公式サイトは最低価格保証 ワイン、シャンパンの通販・販売ならスタッフが全員ソムリエのワインショップソムリエにお任せください!

飲食店様向け
酒類仕入れはこちら

  • 商品を探す

  • ワインセットを探す

  • ギフト

  • 特集・お得情報

  • 商品を探す
  • ワインセットを探す
  • ギフト
  • 特集・お得情報

お得なワインセット

名入れ彫刻ワイン

SALE

おすすめ特集

  • ワイン診断
  • はじめてお買い物をする方へ
  • レビュー

お得情報

今から注文で最短日()出荷

最新の出荷スケジュールについては
こちらをクリック

自然派ワイン通販


ワインショップソムリエでは、単に「自然派ワインだから」という理由でワインを選んでいるわけではありません。
しかし、直輸入のものを改めてみると、自然なワイン造りを行っている生産者が多いことに気づきます。

テイスティングでまず飲んで美味しく、コストパフォーマンスが良かった。
その理由を取材すると、実は自然な栽培・醸造というポリシーを持ってワイン造りを行っていたというパターンが多く、たまたま自然派ワインの割合が増えているというのが実情です。

自然派ワインって?

自然派ワイン、という言葉は多くのワインショップ・レストラン、雑誌などでよく聞かれるようになってきました。その定義はとても広く、厳密に「自然派ワイン」を規定する法律、ルールといったものはありません。国や地域ごとに認証機関もありますが、それぞれ団体が出す基準も様々で、認証による「自然派」も様々。しかし、基本的にはワインも農産物、野菜や果物などで「造り手の顔が見える作物」が良いように、造り手がどのような思いでワインを作っているか、という姿勢が最も大切だと思いませんか?

自然派ワインの味わいの特徴

以前は、独特の硫黄のような還元香(温泉卵のような香りです)など強い香りを持つものが多く敬遠する人もいました。しかし、醸造技術の発達や、生産者たちの努力でそのスタイルは徐々に変わってきています。
中には還元香がほのかに漂うものもあれば、最初からクリーンで上品、華やかなブーケを放つものもあります。
あまりにきれいな作りで自然派ワインとか考える暇も与えない素晴らしいワイン(たとえばD.R.C.ロマネ・コンティもそんなワインの一つですね)も存在します。

自然派ワインと通常のワインの間に、際立った味わいの違いはありませんが、自然派ワインの方が、綺麗でピュアなブドウ本来の香りや、その土地でなければ出せない香り、味わいがより深く表現されています。

たとえば、タイムやローズマリーが周囲に生い茂る畑で育ったブドウには、そのような香りが乗り移ったように、ハーブの香りも内包したワインに仕上がったりします。

こだわりの自然派ワイン造り

ビオロジック
除草剤や殺虫剤などの化学薬品、化学肥料は一切使わず、畑仕事を重視します。
自身の畑を含めた周囲の環境や、孫の代まで見据えた、広い視野で取り組む生産者も少なくありません。
ビオディナミ
オーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナーの思想と、古代から伝わる農法をまとめ、体系化した方法。
化学薬品や化学肥料は不使用、月の満ち欠けや天体運行に合わせて醸造を行ったり、多くのハーブを用いたり…と、独特のスタイルを持ちます。
ソムリエ厳選! お得な自然派ワインセット!



\\ ソムリエ一押し、コスパ抜群のワイン生産者! //

ダンジャン

リヴィエール

アンエ・セバスティアン・ビドー

マルシャン

ラトー

クリスティア

デザルグ

モンルイ

シャルトリュ

マレンキーニ

アルスピデ

ミスティ・コーブ

カンガリラ

フェラン・サンピエール

フィドーラ

ヴェンドラーメ

ミエデス

タイプで探す
産地で探す
認証で探す
・テラ・ヴィティス:水質や大気も含む周囲の環境までチェックする厳しい認証。
・デメテル:ビオディナミ農法を7年以上続けた生産者が検査を受け、認証取得できます。
・エコセール:世界最大級のオーガニック製品認証団体。土壌検査や集荷・保管場所までチェック対象です。
・AB:「Agriculture Biologique」の略で、フランス政府の厳しい基準を満たす食品が認可されます。
・ISO14001:ISO(国際標準化機構)の認証。畑だけでなく、周囲一帯の環境持続性まで対象となります。
・HVE:High Value Environmentalの略で、2011年からスタートしたフランス農水省公認の自然派認証です。生物多様性、次世代へ引き継げる循環型農法をベースに制定されています。
特徴で探す
枠に収まりきらない、独特の魅力を持つ自然派生産者の特徴をまとめました。

