公式サイトは最低価格保証 ワイン、シャンパンの通販・販売ならスタッフが全員ソムリエのワインショップソムリエにお任せください!

飲食店様向け
酒類仕入れはこちら

ワインショップソムリエ

  • 商品を探す

  • ワインセットを探す

  • ギフト

  • 特集・お得情報

  • 商品を探す
  • ワインセットを探す
  • ギフト
  • 特集・お得情報

今一押しワインセット

おすすめ特集

  • ワイン診断
  • スタンプラリー

お得情報

ウィンタークリアランスSALE
1本送料無料
冬ワイン
スタンプラリー
ワイン診断
ワインセット
ガブワイン
マリアージュデリ
定期便
レビューを書いてポイント
ワイン交流会&生産者来日イベント

今から注文で
最短日()出荷

最新の出荷スケジュールについては
こちらをクリック

8,250円 7,330円

ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール) ニンシヤ・シン・フイ・ビン・ワイナリー 2018年 中国 寧夏 赤ワイン フルボディ 750ml

ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール) ニンシヤ・シン・フイ・ビン・ワイナリー 2018年 中国 寧夏 赤ワイン フルボディ 750ml
ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール) ニンシヤ・シン・フイ・ビン・ワイナリー 2018年 中国 寧夏 赤ワイン フルボディ 750ml
ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール) ニンシヤ・シン・フイ・ビン・ワイナリー 2018年 中国 寧夏 赤ワイン フルボディ 750ml
ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール) ニンシヤ・シン・フイ・ビン・ワイナリー 2018年 中国 寧夏 赤ワイン フルボディ 750ml
ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール) ニンシヤ・シン・フイ・ビン・ワイナリー 2018年 中国 寧夏 赤ワイン フルボディ 750ml
ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール) ニンシヤ・シン・フイ・ビン・ワイナリー 2018年 中国 寧夏 赤ワイン フルボディ 750ml
このワインのアロマ

ブラックベリー
カシス

スパイス

このワインの特徴
  • 力強いコクや渋み、
    複雑味が魅力の重厚なワイン
  • ボディ(コク)
    フルボディ
  • 酸味
    中程度
  • 渋み
    強め

ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール) ニンシヤ・シン・フイ・ビン・ワイナリー 2018年 中国 寧夏 赤ワイン フルボディ 750ml

商品番号:3760293758459

販売日:2021年 12月 22日 17:00

会員割引あり

68 ポイント進呈

%OFF

希望小売価格:8,250円(税込)

ソムリエ価格:6,800円 (税込7,480円)

数量

|| 商品名

|| テイスティングコメント

  • 商品説明
  • 商品情報
  • レビュー

ル・シズィエム・エレマン
LE SIXIEME ELEMENT

クラウドファンディング「Makuake」でも話題となったプレミアムワイン!ワイン愛好家たちから熱狂的な支持を受け、わずか2週間足らずで、プロジェクト成功!



中国のナパ・ヴァレー「寧夏」で造られるプレミアム自然派ワインが日本初上陸
世界の銘醸ワインを超える“圧倒的”実力


「次世代のボルドー」を目指し、中国政府が強力にバックアップする寧夏よりフランスの技、
中国のテロワールが生み出した新作が日本初上陸!

寧夏のテロワールを表現する自然派ワイン

中国政府が国策として注力することを決めた寧夏回族自治区のヘラン山麓区域は、2035年までにボルドーに並ぶことを目的に急ピッチで開発が進められており、今、世界中のワイン関係者が注視する、目の離せないエリアの一つです。

map

この寧夏が、現在のように注目されるよりも少し前、一人のフランス人醸造家が、この新天地に惹かれワイン造りを始めました。
彼の名はアモリ・ド・サンセイ(AMAURY DE SINCAY)。かの名高きサド侯爵の孫です。
彼は、寧夏で一人の優れたワイン生産者とめぐり会いました。その人の名は王平来(Wang PingLai)。寧夏のワイン生産者の家系に生まれ、ワイン業界で約40年の経験を持つ人物で「名人」と言われる偉大な人物です。
アモリ・ド・サンセイはフランスの醸造技術やテロワールに関する知識を、王平来は寧夏でのワイン造り、そ風土地の特性や、長い間アジアで伝えられてきた陰陽五行の思想に基づいた農業のノウハウを与え、ここにフランスの技術と中国のテロワールが相乗効果を発揮するワイン造り風土壌が整ったのです。



