持したまま選果台へ運ばれ、注意深く選定されます。その後温度管理できるステンレスタンクへブドウを入れ、自然酵母で発酵させます。発酵中は温度が上がりすぎないよう注意します。残糖を確認し、発酵が終わったら、果皮や種からのタンニンやアロマの抽出を促します。その後マロラクティック発酵を行います。そのままタンク内で行うか、または樽に移して行うかは、その年のワインの状況により、都度決めています。

ワインは樽に移した後、温度管理されたセラーに運ばれ、熟成されます。個々の樽によって味わいの差が大きくならないように、一定の温度を保ちます。瓶詰後、少なくとも1年間は瓶内で熟成させ、ワインが安定して口当たりがなめらかになった頃合いを見て出荷します。

このボオルケス・レセルバは新しいスタイルのレセルバワインです。このワインの樽使いは、樽に由来する木のアロマを与えることより、タンニンを滑らかにすること、ブドウの果実味やミネラル感、テロワールをワインへ表現することを目的としています。

【テイスティングコメント】
色調は濃いガーネット
黒系ベリーの香り、香ばしい薫香、ペッパー、ソーセージやベーコンのような燻した肉の香り
凝縮したジャムのようなベリー、丁子やシナモン、ナツメグ、ミント、 なめし皮のような熟成した香りもやや出てきている
酸味は穏やかで果実味も豊か、タンニンは滑らかで豊か
シルキーなタンニンで飲み心地が上品でエレガント
コクのあるワインを使用したソースのジビエ肉、赤ワイン煮、など。
アフターに果実味がほんのり出てくるので、ベリー系のソースを使用したお料理もあり。
二日目にはさらに味わいが落ち着きエレガントさが増してくる。
香りにもなめし皮の熟成香が出てきて、赤ワインとチーズやドライフルーツだけでも十分楽しめる味わい深いワインです。

|| 商品名

|| テイスティングコメント

ボオルケス・レセルヴァ / ボデガス・ボオルケス
BOHORQUEZ RESERVA / BODEGAS BOHORQUEZ

注目産地「リベラ・デル・デュエロ」の隠れた宝石ともいえる、極小ワイナリーの最高峰レゼルバ!

ボオルケス・レセルヴァ / ボデガス・ボオルケス

他の畑の2倍の密植度の畑、厳選されたオーク樽熟成・・・こだわりの仕事が生み出す複雑な味わい。極少量生産の希少赤ワイン!

ボデガス・ボオルケスは1998年に設立された、若いワイナリーです。
現当主はJabier Bohorquez氏。ブドウ栽培家として長いキャリアを積んできた人物です。
家族経営ですが、シェリーのトップ生産者であるサンチェス・ロマテ (Sanchez Romate)が、このボデガに惚れ込み、一部出資しています。同社は豊富な経験をもとに、樽使いに関する助言も惜しまず、良いパートナーシップを築いています。

ブドウ畑は標高900mの「Pesquera」と呼ばれる、砂利交じりの非常に貧しい土壌が広がるエリアにあります。ここでは農作物はほとんど収穫が見込めませんが、ブドウにとっては最適な土壌です。ここで、平均的な密植度の2倍という驚異的な密植栽培を行い、生産量を落とし、凝縮した高品質な果実を作るのが、このワイナリーの特徴です。
また、ブドウ畑は科学的なものを一切使わない伝統農法を実践、ビオディナミと、ビオロジック栽培を行い、エコセール認証も取得しています。

2002年に最初のワインをリリースしましたが、この時はまだ満足のいくレベルのブドウが収穫できなかったため、買いブドウでワイン造りを行いました。自家栽培ブドウでワイン製造を始めたのは2005年ヴィンテージからでした(2008年にリリース)。

現在多くのワインが輸出志向になり、アメリカマーケットに合わせた果実味満点のワインを生み出す中、このボオルケスはリベラ・デル・デュエロの伝統的スタイルを頑なに守り続けます。
土壌の個性やミネラル感といった、古典的なワインの美徳を表現し、現在フレンチオーク樽、アメリカンオーク樽の両方を用いながらも、樽の要素が強くなりすぎないよう、細心の注意を払います。

著しく少ない生産量のため、ワイナリーへの直接訪問・買い付けも受け付けておらず、特定の顧客への販売分でほぼ売り切れてしまう、入手困難なワインです。

ボデガス・ボオルケスで10年以上にわたり醸造家として働き、このワインの評価を高めてきたのは、スペインでも指折りの醸造家一族、ルセンド家のラファエル・ルセンドです。
彼は醸造学校でブドウ栽培や醸造学を学んだあと、さらに大学で深く学び、卒業後は複数のワイナリーで醸造家として働いています。

ルセンド家は1919年にカスティーリャ・ラ・マンチャ州、シウダー・レアル県の町、Argamasilla de Alba(アルガマシージャ・デ・アルバ)でCesar Lucendo Asensi(ラファエルの曾祖父)が「ボデガス・ルセンド」というワイナリーを興したことから以後ワイン造りに関わる家系となりました。

Lucendo家の醸造家としての評価を高めたのは、ラファエルの父であり、三代目のJesus Lucendo Alonsoでした。

彼はカスティーリャ・ラ・マンチャにおける代表的なワイナリーで醸造家として働いただけでなく、20年に渡って、同州の醸造学校でワイン造りを教える教師として、多くの醸造家たちを導いてきました。

現在は、4世代目となり、ラファエルとフェデリコの二人の兄弟、若き醸造家たちがこの伝統を受け継いでいます。

ボオルケス・レセルヴァのワイン

ボオルケス・レセルヴァのワイン

ボオルケス・レセルヴァ
[テンプラニーリョ88% カベルネ・ソーヴィニョン9% メルロ3%]
14カ月熟成 (ヌヴェール産フレンチオーク40% ミズーリ産アメリカンオーク60%)
ジェルベール・ガイヤールガイドで92点、ペニンガイドで91点獲得。