自然派ワインの特徴と通販での選び方

近年、健康志向をはじめ、ナチュラルでピュアな味わいを求める方が増えたことによって、「自然派ワイン」が注目を集めています。
しかし、自然派ワインをどうやって選べば良いか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、自然派ワインの選び方やワイン通販での選び方についてまとめています。

自然派ワインは、ピュアで透明感のある繊細な味わいが特徴です。

基本的に「自然な状態でブドウを栽培、醸造を経て造られたワイン」とされていて、生産者たちは「その国や土地の味わいを大切にしたい」と考えながら、ナチュラルな味わいになるよう心掛けて造っています。

しかし、自然派ワインとひと口に言っても、実は完璧な定義は存在していません。

「ヴァン・ナチュール」「ビオワイン」「オーガニックワイン」など、さまざまな呼ばれ方がありますが、どう造られたらそれらに該当するのかは曖昧です。
このことについては、ワイン業界全体の問題になっています。

とはいえ、難しいことを考えていてもワイン選びは進みません。
自然派ワインを選ぶ際は「天然酵母で発酵させて、亜硫酸(ありゅうさん)という物質が極少量か、無添加で造られたワイン」という基準で判断すると良いでしょう。

また、ワインに使用するブドウの栽培環境が「オーガニック栽培」「リュット・レゾネ(減農薬)」「ビオディナミ」の場合、オーガニックワインと呼ばれることがあります。
そのため、ワイン選びの際にブドウの栽培環境を確認しておくと分かりやすいかもしれません。

ちなみに、EUではオーガニックワインの認証を得るための規定が存在しており、それらをクリアしたワインのボトルには「ユーロリーフ」というマークのシールが貼られています。

そのほか、「テラ・ヴィティス」「デメテル、エコセール」「AB(Agriculture Biologique)」「ISO14001」など、厳しい規定の認証を取得しているワインも、自然派ワインと呼んでいいでしょう。

このように、自然派ワインは「どこまでが自然派ワインなのか?」という線引きがとても難しいカテゴリのワインです。
そのため上に書いたように、「生産者のワイン造りのスタイル」や「認証を受けているか否か」で判断していくと選びやすくなるでしょう。

味の特徴

自然派ワインはひと言で表すのが難しいほど、さまざまな味わいを持っています。

その理由のひとつに、自然派ワインの生産者たちは「その品種の味の特徴を出す」ことよりも「その土地の味わいを出すこと」を心掛けているからです。

つまり、自然派ワインのカテゴリにある「カベルネ・ソーヴィニヨン」であっても、そのワインがフランスのボルドーなのかオレゴン州なのか、それから生産者が誰なのかによって全く味わいの特徴が変わるのです。

ただ、一般的には「できるだけ亜硫酸を使わず、清澄や濾過をしないピュアな味わい」を目指して造られます。そのため、色合いがやや淡く、香りはチャーミングで「ピュアな果実感」「発酵由来のヨーグルト」「アカシア」などを感じられるのです。

渋みや酸なども穏やかで、すっと喉奥を通り抜けていくほど繊細。柔らかな“水”のような美しい味わいも魅力と言えるでしょう。

また、白ワインの場合は果皮を一緒に漬込んでオレンジ色に醸す「オレンジワイン」が多く見られます。オレンジワインは「白い花やコンポートのような甘い香り」と「ほのかな果皮由来の渋み」が特徴の、力強さと繊細さを兼ね備えた上品な印象のワインです。

以前まで自然派ワインは、硫黄のような香りが強かったり、「セメダイン、腐敗臭、酸化したバター、獣肉、強烈な酸」など、悪い印象を与える味わいのものがいくつか見受けられました。
そういったワインを飲んだ方の中には、「自然派ワインが苦手」だと思っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、近年の生産者たちは、ブドウ栽培からワイン醸造にいたるまで徹底した管理のもとで自然派ワインを造っています。
そのため、以前のような劣化した風味ではなく、ピュアで個性的かつ洗練された味わいを生み出すことに成功しているのです。

中には、一般的なワインと遜色のない、品種個性を出すワインを生み出す生産者もいます。
アロマホイールや教科書に掲載されているような“定番の味”ではなく、さまざまな香りや味わいが体験できると評判です。
これこそ、自然派ワインを選ぶ楽しさと言えるでしょう。