アモリ・ド・サンセィ

フランス、ローヌ渓谷のワイン生産者の家系に生まれる。かの名高きサド侯爵※1の孫。
現在は、FSPワインのゼネラルマネージャーとして、主にフランス産のワインを年間数百万本生産し、世界中に輸出。
LE SIXIEME ELEMENTでは、ワインの製造とブレンドの方向性を担当し、販売プロセスにも深く関与している。また、輸出の責任者でもある。趣味はスキー、乗馬。好きなものはワイン、ウィスキーと葉巻。
※1 サド侯爵:マルキ・ド・サド(Marquis de Sade, 1740年6月2日 - 1814年12月2日)は、フランス革命期の貴族で小説家。マルキはフランス語で侯爵を意味する。人生のおよそ半分を牢獄と精神病院で過ごし、収監中に数々の小説を精力的に執筆した。リベラル思想に裏打ちされ、時に暴力的、反宗教的、反道徳的とみなされた作品が多く、後に彼の名をとって「サディズム」という言葉が生まれたことから良いイメージがなかったものの、近年その作品群の芸術性が再評価されている。

■メッセージ
「シャルドネとピノ・ノワールへの愛情から、20年間あちこちを旅し、何年も観察と研究を重ね、あらゆる妥協を排除して最適風土地を求めた結果、この寧夏ヘラン山麓風土地にめぐり会いました。
周囲を砂漠に囲まれたこ風土地の気候のおかげで、私たちは "クリーン"な栽培、つまり農薬や殺虫剤に頼らない、自然な栽培ができます。また、健全なブドウのおかげで、醸造過程でも酸化防止剤(亜硫酸塩)の使用を低く抑えることができます。ボトリング時に酸化防止剤を添加しますが、28~32mg/lしか使いません。
これは非常に低い値で、フランスの自然派ワインで最も厳しい既定のヴァン・ナチュールの指標である30mg/lと比べても遜色ありません。」

ワン・ピンライ

寧夏のワイン生産者の家系に生まれ、ワイン業界で約40年の経験を持つ。中国においてワイン製造の名人の一人で、国産(中国産)ワインの審査員も務めている。寧夏新慧彬葡萄酒庄有限公司で栽培・醸造を担う。
LE SIXIEME ELEMENTでは、セラーマスターとして醸造、ブドウ栽培、ワイン醸造、ボトリングすべての生産プロセスの責任者として関与している。

■メッセージ
「人間は空から地球上の生命を授かり、自然からは多様で複雑な気候やテロワールが生まれ、祖先からは知識や技術が受け継がれています。 それらを継承し、生物多様性を維持しながら、合理的な方法で生産することが私たちの責任です。 私たちのワイン、ル・シズィエム・エレマンがきっかけとなって、寧夏ワインの魅力を知っていただき、その味わいを楽しんでいただければ幸いです。」



フランスの技術、中国のテロワール

フランス人醸造家であり、かの名高きサド侯爵の孫アモリ・ド・サンセィが、ピノ・ノワールとシャルドネの聖地を求めて辿り着いた新天地「寧夏」。
「中国のナパ・ヴァレー」と称され、今ワイン文化が花開きつつあるこの地で、中国ワイン業界を代表する人物の一人、王平来(Wang PingLai)とタッグを組み、フランスの技術、中国のテロワールを反映した全く新しいタイプのワインが生まれました。
2018年ヴィンテージは、初リリースであったにも関わらずロンドンアワードやアメリカアワード等の国際ワインコンクールで金賞を受賞。
中国国内で注目を集めるル・シズィエム・エレマンは、既に中国国内の高級レストラン、ラグジュアリーホテルでの採用が決まりつつあり、中国ワインの中でも今後入手困難なワインになることが予想されます。
生産量は2020年時点で既に世界第10位となり、ワイン業界の中では既に注目株となりつつある中国ワインですが、日本ではその認知度はまだまだ少ない状況です。

photo



政治家やジャーナリストが注目 寧夏ワイン

寧夏は、今、高品質ワイン産地として、またワインツーリズムの中心地として、急速に発展を遂げています。力強く凝縮味のある味わいのワインと、豪華なゲストルームを備えたワイナリーが200以上も並び立つ様から「中国のナパ・ヴァレー」と揶揄されるほどです。

「中国のワインはやがて、世界を驚かせるワインになる」

これは、2020年に寧夏を視察に訪れた習近平国家主席が述べた言葉ですが、多くの評論家、ワインジャーナリストたちは、この発言を誇大広告的なパフォーマンスだとは見なしていません。事実、寧夏には並外れたポテンシャルがあると信じています。その理由は、寧夏の環境にありました。
このような高品質ワイン生産のポテンシャルが裏付けとなり、今中国は国を挙げて寧夏ワインの発展に乗り出し始めました。
中国は寧夏回族自治区の主要なワイン生産地域を、フランスのボルドーに匹敵する地域に変えたいと考えており、中央政府が5月下旬に承認した計画では、ヘラン山脈地域は、2035年までに6億本のボトルを生産することを目標に掲げています。因みに、この生産量は、フランスの一大ワイン産地であるボルドーのワイン生産量とほぼ互角です。
政府の強力なバックアップ体制のもと、15年後には、品質・量ともに世界を代表するワイン産地になるのでは?と世界のワイン関係者が期待を込めて注視する寧夏。欧米で流行する前に、いち早くこの寧夏ワインを試してみたいものですね。