畑はデュエロ川沿い、標高の高いエリアにあり、非常に痩せた土壌で石が多く転がる畑、Pago de Valderramiroという名で地元でもよく知られる有名な所にあります。
密植度は、リベラ・デル・デュエロの平均値のおよそ2倍です。密植度を上げることで、一本のブドウ樹から収穫できるブドウを制限し、収穫量を落とします。収穫は晩秋から冬、11月から12月で霜が降りるようになってから行います。

ブドウは低温を維持したまま選果台へ運ばれ、注意深く選定されます。その後温度管理できるステンレスタンクへブドウを入れ、自然酵母で発酵させます。発酵中は温度が上がりすぎないよう注意します。残糖を確認し、発酵が終わったら、果皮や種からのタンニンやアロマの抽出を促します。その後マロラクティック発酵を行います。そのままタンク内で行うか、または樽に移して行うかは、その年のワインの状況により、都度決めています。

ワインは樽に移した後、温度管理されたセラーに運ばれ、熟成されます。個々の樽によって味わいの差が大きくならないように、一定の温度を保ちます。瓶詰後、少なくとも1年間は瓶内で熟成させ、ワインが安定して口当たりがなめらかになった頃合いを見て出荷します。

このボオルケス・レセルバは新しいスタイルのレセルバワインです。このワインの樽使いは、樽に由来する木のアロマを与えることより、タンニンを滑らかにすること、ブドウの果実味やミネラル感、テロワールをワインへ表現することを目的としています。

【テイスティングコメント】
色調は濃いガーネット
黒系ベリーの香り、香ばしい薫香、ペッパー、ソーセージやベーコンのような燻した肉の香り
凝縮したジャムのようなベリー、丁子やシナモン、ナツメグ、ミント、 なめし皮のような熟成した香りもやや出てきている
酸味は穏やかで果実味も豊か、タンニンは滑らかで豊か
シルキーなタンニンで飲み心地が上品でエレガント
コクのあるワインを使用したソースのジビエ肉、赤ワイン煮、など。
アフターに果実味がほんのり出てくるので、ベリー系のソースを使用したお料理もあり。
二日目にはさらに味わいが落ち着きエレガントさが増してくる。
香りにもなめし皮の熟成香が出てきて、赤ワインとチーズやドライフルーツだけでも十分楽しめる味わい深いワインです。

ギフト(有料)
追加について

ギフトボックス(1本用 / 2本用)(有料275円)

750mlサイズのお好みのワインを入れることが出来ます。

※ギフトボックスと一緒にワインを複数本、お買い求め頂いたは、どちらの商品をギフトボックスに入れるか、注文時に「備考欄」にてご連絡ください。

ワイン用紙袋(1本用)(有料176円)

袋の色はクールグレーのみとなります。
ワイン1本、もしくは1本用ギフトボックスを入れることが出来ます。

ワイン用袋(1~3本用)(有料110円~)

「もっと気軽にワインを持ち運びたい」そんな皆様の声にお応えし、ワインショップソムリエロゴ入りワイン用袋をご用意しました。
1本用・2本用・3本用の3種取り揃えておりますので用途に合わせてお選びくださいませ。

みんなのレビュー

ボオルケス・レセルヴァ ボデガス・ボオルケス 2009年 スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤ワイン フルボディ 750ml

ボオルケス・レセルヴァ ボデガス・ボオルケス 2009年 スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤ワイン フルボディ 750ml

5.00点 (1件の評価

ブーさん さん

投稿日時:2021/01/26 18:00:39

シルキーなタンニンが魅力

ソムリエ極上お年玉福袋・フルボティ赤6本セットの中の1本。
グラスに注いだ直後は飲み慣れたメルロぽっい香りでしたが、スワリングするに連れて熟成した落ち着いた香りにどんどん変化していきました。
味わいは濃い目のベリー系ですが、それ以上にシルキーなタンニンが印象的です。このシルキーさはかなり好みです。
今日のメインは馬刺だったのですが相性は悪くなかったです。タレは日本酒と和合わせるときは醤油+唐辛子味噌が好みですが、岩塩+ゴマ油が一番ワインとの相性が良かったです。

あなたのレビュー

ご購入商品のレビュー書き込みでポイントプレゼント!

レビューを投稿するにはログインしてください。

ワイン名(原語)ボオルケス・レセルヴァ(BOHORQUEZ RESERVA)
生産者名(原語)ボデガス・ボオルケス(BODEGAS BOHORQUEZ)
原産国・地域スペイン カスティーリャ・イ・レオン州
原産地呼称D.O. リベラ・デル・デュエロ
ヴィンテージ 2009年
ぶどう品種
(栽培比率)
テンプラニーリョ88% カベルネ・ソーヴィニョン9% メルロ3%
タイプ
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下
生産者情報ビオロジック、ビオディナミ栽培
エコセール認証取得

メニュー

商品を探す

ワインセットを探す

今一押しワインセット

ギフト

おすすめギフト

特集・お得情報

おすすめ特集

タイプ別で探す

産地で探す

こだわりワイン

金賞・メディア掲載

ワイン雑貨

こだわりの食品

ご注文は24時間365日受付!
平日・土曜日12時までの
ご注文で当日出荷!

ご注文は24時間365日受付!

ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷日カレンダー

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。


ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定


出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

  • ※離島・一部地域を除きます。
  • ※日数はあくまで目安であり、確約するものではございません。
    配送業者の状況により、遅延が生じる場合もございます。