自然派ワインに使用するブドウに特別な指定はないため、大雑把に言うと全ての品種のブドウが使われています。
生産者が「その品種を使って自然派ワインを造りたい」と思うブドウを、自由に使う事が出来るのです。

今回はその中でも、比較的多く自然派ワインに使用されているブドウ品種をご紹介いたします。

ソーヴィニヨン・ブラン

ボルドーやロワールの主要品種であるソーヴィニヨン・ブラン。

特に、自然派ワインを多く生産するロワール地方で、この品種を使用したものが多いです。

一般的にフレッシュハーブや柑橘系の香りが特徴ですが、自然派ワインは「ハチミツ、アカシア、まろやかでクリーミーな口当たりのもの」が多く見られます。
また、色合いは濃い黄色で酸も穏やかです。

シャルドネ

フランスのブルゴーニュやジュラをはじめ、世界中でシャルドネの自然派ワインが作られています。

自然派ワインのシャルドネは色がやや黄色で、「スイカズラ、アンズ、トマト、ややスモーキーな乳酸のまろやかさ」が感じられます。

また、フランスなどの冷涼な産地のものは塩気やミネラル感をしっかりと感じさせるものが多く、骨格がしっかりとしたタイプも多い傾向です。

カベルネ・フラン

フランスのロワール地方の主要品種である、カベルネ・フラン。
近年ではカベルネ・フランを使った数多くの自然派ワインを見つけることができます。

カベルネ・フランは本来では「ハーブ、スミレ、黒い果実の香り、中程度のボリューム感」が特徴の品種ですが、自然派ワインとなるとやや別の個性もあらわれます。

例えば、よりチャーミングなブルーベリー、赤系果実や、粒こしょう、唐辛子といったスパイシーさも出てきます。
渋みも強過ぎず、よりピュアで軽快なタイプの口当たりです。
生産者や産地によってもその個性が変わってくるので、いろいろと試したくなる黒ブドウ品種だと言えるでしょう。

ピノ・ノワール

ブルゴーニュをはじめ、ニュージーランド、日本などでも「ピノ・ノワール」の自然派ワインが増加傾向にあります。
繊細な品種であるため、その土地の個性をあらわす魅力的な黒ブドウ品種として注目されています。

自然派のピノ・ノワールのワインは、繊細な果実味にオレンジ・ピール、スミレ、クミンといった印象の香りが特徴的です。
ラズベリーや歯ごたえのあるレッド・カラント、中には干し肉やスモーキーさを感じられるものもあります。

口当たりはとてもまろやかで、渋みも強過ぎず「飲み心地の軽いすっきりとしたもの」が多い傾向。
高級ワインになると、渋みや酸が香りをしっかり下支えした「骨格のあるタイプ」も見受けられます。

自然派ワインは、ある一部の国と生産者だけではなく、ワイン生産地全体で造られています。そのため、どのように選べば良いのか悩んでしまう方も多いでしょう。
ここでは、自然派ワインの選び方・楽しみ方をシチュエーション別にご紹介いたします。

初めて自然派ワインをお飲みになる方へ

自然派ワインを初めて飲まれる方であれば、国際品種で造られたピュアなタイプのものをおすすめします。
なぜなら自然派ワインは良い意味で個性が強く、中には「自然派ワインを飲み続けているからこそ理解できる味わい」というものがあるからです。
まずは入門編として「飲みやすいタイプの自然派ワイン」から始めてみてはいかがでしょうか。

食べる食材に合わせる

自然派ワインは、繊細でピュアな味わいが特徴です。
果実味が豊かなものがあるほかに、「やや果実味を抑えたもの」や「発酵由来のヨーグルトの香り」「瓶熟成や酸化熟成による個性的な香り」を持つものなど、さまざま。

そんな自然派ワインですが、お料理との相性がとても良いと言われています。
「ハーブやブルーチーズをちらしたサラダ、レバーなどを使ったパテ料理、ジビエ」などの個性的な風味のお料理にもぴったりでしょう。

また、海沿いの地域で栽培されたブドウを使った自然派ワインは、ミネラル感があるため魚料理と合わせやすく、お寿司や刺し身といった和食とも相性抜群です。
単体でやや個性的な自然派ワインであっても、その土地の郷土料理と合わせると味わったことのないマリアージュを楽しめたりします。