photo



五行説のたまものル・シズィエム・エレマン

ワイン名にもなっているル・シズィエム・エレマンという名前の由来は、古代中国に端を発する自然哲学の思想である五行説に由来します。五行説は、万物を「木・火風土・金・水」の5種類の元素にあてはめ、世界をとらえる考え方です。
五行説は陰陽説と共に、はるか昔から存在していました。陰陽説と五行説が結びついた結果、現在の陰陽五行説となり、東洋思想における理論体系の本質的な内容を形成してきました。一例として暦や風水、中医学、薬膳など生活の中にも大きな影響を与えています。

五行説のたまものル・シズィエム・エレマン

「五行」という言葉は、5つの象徴的な概念が、絶えず相克を繰り返し循環する様子を表しています。世界から身の回りのものまで、あらゆる事象をこの5つの象徴に当てはめて、考えることができます。

『木』:上昇の動き。春の季節のエネルギーを表します。

『火』:照射、輝き、広がり、成熟、熱、光を表現し、暑い夏の季節のエネルギーを示します。

『金』:金は、金属(メタル)を意味し、その動きは下降の始まりと考えられています。硬さや荒々しさで、秋の季節のエネルギーを表します。

『水』:深く降下していく様子と広がっていく様子も表します。また、物事の休眠や、保存する事も含みます。季節の中では寒い冬のエネルギーを示します。

風土』風土の動きとは変容を意味し、季節や場所を問わず全季節のエネルギーを示します。季節の変わり目に風土用」の期間を配置するのも、この考え方に由来します。

それぞれの要素が分断・独立されている訳ではなく、それぞれが相補的・相対的関係にあり、中庸のバランスがとれた状態を大切にする考え方は、現代の西洋医学中心の医学界でも徐々に見直されてきています。こういった考え方は、農業の中でも応用でき、ブドウ畑での仕事や、ワイン造りにおいても、診療のように役立つものです。

今回ご紹介するワイン、『ル・シズィエム・エレマン(六番目の要素)』は、この五行が融合した結果という意味が込められています。ワイン造りにおいて密接に関わり合う5つの要素『自然、気候、テロワール、季節、そして地球上の生命』これらから生まれたワインを、寧夏の6番目の要素として位置付けているのです。
また、もう一つの面として、植樹から数年の準備期間、ブドウの果実が実り、収穫され、醸造を行い、熟成を経て完成されるワイン造りの各段階をも象徴しています。

photo



bottle

|| ル・シズィエム・エレマン 生命(ラ・ヴィ)
シャルドネ100%
(6,600株/ha、平均収量15hL/ha)

|| 醸造:
9月20日から10月15日の完熟期の収穫。 7~9度で6日間の低温マセラシオン。 2週間の発酵の後 澱の上で4ヶ月間熟成。 最初は3日ごと、その後は1週間ごとにバトナージュ。

|| テイスティング:
非常にフローラルな香りで、アカシア、白い花(アイリス)、アプリコットやピーチなどの黄色い果実の香りも感じられる。 口に含むとパッションフルーツのアロマに始まり柑橘系、ドライアップルや洋ナシ、カリン、パイナップル。そしてブリオッシュ、パン、酵母など、澱の上での熟成による発酵の香り。

|| フード・ペアリング:
長く続く後味が特徴の非常にエレガントなシャルドネで黄河の魚介類との相性は抜群。 海の幸、白身の肉 (鶏肉など)や、軽いチーズ(山羊の半生タイプなど)にも合う。飲み頃温度:8~12度

|| アモリ・ド・サンセィより
「“La Vie“と名付けられたシャルドネ種100%の白ワインは、私たちが愛してやまないブルゴーニュを彷彿とさせます。」

詳細&お買物はこちら

photo



bottle

|| ル・シズィエム・エレマン・風土(テロワール)
ピノ・ノワール100%
(6,000株/ha、平均収量15hL/ha)

|| 醸造:
完熟した10月に収穫。 5日間の低温マセラシオン(6-9度)。 澱の上で2~3週間の発酵、4ヶ月間の熟成、毎週ピジャージュとルモンタージュ(澱の上でのパンチングダウンとポンピングオーバー)。

|| テイスティング:
イチゴ、ラズベリー、カラント、砕いた野イチゴ、森の果実(ブラックベリー)などのような赤系・黒系果実の美しい香り。 ドライローズやドライレッドフルーツの香りも感じられる。 口に含むと、丸みを帯びたシルキーな味わいで、アタックはクランベリーやブラックカラントに加え、エレガントな革の香り、完璧な度合いの酸を感じる。 乾燥した気候から想像されるような、過剰なアルコール感はない。 フランスのブルゴーニュスタイルを彷彿とさせる、非常にバランスのとれた、繊細なワイン。 すべてのピノ・ノワール愛好家を満足させられるだろう。

|| フード・ペアリング:
鴨などジビエ肉や北京ダック、白身の肉(仔牛、鶏肉)、軽めのチーズ、またはクリーミーなチーズとの相性は抜群。 飲み頃温度:14~16度

|| アモリ・ド・サンセィより
「“テロワールを映す品種”と言われるピノ・ノワールは、この砂質・砂利質風土地で典型的な特徴を完璧に表現していることを感じました。そして”Terroir”と名付けました。」

詳細&お買物はこちら

photo



bottle

|| ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール)
カベルネ・ソーヴィニョン70% (6,600株/ha、平均収穫量29hL/ha)
マルスラン25% (3,300株/ha、平均収量25hL/ha)
メルロ5% (6,600株/ha、平均収量22hL/ha)

|| 醸造:
10月の完熟期に収穫。 各品種を別々に発酵・熟成。 3~5日間の低温マセレーション(ブドウ毎に6~10℃)。 トロンセ産オーク樽(メーカーはフランスのラドゥ社とナダリエ社のものを使用。ミディアムトースト仕上げ。古樽97%、新樽3%使用)で14ヶ月間熟成。ボトリングの前にブレンド。

|| テイスティング:
濃いルビーレッドの色。 ブレンドの中心であるカベルネ・ソーヴィニヨンの典型的なアロマがはっきりと表れている。カシスやブラックベリーのような黒系果実に続いて、ブラックペッパー、黒コショウ、スミレ、わずかにタバコやクローブの香り。 ワインには繊細なタンニンが感じられ、非常にバランスのとれた構造で、程よい酸味があり、最後はフレッシュなミント、フレンチオーク樽での長期熟成によってもたらされたわずかにバニラやトーストの香り。

|| フード・ペアリング:
ローストした肉や和牛、ブフ・ブルギニョン、ジビエ肉 (鹿)やチーズとの相性は抜群。 飲む2~3時間前に開栓し、デキャンタ使用推奨。 飲み頃温度:16~18度

|| アモリ・ド・サンセィより
「造るのが一番楽しかったのはマルスラン(1961年にフランスで生まれたカベルネ・ソーヴィニョンとグルナッシュの交配)で、多くの学びと発見がありました。 ”Nature”ですが、これはカベルネ・ソーヴィニヨンをベースにマルスランとメルロを加えたブレンドを、フレンチオーク樽で14ヶ月間熟成させました。バランスと複雑さが感じられます。」

詳細&お買物はこちら

photo



bottle

|| ル・シズィエム・エレマン・气候(クリマ)
マルスラン100%
(3,300株/ha、平均収量25hL/ha)

|| 醸造:
10月の完熟期に収穫。 5日間の低温マセラシオン(8~10℃) トロンセ産オーク樽(メーカーはフランスのラドゥ社とナダリエ社のものを使用。ミディアムトースト仕上げ。2年目の古樽100%)で14ヶ月間熟成。

|| テイスティング:
カシスなどの黒系果実、焙煎、シナモン、コーヒーの香り。 味わいはフルボディでシルキー、ダークチョコレート、レザー、そしてコーヒーとモカのアフター。 フレンチオークでの超長期熟成がベルベットのような美しいタンニンと、滑らかでバランスのよいトースト香の長い余韻をもたらす。

|| フード・ペアリング:
マルスラン種を見事に表現しているこのワインには、仔羊のロースト、トンポーロー、仔羊や牛肉のバーベキューなどが合う。 飲む2~3時間前に開栓し、デキャンタ使用推奨。 飲み頃温度:16~18度

|| アモリ・ド・サンセィより
「造るのが一番楽しかったのはマルスラン(1961年にフランスで生まれたカベルネ・ソーヴィニョンとグルナッシュの交配)で、多くの学びと発見がありました。 ヘラン山麓風土壌をよく表現しているマルスランに見せ場を与えるため、モノ・セパージュ(単一品種)でもワインを造りました。トロンセ産のオーク樽(一流メーカーであるナダリエ、ラドゥの樽)で14~15ヶ月間の熟成を行います。 このマルスランがヘラン山麓の環境と密接に結びついた結果生まれたワインであることから、私たちはこのワインを“Climat"と名づけました。 あまり知られていない偉大な品種であるマルスランのポテンシャルと複雑さ、ヘラン山麓の美しいテロワール、厳しい気候を余すところなく発揮している、ユニークな魅力をぜひ見出していただきたいと思っています。」

詳細&お買物はこちら

photo

|| 商品名

|| テイスティングコメント

ル・シズィエム・エレマン
LE SIXIEME ELEMENT

クラウドファンディング「Makuake」でも話題となったプレミアムワイン!ワイン愛好家たちから熱狂的な支持を受け、わずか2週間足らずで、プロジェクト成功!