食事とワインのペアリングの幅をさらに広げてみたい時に、自然派ワインは良い選択肢となるでしょう。

ほかのワインとの比較

自然派ワインとそうではないワインには、どのような違いがあるのでしょうか。
これは、どのレベルの自然派ワインをお飲みになるかによって大きく変わってきます。

例えば、チリ、南アフリカ、カリフォルニア、オーストラリアの「リュット・レゾネ栽培」で造られた自然派ワイン。
こちらはピュアで果実味がフレッシュ、丸みのある味わいといった特徴がありますが、一般的なワインとの違いをそこまで感じないでしょう。

一方で、厳格な「オーガニック栽培」や、「ビオディナミ」といった農法でブドウを育て、天然酵母を使って無濾過・無清澄で仕上げられた本格的な自然派ワインはどうでしょうか。
こちらは、やや果実味が抑えられた「複雑な風味のある繊細なワイン」が仕上がることが多くなります。

大量生産型のワインにとって「オフフレイバー」となり得る「カラメル、獣肉、乳酸を思わせるヨーグルトの香り、発酵バター、タバコなどの香り」を微妙に含んだ個性的な風味となるため、飲んだ瞬間に自然派ワインとわかるでしょう。

ちなみにオフフレイバーとは、食品の品質が劣化して二次的に生じる異臭,変質臭,悪変臭などのことをいいます。
それらの香りを「悪い」と捉えるか否かは別の話で、こういった個性的かつピュアな造りのワインを求める方にはとてもおすすめできる味わいです。

また、自然派ワインは「生産者の哲学」「目指したいワインへの想い」「テロワール(土壌や気候など栽培地域の特徴)」を意識して造られています。
こういった生産者のこだわりの強いワインをお飲みになりたい方には特に楽しんでいただけるでしょう。

国でお選びになる

自然派ワインを選ぶ際、国別で選ぶという方法もおすすめです。

その土地それぞれのテロワールがあり、生産者たちが使用する品種や栽培環境、醸造環境も違います。
どの国の自然派ワインが自分のお気に入りになるか、それを探すのも楽しいでしょう。
フランス
フランスでは近年、自然派ワインを目指す生産者が増加しています。
若い生産者も増加傾向にあり、自然派ワインをオンリストする有名レストランも増えるなど、注目が集まってきている状況です。

フランスの自然派ワインは「北部のロワール」「シャンパーニュ」「南部のプロヴァンス」「ラングドッグ&ルーション」によって大きく変わります。

北部は冷涼であるため、やや酸が豊富で果実味の抑えられた「緊張感のあるエレガントな味わいの自然派ワイン」が多い傾向です。

一方、南部は日照量が豊富で気温も高く、乾燥地帯のためブドウがスクスク育ちます。
同じ自然派ワインでも「ボリューム感がある果実味に溢れたタイプ」のものが多く見受けられます。

フランス全体としては、軽やかな中に複雑な風味が豊富に取り込まれている、生産者の哲学を感じさせる自然派ワインを楽しめるでしょう。
イタリア
イタリアは、全州でワイン造りが行われているワイン大国です。
地中海性気候の乾燥したブドウ栽培に適している産地であるため、自然派ワインを造る生産者が多い傾向にあります。

北部のピエモンテ州では「バローロ」や「バルバレスコ」、中部のトスカーナ州は「キャンティ」、南部のプーリア州では「プリミティーボ」を使用した赤ワインなどが有名です。

イタリアの自然派赤ワインは「クランベリー、バラの花びら、バルサミコ、ライム、ザクロ」といった風味が感じられます。
白ワインは「ヘーゼルナッツ、塩キャラメル、乾燥したセージ、スグリ、アカシアの花などの香り」を持つ自然派ワインが多い傾向です。

もちろん、産地や生産者、品種によって味わいの特徴は変わってきますので、色々な種類を飲み比べてみるのも楽しいでしょう。
スペイン
イタリアと同じくして、スペインでも全土でワイン造りが行なわれています。
一部を除いて温暖で乾燥したブドウ栽培に適した産地ですので、オーガニック農法を取り入れている生産者も数多く存在します。

大手ワイナリーでも、近年は積極的にオーガニック栽培を取り入れてきており、「ピュアで品種の魅力をしっかりと出したワイン」が多く見受けられます。

中規模から大規模な生産者の多くは、「伝統的な栽培方法」と「最新の設備」を両立して醸造を行っています。そのため自然派ワインでも個性的過ぎない、「果実味と酸、渋みのバランスのとれたタイプ」と出会いやすいでしょう。