中国のナパ・ヴァレー「寧夏」で造られるプレミアム自然派ワインが日本初上陸
世界の銘醸ワインを超える“圧倒的”実力


「次世代のボルドー」を目指し、中国政府が強力にバックアップする寧夏よりフランスの技、
中国のテロワールが生み出した新作が日本初上陸!

寧夏のテロワールを表現する自然派ワイン

中国政府が国策として注力することを決めた寧夏回族自治区のヘラン山麓区域は、2035年までにボルドーに並ぶことを目的に急ピッチで開発が進められており、今、世界中のワイン関係者が注視する、目の離せないエリアの一つです。

map

この寧夏が、現在のように注目されるよりも少し前、一人のフランス人醸造家が、この新天地に惹かれワイン造りを始めました。
彼の名はアモリ・ド・サンセイ(AMAURY DE SINCAY)。かの名高きサド侯爵の孫です。
彼は、寧夏で一人の優れたワイン生産者とめぐり会いました。その人の名は王平来(Wang PingLai)。寧夏のワイン生産者の家系に生まれ、ワイン業界で約40年の経験を持つ人物で「名人」と言われる偉大な人物です。
アモリ・ド・サンセイはフランスの醸造技術やテロワールに関する知識を、王平来は寧夏でのワイン造り、そ風土地の特性や、長い間アジアで伝えられてきた陰陽五行の思想に基づいた農業のノウハウを与え、ここにフランスの技術と中国のテロワールが相乗効果を発揮するワイン造り風土壌が整ったのです。



アモリ・ド・サンセィ

フランス、ローヌ渓谷のワイン生産者の家系に生まれる。かの名高きサド侯爵※1の孫。
現在は、FSPワインのゼネラルマネージャーとして、主にフランス産のワインを年間数百万本生産し、世界中に輸出。
LE SIXIEME ELEMENTでは、ワインの製造とブレンドの方向性を担当し、販売プロセスにも深く関与している。また、輸出の責任者でもある。趣味はスキー、乗馬。好きなものはワイン、ウィスキーと葉巻。
※1 サド侯爵:マルキ・ド・サド(Marquis de Sade, 1740年6月2日 - 1814年12月2日)は、フランス革命期の貴族で小説家。マルキはフランス語で侯爵を意味する。人生のおよそ半分を牢獄と精神病院で過ごし、収監中に数々の小説を精力的に執筆した。リベラル思想に裏打ちされ、時に暴力的、反宗教的、反道徳的とみなされた作品が多く、後に彼の名をとって「サディズム」という言葉が生まれたことから良いイメージがなかったものの、近年その作品群の芸術性が再評価されている。

■メッセージ
「シャルドネとピノ・ノワールへの愛情から、20年間あちこちを旅し、何年も観察と研究を重ね、あらゆる妥協を排除して最適風土地を求めた結果、この寧夏ヘラン山麓風土地にめぐり会いました。
周囲を砂漠に囲まれたこ風土地の気候のおかげで、私たちは "クリーン"な栽培、つまり農薬や殺虫剤に頼らない、自然な栽培ができます。また、健全なブドウのおかげで、醸造過程でも酸化防止剤(亜硫酸塩)の使用を低く抑えることができます。ボトリング時に酸化防止剤を添加しますが、28~32mg/lしか使いません。
これは非常に低い値で、フランスの自然派ワインで最も厳しい既定のヴァン・ナチュールの指標である30mg/lと比べても遜色ありません。」

ワン・ピンライ

寧夏のワイン生産者の家系に生まれ、ワイン業界で約40年の経験を持つ。中国においてワイン製造の名人の一人で、国産(中国産)ワインの審査員も務めている。寧夏新慧彬葡萄酒庄有限公司で栽培・醸造を担う。
LE SIXIEME ELEMENTでは、セラーマスターとして醸造、ブドウ栽培、ワイン醸造、ボトリングすべての生産プロセスの責任者として関与している。

■メッセージ
「人間は空から地球上の生命を授かり、自然からは多様で複雑な気候やテロワールが生まれ、祖先からは知識や技術が受け継がれています。 それらを継承し、生物多様性を維持しながら、合理的な方法で生産することが私たちの責任です。 私たちのワイン、ル・シズィエム・エレマンがきっかけとなって、寧夏ワインの魅力を知っていただき、その味わいを楽しんでいただければ幸いです。」



フランスの技術、中国のテロワール

フランス人醸造家であり、かの名高きサド侯爵の孫アモリ・ド・サンセィが、ピノ・ノワールとシャルドネの聖地を求めて辿り着いた新天地「寧夏」。
「中国のナパ・ヴァレー」と称され、今ワイン文化が花開きつつあるこの地で、中国ワイン業界を代表する人物の一人、王平来(Wang PingLai)とタッグを組み、フランスの技術、中国のテロワールを反映した全く新しいタイプのワインが生まれました。
2018年ヴィンテージは、初リリースであったにも関わらずロンドンアワードやアメリカアワード等の国際ワインコンクールで金賞を受賞。
中国国内で注目を集めるル・シズィエム・エレマンは、既に中国国内の高級レストラン、ラグジュアリーホテルでの採用が決まりつつあり、中国ワインの中でも今後入手困難なワインになることが予想されます。
生産量は2020年時点で既に世界第10位となり、ワイン業界の中では既に注目株となりつつある中国ワインですが、日本ではその認知度はまだまだ少ない状況です。

photo



政治家やジャーナリストが注目 寧夏ワイン

寧夏は、今、高品質ワイン産地として、またワインツーリズムの中心地として、急速に発展を遂げています。力強く凝縮味のある味わいのワインと、豪華なゲストルームを備えたワイナリーが200以上も並び立つ様から「中国のナパ・ヴァレー」と揶揄されるほどです。

「中国のワインはやがて、世界を驚かせるワインになる」

これは、2020年に寧夏を視察に訪れた習近平国家主席が述べた言葉ですが、多くの評論家、ワインジャーナリストたちは、この発言を誇大広告的なパフォーマンスだとは見なしていません。事実、寧夏には並外れたポテンシャルがあると信じています。その理由は、寧夏の環境にありました。
このような高品質ワイン生産のポテンシャルが裏付けとなり、今中国は国を挙げて寧夏ワインの発展に乗り出し始めました。
中国は寧夏回族自治区の主要なワイン生産地域を、フランスのボルドーに匹敵する地域に変えたいと考えており、中央政府が5月下旬に承認した計画では、ヘラン山脈地域は、2035年までに6億本のボトルを生産することを目標に掲げています。因みに、この生産量は、フランスの一大ワイン産地であるボルドーのワイン生産量とほぼ互角です。
政府の強力なバックアップ体制のもと、15年後には、品質・量ともに世界を代表するワイン産地になるのでは?と世界のワイン関係者が期待を込めて注視する寧夏。欧米で流行する前に、いち早くこの寧夏ワインを試してみたいものですね。



photo



五行説のたまものル・シズィエム・エレマン

ワイン名にもなっているル・シズィエム・エレマンという名前の由来は、古代中国に端を発する自然哲学の思想である五行説に由来します。五行説は、万物を「木・火風土・金・水」の5種類の元素にあてはめ、世界をとらえる考え方です。
五行説は陰陽説と共に、はるか昔から存在していました。陰陽説と五行説が結びついた結果、現在の陰陽五行説となり、東洋思想における理論体系の本質的な内容を形成してきました。一例として暦や風水、中医学、薬膳など生活の中にも大きな影響を与えています。

五行説のたまものル・シズィエム・エレマン

「五行」という言葉は、5つの象徴的な概念が、絶えず相克を繰り返し循環する様子を表しています。世界から身の回りのものまで、あらゆる事象をこの5つの象徴に当てはめて、考えることができます。

『木』:上昇の動き。春の季節のエネルギーを表します。

『火』:照射、輝き、広がり、成熟、熱、光を表現し、暑い夏の季節のエネルギーを示します。

『金』:金は、金属(メタル)を意味し、その動きは下降の始まりと考えられています。硬さや荒々しさで、秋の季節のエネルギーを表します。

『水』:深く降下していく様子と広がっていく様子も表します。また、物事の休眠や、保存する事も含みます。季節の中では寒い冬のエネルギーを示します。

風土』風土の動きとは変容を意味し、季節や場所を問わず全季節のエネルギーを示します。季節の変わり目に風土用」の期間を配置するのも、この考え方に由来します。

それぞれの要素が分断・独立されている訳ではなく、それぞれが相補的・相対的関係にあり、中庸のバランスがとれた状態を大切にする考え方は、現代の西洋医学中心の医学界でも徐々に見直されてきています。こういった考え方は、農業の中でも応用でき、ブドウ畑での仕事や、ワイン造りにおいても、診療のように役立つものです。