スペインの自然派赤ワインは、「ブラック・カラントにビター・アーモンド、アイリス、レッドチェリー、獣肉」といった味わいが特徴です。
白ワインであれば、「イランイラン、パッションフルーツ、甘いタマリンド、干しアンズ」といったアロマティックなタイプとも出会うことができるでしょう。

とはいえ生産者それぞれによってタイプは変わるため、一概に表現するのは難しいです。
まずはお気に入りの生産者を見つけて、そこから様々な自然派ワインへと幅を広げていけたら最高ですね。

自然派ワインはこんな方におすすめ

自然派ワインは「工業生産的なワインでは得られない、新たな味わいにチャレンジしてみたい」という方におすすめです。

自然派ワインは添加物などで味わいを操作しないため、ヴィンテージの影響を受けやすく、「開栓されるまでどんなワインと出会えるのか分からない」という面白さがあります。

「大手ブランドの一般的なワインに引けを取らない自然派ワイン」を造る生産者もいますが、「非常に個性的でユニークな自然派ワイン」を造る生産者が多いのです。

また、自然派ワインには「自然環境を守る」という観点もあります。

真面目な生産者の多くは営利だけを目的とはしていません。
あくまで「自らがブドウを造る土地を、いつまでも守り続けていきたい」という志を持って、栽培・ワイン醸造に取り組んでいるのです。

農薬や化学薬品を多く使用すると土地が痩せていき、さらに過剰な農薬などを散布しなければいけません。
そしてそれは自分の土地だけでなく、周囲の土地やその産地自体にダメージを与えることに繋がるでしょう。
自然派ワインを飲む事は、こういった環境対策に貢献する事にも?がる部分があるのです。

このように、ワイン初心者の方が楽しめるワインから、ワインのプロが唸るワインまで揃えているのが自然派ワインというカテゴリ。
「一般的なワインとは違う味わいを探している」「環境問題に興味がある」という方には、特におすすめできるでしょう。

ワインショップソムリエではソムリエ厳選の自然派ワインを取り揃えていますので、是非手に取ってその魅力に触れてみてください。

タイプで絞り込む

  • 赤ワイン

  • 白ワイン

  • 泡(シャンパン)

キーワードで絞り込む

61 ~ 75 件目を表示しています。(全375件)
並べ替え
[ このワインのアロマ ]

フランボワーズ

リコリス

スミレ

  • ボディ(コク)
    ミディアムライト
希望小売価格 15,290円(税込)
ソムリエ価格:
13,090円 (税込)
[ このワインのアロマ ]

フランボワーズ

リコリス

さくらんぼ

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 182,259円(税込)
ソムリエ価格:
154,924円 (税込)
売り切れ
希望小売価格 12,650円(税込)
ソムリエ価格:
10,780円 (税込)
[ このワインのアロマ ]

フランボワーズ

リコリス

スミレ

  • ボディ(コク)
    ミディアムライト
希望小売価格 7,040円(税込)
ソムリエ価格:
6,050円 (税込)
売り切れ
[ このワインのアロマ ]

フランボワーズ

リコリス

スミレ

  • ボディ(コク)
    ミディアムライト
希望小売価格 15,290円(税込)
ソムリエ価格:
13,090円 (税込)
[ このワインのアロマ ]

フランボワーズ

リコリス

スミレ

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 12,320円(税込)
ソムリエ価格:
10,560円 (税込)
[ このワインのアロマ ]

柑橘類

ハチミツ

パイナップル

  • ボディ(コク)
    ミディアムフルボディ
希望小売価格 12,320円(税込)
ソムリエ価格:
10,560円 (税込)
売り切れ
[ このワインのアロマ ]

フランボワーズ

リコリス

さくらんぼ

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 31,713円(税込)
ソムリエ価格:
26,961円 (税込)
売り切れ
[ このワインのアロマ ]

フランボワーズ

リコリス

スミレ

  • ボディ(コク)
    ミディアムライト
希望小売価格 17,930円(税込)
ソムリエ価格:
15,290円 (税込)
[ このワインのアロマ ]

柑橘類

ハチミツ

パイナップル

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 6,380円(税込)
ソムリエ価格:
5,423円 (税込)
売り切れ
[ このワインのアロマ ]

青リンゴ

レモン

貝殻(ミネラル)