今回ご紹介するワイン、『ル・シズィエム・エレマン(六番目の要素)』は、この五行が融合した結果という意味が込められています。ワイン造りにおいて密接に関わり合う5つの要素『自然、気候、テロワール、季節、そして地球上の生命』これらから生まれたワインを、寧夏の6番目の要素として位置付けているのです。
また、もう一つの面として、植樹から数年の準備期間、ブドウの果実が実り、収穫され、醸造を行い、熟成を経て完成されるワイン造りの各段階をも象徴しています。

photo



bottle

|| ル・シズィエム・エレマン 生命(ラ・ヴィ)
シャルドネ100%
(6,600株/ha、平均収量15hL/ha)

|| 醸造:
9月20日から10月15日の完熟期の収穫。 7~9度で6日間の低温マセラシオン。 2週間の発酵の後 澱の上で4ヶ月間熟成。 最初は3日ごと、その後は1週間ごとにバトナージュ。

|| テイスティング:
非常にフローラルな香りで、アカシア、白い花(アイリス)、アプリコットやピーチなどの黄色い果実の香りも感じられる。 口に含むとパッションフルーツのアロマに始まり柑橘系、ドライアップルや洋ナシ、カリン、パイナップル。そしてブリオッシュ、パン、酵母など、澱の上での熟成による発酵の香り。

|| フード・ペアリング:
長く続く後味が特徴の非常にエレガントなシャルドネで黄河の魚介類との相性は抜群。 海の幸、白身の肉 (鶏肉など)や、軽いチーズ(山羊の半生タイプなど)にも合う。飲み頃温度:8~12度

|| アモリ・ド・サンセィより
「“La Vie“と名付けられたシャルドネ種100%の白ワインは、私たちが愛してやまないブルゴーニュを彷彿とさせます。」

詳細&お買物はこちら

photo



bottle

|| ル・シズィエム・エレマン・風土(テロワール)
ピノ・ノワール100%
(6,000株/ha、平均収量15hL/ha)

|| 醸造:
完熟した10月に収穫。 5日間の低温マセラシオン(6-9度)。 澱の上で2~3週間の発酵、4ヶ月間の熟成、毎週ピジャージュとルモンタージュ(澱の上でのパンチングダウンとポンピングオーバー)。

|| テイスティング:
イチゴ、ラズベリー、カラント、砕いた野イチゴ、森の果実(ブラックベリー)などのような赤系・黒系果実の美しい香り。 ドライローズやドライレッドフルーツの香りも感じられる。 口に含むと、丸みを帯びたシルキーな味わいで、アタックはクランベリーやブラックカラントに加え、エレガントな革の香り、完璧な度合いの酸を感じる。 乾燥した気候から想像されるような、過剰なアルコール感はない。 フランスのブルゴーニュスタイルを彷彿とさせる、非常にバランスのとれた、繊細なワイン。 すべてのピノ・ノワール愛好家を満足させられるだろう。

|| フード・ペアリング:
鴨などジビエ肉や北京ダック、白身の肉(仔牛、鶏肉)、軽めのチーズ、またはクリーミーなチーズとの相性は抜群。 飲み頃温度:14~16度

|| アモリ・ド・サンセィより
「“テロワールを映す品種”と言われるピノ・ノワールは、この砂質・砂利質風土地で典型的な特徴を完璧に表現していることを感じました。そして”Terroir”と名付けました。」

詳細&お買物はこちら

photo



bottle

|| ル・シズィエム・エレマン・自然(ナチュール)
カベルネ・ソーヴィニョン70% (6,600株/ha、平均収穫量29hL/ha)
マルスラン25% (3,300株/ha、平均収量25hL/ha)
メルロ5% (6,600株/ha、平均収量22hL/ha)

|| 醸造:
10月の完熟期に収穫。 各品種を別々に発酵・熟成。 3~5日間の低温マセレーション(ブドウ毎に6~10℃)。 トロンセ産オーク樽(メーカーはフランスのラドゥ社とナダリエ社のものを使用。ミディアムトースト仕上げ。古樽97%、新樽3%使用)で14ヶ月間熟成。ボトリングの前にブレンド。

|| テイスティング:
濃いルビーレッドの色。 ブレンドの中心であるカベルネ・ソーヴィニヨンの典型的なアロマがはっきりと表れている。カシスやブラックベリーのような黒系果実に続いて、ブラックペッパー、黒コショウ、スミレ、わずかにタバコやクローブの香り。 ワインには繊細なタンニンが感じられ、非常にバランスのとれた構造で、程よい酸味があり、最後はフレッシュなミント、フレンチオーク樽での長期熟成によってもたらされたわずかにバニラやトーストの香り。

|| フード・ペアリング:
ローストした肉や和牛、ブフ・ブルギニョン、ジビエ肉 (鹿)やチーズとの相性は抜群。 飲む2~3時間前に開栓し、デキャンタ使用推奨。 飲み頃温度:16~18度

|| アモリ・ド・サンセィより
「造るのが一番楽しかったのはマルスラン(1961年にフランスで生まれたカベルネ・ソーヴィニョンとグルナッシュの交配)で、多くの学びと発見がありました。 ”Nature”ですが、これはカベルネ・ソーヴィニヨンをベースにマルスランとメルロを加えたブレンドを、フレンチオーク樽で14ヶ月間熟成させました。バランスと複雑さが感じられます。」

詳細&お買物はこちら

photo



bottle

|| ル・シズィエム・エレマン・气候(クリマ)
マルスラン100%
(3,300株/ha、平均収量25hL/ha)

|| 醸造:
10月の完熟期に収穫。 5日間の低温マセラシオン(8~10℃) トロンセ産オーク樽(メーカーはフランスのラドゥ社とナダリエ社のものを使用。ミディアムトースト仕上げ。2年目の古樽100%)で14ヶ月間熟成。

|| テイスティング:
カシスなどの黒系果実、焙煎、シナモン、コーヒーの香り。 味わいはフルボディでシルキー、ダークチョコレート、レザー、そしてコーヒーとモカのアフター。 フレンチオークでの超長期熟成がベルベットのような美しいタンニンと、滑らかでバランスのよいトースト香の長い余韻をもたらす。

|| フード・ペアリング:
マルスラン種を見事に表現しているこのワインには、仔羊のロースト、トンポーロー、仔羊や牛肉のバーベキューなどが合う。 飲む2~3時間前に開栓し、デキャンタ使用推奨。 飲み頃温度:16~18度

|| アモリ・ド・サンセィより
「造るのが一番楽しかったのはマルスラン(1961年にフランスで生まれたカベルネ・ソーヴィニョンとグルナッシュの交配)で、多くの学びと発見がありました。 ヘラン山麓風土壌をよく表現しているマルスランに見せ場を与えるため、モノ・セパージュ(単一品種)でもワインを造りました。トロンセ産のオーク樽(一流メーカーであるナダリエ、ラドゥの樽)で14~15ヶ月間の熟成を行います。 このマルスランがヘラン山麓の環境と密接に結びついた結果生まれたワインであることから、私たちはこのワインを“Climat"と名づけました。 あまり知られていない偉大な品種であるマルスランのポテンシャルと複雑さ、ヘラン山麓の美しいテロワール、厳しい気候を余すところなく発揮している、ユニークな魅力をぜひ見出していただきたいと思っています。」

詳細&お買物はこちら

photo

ギフト(有料)
追加について

ギフトボックス(1本用 / 2本用)(有料275円)

750mlサイズのお好みのワインを入れることが出来ます。

※ギフトボックスと一緒にワインを複数本、お買い求め頂いたは、どちらの商品をギフトボックスに入れるか、注文時に「備考欄」にてご連絡ください。

ワイン用紙袋(1本用)(有料176円)

袋の色はクールグレーのみとなります。
ワイン1本、もしくは1本用ギフトボックスを入れることが出来ます。

ワイン用袋(1~3本用)(有料110円~)

「もっと気軽にワインを持ち運びたい」そんな皆様の声にお応えし、ワインショップソムリエロゴ入りワイン用袋をご用意しました。
1本用・2本用・3本用の3種取り揃えておりますので用途に合わせてお選びくださいませ。

みんなのレビュー

この商品のレビューはまだありません。

あなたのレビュー

ご購入商品のレビュー書き込みでポイントプレゼント!

レビューを投稿するにはログインしてください。

ワイン名(原語)ル・シズィエム・エレマン・ナチュール 自然
(LE SIXIEME ELEMENT NATURE )
生産者名(原語)ニンシヤ・シン・フイ・ビン・ワイナリー
寧夏新慧彬葡萄酒庄
(XINHUIBIN WINERY)
原産国・地域中国・寧夏回族自治区
原産地呼称(AOC)永寧産区(Yongning)
ヴィンテージ2018年
ぶどう品種
(栽培面積比)
カベルネ・ソーヴィニョン70%、マルスラン25%、メルロ5%
タイプ
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下

メニュー

商品を探す

ワインセットを探す

今一押しワインセット

ギフト

おすすめギフト

特集・お得情報

タイプ別で探す

産地で探す

こだわりワイン

金賞・メディア掲載

ワイン雑貨

こだわりの食品

ご注文は24時間365日受付!
平日・土曜日12時までの
ご注文で当日出荷!

ご注文は24時間365日受付!

ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷日カレンダー

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。


ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

  • ※離島・一部地域を除きます。
  • ※日数はあくまで目安であり、確約するものではございません。
    配送業者の状況により、遅延が生じる場合もございます。