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 6,600円(税込)
ソムリエ価格:
5,610円 (税込)
売り切れ
希望小売価格 26,180円(税込)
ソムリエ価格:
22,330円 (税込)
売り切れ
[ このワインのアロマ ]

柑橘類

ハチミツ

パイナップル

  • ボディ(コク)
    フルボディ
希望小売価格 3,971円(税込)
ソムリエ価格:
3,377円 (税込)

総合評価

(3.00)  
[ このワインのアロマ ]

アプリコット

ハチミツ

レモン

  • ボディ(コク)
    フルボディ
希望小売価格 3,971円(税込)
ソムリエ価格:
3,377円 (税込)

総合評価

(4.00)  
[ このワインのアロマ ]

リンゴ

ハチミツ

レモン

  • ボディ(コク)
    ミディアムボディ
希望小売価格 3,971円(税込)
ソムリエ価格:
2,783円 (税込)
61 ~ 75 件目を表示しています。(全375件)
並べ替え

特集一覧

  • 冬ワイン

    冬のおすすめワインを大特集!
    会員が選ぶ人気ワインもご紹介♪

  • CUVEE PRESTIGE

    名声、信望、威光という名のシャンパーニュ

  • オリジナルラベルワイン

    世界でたった一つの贈り物

  • 名入れ彫刻ワイン

    "記憶"と"形"に残るプレゼント

  • ワインショップソムリエのギフト

    贈り手の想いを伝えるソムリエギフト

  • ワイン診断

    ソムリエAIがあなたのワインタイプと、
    今の気分にぴったりのワインを解析!

  • はじめてお買い物をする方へ

    ワインショップソムリエへ
    ようこそ!

  • 今月の送料無料ワイン

    新しいワインが
    期間限定で1本から送料無料

  • グランピングワインズ

    オリジナルカラビナ付き!
    1.5Lアウトドア用オーガニックワイン

  • ガブワイン

    750mlワインボトル換算で、
    なんと1本あたり578円!

  • マリアージュデリ

    ワインとのマリアージュを
    考えてくられた理想のおつまみ

  • ソムリエ食品市場

    世界中から、
    美味しいおつまみが大集合!

  • 世界のバル気分

    ワインと贅沢
    おつまみセット

  • 世界のヴィンテージチャート

    当たり年が分かる!
    ヴィンテージチャート

  • ワインのトリセツ #1.基礎知識編

    ソムリエが教える
    “美味しい”ワインの基礎講座

  • ワイン女子会のススメ

    今おとな女子の間で
    ワインがブーム!

  • グランヴァンが最安値

    高級・有名ワインすべてが
    日本最安値挑戦価格!

  • ボルドー大百科

    ボルドー有名銘柄が
    勢ぞろい!

  • カベルネ・ソーヴィニョンの魅力

    世界中で活躍する、
    フルボディワイン界の立役者

  • ピノ・ノワールの魅力

    世界で最も高値が付けられる
    高貴品種

  • 島耕作限定ラベルワイン

    島耕作×ワインショップソムリエコラボ

  • 【公式】ポール・ダンジャン
    ・エ・フィス

    英国王室用達シャンパーニュ

  • ソムリエ手帳

    ワインのおすすめ知識

  • ソムリエ新聞

    毎月ソムリエのニュースをお届け

  • 会員ランク制度

    会員ランクに応じて、
    限定の特典を進呈

  • お友達紹介キャンペーン

    ご紹介者もお友達も
    おトクなキャンペーンを実施中!

  • スタッフ募集

    ワインショップソムリエで
    一緒に働きませんか。

メニュー

闇ボックス
SALE
冬ワイン

商品を探す

ワインセットを探す

今一押しワインセット

ギフト

おすすめギフト

特集・お得情報

おすすめ特集

タイプ別で探す

産地で探す

こだわりワイン

金賞・メディア掲載

ワイン雑貨

こだわりの食品

ご注文は24時間365日受付!
平日・土曜日12時までの
ご注文で当日出荷!

ご注文は24時間365日受付!

ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定

出荷日カレンダー

出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。


ただ今、配送が混雑しております。
ご注文から営業日以内出荷予定


出荷作業・ネットショップの問合せ業務はお休みを頂いています。

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

今から注文で配達所要日数

  • ※離島・一部地域を除きます。
  • ※日数はあくまで目安であり、確約するものではございません。
    配送業者の状況により、遅延が生じる場合もございます。